FC2ブログ

環境とこころ

 本日のGold Castleは、耐震化工事が終了したばかりの戸越体育館でおこないました。Gold Castleとしては半年振りの開催となり、生徒達が揃うと、やはりこの会場も温かみがあって良いものだとしみじみ感じました。生徒達の笑顔と綺麗になった会場に程よく差し込む自然光。さらにはサプライズで交番のお巡りさんであるOさんがご挨拶に訪れて下さいました。

 講習が始まっておりましたのであまりお話できませんでしたが、それでも私も生徒達も動きを止めて、Oさんがまた一年間ここで勤務されるお話を伺うことができ、もう仏様のようなお人柄のOさんに、皆がにこやかになって優しい気持ちになれたのではないかと思います。

 戸越体育館の周辺には戸越公園や文庫の森公園がすぐ近くにあり、毎日綺麗に管理されております。整備したり掃除したりするというのは、単に片付けるだけでなく、心の掃除にもなっているのではないかと思います。戸越体育館の清掃も昔から手を抜いておりませんので、綺麗な状態を常に維持されております。そうした状態ですからスタッフの方とも自然と世間話が交わされるようになり、ただ単に事務的な話で済ませるのではなく、心の余裕がありますからその場で発したい言葉が出るのでしょう。つまり、心の余裕とは、周囲の状況に大きく関わっているものがあり、周囲の状況次第では心にゆとりの無い状況を生み出してしまうということだと思います。治安に関しても同様の事が言えますから、何のために街を綺麗にし管理をしているのかということが、地域の雰囲気の差から感じ取ることが出来ます。

 
 講習では、正面斬り、袈裟斬り、胴斬り、胴斬り返し、などから身体の姿勢と働かせ方について、剣が奔り身体への負担が少ない姿勢と体の使い方を自ら探るようにしておこなうための方法をお伝えいたしました。

 続いて剣術「陰陽之太刀」「陰陽之祓い」「陰陽之型」をおこないました。

 今日は小学校六年生のK君がWさんとペアになって「陰陽之型」をおこないましたが、初めての動きでもなかなか良く動けておりました。今日はお母様もお姉様も居ない中で最後の抜刀術までよく集中して自分のペースでおこなうことが出来ました。帰りの道場への挨拶も大人の生徒と同様にキチンと出来ております。学ぶ姿勢が出来ておりますので、これから色々な面で吸収し成長して行かれるのを楽しみにしております。

 本日はGold Castleの生徒で一番長く最高齢のOさんと「陰陽之型」をおこなった際に、私が打太刀を務めて数回目にOさんの木刀が私の正面斬りを斜めに斬割った際に物打ち辺りから折れて飛んで来ました。咄嗟に何が飛んできたのか身を交わしましたが、全く折れる気配が無く折れたものですから一瞬驚きました。しかしそれよりも驚いたことは、体重30㎏台前半のOさんが教室に参加された当初は力も弱く椅子に座りながら主に杖の稽古をしていたのに、六年目を迎えまさか木刀が折れる事態になるとは正直感動的でもありました。

 もちろん年月を掛けて使っておりますので、木刀が少しずつ傷んではいたのでしょうが、その傷み一発一発を打ち込んだことは、75歳で関節リウマチ症という状態で取り組まれておりますことからも感慨深いものがあります。ですから「この木刀は記念に取って置いてくださいね!」と記念写真を撮りました。その瞬間の様子を生徒のみなさんも温かく見守ってくださいました。

2019.04.12 Gold Castle


 最後は抜刀術を稽古いたしました。先日久しぶりに抜刀術の動画を配信いたしましたので、今日の講習では全十二本の技の内、四本までを続けておこないました。構えに入るところから、抜刀、二之太刀、納刀の一連を繋げて行きますと全く油断できるところはありません。そうした心理状態と身体の状態を把握し、どのように無駄を省きかつ利かせられるかが稽古になってきます。

 自己との向き合いに関しまして抜刀術は最たるものでもあります。なぜ、自己と向き合わねばならないのか?なぜ、これほど夢中になるのか?理由は後から知ることで良いと思います。身体がそのことを求めていれば、自ずと回答が得られる筈です。

 
 さあ、明日は品川区総合体育館 剣道場で久しぶりに夜の部18時00分~20時00分の時間帯で開催いたします。明日の殺陣クラスでは、従来のタイプM抜き出し稽古に加え「一対四瞬殺」を初めておこないます。雨となりそうですが賑わう講習を楽しみにしておりますので、明日もみなさまお待ちしております!


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

2019年5月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-14(Sun)
 

新しい風と共に

 今日金曜日は、人生で最も多く語った一日だったと思います。

 自分でも本当に不思議です。自分に語れることがあるのかと今でも疑問に思うのですが、こう話そうと思う前に断定的に解ることがあり、そうしたことを話しているのですが、その状態と言うのは話の内容だけではなく何かしら感化的なものが、私を語らしめる状況とさせているように感じます。

 
 さて、本日は外苑前にあるギャラリー「DAZZLE」で開催されたグループ展を観に行きました。
 Gold Castleの生徒である山本祥子さんの作品『おいらん若君 徳川竜之進3 伏魔』の原画をご出展されておりましたので、楽しみに観て参りました。

 『装画の仕事』というグループ展は、いろいろなアーティストの作品が展示されておりどれも個性的なものばかりでした。その中でも黒色の額に入った山本さんの作品は、背景にある金色が映え、さらにその金色の中にある薄桃色をした着物が立体的に見えるというやはり原画の迫力は一際違うものであると感じ入りました。

 凄く偉そうで申し訳ないのですが、山本さんの画力がこのところメキメキと進化されているように感じます。そうした技術、技法が山本祥子さんという人の絵の個性として、これから益々突き進んで行かれるように感じました。本当にお人柄も含め素晴らしい才能の方です。

 今日はギャラリー最終日となりましたが、会場に山本さんと同じくGold Castleの生徒でありWEB動画『かざあな。』の音楽を担当してくださっているMariさんもいらっしゃり、積もる話もあることから銀杏並木の近くにある「とらや」にて歓談。

 クリエイティブなお仕事を本職とされている方々との会話が盛り上がらないはずは無く、二時間近く話し込んでしまったような気がいたします。私としてもこれまで言えなかった事を全てお話することも出来ましたし、そこから新しい展開についてのお話も生まれました。Mariさんは、主宰者でありプレイヤーであり制作などなど一人で何役もこなすスーパーウーマンです。お忙しくて休講中ですが、「生徒でいさせてください!」といつも仰って下さいます。それは私にとって嬉しい言葉であり力になっております。

 帰りは、外苑前から渋谷まで三人で歩いてぶらり旅。

 途中で呉服店に立ち寄り、着物や羽織を身に付けたりと思わぬ展開に。帯だけで身に纏う感覚はとても良いものだとあらためて実感。数年後には作務衣から着物に変わりそうな予感がいたしました。

 渋谷駅で山本さんとMariさんとお別れ。生徒であり、クリエイティブなお仕事の仲間同士でもあるお二人と貴重な時間を過ごさせていただくことができました。今後ともよろしくお願い申し上げます!

 ギャラリー内で、次回作『おいらん若君 徳川竜之進』シリーズの剣を持つ手元についてお伝えしているところをMariさんが撮ってくださいましたので掲載させていただきます。

2019.04.12 外苑前 DAZZLE

2019.04.12 外苑前 DAZZLE②

 2017年12月に初めて訪れたこのギャラリーDAZZLEで編集者のYさんと出会うことになりましたし、その出会いの瞬間においらんシリーズとのご縁が誕生いたしました。この時の掛け合いは今でもハッキリと覚えております。


 続いて、渋谷駅から山手線に乗り新宿へ移動。夜8時から青木賢治さんと待ち合わせをして久しぶりにご飯を食べました。

 青木さんも『かざあな。』シリーズでは打太刀を務めてくださり大変お世話になりました。今回Mariさんと同じく、撮影をおこなった昨年の2月26日以来にお会いすることが出来ました。

 4月の金曜日はどのお店も新人歓迎会のために大変賑わっており、二時間の限定でしたが青木さんと一年分の積もりに積もったお話をするには相当なハイペースで話さなければ無理であると、ピッチを上げて話し込みました。大いに盛り上がりましたが、やはり二時間では語り尽くせないものがあり、ライターのお仕事をされているだけに話がドンドン引き出されてきます。

 青木さんとは武術稽古を通じてご縁が生まれましたが、何年経っても変わらぬ関係で互いに前に進んで入られることに嬉しさが込み上げて来ます。青木さんも剣術を学ばれておりますが、今の時代に剣を学ぶ本当の目的についてお話いたしました。武術を何のためにおこなうのか、そこの根幹が間違っていると結果は自ずと見えてきます。私がこのようなことを申し上げるのは百年早いのは百も承知ですが、そこが盲目になってしまわぬように剣を通じて環境を整えていかなければなりません。

 年月や時期というのは、風と同じように前から吹くのか後ろから吹くのか、逆境、後押し、それは自分でどうにかなるものではありません。ただ、どのような風が吹こうが信用という帆を下ろさない事です。このことは絶対です。

 そうした会話が共に出来る間柄ですので、青木さんの存在は私にとって自らの足跡を確認し、今の道程を再確認することが出来ます。これからも長く剣術を通じてさまざまに生きていくお話が出来ればと思っております。あらためてご縁に感謝いたします。

2019.04.12 新宿にて青木さんと

 
 帰宅後は、関西で世話人を務めて下さっている川原田喬生氏から電話をいただく。

 すみません、今日は30分位しか時間がありません…と言ったが、けっきょく50分程さまざまに語ってしまった。私もどうしてこんなに話すのか自分でも不思議であるが、求められることに対してお応えしなければならないという前提があるので、そういう雰囲気の中では堰を切ったかのように言葉がほとばしる。今日はずっとそんな調子だったのでそんな自分が不思議であった。おそらくそうしたことは今日に限らずこれからも訪れるだろう。求められれば言葉が奔る。そんなこれからの自分というのも、四十代半ばに差し掛かった私にとって何かしら意味するものがあるのだろう。

 東京で生きていく意味を模索したあの頃… 今はたくさんの方々が支えて下さっている。そうした中で、新しい出会いが新しい風を生み、その風を吸い込み体内を循環していく中で、苦悩が笑いに変わり、新しい発展へとつながって行ける。そうしたことに感謝できる、そのことをいつまでも忘れずにいたい。


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

2019年5月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-13(Sat)
 

直感に隠れた因果を探る

 今夜もすでに2時を回ってしまった。身体の調子はいい。やはり感覚と向き合う事や身体のメッセージを直感的に受け取ることが大事だと思う。

 本日木曜日は、新宿スポーツセンターで渡部氏と稽古。今日はどういう訳か人が少なく我々を入れても五名ほどしか居なかった。その中でも喋っているのは私だけであった。

 今日は前半1時間は、杖整体操の新しい動きを模索したり、昔おこなった中国武術の動きをヒントに、肩甲骨や股関節連動して全身が波打つように自由に動くことをおこなった。

 昨日の体術稽古での気づきもそうであるが、全身をもっと細かく動かしていくことが、これからの身体への作りとして必要であると直感的に感じている。そこにはまだまだ隠された難しい技術が潜んでいるように思うし、おそらく身体にとってもそのほうが優しいだろう。そう思うと一人で座っていても立っていても集中して出来る稽古があるように思う。

 後半は杖術、剣術、抜刀術をおこなった。先の肩甲骨と股関節の連動性を練る稽古で渡部氏が杖の動きにも関連していることに気付かれたようだ。身体が滑らかに自在に動くには、全身が自動的調和を持って意識をなるべく思考から沈めるように独特の集中状態に入れるようにすること。知らないものを知ろうとするには、知っているものを当て嵌めないように、ありのままを受け入れることが大切である。自分が今感じたことを大事に、今までの考えや、何かで学んだ事を今起きている身体の反応に当て嵌めてはならない。これは、稽古に限らず当て嵌まることだと思う。

 これからの稽古は、柔らかく緩める稽古というのも必要になってくるだろう。それは、休むとか楽をするということではなく、より強く動けるための身体のバランスを整えるために必要だと感じたからである。それは体操やストレッチではなく、身体のサインに応じた細かな操作の探求なのかもしれない。より深く身体の状態を知り、これまでの間違いに気が付けるように視点を変える稽古法も必要である。

 武道場の退出時刻10分を切った所で他に誰も居なくなったので、渡部氏にお願いしてスマートフォンで抜刀術十二本を撮影して頂いた。動きの確認のための一発撮りだったが、前回2017年に配信した抜刀術十二本と比べると丁度1分短く抜けるようになっていた。

 別段、配信のために用意していた訳ではなく、急いでおこなった積もりもなかったのであったが、おそらく身体的心理的居着きが軽減されたぶん抜けるまでの間が自然と短くなったのだろう。やり直したい箇所も幾つかあるが、それはそれで今の力量なのだと認めながら稽古に精進したい。そういえば「かざあな。抜刀術編」が残っていたが、映像編集がまだまだ当分掛かりそうな気配のため、配信した次第である。未熟な動きであるが、2012年、2017年と抜刀術の動画を敢えて残しているので、さまざまに比べることが出来る。

 抜刀術 2019
 抜刀術 2017
 抜刀術 2012

 
 さて、明日は午後と夜に懐かしい方々とお会いする予定。内容についてはまたこの記事に掲載したい。


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

2019年5月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-12(Fri)
 

半年振りの戸越体育館

 本日10日は4月としては記憶に無い寒さであった。一日中雨の降りしきる中、半年振りに耐震工事が終了した戸越体育館で渡部氏と稽古をおこなった。

 13日(土)にはGold Castleでも久しぶりに体育館で講習をおこなうので、リニューアルした会場の反応が楽しみである。

 さて、本日は殺陣の研究と体術稽古、合わせて四時間稽古をおこなった。まずは、Gold Castleで新たにおこなう「一対四瞬殺」という内容を確認。幾つかの問題点をクリアして完成した。

 その名のとおり四人を相手に瞬間的に斬るというもの。私がおこなって四人目を斬り終えるまでが三秒位である。その短い時間の中で体捌きの流れと見栄えを考えながらアングルも計算している。これまで、殺陣クラスでは基礎的な構え方や斬り方から始まり、払い方から斬りに繋げる展開や、斬られ方の計算と倒れ方の方法、間合いとタイミングの合わせ方「三歩拍合」など、走り方や間の取り方などさまざまにおこなっている。しかし、立廻りを作り上げていく中で、頻繁に参加できない方も多い。そうしたことから、毎回の講習でもある程度基礎的な剣捌きを身につけた方には楽しめるものを用意する必要があった。そして、それはただ簡単に基礎的な動きの繋ぎでおこなっても面白くないので、皆が夢中になれるような動きの考案が求められる。

 一つには、速さ。

 二つには、見栄え。

 三つには、個性と面白さ。

 そうしたものを短い時間で沢山出来るように、そして速く動くにはある程度の修練が必要であり、上達してきた生徒達にとっても楽しめるものとしている。「個性と面白さ」そこには、数年前からの私なりの講習イメージがあった。設定とエチュードが殺陣の動きに意外性という見栄えを与えてくれる。これは今後の楽しみとして秘めておこう。


 体術稽古では、どうしてそういうことをおこなおうとしたのか不思議であるが、やはり発見があった。ある身体の使い方を聞いたりしても自分であまりやる気にはならないことも多いが、今日は開始早々なぜだかこういう風にすれば出来るんじゃないかという思いが訪れ、試しにおこなったところ効果があった。おそらくこの原理は色々な方がやられていると思うが、自分で思っておこなってみて効果を実感すると、興味の持ち方がまるで違ってくる。身体が違えば感覚もイメージも異なる。だから自分のイメージと感覚から実感したものは自分の中で育て上げることが出来る。細かく身体を使えること、そしてそれを具体的に実感出来るまで育て、実感を忘れて取り扱うことが出来ること。身体からのサインにそういうものだと諦めていたのかもしれない。私にとって馴染みの体術稽古空間でもある戸越体育館が復活したので、これを機に進展させていきたいと思う。

 
 本日は色々とメールの返信が滞っており申し訳ありません。深夜ということで明日落ち着いてからご返信させていただきたいと思います。


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

2019年5月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-11(Thu)
 

2019年5月 武術稽古日程


5月01日(水曜日) 関西特別講習会
          16時30分~18時30分
          ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園)


           
5月04日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          12時30分~14時00分
          戸越体育館 剣道場



5月05日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          12時00分~14時00分
          品川区総合体育館 剣道場
           


5月06日(月曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月07日(火曜日) クラーチ剣術教室
          10時00分~11時30分
          クラーチ溝の口         

          金山剣術稽古会
          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月08日(水曜日) 金山剣術稽古会
          12時00分~14時00分
          戸越体育館 柔道場



5月09日(木曜日) 金山剣術稽古会
          14時00分~16時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場

          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月10日(金曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月11日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          18時30分~20時00分
          品川区総合体育館 柔道場  



5月12日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          13時20分~14時50分
          深川スポーツセンター 柔道場  
          15時10分~16時40分
          深川スポーツセンター 柔道場


           
5月13日(月曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月14日(火曜日) クラーチ剣術教室
          10時00分~11時30分          
          クラーチ溝の口

          金山剣術稽古会
          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月16日(木曜日) 金山剣術稽古会
          14時00分~16時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場

          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月17日(金曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月18日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          12時30分~14時00分
          品川区総合体育館 剣道場  

          金山剣術稽古会
          15時00分~17時00分
          品川区総合体育館 剣道場



5月19日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          12時00分~14時00分
          品川区総合体育館 剣道場



5月20日(月曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月21日(火曜日) クラーチ剣術教室
          10時00分~11時30分          
          クラーチ溝の口

          金山剣術稽古会
          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月22日(水曜日) 金山剣術稽古会
          12時00分~14時00分
          戸越体育館 柔道場



5月23日(木曜日) 金山剣術稽古会
          14時00分~16時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場

          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月24日(金曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場



5月25日(土曜日) 剣術 特別講習会
          15時00分~17時00分
          品川区総合体育館 剣道場
          18時00分~ 懇親会



5月26日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
          15時00分~17時00分
          品川区総合体育館 剣道場



5月28日(火曜日) クラーチ剣術教室
          10時00分~11時30分          
          クラーチ溝の口

          金山剣術稽古会
          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月30日(木曜日) 金山剣術稽古会
          14時00分~16時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場

          19時00分~21時00分
          江東区スポーツ会館 剣道場



5月31日(金曜日) 金山剣術稽古会
          17時00分~21時00分
          新宿スポーツセンター 剣道場






 金山剣術稽古会 入会希望の方へ


【 新宿スポーツセンターでの稽古時間 】
◇(月曜日・金曜日/毎週)17時00分~21時00分
毎月第四月曜日は休館日のためお休みとなります。
(第四月曜日が祝日の場合は翌火曜日がお休みです)

◇(木曜日/毎週)14時00分~16時00分 


【 江東区スポーツ会館での稽古時間 】
◇(火曜日・木曜日/毎週)19時00分~21時00分
月曜日が祝日の際は翌日火曜日が振替休館日となりお休みとなります。


【 戸越体育館での稽古時間 】
◇(水曜日/隔週)12時00分~14時00分 


完全予約制ですのでお早めにご連絡下さい。
前月までに予約の入っていない日はお休みとなる事があります。
初めての方はこちら金山剣術稽古会についてをご参照の上
お申し込み専用窓口よりご連絡下さい。

稽古場所の詳細や稽古内容、稽古時間のご相談、道具類その他のご質問等につきましてご不明な点がありましたらご連絡下さい。

都合により日程が変更となる場合がありますので御了承下さい。


2019-04-08(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

神田すずらん館特任講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
「神田すずらん館」特任講師となる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR