FC2ブログ

切っ先を意識する難しさ

 本日は品川区戸越体育館剣道場でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。今日は夜間の部のみの開催でしたので、混雑してもおこなえる講習内容を準備しておりましたが、いつもと同じぐらいの人数でしたので問題なく無事に進めることが出来ました。

 今日は、斬り掛かりでの足運びと剣の上げ方、それを互いに合わせておこなう内容をおこないましたが、やはり切っ先への意識というのは、優先順位が一番に無ければならない段階ですので、100%切っ先のコントロールが出来るようになるまではこうしたシンプルな稽古が重要になってきます。怪我をさせない意識と技術を一番初めに覚えなくてはなりません。

 殺陣クラスの後半は「廻り込み」をおこないました。これは絡みとのタイミングが大事になりますので、相手との呼吸を芯、絡みが確認しながらおこなえるようにいたしましょう。

 構えというのは、正眼や八相などいろいろとありますが、動きの中での構えが乱れないことが大事になりますので、普段の構えの稽古、また構えた状態での足運びの際に、自分の構えというものが乱れないように全身の感覚を意識しておこなうとよろしいかと思います。

 剣術クラスでは、剣山から、その場剣山、その場下段抜きへと続けておこないましたが、体験参加の方やまだ生徒になって間もない方には少々難しかったかと思います。そういう意味では一年、二年と継続して参加されている生徒の皆さんは、少しずつ動ける身体というものになっています。私の講習はさまざまな内容をおこないますが、身体の使い方というものは一貫しておりますので、どれをおこなっても共通するものがあります。ですので、一つのものを完全に出来るように進めてしまえば、一年間は同じ内容をおこなうことになり、興味も成長もある段階で止まってしまいます。そのため、私自身がそうですが、興味の持てる稽古内容、目的でなくてはならず、鮮度を保ちつつ、ワクワクするような稽古や講習というものが結果としての成長には欠かせません。

 今日は体験参加の方も多く、貸し出し用の武道具や帯がギリギリ間に合いました。今後足りなくなることも場合によってはあるかもしれませんが、その時を想定しておこなえる内容もありますので心配には及びません。ですが、自宅での稽古も大きな成果となりますので、自分の木刀や、杖を購入したい方は武道具屋さんで購入されてもいいですし、Gold Castleでもご用意出来ますので、今後継続的に受講される方は購入をお勧めいたします。

 抜刀術特別講習会も近づいて来ました。昨夜も一件初心者講習のお申し込みがありました。抜刀術に関しましては、パフォーマンス的に見世物としておこなうものではなく、自分自身と向き合いながら時間を掛けて突き詰めていくものであり、内面とともに磨いていく稽古でも有ります。形だけを真似して観るべきところを勘違いしないことです。そこそこの技術があってもその辺りが見えていない方よりは、技術が足りなくても、向き合う気持ちに真っ直ぐなものを感じられる方と時間を共にしたいと考えております。

 今回は合わせて四時間の講習ですので遠方からのご参加も歓迎しております。


 2016年11月3日(水)文化の日 
 「抜刀術 特別講習会」 (四時間二部制)

 (お申し込み受付中)

 2016年11月23日(水)勤労感謝の日 
 第13回 GM happy コラボレーション 「杖術とヨガ」

 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (会員希望者受付中)

 2016年10月 稽古日程

 2016年11月 稽古日程


2016-10-31(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR