狭いからこそ喜べるもの

 山陰地方では記録的な大雪となっているが、都心部では2月に入って積もるほどの雪が降っていない。昨年11月に観測史上初となる積雪を記録したが、このまま暖かくなっていくのであろうか・・・・・・

 今日は新しくキャリーバッグを買い換えた。全く同じものであるが、何せ毎日引っ張って行ってるので十ヶ月で交代となった。旅行用でもなく、剣道用でもない武術稽古用のキャリーバッグや、杖と居合刀に木刀など、5~6本まとまった本数が入る武道具袋というものが意外にないものである。とくに、まとまった本数が入る武道具袋では、あと(2~3cm)あれば杖も入るのに・・・・・・というものも多く一度特注で作ってもらったことがあったのであるが、持ち手が上よりに付いているため、水平に持つことが出来ず、これでは本数を多く入れたときに重くてしょうがないため、使うことが出来なかった。需要がどれほどあるか分からないが、こうした武道具袋や、キャリーバッグなど、部品交換やカスタマイズ出来るものがあれば、私など喜んで購入するのに・・・・・・と思ってしまう。

 夕方になり高田馬場でI君と稽古。I君にバレンタインの話をされ、「それ、答えなきゃダメ・・・?」と言うもニコニコとしているI君を見ていると、答えざるを得なかった。子供の笑顔には癒されます(笑)。

 今日もさまざまに杖の稽古をおこない、今日初めておこなった「四天誕杖」では息を切らせながら取り組んでいた。「左右連続突き」もI君の方からやりたがっていたので続けておこなった。「十一之型」では足の差し換えを二箇所取り入れたので、その部分を集中的におこなった。これはまだI君以外誰もやっていないバージョンである。

 剣術では、「正面斬り」、「胴斬り」、「袈裟斬り」をおこない、今日はやるつもりではなかったが、I君の方から「今日は四段斬りはやらないんですか?」と聞かれたので、「よっしゃ、じゃあやろう!」ということで、前回三段斬り25回、四段斬り25回の合わせて50回おこなったのを、今日は四段斬り50回おこなった。まだいけそうな感じだったので、じゃああと10回やろう!と言って60回おこない、まだ行けそうな様子だったので、さらに10回の70回おこなった。さすがに表情に余裕がなくなってきたので、ここで終了とした。おそらく続けていたらまだ出来ただろう・・・・・・根性はあるようだ。
≪四段斬り≫https://www.youtube.com/watch?v=OJT_E554px0&feature=youtu.be

 このところ一学年先輩のR君が忙しいようでなかなか稽古に参加できないが、私もこのところはその頑張りをテレビで拝見している。毎週のように生放送など、小学校六年生の活躍に驚かされてしまうが、その他にも中学二年生のT君や中学一年生のT君の活躍も拝見している。その他にも、私の教室の生徒さんもCMで拝見したり、そういう意味ではいろいろな広がりが出てきていることを感じている。武術や芸能の情報は狭い世界でもあるので、そうしたところからも私にとって得られる情報は大変良き参考になるものが少なく無い。とにかく、これからも色々な面に於いて広がりが生まれ距離が縮まってくるだろう。今後も、私自身責任を持って取り組める稽古環境であるように、大胆にかつ繊細に前に進みたいものである。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-14(Tue)
 

本音で思えること

 日曜日の深夜は毎回のことながら、家での行動がのんびりとしてしまう。今日一日最後の作業とも言える記事を書き始めるのだが、現在2時46分である。身体に悪いとは思いながらも、一晩寝てしまうともはや過去のことになってしまい書けなくなってしまうので、眠る前に私にとって重要な稽古記録は残しておかなければならない。

 さて、今日日曜日は、15時00分~21時30分まで品川区戸越体育館剣道場に篭っておりました。夕方の部に続いて夜間の部が同会場でおこなえますと、移動するための撤収作業も無く、そのまま会場に居続けることが出来ますので何ともありがたいことであります。

 今日は天気も清々しく、図書館に寄っていくため家を出る時間を普段より30分ほど早めに出ました。そして電車を乗り継いで戸越銀座商店街を時間調整のためゆっくりと歩いていたところ、後ろから声を掛けられ、「あの、すみません、テレビ東京の者ですがちょっとお時間ありますか?」ということで、10分ほど街頭インタビューを受けました。戸越銀座商店街はふだんからよくテレビの取材がおこなわれているので珍しい事でも無く、私も時間に余裕があったので、丁度いい時間潰しになると思い、色々な質問に答えました。この撮影が使われるかどうかは分かりませんが、(おそらく数秒程度だと思います)一応了承のサインと私の連絡先をお伝えしましたので、その時には連絡が入ることかと思われます。

 インタビューも終わり、突然のことに対して話すことの難しさにこれではいけないと思いながら、振り向いて歩き出したところ、結構な数の人がこちらを見ていたことに気がつき、今度は早足で会場へと向かいました。

 夕方の部では、新たに2名の方が正規受講生となられ、Kさんはさっそく武道具や帯の購入をされ体験参加に来られてから間を空けずに一気に生徒になられました。Hさんは武道経験や殺陣の経験があり、雰囲気からしてベテランの貫禄がありますが、お話されますと非常に柔らかい印象の方だなあと思いました。

 殺陣クラスでは両方の部を通じて「万乃型」が意外に時間の掛かるものだと感じました。ですが、今は全体的にまだ未経験の方ばかりですので、私自身この構えと素振りは、もっと良くなるように研究して行きますので、ジックリと腰を据えて取り組んでいただきたいと思っております。

 後半の斬り込みと廻り込みでは、足運びとタイミングそして斬り付ける動線などを説明いたしました。まだまだ難しいかと思われますが、タイミングが大事ですので、その調整は止まってを間を作るのではなく、大きな動きにすることで間が生まれます。そうしたタイミングの調整は、相手を見ておく習慣が出来ているかに関係してきます。ですから、ふだんの素振りや足運びでも、目で確認する事は、視野の中でおこなうべきことであり、焦点を合わせておこなってはなりません。常に、相手を想定してそこを見ることが大事です。このことは殺陣に限らず剣術、杖術、抜刀術におきましても同様です。

 不安というものは目に表れやすいですから、不安をなくすことが心理面からではなく、身体の外観的な部分からおこなっていくことで、気持ちの面でも変わっていくことがあります。それは夜間の部でもお伝えいたしましたが、やはり確認グセがついてしまうことで、頭が直ぐに下がってしまうと、気持ちの面でも自身が無く見えてしまうものなので、「常に自分の身長よりも高い相手を想定して動いてください、そうしますと身体の動きから気持ちの部分が変わってきますので。」とお伝えいたしました。そうしたことは、殺陣や剣術の時間だけでなく、日常に於いても無意識の習慣を変えていけるものとして取り組んでいただければと思います。身体と心理面は繋がっておりますので、身体から心理面を変えていけるアプローチは、こうした殺陣や剣術では非常に効果的であると考えています。

 今日はアメリカ人でプロのミュージシャンでもあるWさんが一つ大きな前進をいたしました。力みが抜けたことにより、姿勢や纏まりが非常に良くなりました。今日はペアを組んでいただいた相手のWさん(お二人ともWさんですが・・・)に上手く引っ張って頂いたのではないかと思っています。

 夜間の部では、ダブルヘッダーで受講されたTさんと、始まるまでの間少し今月末におこなう立廻りの最後の「斬り結び~払い~胴斬り~袈裟斬り」までをおこないました。今日から真っ白な道衣に袴姿で気合いも入っており、夜間の部でペアを組んだCさんへのアドバイスや相手がやりやすいようにリードしておこなう姿を視界の中で拝見しながら、やはり上達の早い方は、熱意もそうですが、相手に対しての思いやりが廻りまわって自分に返って来ているのだと思いました。これは私がお世話になっている武術の稽古仲間といいますか一緒に稽古をさせていただいている方々を見回してみても、上手な方ほど相手をよく見ていますし、見ようとされています。このことは人としても重要な部分でありますから、当然私はその方々を信頼し尊敬しております。

 今年に入りまして、このGold Castle 殺陣&剣術スクールとしての総合的な発展を感じております。おそらくそこには安定したものがあり、その安定したものがそれぞれの思いで訪れる方にとって、自分のピースを埋めるべく時間になっているのかもしれません。

 今後は私といたしましても、この安定した教室運営の中で、全体としての一体感のために、身体の使い方の向上という分かりやすくハッキリとした目的の中で情熱を持って取り組む次第であります。もちろん、その身体の使い方の向上から、さまざまに気付かれる事があります。先にも述べましたが相手を思いやることで見えてくるもの、身体が変わることで実感出来る心理面の変化、身体の弱点が改善されることで日常生活における何気無い喜びが重なっていきます。

 生徒さん同士での交流も盛んになっているようで、そうしたことを聞きますと、この教室を運営している者としましてはそういう場となっていることに嬉しさが込み上げてきます。やはり、自分でやりたいことをやるということは至難だと思いますが、本音で語れる生活、本音が感謝になる生活、ということは非常にありがたいことだと思っております。人が慕って来てくださる仕事をおこなっているからには、私自身足りないところは山ほど、宇宙ほどありますが、「真っ直ぐでいたい。」という一般社会では中々口に出しづらい言葉をいつまでもいい続けることができる生き方を私は貫き通して行きたいと思います。

 4時を過ぎてしまいましたが、一刻も早く寝たいという気持ちにはなりません。これからもみなさんと共に成長していける日々を、楽しく真剣に味わっていける、そんな大袈裟かもしれませんが命の使い方をしていきたいものです。

 今日もみなさま、ありがとうございました!


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-13(Mon)
 

日本人として何を学ぶか

 本日は戸越体育館でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。土曜日は剣術クラス限定での講習ですが、今週も新しい方が二人参加されました。土曜日夜間の部の開催は滅多にないのですが、夜間は借りている時間に余裕があるため、土曜日は1時間30分の講習時間ですが、夜間に関しては2時間の講習時間となっております。

 今回は、杖術の講習をおこないましたが、「左右の払い突き」「反転打ち引手追い打ち突き~後方受払い突き」をおこなっていただきました。体験参加の方には、「左右の持ち替え」「左右の打ちと突き」「単体技」を幾つかおこないました。

 生徒のみなさんは、手首と脚部の連動に苦労されていましたが、伝えていることは理解されたものと思います。各部分は大した動きではありませんが(至ってシンプル)、それらをあるタイミングで併せるとなると、楽器の演奏でも初めは難しいように、両手両足がそれぞれの役目を持って動かなければなりませんから、そうしたところの難しさを感じられたものと思われます。自在に動ける身体に向かうには、そうしたところの調和を感じ取れることが必要です。

 体験参加のみなさまも、最後まで集中して取り組まれていました。こうした杖の稽古では力みをとること、手の内を柔らかく扱うこと、両手足の連動感覚を養うこと、そうしたことが脳トレ的に求められますので、身体を自在にコントロールするための稽古法としても杖はとても優れた得物だと思います。

 2時間杖術稽古となると、特別講習会のような感じですが、さすがに時間があまりましたので、最後に生徒のみなさんには「横二十連円打」体験参加のみなさまには、「八連円打」をおこないました。

 2時間近く稽古をおこなった中での横二十は、みなさんの表情を能面化させてしまい、私としてもなんだか居たたまれない状況となってしまった。今回の様子をみて、この二十連円打はスペース的な問題からも縦二十までとしたい。よって、縦二十が終った方は次の技に移行したいと考えております。

 体験参加のみなさまは八連円打まで興味深く取り組んでいました。驚いたのは、初参加のお二人が2時間の講習が終って、30分延長で稽古を続けられていたことでした。初めてで2時間30分というのは非常に長く感じられ、脳内の疲労感も多いはずですが、それよりも楽しさや興味が勝っていたようです。次回の参加も楽しみに帰られました。

 生徒のみなさんも講習が20時30分に終わり、ほとんどの方が21時まで今日の復習をおこなっていました。このところ海外から日本に来て参加される方や、海外生活から帰国されて参加される方とのご縁も増えてきております。そういう意味では、インターネットのお陰で私の存在を知っていただけることはありがたいことであると感じております。また、そうした方々と共通していることは、ミネアポリスの加藤氏の時から感じていたことですが、不思議と初対面という気がしないのです。私としても、加藤氏と出会った頃は、昔からの知り合いのような不思議な感覚に驚いたものですが、これからも、そうした出会うべく方々が今現在どこかにいらっしゃることと思います。
 
 さて、明日は15時00分~17時00分夕方の部と、18時30分~20時30分夜間の部を戸越体育館剣道場でおこないます。明日も体験参加の方が数名いらっしゃいますので、新たな出会いを楽しみに、全体のレベルを上げていける講習にしたいと思っております。それでは明日もみなさま、よろしくお願いいたします!


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-12(Sun)
 

今後の稽古における大きな手掛かり

 先日ホームページに、2月11日(土曜日)の剣術クラスの講習は総合体育館と記していましたが、正しくは戸越体育館ですので訂正いたしました。申し訳ありませんでした。ご連絡を下さったIさんありがとうございます。


 さて、本日は予報通り雪の降る一日となり、さすがに移動時は寒かった。ここ数日は青空と日差しが心地良く感じていただけに、急な寒さと雪には身体が馴染めていない。

 そんな寒さの今日は高田馬場で午後からW氏と稽古をおこなった。昨日の戸越体育館の稽古でI氏、A氏との稽古から、私の中で言葉にしたことが、自分自身具体的な関心事となり、これまで意識していたことが身体的だけでなく心理面も含めたことにより、昨日のW氏とおこなった最後の抜刀術稽古辺りから私の中で非常に大きなものを知ってしまったような気がしたのであった。

 そして今日の高田馬場での稽古でW氏と木刀による「斬割」稽古をおこないながら、「静」というものを追求することが稽古にとって非常に大きなものとなることが分かった。昨日今日得られた今後の稽古方針というか、自分自身にとっての稽古の在り方として、やはり抜刀術を中心とした、身体の使い方、心理面の在り方が他の剣術や体術においても大きく関わってくる事になるだろう。

 夜からは場所を住吉に変えて、I氏、A氏と稽古をおこなった。あっという間の2時間であったが、真剣に望まれるお二人との稽古は、私も熱が入ってしまう。もっとジックリ進めたいところであるが、急いで詰める必要があるので、お二人とも大変であったかと思われるが、これからも時間を掛けて長く稽古が出来るご縁となることを期待したい。

 二尺七寸の居合刀での抜刀術は、私の場合リミッターが切れてしまうと故障に繋がる恐れがあり(これまでにさんざん故障してきたので・・・・・・)今は大事なことに気が付き稽古をしたくてしょうがないのであるが、先月かなり抜いたのでその影響がいろいろと出ている。そのため暫くは技を限定し制限して抜かなくてはならない。

 とにかく、剣術も抜刀術もこれまでとは違った観点に興味が湧きだしているので、稽古がしたくてしょうがないのであるが、そのために我慢して身体ををベストに持っていきたい。身体的な部分と、心理面における静の状態を今後は研究したいと思う。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-10(Fri)
 

新たなる出会い

 今日は品川区戸越体育館で、午前中はI氏、A氏と稽古をおこなった。この金山剣術稽古会では、武術稽古を通じて何を得ていけるかというところに向き合っていく時間でもある。それはもちろん技の技量が上がることだけではなく、生きているということを実感出来る、または生きていくための共通した学びが感じられるものでもあるので、そうした己の身体を題材とし、感じる心を養いながら、稽古に対し真摯に向き合うことが重要であることは、私がこれまで七年と十ヶ月の間に感じてきたことである。

 私の中で今年は「静と動の狭間」をいかに把握することが出来るかということに、気が付いたらかなり意識するようになった。「静」と「動」は間逆である。静から動に移り変わる瞬間、どこから静ではなくなるのか、どこから動になっていくのか、とくに「静」というのは難しいものであり、だからこそ突き詰める価値のあるものに思う。

 鯉口を切った瞬間には、斬るか斬られるかの二択となってしまうように、心理面における静と動の狭間も把握出来るようになりたい。そのためには、やはり静とはどのような状態であるのかを、私自身知る必要がある。

 昼から入れ替わりでW氏と稽古。体術稽古では、先日井上さんとおこなった稽古でテンションを掛ける作りと、繋がった瞬間に内側からの伝達に切り替えることで、力のとおりがスムーズになり、これが「追い越し禁止」ということなのかと、恥ずかしくも今更ながらに気が付くのであった。

 稽古後は、近くの交番で私の抜刀術特別講習会にも来て下さった警察官のOさんといつものように立ち話に盛り上がった。これは私にとって戸越体育館に来るときの一つの楽しみでもある。

 私にとって武術を通じてさまざまな方との出会いの輪が広がってきている。これからも、現代における武術稽古が真に活きているものとして実感しながら、人とのご縁を大事にしていきたいと思う。今日も充実した一日となり、誠にありがたいことだと感謝しなければならない。明日も、高田馬場と住吉で稽古の予定。寒くなるそうであるが、気持ちは充実しているので明日も素晴らしい一日となりますように!おやすみなさい。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-09(Thu)
 
プロフィール

金山孝之


       金山 孝之
   Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『Gold Castle 殺陣&剣術スクール』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 GM happy コラボレーション 』と題し、ジャンルを問わず定期的にゲスト講師をお招きし、特別共同講習会を開催している

『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR