FC2ブログ

三段活用を破る「玉簾」の発見

 本日は神保町にある「神田すずらん館」にて館長の後藤健太氏と稽古。この2月から毎週月曜日19時00分~21時00分の時間帯に「現代武術教室」として杖術、剣術、抜刀術などをおこなっている。

 他の曜日では、甲野先生のDVDで2013年から毎年ご一緒させていただく五十嵐剛さんと井上欣也さんも、「忍術教室」や「身体術教室」をおこなわれている。

 こうした人との出会いから物事が発展して行くというのは武術的進展に共通するものであり、それぞれがそれぞれに自在に働けるからこそ、各部分がレベルアップし、それを技という名の生き方や活動に変換して行けるのだろう。

 
 本日も技の進展があった。

 後藤氏との稽古はほとんどの確率で何かが生まれる。

 それを準備している訳でもなく、そうなるように期待していることも余計な心理状態になってしまう恐れがあるため考えないようにしているのであるが、意識とは違うところで瞬間的に何かが断定的な発見をしてしまうのである。

 杖術で新しく考案した「入身撥ね上げ突き」という技があり、それを後藤氏にお伝えしていたところ、最後の突きに関して「もう少し納得してもらえる突きにはならないものか」と考えていた。後藤氏から「突きは一度戻してから突くのですか?」と訊かれ、自分自身動きを確認したところ、「いや、戻す時間はありませんのでそのまま突きます。」とお答えし、そこから私の身体が考え出し、その条件の中で鋭く突ける身体の使い方が自然に出てきたのである。

 もちろんそうしたことは、これまでの経験がどこか身体の中にストックされているからであるが、相手が付いた実戦的限定条件の中で、どのように身体が納得出来る動きを導き出せるかということが、現代武術教室としての身体的対応力を養い実践する場として求められている。

 杖の操法において、通常私の場合「手首の三段活用」として、「巻いて返して巻く」という連続的な動きが、相手の得物を杖で払って戻して突くという、威力と速さにおける理に適った動きになっているのであるが、新しく考案した「入身撥ね上げ突き」では、その三段活用が通常より入り身に接近することで、一拍間を詰める必要が生じたのである。

 そのため、手首を巻いて返した状態で突き入れなければならくなり、その際の速さは得られるが威力についての問題が今日の稽古で解決したのである。

 それは、後ろ足の踵を上げながら腰を開きその張りが体側部を伝って腕へと繋がるのである。この動きには妙な心地良さを身体が感じ、杖を突く際の中心側に近いほうの手は、通常手前に引き寄せることで威力が発せられるのであるが、この後ろ足の踵を上げて腰を開くことで、そのまま重心を前方へと移しながら両腕ともに突き入れていく形となった。

 これには後藤氏も身体の実感を通じて感激され、後ろ足を開くことで半身になり相手からは見え辛い形となることも解った。三段活用を二段活用とし、それを補う後ろ足の使い方が今後の杖術などにおいて新たな展開へと繋がっていく可能性も感じる。この技は「入身撥ね上げ突き」としていたが、この最後の新たな突きの発見から技名を「玉簾」(たますだれ)と改名した。

 最後に後藤氏と玉簾の撮影をおこなう際に、これまでの構えた状態からではなく、片手持ちで地に立てた杖を足で蹴ってその反動から技に入る動きが瞬間的に生まれた。

 まったく予定していないこれまでにもやった事の無い動きが、身体の納得了承を経て突如として技になるから不思議なものである。だが、これこそが現代武術稽古と言えるのだろう。


2019年2月16日(土)「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年3月09日(土)「杖術 特別講習会」のお知らせ(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年2月 武術稽古日程

2019年3月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-02-12(Tue)
 

「杖術 特別講習会」のお知らせ

 2019年3月9日(土)品川区総合体育館 剣道場にて杖術の特別講習会をおこないます。

 今回は、「入身撥ね上げ突き」「旋転払い突き」「まだ名前の決まっていない新しい動き」を中心におこなう予定です。その方に合わせた動きをお伝えして参りますので、初心者から経験者まで幅広く取り組めるものとなっております。毎週通うのは大変と思われている方にはこうした単発での講習会はおすすめです。合気道家の方には好評をいただいております。

 初めての方や他流の方、高齢者の方も歓迎いたします。
 (貸し出し用の軽い杖は用意しています)


2018.08.11(土) 杖術 特別講習会
※写真はWEB動画「かざあな。杖術編」より


【開催時間】
15時00分~17時00分
18時00分~懇親会

【会場】
品川区総合体育館 剣道場


【参加費】
3.000円


【お申し込み方法】
ホームページ、または「こくちーず」より下記の内容を明記してご連絡下さい。
①「氏名」 
②「年齢」 
③「性別」 
④「杖の有無」 
⑤「懇親会の参加または不参加」

上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返しご連絡させていただきます。


≪プロフィール≫
松聲館 剣術技法研究員
金山剣術稽古会 主宰
Gold Castle 殺陣&剣術スクール 主宰
高齢者住宅 クラーチ溝の口 剣術教室講師


≪参考動画≫
三十連円打

十一之型


2019-02-11(Mon)
 

やる事が少なくなる導き方へ

 今日は三連休の二日目。そのせいか夕方の山手線は混雑し、新宿駅のホームではちょっと斜めに歩けないほど人が溢れていた。人口が減少していても東京は逆に増え続けている。上京する人や外国人観光客である。今は当たり前のように外国人観光客を目にするが、ブームとは永遠のものではないので、そうなったときの世の中の状況がどうなるのかも気にはなっている。

 
 さて本日のGold Castleは、体験参加二回目の方がお越しくださり、その方のペースに合わせてゆっくりと進めて参りました。ガンガン動ける方もいらっしゃれば、ゆっくりマイペースで取りくまれる方、少しずつ慣れて行きながら楽しめるようにおこなっております。

 殺陣クラスでは、タイプMの抜き出し稽古として、二人一組や三人一組となって場面場面をおこないました。今日お伝えいたしました言葉に、「どの瞬間を写真で撮られても動きが絵になっているようなそんな動き方を考えながらおこなって下さい。ですから、その動きを探るにはゆっくりと点検しながら瞬間瞬間を疎かにしない意識を持ち続けることです。」速い動きでおこなってしまいますと、そうした大事な部分がスルーされてしまいますので、ただ速く動けたということを「良し」としてしまっては、動きを見つけることにはなりません。教室も六年目となり何人かの生徒が育ってきておりますので、今後はそうした部分を感じながらやってみるとさらに良くなるでしょう。

 ミュージシャンのWさんも楽しくHAPPYになっていただきました!イベントなどでお忙しい合間を縫ってのご参加にいつもありがたく思います。もちろん他の生徒のみなさんも、日程を優先してご参加くださっている事はいつもありがたく思っております。

 杖術クラスでは、「三段抜き」が皆さん興味を持って取り組んでくださり、「かざあな。杖術編」や今度プロモーション映像として「神田すずらん館」のサイトにも掲載させていただく予定ですが、やはり人が見て「興味を持っていただける動き」というのが講習会や教室などでは、生徒の集中力を引き出すことになりますので、そうした動きを備えておくことは講師としては誠意でもありますし大切なことだと思います。


 最後におこなった「三十連円打」では、丁度良い具合に全て覚えた生徒と、まだ途中までの方や初めての方が半々でしたので、ペアになっていただきそれぞれの組で生徒同士が教えていくという形になりました。

 これはいつも不思議に思うのですが、丁度いい具合にペアが揃うんですね。

 優しい方には(みなさん優しいのですが)初心者の方と組んで頂いたり、いちばんベストな組を瞬間的に決めるのは私の役目で、キャスティングが決まると後はもう眺めてるだけです(笑)。

 いろいろな人の色々な表情を見ながら言葉を堪えて眺める時間が取れるときというのは、ある意味教室として整った状態と言えるのかもしれません。

 今後も、三十連円打に限らず、そうした眺める時間を増やせる(本当は動いたり言葉を伝えたりしたいのですが)導き方が出来るように講師としても精進して行きたいと思います。

 今日も賑わう楽しい時間でした!ありがとうございます。


2019年2月16日(土)「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年2月 武術稽古日程

2019年3月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-02-10(Sun)
 

備えあれば憂いなし

 夜にお二人の方と電話でお話し、それぞれ一時間ずつ合わせて二時間も電話してしまった。昔のように電話代が掛からなくなったことは本当にありがたい。昔は時間を気にしながら話をしていたし、県外の人となるとさらに手短にしなければなんて思っていた時代も今は昔。


 さてさて、本日土曜日は積雪が心配でしたが、都内では積もることなく交通機関の影響も受けずに剣術特別講習会を開催することが出来ました。

 ご結婚され10ヶ月振りにお会いした方や、遠方から参加された方、特別講習会に初めて参加された方々も含め盛会となりました。

 講習会では、「陰陽之太刀」「陰陽之祓い」「陰陽之型」をおこない、後半は「劉之構」「劉之型 月」をおこないました。予定していた内容を全てお伝えしたと思っていたのですが、帰ってみて「陰陽之型 霧」が時間の関係で出来ていなかったことに気がつきました。それだけ、私も指導に熱が入っていたのだと思います。

 「陰陽之型」「劉之型」それぞれに左手が重要であることが今日の講習会であらためて解りました。

 陰陽之型では、素手では難しくて出来ないほど得物を包む左手手の内が目まぐるしく最初から最後まで動き続けております。

 劉之型では、相手の頚動脈に速やかに刀の物打ちを付けるには、左手が伸びきってしまうと逆に距離が開いてしまい左手を緩めることで最短距離で届かせることが出来ます。初めの内はどうしても届かせようと両腕を伸ばしてしまいますが、それが逆に届かない原因になっていることが、今日の講習の最後に気がつき面白いものだと感じました。

 私自身ふだん気にせずにおこなっている事でも、指導する観点から観て行きますとあらためて言葉に変換する際に「なるほどなぁ。」と誰かに教えて貰っているような不思議な感じがいたします。

 今日の剣術では、これまでに一瞬で終わるものが多かったので、型として動きを続けて付けております。どうしても実戦的なものを考えますと、一振りの追及になってしまうのですが、その一振りの追及に至る身体の連動性や手の内、体捌きの手順などを身体に取り込む稽古も必要に感じているからです。

 最後に「劉之型 霧」が出来なかったのが残念ですが、これはまた講習会などでお伝えして行こうと思います。


 今回は何となく予備の木刀を二本持って行って正解でした。

 参加されるみなさん全員木刀を持参されますので、予備はどうかと思ったのですが、お二人の方の木刀が折れ、丁度持ってきた二本の木刀があったので講習を続けることが出来ました。やはり「備えあれば憂いなし」ですね。今後も忘れぬようにしたいと思います。


 講習後は駅前のガストで懇親会。
 ふだんなかなかお話出来ない方ともいろいろなお話が出来て、こうした気さくな雰囲気で話に花が咲くのは嬉しいものです。思わぬところでいろいろな繋がりがありますから人が集まるというのは楽しいものですね。

 今日参加された遠方の方から、早速まだ告知していない来月の「杖術 特別講習会」のお申し込みを頂きました。来月は3/9(土)に品川区総合体育館 剣道場にて15時00分~17時00分(延長の可能性大)に開催いたします。懇親会は18時より予定しております。またあらためて告知させていただきます。

 気温の乱高下の激しいなか、今日はかなり寒く積雪の心配もありましたが、お越しいただいたみなさまありがとうございました!


2019年2月16日(土)「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年2月 武術稽古日程

2019年3月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-02-10(Sun)
 

「かざあな。剣術編」 本日配信いたしました

 今日は走ると決めた一日。フラフラになりながらも26kmを走った。実際には+2kmはあると思われるが、少なく見積もっても26km走ることが出来た。間に体操休憩を挟みながらなのでまだまだ身体が出来ていないが、これまでにないほど疲れた。それでも少なからず前へ進めているので、まだまだ基礎的な身体の強さと耐久力を養いたい。

 
 帰宅後、尾崎さんからメールが入っており「かざあな。剣術編」完パケデータが届いておりました。

 いよいよ本日配信ということで、かなり予定よりもお待たせいたしましたがご覧下さい。(音がすばらしいので、イヤホンかヘッドホンでの御視聴をお勧めいたします)


 かざあな。剣術編


 今日は偶然にも、かざあな。で音楽を務めて下さっているMariさんの誕生日とのこと!Mariさん語で「お誕生日おめでとうございまっする!」

 今回の剣術編では、プロドラマーの小関純匡(こせきすみただ)さんもご協力くださっております。いろいろな方にご協力いただいて作品が生まれております。打太刀を務めて下さった青木賢治さん、撮影と編集をおこなって下さった尾崎誠さん、音楽はTAMTAMのMariさんとTakaさん、細かい部分でのサポートをしてくださっているUさん、撮影現場での記録係を務めて下さった渡部さん。みなさまのお陰でまた一つ形にすることが出来ました。あらためて心からお礼申し上げます。

 Mariさんも連日お忙しい身なので、体調に気をつけて素敵なバースデーをお過ごしなさって下さい!


2019年2月09日(土)「剣術 特別講習会」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年2月16日(土)「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年2月 武術稽古日程

2019年3月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-02-08(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

現代武術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
神田すずらん館にて「現代武術教室」講師を務める

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR