普通であって普通でない日々

 本日は品川区総合体育館剣道場にて「抜刀術特別講習会」をおこないました。今日は関西からお越しになられたKさんとも久しぶりにお会いする事ができましたし、剣道家の女性お二人が初めて参加され、興味深く取り組まれていたのが印象的でした。楽しい雰囲気の方々でしたので、また機会があればお越しいただきたいものと思います。

 今日の講習では、立位から「構え」への入り方、そして各部の操作手順をお伝えいたしました。全体を通じて大切なことは、柄に確実に押さえが掛けられるかということと、床を蹴らずに足の入れ替えであったり、重心移動が出来るかというところです。

 今日の講習でみなさんそれぞれに気が付いたものがあるかと思われますので、その部分について忘れずに今後の稽古で取り組んでいただければと思います。すぐに出来るものではありませんが、そこに至るまでの道筋が見つけられることが大切です。その部分部分の感覚を養い、操作技術を稽古していくことで、徐々に出来なかったことが出来るようになってきます。この抜刀術特別講習会では、ふだんあまりお見せする事の無い技を沢山おこなっていますので、そうしたものがあるということを生で見ることも重要です。

 身体の使い方が変わってくれば、身体観&世界観は変わってきます。身体が変われば自然と心理面も変わってくるでしょう。このところ私の講習会や特別講習会に俳優のSさんも熱心に参加されています。TVドラマや時代劇にもご出演されている方ですので、今後のご活躍を期待しております。

 常連組のみなさんも、着実に進んできております。久しぶりにお会いした会社員のYさんも、全体を通じて動きが良くなっており、体の不調も消え、これまでの中でもっとも動きが良くなっておりました。やはり、身体の状態というのは技に影響いたしますね・・・・・・

 僧帽筋が見えるようになったと言われるイラストレーターのYさんは、動き自体は悪くありませんので今後床を蹴らない事が身に付けばかなり激変するものと思われます。

 懇親会も久しぶりに賑わい、偶然にも3月生まれが5人もいらした事に驚きました。ケーキをご馳走してくださったOさんには、いつもお気遣い感謝しております。今後も特別講習会は継続しておこなっていきますので、懇親会なども含め、いろいろと交流が深まればと思います。

 三連休が今日で終りましたが、私といたしましては三日間講習をおこなうことが出来ました。もちろん今となってはごく普通の日常となりましたが、こうして講習会を計画し、ここにお越し頂けることに感謝しております。

 今となっては普通の日常が、その昔からすれば、考えられない日常の連続となっております。苦しんだからこそ、今の普通が普通ではないと分かっているので、大変在り難く感謝の気持ちを忘れないようにしなければなりません。

 今日もこの特別講習会にご参加いただきましたみなさまに深くお礼申し上げます。


 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-20(Mon)
 

生き方の間を変える

 さあ、今日も一日最後の締めくくりとなる記事に取り掛かるがすでに時刻は深夜2時を回っている。明日は12時から講習会があるため、今夜は高速で書き記したい。

 今日は暖かい一日となり、三連休の中日ということもあってか、Gold Castle 殺陣&剣術スクールの講習では、昼間の部がかなり少ない参加人数となり、そのうちのお二人が体験初参加ということで、こういうこともたまには起こるのかと思ってしまうような昼間の部でした。そのため各人それぞれにジックリと見る事ができました。

 夜間の部はいつも通りの人数となり、今日からHさんが道衣に袴姿となって凛々しくなられました。私としましても、体験参加から生徒になり、その人それぞれの段階を経て自らの意思で稽古着を揃えられることには嬉しい気持ちになります。

 稽古着に関しましては、私は特に稽古に差支えがないものと思っておりますので強制はしておりませんが、そろそろ自分も揃えたいと思われていらっしゃる方は、いつでもご相談下さい。

 殺陣クラスでは、払いからの流れを少しおこないました。「間」が大事になってきますので、今後はそうした部分を皆さんそれぞれ掴んでいけるように、感じ取れるように稽古していきましょう。

 剣術クラスでは、集中して取り組める内容と、剣の操作の正確さを引き出す内容をおこないました。また身体の中心というものを意識しておこなうものも取り入れました。細かい精度には技術の裏づけがありますので、今後はそうしたこともお伝えしていければと思っております。

 帰宅後は、久しぶりに私の武術稽古の仲間であり、何でも話せる間柄の青木賢治氏と電話で1時間ほどお話をしました。青木さんとの会話は、まるで武術稽古のように、うっすらとした本筋の中に、さまざまな話題が共通の価値感の中で色々と移り変わり、またその変わり方が自分でも面白い。真剣な話のなかに大笑いすることもあり、さまざまなことが同時に入り混じったような会話が出来る数少ない、まるで血縁関係があるのではと思ってしまうほど話しやすい方です。

 今日はそのさまざまなお話しの中から、気合いに関して、起こりを無くした細く通りの良い気合いを発したらどうなるのか、ということについて、以前私はそういう気合いを受けたことがあるので、その時の分かっているけど身体がビクッと反応してしまうという不思議な体験をしたことから、今日の会話の中でフト思い出し、今度の私の稽古会で少し行ってみようかと思います。

 ツイッターやメールなど通信手段はありますが、やはり電話でお話するというのは、いわゆる編集の出来ない「生放送」な訳で、こうしたやりとりというのは濃密なものであります。「礼儀は表面的であるが、仁義は内面的である。」というような言葉が思わず引き出されてしまいましたが、人の何処を観るのかということは、己が他人に対しておこなう行為に反映出来るものです。私といたしましては、観るもの感じるものの景色を変えていくことこそ、己に対する空気や水が綺麗なものとなり、健康に瑞々しく生きて行けるものと思っております。3月もあっという間に去っていこうとしていますが、今年は私自身、景色を変えて生きて行けるための予測と対応をおこない、それが自然と身に付くようにおこなっていきたいものと思っております。それは「生き方の間を変える」ということなのかもしれません。この言葉は今の今具体的なものとして出てきましたが、忘れないようにしておきたいと思います。

 明日は、品川区総合体育館剣道場で「抜刀術特別講習会」をおこないます。久しぶりにまとまった人数が集まりそうですので、常連組と初心者組とでそれぞれおこなっていきたいと思います。

 また居合刀を購入される予定の方もいらっしゃるようですので、楽しみにしております。今後購入を考えておられる方は、経験上ここはチェックしておいた方がいいということがありますので私にご相談下さい。

 それでは開始時刻から10時間を切りましたが(笑)、明日も会場でお待ちしております!


2017-03-20(Mon)
 

爽やかな風のように

 本日は品川区戸越体育館にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこなった。「素肌寝」の影響か、疲労の回復が今までよりも高まっている気がしている。暖かいことと、睡眠の質が向上する事から、もはや元に戻ることは無いだろう。難点と言えば、寝巻きを着て寝るのが何とも寝苦しくなってしまったこと・・・・・・。

 Gold Castle としては、2/26(日曜日)以来の戸越体育館となり、会場入りする前に近くの交番に伺いOさんとお話をする。以前、手裏剣のお話を伺い、なんと今日はその時の事を覚えておいてくださり、棒手裏剣に加工したものを三本竹筒に入れて頂く事となった。

 今日は早めに来られた生徒のYさんにその手裏剣を見せながら、「人生は面白いねぇ・・・・・・」と、こうしたOさんのような爽やかな風が吹き抜けていくような方とのひと時は、実に心地よい瞬間なのである。

 さて本日の講習では、久しぶりの戸越体育館だったせいかFさんが間違えて五反田の総合体育館に行かれたそうでしたが何とか無事に戸越体育館の方へ駆けつけて来られました。4月の2週目からは土曜日も二コマ開催となるため、今まで以上に会場の確認は念を押しておこなっていただきたいものと思われます。もっとも私が間違えると大変なことになってしまいますので、私が一番気をつけなければなりませんが・・・・・・

 今日は久しぶりにYさんが土曜日に参加され、普段のお仕事がデスクワークということを伺い、肩甲骨の運動を幾つかお伝えいたしました。これは、ミネアポリスの加藤氏や井上欣也さんから教わったものに、私なりに取り組んでいるものを、肩が凝るという人にお伝えしています。

 今日から正規受講生となられたOさんは、道衣に袴姿で受講され、これまでの体験期間と比べて取り組む姿勢に好印象を感じました。これからの講習が楽しみです。

 講習では「福袋之型」を最後までおこないました。今後は相手を付けたりしながら、精確な操作が出来るように取り組んでいただきたいと思います。

 最後は「四人斬り」をおこないました。正確には、三人斬って一人突くのですが、これは体捌きを練るための稽古としておこなっています。四人斬って納刀まで5秒を切るようにおこなっていただいたところ、ベテランメンバーの皆さんもかなりの方が切れるようになっていました。次回もこの「四人斬り」はおこないたいと思います。

 講習後は、Fさんと生徒さんの声に掲載する写真撮影をおこないました。撮影をして下さったWさん、文章を書いて下さったFさん、ありがとうございました!私もこれを読んで励まされると同時に、よりよい教室運営に向けての気持ちが強くなります。

 明日は、12時00分~14時00分 品川区総合体育館 柔道場と18時30分~20時30分 品川区総合体育館 剣道場にて講習をおこないます。今月は今のところ体験参加の受付には余裕がありますので、ご連絡お待ちしております。


 2017年3月20日(月)春分の日 「抜刀術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-18(Sat)
 

自分にとっての問題とは

 今日は10年以上前からお世話になっている表参道のお店で髪を切ってきた。初代担当のSさんとは、私がGATSBYの契約モデルをしていた時期に知り合うことなり、それ以来南青山店や原宿店でお世話になっていた。結婚のため退職され二代目の担当として紹介されたJさんは強烈なキャラクターで、お客さんでも関係なくダメ出しをしたり、ハッキリとした物言いをされる方だったが、その言葉には気持ちが入っていて、私もその方にお会いするのが楽しみで通っていた。しかし、Jさんのキャラクターは東京ではおさまり切れずニューヨークのお店で働くこととなり、スタイリストになったばかりのSさんを紹介され旅立つこととなった。時の流れは早いものでそのSさんは、数年前に表参道店の副店長となられ、昨年の暮れから産休のため約一年間のお休みとなった。そして、今はSさんの代理として四代目となるHさんが担当してくださっている。初めての男性なので、緊張せずにリラックスしてお任せしている。月に一度髪を切りに行っているが、気分転換と、プロの接客と自然な気配り、そうしたものを感じながら頭を洗ってもらったりマッサージをしていただくのは、至福のひと時である。

 先日は、品川区にある鮫洲試験場で免許証の更新手続きをおこなってきた。本当は、髪を切って更新に行きたかったのであるが、タイミングが合わず、恐々と次の免許証となる写真撮影をおこなった。

 誠にもって五年の歳月は写真に表れるものである・・・・・・それも、生活が一変し、そうした日々の積み重ねが人を作り変えていくのかとあらためて思わされた。

 鮫洲試験場には朝早くに行こうと、9時前には家を出て、品川駅から京浜急行線に乗るつもりが、どういう訳だか京浜東北線に乗ってしまい、大井町駅で下車し、戻って乗り換えるのも面倒なので、勘で大井町駅から鮫洲駅を目指して、人に道を聞いたり、標識を探したりしながら小雨の中歩いたのであった。

 こういうときにスマートフォンがあれば便利なのだが、未だ持っていないので、たまにこういう苦労をすることがある・・・・・・。

 なんとか無事に鮫洲試験場に到着。思っていたよりも広くて綺麗な会場であった。二時間講習を受け無事に更新を終える。五年後はどうなっているか分からないが、願わくば運転することのない生活を続けていたいものである。

 さて、本日の稽古は、高田馬場でI君とおこなった。金曜日は意外に夕方は空いているので、始めの内は端から端まで広く使う内容のものをおこなった。今日は「四天誕杖」をジックリとおこない、受けも含めた足運び等進めることが出来た。

 剣術では、「抜付之型」、「千鳥之型」をおこない、今日から「万乃型」をおこなった。ここでおこなう万乃型は、クラーチ剣術教室と同じく、殺陣としての体捌きではなく、剣術寄りの体捌きに置き換えておこなっている。

 最後は刀の各部名称などをお伝えし、抜刀と納刀稽古をおこなう。今日の進展は、立ち姿が良くなったこと。ほんの少しの事がまるで別人のように見えてくるから不思議である。だが、そのほんの少しに気が付くために時間を掛けて稽古しなければならない。そうした日々の積み重ねがあるときフト振り返ってみると大きな成長となっていることに気づかされる。今は毎週稽古をおこなうというリズムが生活の一部として確立されているので、毎回の稽古毎に確実に私の目から見ても「オッ」と見えるものがある。大事なことは、そうした生活のサイクルが無理なく自然になっていることにある。ご縁と言えばそれまでであるが、継続して積み重ねたものは、離れたときにその大きさに気が付くものでもある。だからこそ、自分に合ったものを探し、それに向かって情熱を持ち続けて取り組めるということは、人生の中でも得難い時間と言えるだろう。

 自分の身体のテーマに向かって、真っ直ぐ純粋に取り組めること、結果としてその流れに入れるのは、その人の心が試されているように思う。そうした稽古を続ければ、周囲の些細な問題など、実に小さいことであるかが分かる。何を問題にして生きていくのかが、人生の時間の使い方として、改め見直していかなければならないのではないだろうか。


 2017年3月20日(月)春分の日 「抜刀術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-18(Sat)
 

もっと身体の声に耳を傾けなければ

 日中はコートも要らない暖かさであったが、15時位から途端に冷たい風が吹き荒ぶようになり、まだまだ冬と春の入り混じったような日が続くだろう。私としては、春本番に備えて、身体のメンテナンスをおこなっているところでもあり、少々休まなければならない身体の声を無視してやり続けた事による不調が出始めている。さほど問題ではないが、日々の稽古や自宅でおこなう稽古に影響が出るので、まだまだ身体を観れていないなあ・・・・・・と反省している。

 そんななか本日の高田馬場での稽古では、抜刀術の研究稽古からおこなった。どこがどうとは言えないが、やはり身体の不調が感覚的にいつもと違い、全ての面で狂いが感じられる。あらためて、鍛練も大事であるが、動けるベストパフォーマンスを常に維持出来るための、感覚も同時に持っていなければならない。相反する身体に対する飴と鞭の与え方であるが、それぞれにとってのタイミングが重要であるという事である。つまりは、同じやるべきことでも、その時期が違っていれば意味を成さないどころかかえって悪化してしまうということ。そこには冷静な判断と、経験からの実行力&抑止力を働かせなければならないと思う。今後はそういうところの予測を怠らずに、まだまだ上を目指してこの身体と付き合っていきたい。

 W氏との稽古では、剣術に時間を掛けて取り組んだ。刃筋を通すための感覚を養う稽古を「真っ向水面之一振り」と合わせておこなった。今日はその中で下段の構えについて少々気が付くところがあった。それはこれまでの下段の構えでは、かつて鹿島神流の「無構え」をおこなっていた時期もあり、そうしたことから背中と上腕部の感覚は、まだその当時の感覚が残っていたことに気が付き、現在は背中の張りを重要視しているので、それはもちろん甲野先生の「内腕」との関係もあることから、肩甲骨の位置と、背中の張りがより内腕の意識を繋げてくれるものとして、現在は特に抜刀術などにおいて構えが変わり始めてきた。

 次に初めておこなった「下段からの突き」である。これは如何に肩に起こりが出ないように、左手之内の巻き込みと、緩んだ右手手之内のアシストが新鮮な感覚のものであったので、新たな稽古法として今後もおこなっていきたい。

 最後はいつものように抜刀術をおこなった。構えの難しさと向き合いながら取り組んでいる抜刀術稽古であるが、果たしてこれから何年掛かって、今思い描いている事が出来るようになるのかと思うが、その一つ一つに対する取り組みが明確になってきてきているので、今は集中的に時間を掛けておこなっている。何より少しでも前に進める実感が得られることは楽しいものである。

 さて、その抜刀術特別講習会が3月20日(月)春分の日に品川区総合体育館剣道場にて、12時00分~14時00分(多少延長有り)の時間帯でおこないます。今回は、「構えへの入り方」、「静から動への移り変わり」、構えが変わった「逆手前方抜き」などもお伝えいたします。初心者の方も参加されるようですので、その方に合わせた内容をお伝えしてまいります。申し込みはまだ受け付けておりますので、ご都合の宜しい方ご連絡お待ちしております。


 2017年3月20日(月)春分の日 「抜刀術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-17(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『Gold Castle 殺陣&剣術スクール』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR