FC2ブログ

本来の自分を求めて

 本日のgold castle 殺陣&剣術スクールの講習は久しぶりに朝からの講習となった。今日は講習前に思わず、「本来の自分でありたい環境で自分を裏切らないことは、これからの自分を助けてくれるものになります。」とつい口走ってしまったが、これは本当にそうであり、一度でも自分を裏切るような事に慣れてしまうと、その後は苦しみが付き纏ってくるように思う。純粋に追い求めるもの、そういう気持ちが、何の余計な感情も無くスッと入れることは幸せなことでもある。

 これからの私の環境作りにおいて、信頼出来る人物を見極め、身体を通じて違和感をいかに解消していけるかという、言葉でごまかさずに、実感出来るように稽古や講習を進めていくことが誠意であると思っている。

 日曜日の剣術クラスの講習時間は1時間しかない。そのため、毎回さまざまな内容をおこなっているが、身体の運用法としては統一性があるので、さまざまな事をおこないながらも身体はその動きに順応していけるものである。

 統一性という面に於いては、身体の使い方の目的により、ルールというべきか、床を蹴ってはいけないとか、肩を上げてはいけないなど、その動きの目的としたものに沿ったものがある。何ヶ月、何年やっても良く分からないものや、違和感だらけのものは、そもそもの運用法に間違いがあることは、そうではないと言う風に書くことのほうが罪であろう。稽古とは身体を練るために時間が掛かるものもあるが、身体の構造、重心、そうしたものを考えたときに無理なくおこなうことで時間を掛けなくとも出来るようになるものもある。あの人は上手いから・・・・・・ではなく、そもそものやり方、その内容に疑問を持たなければならないし、そのやり方でどのような優れた動きが出来るのかを、伝える人間は見せて証明しなければ、誰が指導者をやっても同じことである。

 習っている状況に満足してはならない。客観的に外から見れば一目瞭然であるが、ただ言われたとおりにやれば上手くなると思ったらそれは恐ろしく大間違いであり、感覚を鈍くし、違和感を違和感と思えない身体の使い方になっているということは非常に危険であり、下手になるというのはそういうことである。

 私が熱をもって書き記していることに対して、さほど危機感をもっていない方が多いかもしれないが、身体というものは優秀であり、健康になることも不健康になることも、身体の使い方にあり、年数を重ねていく毎に、自分の身体に気付く感覚が育って行かなくてはあまりにも無駄であり、その間逆に向かっていってしまうのは、時間とお金の無駄遣いであるばかりか、純粋に問題に対して解決しようという行動力が削ぎ落とされ、言葉で武装し、見栄を保たなければこれまでの稽古人生が虚しくなるという、そうした危うい道程の入り口に誘導する言葉巧みな看板が、純粋な者達のこれからの道に災いしてくることは、縁というものでなければ防げない。

 私はこれからも稽古空間の質を高めて行けるように奮闘するが、おそらくそれを作っていくのは、私ではなく稽古の中で感覚的に育ち、心身ともにものを見る目が養われ客観的に自己を見つめることができ、慢心しない方々に委ねるものになるだろう。

 9月25日(日)の講習は昼間の部が品川区総合体育館、夜間の部が戸越体育館でおこなわれますが、この日は私が殺陣クラスの講習もおこないます。これまでgold castle で立ち回りをやりたかったのに・・・という方のために、簡単な殺陣式型稽古をおこなう予定です。今後の展開も含めて王道でもある剣術による立ち回りの講習を参加される方は楽しみにしていて下さい。


 2016年9月19日(月)敬老の日
 第10回 GM happyコラボレーション 「剣術と立ち回り」

 (お申し込み受付中)

  「金山剣術稽古会」 
 (会員希望者受付中)

 2016年8月 稽古日程

 2016年9月 稽古日程


2016-08-22(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ