FC2ブログ

心の沈殿化

 キツイ事を書いたがそれらを全て削除し新たに書き始める。じつのところ良く分らない人には気をつけなければならないという内容だった。


 さて、気分を新たに本日の「クラーチ剣術教室」では、手首を骨折した(講習中ではありません)Hさんとお会いし元気な様子に安心いたしました。後ろに滑って転倒した際に手をついて骨折したそうですが、先週の講習でWさんの立ち止まり方に二度ほどヒヤッと感じるものがあり、それを帰り際に扉の前でお伝えしたところ、本日Wさんが訪れるなり「先生私を呼んでみて下さい!」と仰ったので「???」と意味が分らずもう一度訊き直して「Wさん?」と呼んだところ後ろ向きから「ハイ!」っと振り返られましたので、「あっ、先週注意した振り返り方ですね!」ということで、あれから意識して気をつけていたのだと嬉しく思いました。

 どういう部分がヒヤッとしたかと申しますと、Wさんのユーモアさからなる振り返った際の姿勢が上体を仰け反るような後ろ重心になっており、これが癖になってしまうと、場所によっては危ないと感じ余計なお世話と思いながらも先週の帰り際にお伝えしたのです。

 それを受けて本日Wさんがお会いした早々に直した動きを見せて下さいましたので、「じゃあ今日はこれをやろう。」と、私の合図で止まって頂く内容の足運びをおこないました。

 杖を構えながら歩き、途中で360度ターンしその合間に一度杖を左右持ち替えながら進み、端まで来たらもう一度持ち替えながら180度ターンして止まるというものです。その合間に何度か私の合図で静止していただくことをおこないましたが、なかなか私の意図が伝わらずに、ターンもなくそのまま真っ直ぐ歩かれたり、ストップの合図でも止まっていただけずマイペースな状態に、慣れている私でも今日は「むずかしいー!」と思いました。笑

 その後おこなった杖の払いからの左右持ち替えと足運びを組み合わせたものが、全身運動として効果的であることが実感でき、今後の講習内容に採用することにいたしました。

 剣では逆手廻し納刀をおこないました。難しい納刀ですが今日は身体を動かす内容で疲れたことと思いますので、頭を使う内容にし、手の内の操作法や手順などお伝えいたしました。

 講習後は月に一度の食事会。今回もTママさんが皆さんのために二品作ってきて下さり、レストランの食事と併せてご馳走になりました。今日は縁起の悪い話で盛り上がってしまいましたが、いつの時代も良くない話題のニュースが人々の関心を集めますので、自らの話題や情報発信にはなるべく前に進めるような救いのあるような話題にしたいと思うのです。影響力というのは無意識レベルまで浸透してきますので、心のバランスを乱されない情報を制御しながら、実際のところと売り上げが絡んでいるものを見極め惑わされないことです。

 少し脱線しますが、ゲームにしても、アニメにしても、マニアックな世界の夢中になるようなものでも、仕掛け人がいて、その仕掛け人の術中に見事に嵌っている事がなんとも痛ましくもあり引いてしまうものです。そこに心が付いて来る様なものが夢中になっている世界のものから感じられれば良いのですが、偏りすぎてしまい、見た目だけのものにどうして夢中になれるのか、それがファッション感覚というものなのかもしれませんが、生きていく中でいずれ足りないものに気がついてくる筈です。そこが精神的安定にも繋がりますし、実際のところにも関係してきます。ブームというのは、心を置いてきぼりにしやすいのかもしれません。ですから多くの人が一気に夢中になりますし、時期が立てば一気に冷めてしまうのではないでしょうか。心が関わるとそれぞれの心にとって入りにくいバリアが感じられるのかもしれません。ですから、ブームに影響されず心を置き去りにしないように生きて行かなくてはなりません。少なくともこれからの人生はそのように掌で転がされやすい商売が成り立っていますから、心を感じながら育てながら直に触れ合う人とのつながりがを大事にしなければなりません。

 インターネットやSNSの影響力が強まる一方でそのようなことを危惧しております。


 そして、夜からは住吉でS氏と稽古。

 今夜は私自身も得るものがあった。

 それは技ではなく、心の状態を整える稽古の方法である。

 緊張や力みというのは、なかなか自分の意識では解決しにくいものである。簡単な説明でも、この緊張と力みが生ずると伝えている言葉がただのサウンドとなってしまうように、まるで意味が届かないことがある。これは私自身これまでにも指導していて何度か経験したことがあるが、今日はそうした状態の方にとって大きな一歩を実感していただくことが出来た。

 それは、瞑想後の心の沈殿化に近い状態を作り出すことである。その自律神経にある交感神経と副交感神経の優位性のコントロールである。そこに関わるのは深い呼吸と、具体的な集中意識である。

 その呼吸と具体的な集中意識は、自律神経の優位性を変動させ、まるで心のなかにあるざわめきやモヤモヤが、その集中状態の間に下の層へと沈殿し、透明でクリアな心の状態が、自然な静まりと動じない落ち着きを保ち、雑音や雑念から開放されるのではないかと私の実感としてはそのように思うのである。

 そのようにして、普段意識しない呼吸と集中すべき部分を、杖術の「八連円打」の中に入れS氏の動きを確認したところ、動きがハッキリと変わってきた。とうぜんその瞬間にS氏からも感想がこぼれた。講習後もS氏から感激のメールがあったように、心の状態がいろいろな情報を受け取ろうとし過ぎてしまい、何曲も同時に掛かっていて一体何の曲だか分からない状態のような、自分の身体が自分のように思えないような心の状態に陥り易い人は時折出会う。自らを観察しなければ、自らの状態がどうなっているのか分らず、出来ているのか出来ていないのか何が原因なのかも分からなくては稽古以前の段階と言えるので、まず大事なこととして、自らを観察するための「心の沈殿化」を呼吸と具体的な集中意識によって整えることが可能であった。

 これは、稽古が進んでいけば、自ずと自らの身体の課題に向けて具体的な意識が芽生えるので、自然と心の沈殿化に繋がるのだと思う。呼吸は、身体が整って集中していれば、その状態になっていれば呼吸は考えなくてもよい。逆に、どうしても身体と心が整わないメンタル的な問題がある場合は、呼吸から身体を整える手順もあるだろう。だが、その呼吸がパターン化してしまうと、身体で整えられる心と身体の状態に水を差す意識の呪縛があるようにも思っている。私がさいきん特に感じているのは、身体の能力以上の意識的判断は無いと思っているので、身体に任せてしまえることが何よりの能力であり脳力であると思うのだ。

 今日得た、呼吸の意識と具体的な集中は、瞑想で得た実感からのヒントであるが、指導者としてもこれは取り入れると成果が上がるように感じた。出てくる言葉が変わるように感じたためである。

 骨格のこと、感覚のこと、重心のこと、心のこと、その日によってさまざまに教えてもらえることに感謝している。その教えは深層心理から浮上したものであり、その浮上のキッカケは稽古や講習で相手との濃い情報の中で交わす身体感からである。現代武術という、身体感的内在心理の養成は現代を生き抜く術を自らの体内に宿すものである。そうしたことに、私はなぜだか急激に速度を上げて進んでいる気がしている。


2018年12月15日(土)「抜刀術 特別講習会」(お申し込み受付中)

2018年12月23日(日)「杖整体操」の開催(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年12月 稽古日程

2019年1月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-12-05(Wed)
 

心の成長と場の成長

 12月に入り、私の週間予定が若干変わりました。これまで平日の稽古は、月曜日、火曜日、隔週水曜日、木曜日、金曜日という風に計画しておりましたが、今月から来年3月末までは、火曜日、隔週水曜日(予約次第)、木曜日となり、時間的にも余裕が生まれました。その間に私の稽古と進展の関係が崩れないように、どこかで一人稽古時間を捻出していかなければなりません。しかし、さいきんは稽古中以外の講習中でも進展に繋がるものが得られるようになってきましたので、そうした連鎖は止まらないものと思われます。

 昨日のGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習では、全体で脚鍛稽古、万乃型をおこなったのち、3グループに分けて立廻りタイプⅠをおこないました。そのほか、この日生徒になった中学一年生のK君には、万乃型の初めの部分と胴斬りや払いなど取り組んでいただきました。武道具も購入され、お母様とご挨拶しこの時間を託されております。中学生となりますと、私も数名指導させていただいておりますが、親は離れて遠くから見守るようにしてまたは完全に全てを一人で任せるようにして成長を見守っております。こうした時期は、一日一週間と大人に近付いておりますので成長は驚くほど早く、一ヶ月もすると別人と言っても過言ではないほど変化を感じます。ですから、大人以上に一回毎の講習というのはお子さんにとっては密度の濃いものでありますし、疎かにしないように向き合っていかなくてはなりません。そうしたジュニア世代の生徒達の存在から私自身、指導者としてどうあるべきかを学ばせていただいております。

 技術以外にも大事なものとして、生徒の組み合わせを考える事もあります。優しい性格の方は、不安な気持ちで取り組まれている方には安心出来ますし、逆に気持ちを強くして頂きたい方には、気持ちの強い方にリードしてもらい乗り越えられるように考えております。
 
 新しい生徒達にとって不安に思うことは沢山あるでしょう。みな最初はそこからスタートいたしましたが、その頃を忘れないというのは大切です。組織を安定的に向上させ、誰しもが気持ちよくその場に居られる為には、エゴを無くし周囲の喜びを幸せに感じられえる考え方が大切です。

 この日は五ヶ月ぶりにTさんがご挨拶に来られました。風邪を引いた状態でお越し下さりその思いは十分に伝わっておりますので、諸々万全になりましたら復帰をお待ちしております。

 先日お願いしていた講習風景の写真撮影をDr.Nさんにお願いいたしました。私のデジカメで数十枚程撮って頂く予定でしたが、私の六年前のデジカメよりも遥かに高性能なカメラで300枚ほど撮っていただきました。(撮り過ぎ!笑)

 私もこのところ、何かとNさんにお願いしていることが多く、高齢者の方へのアルミ刀の樋入れや、立廻り映像の編集作業、昨日の写真撮影と、来年1月の立廻り特別講習会の撮影など、もはやGold Castle制作部担当となりつつありますが(笑)、Dr.というお人柄の信頼もありクラーチ剣術教室にも来て頂きました。こうして色々な生徒のみなさんの力をお借りして教室は発展していくものと思われますので、今の教室の姿や評価というものは私だけでなく、皆さんで作り上げているのだという自信と責任を感じながらこれからも励んで頂きたいと思います。(もちろん、最終的な責任は全て私にあります。)

 続く剣術クラスでは、初公開となる「二段抜き」と「三段抜き」をおこないました。これは以前私の稽古会で後藤氏に杖の抜き技をお伝えしていたときに、後藤氏の方から「これ、剣でも出来るんじゃないですか?」ということから生まれた技。

 そして昨日の講習であらためて、身体に近いところで剣を操作することの大事さを実感することになりました。二段抜きは直ぐに皆が出来るようになると思っていましたが、意外にも軌道に悩んでおられる方が多く、螺旋のように進みながら抜いていく感じがこの技の特徴であり、それを生み出す左手首の巻き返しと右手手の内の締緩(ていかん)操作をお伝えいたしました。

 三段抜きに関しましては、さらに体の移動が加わり難易度は高くなります。直ぐに剣を発剣させ変化させるための手の内の感触や、相手を観てどの辺で変化させるのかを身体で予測しそれを実行させる技術の習得になりますので、剣術全体に関する稽古とも言えるでしょう。

 最後はひさしぶりに「峰返し潰し」をおこないました。まずはNさんを相手におこなったところ、「これまでと感じが明らかに異なり、首への負担が無いのに下方向へ崩される力が強くなっています。」との事。これには中丹田が引かれる意識が大きく影響していますが、その動きが首への当たりを和らげる働きにもなっているようです。頭を使っての発力手順も三回ほど密かに試みましたが、これはまた別の機会に研究したいと思います。

 この潰し技は私のオリジナルで、首への圧が掛からずに膝からカクンと崩れるのが特徴であり、接触部から瞬間的に下方向へ力を通して行く稽古として研究し続けている稽古内容の一つです。いつしかこの術理が具体的に解明し、自らの骨を剣と同様に扱うことが感覚的に出来れば、エネルギーの通し方に大きな進展が見られるのではないかと想像しております。

 この時間は、中丹田の意識による働きを皆さんが興味を持って取り組んでいただきました。相手を押したり、木刀を使ったり自由にそれぞれがやっているのを観ている内にあっという間に時間が来てしまいましたので止む無く終了。

 昨日も殺陣クラス、剣術クラスともに賑わいを見せた濃い時間帯でした。

 来週の土曜日は久しぶりにスクエア荏原での開催となります。この会場は杖が使えませんので、次回も剣術をおこなう予定です。常連の方、初めての方、ひさしぶりの方、毎週楽しみにお待ちしております!


2018年12月15日(土)「抜刀術 特別講習会」(お申し込み受付中)

2018年12月23日(日)「杖整体操」の開催(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年12月 稽古日程

2019年1月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-12-03(Mon)
 

救いになるかということ

 昨日は、イラストレーター山本祥子さんの個展を観に谷中にある『HOW HOUSE』というお店に行ってきました。千代田線千駄木から行き、山本さんにお会いししばらくお話したのち、帰りは山手線日暮里駅から電車に乗りました。谷中商店街を歩こうと思っていたのですが、道を外れてしまいそのまま駅へ。

 こうしてご縁が無ければ、谷中に足を運ぶことは無かったかもしれないし、個展を観に行くということも無かったかもしれません。人の出会いは、これまで知らなかったことや初めての経験につながりますから良いものですね。


 さて、本日のGold Castle 殺陣&剣術スクールは、深川スポーツセンターで夕方から剣術クラスの講習をおこないました。土曜日の深川での講習は、50分ほど自主稽古時間を設けておりますので、早めに会場に行ってそれぞれの課題や気になっている部分を稽古出来るように開放してあります。今日から土曜日の深川開催では、会場準備を整えるのは私ではなくWさんにお願いしていますので、私がいないことで逆に一人稽古に没頭しやすいように、気兼ねなく純粋な気持ちで稽古出来ると思われます。

 そうして時間を遅らせて会場に向かっておりましたが、意外に時間に余裕が無くなり早足で向かうことに。月初めはいろいろと対応がありますので、バタバタしてしまいましたが、先に到着され稽古していた方はそれなりに身体も温まり、動きの確認や課題について向き合ったものと思われます。

 講習では、二之太刀からの納刀を幾つかおこないました。剣を一振り振り下ろすだけでも身体各部分への手順がありますので、それを分かりやすく一番から三番に分けて説明したのち繋げて全体でおこないました。

 とくに座りでの納刀法は、足腰、中心軸など、鍛練の要素も兼ねておりますので、姿勢の悪い方や腰下の働きを強くしたい方、そういった方にとっては短い時間でも効果的な稽古法の一つでもあります。

 最後は、居合刀の方は、左右からの袈裟斬りと正面斬り、右から左への胴斬りなどを刃筋を確認する稽古をおこないました。それぞれに、肩などの詰まり無く刃音を鳴らして小さく強く振ることが出来るか。それには構えそのものが大事になりますし、小さくおこないながら強く振るには手の内と身体のエネルギーを通して行く手順が求められます。

 木刀の方は、互いに向かい合って時折おこなっている「鹿威し」(ししおどし)をおこないました。差し出した相手の木刀に当てることだけを目的としてしまってはいけませんので、それに誘われずに自分の剣の操作に目を向け続けることです。我を忘れてしまうことなく、たかだか木刀を差し出されただけで操作が狂わされること無く、いつものように精確に乱れることなく振り下ろす事がこの稽古を本来の目的でもあります。


 明日は、同じく深川スポーツセンター剣道場にて殺陣クラスと剣術クラスの講習をおこないます。12月に入り、いろいろと忙しい方は忙しくなってくると思われますが、来年に向けて心機一転計画をされている方もいるでしょう。私自身も来年はいろいろと動きそうですが、身体感的内在心理が今の私の活動を審査してくれているところがあり、私が私で無くなることの無い審査が常に厳しい監視の目で内側から観られておりますので、それこそが今の私の核に繋がっておりますし、これまで歩んで来た譲れないものとして今の生き方を選んだものです。時代の流れ流行、そうしたものの動きを感じておりますが、そこに惑わされず、嘘をつかなくても、人に合わせなくても生きて行ける今の人生をこれからも続けて行きたいと思います。私が武術に捧げた意味にはそこが関係しておりますので、これまでやってきた色々な仕事などと同じような、人間関係であったり、出世のための媚であったり、有名になった人と距離を近づけるなどといったことには、もううんざりしております。
 
 ですから、そういった事とのかかわりの無いSNSとの距離感が、私を私らしく、私を信じついて来てくださる方々をガッカリさせないためにも、私は私の身体感的内在心理により、情報に惑わされず遮断し守り抜くものが、私の場を維持していくのではないかと思うのです。トップの意思と、その他大勢の意思は同じではないはずです。なぜ違うのか?それには色々な思惑が絡んでいるからだと推察出来ますが、武術稽古が私の選択を示してくれる要因の一つにあることは間違いありません。

 己の欲よりも、人が慕って来るに相応しい人間であるかを常に問い、そこと向き合って行くという事が、私が誤った判断をしないためにも肝に銘じておかなければなりません。自分に合った水の中で突き進んでいくことが、世界が広がることだとフト感じたことでもあります。それは体の使い方における術理と同じようなものです。あれもこれもという術理の邪魔をするような身体の使い方をやっていれば、一見いろいろやっているようで広がっていると思われますが、感覚的にも術理の進展にも「その先」に向かうべくための大きな足枷になっていしまいます。

 そういうものは、頭で考える以前にもう身体が「おかしいよ!」と訴えてきているはずなので、言葉で納得してもらうものでもありませんが、私の生き方についても同様に、自分の世界感という例えて言うなら術理のようなもので、感じ発し行動しようと決めております。あれもこれも、あの人もこの人も、となると「その先」に向かうための足枷となり、世界が小さいまま、その先に到達されている方と会えていても会えない状態になるでしょう。身体感的内在心理は、生き方に大きく作用しているように感じます。ですので、来年以降も私は私のまま、「その先」に向かうための見極めを持って信頼出来る人と通じて行こうと考えております。


2018年12月15日(土)「抜刀術 特別講習会」(お申し込み受付中)

2018年12月23日(日)「杖整体操」の開催(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年12月 稽古日程

2019年1月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-12-01(Sat)
 

2019年1月 武術稽古日程


1月05日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           09時30分~11時00分
           品川区総合体育館 柔道場  
          
           杖整体操
           12時00分~13時30分
           品川区総合体育館 柔道場




1月06日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           13時20分~14時50分
           深川スポーツセンター 柔道場  
           15時10分~16時40分
           深川スポーツセンター 柔道場



1月08日(火曜日) クラーチ剣術教室
           10時00分~11時30分

           金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場



1月10日(木曜日) 金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場



1月12日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           13時00分~14時30分
           文京スポーツセンター 剣道場  



1月13日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           13時20分~14時50分
           深川スポーツセンター 剣道場  
           15時10分~16時40分
           深川スポーツセンター 剣道場  
           


1月14日(月曜日) 立廻り 特別講習会
           12時30分~17時00分
           品川区総合体育館 剣道場




1月15日(火曜日) クラーチ剣術教室
           10時00分~11時30分


 
1月16日(水曜日) 金山剣術稽古会
           15時00分~17時00分
           品川区総合体育館 柔道場

      

1月17日(木曜日) 金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場
           


1月19日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           09時30分~11時00分
           品川区総合体育館 剣道場  

           

1月20日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           13時20分~14時50分
           深川スポーツセンター 柔道場  
           15時10分~16時40分
           深川スポーツセンター 柔道場



1月22日(火曜日) クラーチ剣術教室
           10時00分~11時30分

           金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場



1月24日(木曜日) 金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場



1月26日(土曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           15時00分~16時30分
           深川スポーツセンター 剣道場  



1月27日(日曜日) Gold Castle 殺陣&剣術スクール
           12時00分~14時00分
           品川区総合体育館 柔道場
           
           

1月29日(火曜日) クラーチ剣術教室
           10時00分~11時30分          

           金山剣術稽古会
           19時00分~21時00分
           江東区スポーツ会館 剣道場



1月30日(水曜日) 金山剣術稽古会
           12時00分~14時00分
           品川区総合体育館 柔道場





 金山剣術稽古会 入会希望の方へ


【江東区スポーツ会館での稽古時間】
◇(火曜日/毎週)19時00分~21時00分
月曜日が祝日の場合は振替休館日となりお休みとなります。

◇(木曜日/毎週)19時00分~21時00分


完全予約制ですのでお早めにご連絡下さい。
前月までに予約の入っていない日はお休みとなる事があります。
初めての方はこちら金山剣術稽古会についてをご参照の上
金山剣術稽古会のサイトhttps://www.kanayama-kenjutsu.comよりご連絡下さい。

稽古場所の詳細や稽古内容、稽古時間のご相談、道具類その他のご質問等につきましてご不明な点がありましたらご連絡下さい。

都合により日程が変更となる場合がありますので御了承下さい。

【施設休館のお知らせ】
2018年12/1~2019年3/31まで新宿スポーツセンターが空調設備の改修工事にともない休館となります。
2018年10/中旬~2019年3/31まで戸越体育館が耐震化工事のため休館となります。

当期間における「金山剣術稽古会」の開催は、江東区スポーツ会館にて火曜日と木曜日の19時00分~21時00分にて対応させていただきます。そのほか品川区総合体育館で開催を検討しております。曜日と時間は会員の都合を聞いて総合的に判断させていただきます。しばらくご負担をお掛けしてしまいますがご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


2018-11-30(Fri)
 

頭という重要な発見

 昨日の金山剣術稽古会は午後から新宿スポーツセンターで渡部氏と稽古。その前一時間と少しほど一人稽古をおこなった。

 身体が集中した一人稽古をやりたがっていたので、その時間に遅れることなく準備を進めるのは容易であった。まだ誰もいない武道場内、自然光で十分のため電気を点けず抜刀術を中心に稽古した。

 このところ新たに生まれてきた、柄を噛む右手の使い方や、中丹田の具体的意識からなる初動の手続き、そうしたものを検討しながら順番に動きの確認をおこなう。

 そうした中、突然大事なことに気が付いたのである。

 先日、中丹田の意識に芽生えたのは、下丹田がある程度無意識化されたことで繋がったと実感したのであるが、この日はその中丹田の意識から、頭の重要性を知ることに繋がったのである。

 これには久々に座り込んでしまうほどの実感を得られたが、これまでの動きの手続きとして、脚部の操作(腿の引き上げなど)が始めだと思っていたが、先日の中丹田から始まることになり、さらにこの日の稽古で頭から始まることなんだというこれまでと全く異なる身体操作手順に驚かされたのであった。

 腿の引き上げにより床を蹴らずに重心移動をおこなうというのがこれまでの意識であったが、それより以前にまだおこなわなければならない手続きがあったということを知った。足指の抜きにともなう頭の落下からそのエネルギーを胸郭により前方へと変換し、その中丹田から出るのではなく、中丹田が引っ張られる感覚で足が伸ばされるという一つの手順をとってみても、これまでとは随分異なるものである。

 実際に抜刀術では大いに進展があった。とくに「飛燕」「隅返し」などでは笑いが出てしまうほど身体が経験したことの無い体の抜けと速さであった。「鷲眼一閃」では二尺七寸の居合刀だとはとても思えないほど軽く切っ先が飛んだ。この頭の操作には首の抜けと爪先との関係が関わっているので、意識的に落とすものではなく、落ちてゆくものである。それをより意識しやすくするには眉間の奥に小さな玉を意識してそれが落ちていくようにすれば少しは容易になってくる。このことが上丹田なのかは不明であるが、今はそこを深く研究するより、この頭から始まる操作技術と利きの実感を大事に稽古を進めていきたい。

 渡部氏が到着し、さっそく先ほど発見した頭の重さを初動に使うことの重要性を説明し、始まりの礼も忘れてしまうほど熱中して話し込んだ。開始時刻を八分ほど過ぎたところで思い出したように挨拶をし、この上から下に手続きを変更した身体の使い方を体術で渡部氏にいろいろと受けていただいた。

 先日の関西特別講習会でもおこなった、両肩を押さえてもらって相手を押し込んでいく動きの初動に頭の落下を使うと互いに驚くほど強さが増した。頭の落下と言ってもほんの僅かであり、そこから中丹田が引かれ脚部はとくに意識せずに任せている。なかでも一番驚いたのは、横向きになった渡部氏の肩を押してどれほど飛ばせるかを試みたときに、これまでは、飛ばされた距離で威力というのを測っていたが今回は距離も無く転倒させてしまった。その前にも危ない!と瞬間的に力を弱めたが、これまでこの形式の稽古を何度も受けて貰っている渡部氏が湿度かなにか滑りにくくてしょうがない昨日の床の状態で転倒したのには驚いた。

 そうしたこともあり、昨日の稽古は頭からの発力手順をこれまでの技など動きの中で組み替えていくことに没頭した。次に驚いたのは、剣術による「斬割り」であった。一人での素振り「正面斬り」でも、「えっ!」っと思うほど初動の抜けがあり心地良さが訪れる。そして渡部氏を打太刀に斬割りをおこなったところ、手を抜くようなことをしない渡部氏がゆっくりやっているように見えて、「もっと速くやってください!」とこれまで言ったことのないお願いをしたのである。渡部氏のこの打太刀もなかなか厳しいものなので、これまでにもフライングギリギリ位の状態で定まっていないタイミングの打太刀に斬り割っていったのであるが、この日は、ひと手間入れてある筈なのに、速さも見え方もこれまでと異なっていることに驚き、「どういうことなのか…?」と渡部氏と打太刀、仕太刀を交代。

 打太刀をやってみて感じたことは、動きから感じる間合いの見切りが無意識の内に整う前に入られるので、怖さがあるということ。そこで、「以前の手順でやってみてください。」とお願いしたところ、同じ間合いでも全く余裕をもって受けることが出来る。これは、次なる動きを受けたからよく分ったのであるが、ギリギリまで来られても既に動きの合間に身体が無意識の計算力で把握しているので安心してギリギリの稽古が出来るのであるが、頭から始まる手順では私も最後まで受けきるのは止めたくなるほど予測がまだ出来ていない。渡部氏に「よく受けていましたね、怖くありませんでしたか?」と訊いたところ「もう打たれると思って覚悟しています。」とさすがの一言。これに背中の乗せが入ると受け手はかなり嫌なものであるが、胆力は養われるだろう。今後はそこも含めてこの斬割り稽古をさらに進展させたい。

 頭の重さは大体5㎏(体重の多い人はもっと重い)と言われているが、その重たい部位が身体の一番高いところにある。その5㎏は到底首だけでは支えきれず、背骨を通じ体幹部からの支えも受けている筈である。ということは、てっぺんにある5㎏の球を、どう使うかにより、身体が運ばれるのか、逆にブレーキになるのか、すこしイメージしただけでも分りやすいものである。急がば回れとは、これにも通じるものであり、先に足が出て行ってしまうと、5㎏の重りが体幹を通じて動きに滞りを生み、重心が遅れて動くことになってしまう。だから落下させやすい頭という重心移動に使わなければ勿体無さ過ぎる重さと高所にある物体を使い、体幹が引かれ、その引かれ方を中丹田の意識で整え、脚部は無意識化した蹴らない操作がおこなわれている。

 首を抜き、僅かな操作で頭を落とせるかが大きな鍵である。昨日の発見なので、まだまだ完成度や操作手順には検討が必要になってくるが、その作業はこれまでにない実感が訪れるものばかりだと思われるので楽しみでしかない。だが、こうした現状突破(ブレークスルー)が訪れるのを当たり前だと思わずに、感謝すべき存在に対して頭を下げることを忘れてはならない。

 12/15(土)におこなう「抜刀術特別講習会」では、かなりの事を伝えられると思う。右手の噛み方、中丹田の意識、頭の落とし方とそれをおこなう各部の意識と僅かな操作。これは体術にも繋がる操作手順なので、抜刀術稽古で練られた感覚はそのまま体術での精度も高まってくるものと思われる。とにかく、どうして、頭というのをこれまで使っていなかったのかが不思議である。だが下から上がってくる気付きは、順当なものであると感じている。


2018年12月15日(土)「抜刀術 特別講習会」(お申し込み受付中)

2018年12月23日(日)「杖整体操」の開催(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年11月 稽古日程

2018年12月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-11-30(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR