FC2ブログ

武術とライター

 本日は戸越体育館でgold castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこなった。今日は先日に続いて蟹の前歩きハンドアップバージョンをおこなったが、この講習会ではそこまで求めないほうがいいだろうという判断に至ったので、今後は、これまで通りの、蟹、雀でおこないたい。もちろん身体を探るために手を上げておこなっても構いません。

 胴斬りに関しては、私がおこなっている重心移動に合わせた剣の走りと、斬るべき所を見るという動きが、殺陣などで1年やっても2年やっても、いざ立ち回りになると切っ先が膝元まで下がり下半身が頼りなくなってしまう方にとっては、多いに変化が期待できるだろう。

 正面斬りからの斬割も同様に、いざ正中線を奪うような剣の振りになった時に、これまで練習した振り方が大きく崩れてしまうので、形にこだわって実際に使えない動きと言うものは、剣を扱う上では刀を扱う体の使い方でなくてはならず、ただポーズを取るだけなら、写真撮影のためのポージング殺陣と言ったところであろう。

 安全を考えるならば、力の入らない振り方を教えながら、迫力のある動きと言うものは無理があろう。安全とは、危険察知能力を高めるところにあり、我を忘れ、自分の身体を忘れ、力みをコントロール出来ない状態で、安全に動くことを期待するのは賭けに近い。自身の身体の把握、間合いの違和感、相手の観察、そうしたところから、安全を確認し、リスクを負わない約束事の中でこそ速く激しくおこなえるものであろう。そうしたことを稽古体系の中に取り込み、ひとつひとつ確認しクリアしていけることが時間を掛けて参加される方にとって、供給していくべきことであると私は考える。

 袈裟斬りに関しては、身体全体を把握するための訓練法として、この袈裟斬りをお伝えしている。簡単に力任せに斜めに振るのことは直ぐにできるが、そこに身体をどう使って操作していくかと言う考えはあまり育たない。ということは動きの調整、修正、危険回避、そういった動作が動きの中で選択対応出来ることも極めて少ないと言える。

 つまりは、うわべの稽古や、見当違いの基礎稽古というものは、その動きが目的となって満足してしまうようなことになっては見当違いも甚だしく、動けるための稽古として基礎的な動作を探り、そこに時間を費やしていかなくてはならない。見ていてつくづく動けていない方の多いことに、私としても間接的にではあるが罪の意識にかられてしまう。

 そして今日は久しぶりに「千鳥之型」を前半部分までおこなった。回転中に浮きを掛けて沈むのは今日初めて取り入れたが、こちらの方が稽古になるだろう。この後の流れも細かいところで幾つか変更があるので、次回おこないたいと思う。

 最後は抜刀術「後方突き~逆手廻し納刀」をおこなった。この逆手廻し納刀は本来座りでおこなっていたものであるが、立ったままおこなうことで新たな手順に気付きがあったので、これを採用した。逆手廻し納刀に関しては、以前この教室に参加されていたTさんが、現在殺陣を教えられていて、この技術を広めていらっしゃるので、私としては竹光だから出来る指に挟んだ納刀ではなく、真剣や居合刀でおこなえる納刀の技術を殺陣に採用されることは、刀の扱い方の技術を多くの方に見せることになってくるので、軽い竹光専用の器用な捌きかたではなく、重量のあるものを扱う操作で竹光を扱うことが、私の考える「エンターテインメントだからこそ、多くの方に魅せる技術というものが、本来の重たい刀を扱う体捌きであることが大事であり、そこに身体操作の妙と言える感動があるからこそ、立ち回りは成功するのである。」

 今日の講習ではいつものように1時間50分ぐらいおこなったが、皆さん最後まで汗をかきながら集中して取り組まれていた。久しぶりに参加されたSさんが、「今、こんな難しい事をやってるの?」と仰られていたが、毎週参加されている方々にとっては、気がついたら出来ている動きも少なくない筈である。実は、こういうことは難しいという思い込みであり、難しいからということを逆手に取り、ずっと使えない基礎ばかり教えて、どんどんレベルを落とし、思い込みを刷り込ませるような指導者も中には少なくないのが実情である。生徒を伸ばすために導いていくことが誠意であり、それが指導者の何よりの務めではないだろうか。

 講習後は五反田で、友人であり、武術仲間でもあり、現在はライターのお仕事をされている青木賢治さんと待ち合わせし、近くのカフェで2時間ほどさまざまなお話に花が咲いた。いつものことであるが、本題がほんの少しで、約7割~8割ぐらいが武術に関するお話になってしまう。そうなってくると何を話しても盛り上がり、互いに交わしている言葉が実は自分に対する回答であったりして、本当に有意義な時間となっている。本題は、9/19(月)敬老の日に開催する、第10回 GM happy コラボレーション「剣術と立ち回り」であり、次回は二刀による立ち回りをメインにおこない、カラミを固定し、全員武蔵をおこなうといった前回と同様全員シンをやっていただくということで取り決めた。今回は、前回に比べ中身のボリュームを落としているので、完成度を求める講習会を目標としている。前回同様4時間おこなうので、かなりのところまで行けるように思う。

 青木さんがライターになられたキッカケがこのGM happy コラボレーションで脚本を書いたことが要因の一つですと仰っていただいたが、以前から言葉ということに対する思い入れのある方だと感じていたので、これからの青木さんのご活躍が楽しみである。そこで、青木さんに「ライターのお仕事と、武術稽古との関連に何か共通するものはありますか?」と質問したところ、「それは空間ですね。」と仰られ、なるほど、受け手に対する感性が、武術稽古でも、文章の中にも共通するものがあり、自分を出したいところと、相手が心地よく感じられるところとの間で、センスが問われる仕事でもあり、もちろん取材に対する情報収集力も必要であるが、文章というものは、その人が良くも悪くも見えてくるので、武術稽古で培われた感覚というものは、言葉というものに反映するのであろう。それを空間という捉え方で表現されたところに、間合いであったりリズムであったり、そういう青木さんのお話に非常に興味深く聞き入ってしまった。

 その関連性は、武術指導者の方々にライターのお仕事をされている方が多いことからも、文章で紙面の空間を制する感覚が養われるのは、自己を見つめ、その結果相手が見えてくるような、どこまで己を深く掘り下げる稽古を積んでいるかということに深く関係しているように思える。(そういう私は、誤字脱字が多い上に改行が少なく真っ黒である・・・)

 それにしても、日々稽古をして武術稽古を通じて知り合えた方とこうしてお話が出来るといいうことに喜びを感じ、それが私にとって大きな学びの瞬間であり、本当にそうして出会えていることに感謝したい。これからも、ご縁のある方々とお会いして、いろいろなお話を交わし、その道に向かって共に(友に)歩んで行くことが最大の喜びであり、そのための稽古となるべく精進していかなければならない。一人稽古は一人ではないための稽古である。


 2016年8月20日(土)
 「抜刀術 特別講習会」

 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (会員希望者受付中)

 2016年8月 稽古日程

 2016年9月 稽古日程


2016-08-13(Sat)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ