FC2ブログ

自然体な空間

 本日は二ヶ月振りに井上欣也さんとの交流稽古会であった。

 今この行に入って題名が浮かんできたが、そう、井上さんとの稽古がかなり自然体であり、それはこれまでの稽古会の経験もあるが、求めているものが身体のみならず、いや、身体そのものと言ったほうがいいのかもしれないが、動いているときも止まっているときも、技について話をしているときも、世間話をしているときも、全てが同じ感覚というか、その上で生き方=稽古というものを「精査」している感じがある。

 これは本当に生きていて、稽古をしていて、人と出会えて、財産といえることである。

 今日は井上さんから二ヶ月分のものをいただいた。杖の操法では、左右の持ち替えに身体をねじらない足の使い方を見せていただき、これは股関節の運動にも良いと思い、井上さんにお断りして今後の講習に使わせてもらうことにした。これまでは片足立ちでの左右の持ち替えをおこなっていたが、私が最近おこなっている、足の左右の開きを取り入れることで、身体のねじれない動きの意識付けと、股関節の外旋と内旋が稽古前の運動としては効果的であると、井上さんの動きを観て感じた。

 井上さんからは、指先の強さというものを教えて頂き、その感じから私が杖術でおこなっている手之内に通じるものがあったので、お伝えしたところ、井上さんの感覚にかなり響くものがあったようで私としても頂いてばかりでは申し訳ないので良かったと思う。

 今日の稽古で試したかったことは、内腕を意識した肩甲骨の位置が井上さんに対してどのぐらい効果を発揮するかというもの。まず、切り込み入り身では、やはりこれまでと比べると強くなっているが、まだまだ、肚から下が使えていないので、その辺りを今後は上体と繋げて動けるか、研究したいところである。

 座りでの正面の対応では、後ろ脚の寄せと肩甲骨の位置による上体の強化と下に落としていく身体の使い方を試みて、何度か崩れ難くなったが、井上さんにさらに下から入ってこられてしまい浮かされてしまった。だが、取りの入り方に対する対処法まで教えていただいたので、本当にありがたく今後の稽古に取り組めそうである。

 お辞儀潰しでは、結果として後で凄く重要なことを本当の意味で知ることが今日は大きな日となったのであるが、このお辞儀潰しで、おそらく自然とそういうふうにやっていたのではないかと思う。

 それは、崩しからなる接点圧力が変わることなく、むしろ、崩しの瞬間が大事であり、そこでの接触圧が効いたまま横と下の方向に立体的に掛けているので、無理が無く力が通るので受けている相手も心地よさがあり、このお辞儀潰しに関しては、相手が上手く潰せるようにうなってくれたほうが気持ちが良いのである。

 今日はその崩しに関して皮膚の感じであったり足元の抜けであったり、新たなことが分かった。首の皮膚は敏感であるが、あらためて皮膚というのは動かされやすい(つながりやすい)崩しの入りとして重要であることが何度も分かった積もりでいたが今日ほど納得がいった日は無かった。

 剣術では「影抜き」をおこなった。最近はこれまで封印していた影抜きの稽古をおこなっているが、今思うとどうして封印していたのかが自分でも分からない。おそらく身体が納得出来なかったからだと思う。それは違和感しかなく、違和感を解消する手掛かりが当時では見当たらないことを身体が知っていたからではないかと思う。その時がくれば嫌というほどやれるのだからと、我慢に我慢を重ねていたが、この数ヶ月前から、重いイスノキの木刀が、腰が追従していくための足遣いに変わったことと、左手の指先の使い方によりこれまでより構えの位置が上がり、さらに最近の甲野先生の内腕のヒントからさらに構えの位置が高くなり、そうした脚部と、構えの変化が、重い木刀がブンッとこれまでにないほど振れるようになったことが、「影抜き」への取り組みに身体がOKを出したように思うのである。

 次に胴斬りをおこない、ここでも大きな手掛かりが見つかった。それは、この胴斬り稽古は「太刀奪り」に近い感覚と体捌きが求められ、いかに居着きを消し去るかということが重要課題となる稽古である。そこでフト、相手の力感や質感、呼吸などを同化させるように意識しておこなってみたところ、初動における失敗が失敗でなくなるような感じがしたのである。つまり、自分の反応だけに頼ってしまうと、相手とのタイミングに遅れてしまったときに、「ああ、駄目だ・・・」と諦めてしまうことがあるが、相手と自分を同化させるようにおこなうと、心理面に大きな違いが実感出来た。相手と一緒になれば良いも悪いもなく、共に動くという共同作業のようになり、心理面の乱れが身体の乱れになりにくく、整えたものを、あまり乱すことなく動けるのではないかと思うのである。整えたものを、一旦乱してまた整えると、見た目には速く動いているように見えるが、本人が感じる時間感覚は余裕が無いものであるように思う。相手と同化する意識だと、心理的にも身体的にも乱れにくいので、ただ動くということに惑わされにくいのかもしれないし、結果としてそれが時間感覚に余裕がもてるのかもしれない。これらはあくまで推測の域であるが、整ったものが整ったまま動くことは意外に難しく、そこには心理面の働きが作用しているようにも思えるし、居着くということは多分にそうであると思う。

 こうした深い考察が出来たのも井上さんとの一言、二言の会話が脳内に「ここしかない」といえる引き出しを開けさせてもらえるからであり、本当に得がたい方である。

 そして最後の体術稽古が、私にとっては今日もっとも大きな学びとなった。それはかなり以前から井上さんに教えていただいたものであるが、今日の今日初めて、その事に対して納得が出来た。

 もうほんとうに、稽古代をお支払いしたいほどの感謝の気持ちで一杯であるが、体術における接触の重要性、崩しの前、そう、この崩しの手前であり、それはこれまでにも何度も教えていただいたし、体術を学んだ人なら知っている原理といえばそうであるが、知っているのと、それが再現できるのは別物であり、今日はその場合はこう、これならこうと言えるような理解の仕方が出来たことが大きい。もちろん井上さんの場合は、その崩しの前の感覚というのは井上さん独特のものがあり、最近は井上さん自身の術理を大事にされており、こうした部分に於いてこれから益々独自に井上さんの道を突き進んで行かれる事が、非常にすばらしいことであると思うし、やはり自分で編み出したものというのは、発見の質が違うもので、凄く身になる部分が多い。これは私自身、杖術や剣術、抜刀術など、参考にしている部分と、独自に研究していった部分があり、やはり独自に研究したものがそこからの発展につながるし、「これからの何か」に向かって逆算されているものだと思わされることもある。

 接触によるテンションを知ることで、崩しに対する人間の身体の面白さを実感出来た。そのあたりの微妙な張りというか、つながりというか、「今!」という感じが今日は体感できたことが私としては非常に大きかった。あらためて井上さんにお礼申し上げます。

 今日も肌寒い雨の中ありがとうございましたまた。また次回も、宜しくお願い申し上げます。

 12月は、ハピコラと抜刀術特別講習会は御座いません。その代わり「杖術特別講習会」を12/23に予定しております。11/3の抜刀術特別講習会(四時間二部制)も近づいて参りました。今のところ第二部のお申し込みが集中しております。第一部は初心者用の講習を考えております。年内最後の抜刀術特別講習会ですので、ご都合宜しい方お申し込みお待ちしております。


 2016年11月3日(水)文化の日 
 「抜刀術 特別講習会」 (四時間二部制)

 (お申し込み受付中)

 2016年11月23日(水)勤労感謝の日 
 第13回 GM happy コラボレーション 「杖術とヨガ」

 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (会員希望者受付中)

 2016年10月 稽古日程

 2016年11月 稽古日程


2016-10-29(Sat)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR