FC2ブログ

「続飯付」からの気付き

 雨台風がゆっくりゆっくり日本列島をまたいで行こうとしている。今朝は猛烈な雨音に目が覚め、「今日は、びしょ濡れになるなぁ・・・」と思っていたが、運の良いことに私が移動しているときは一切雨に降られずに済んだ。午後からおこなった高田馬場での稽古中は、武道場内に吹き込んで来るほどの雨と風であったが、台風らしく降ったり止んだりまったく予測不能な天候の移り変わりであった。

 そんな高田馬場での稽古では、W氏とともに蒸し暑い武道場で汗だくになりながら稽古をおこなった。四方突きに時間を掛けて見て行ったが、後半形にはなってきた。次回は十一連続動作之型を進めて行きたいと思う。最後に少し体術をおこない、身体の中心を取る稽古と、浮きを掛けて沈んでいく稽古などをおこなった。

 次に電車に乗って住吉に向かったのであるが、半蔵門線と都営新宿線の乗り換えを間違えて、九段下から逆に新宿三丁目まで戻ってきてしまった・・・・・・本を読んでいたので途中までまったく気が付かなかったのである。

 住吉の稽古場では、K氏とともに稽古をおこない、剣術では新たに斬り上げをおこなった。これは今後組太刀稽古に取り入れたい動作となっており、正眼からの突きに対する、跳ね上げからの斬り込みや、対正眼に対しそのまま籠手を斬り上げる稽古としておこないたい。

 さらに今日は鹿島神流の組太刀にある「続飯付」をおこなった。これは仕太刀としては数年振りにおこなうことが出来たので、あらためてK氏と稽古が出来て良かったと思うし、袋竹刀を手に入れて良かったと思う。そういう気分になれるほどK氏との稽古で気付いた部分がいろいろと出てきた。相手の力を利用するには、その時期があり、それまでは相手に対し敵意を出さず、むしろ仲良く同調してあげるぐらいの方が技として成立しやすい。そして、相手の力を利用した場合は、やった感が無く、何か間違えているのかズルをしているのか妙な感じなのである。もちろん私程度の技術では甘い部分が沢山あるだろうが、力じゃなくとも相手を崩せることの実感は、打太刀をやってみて非常に良く分かるのである。K氏もこの稽古には非常に夢中になられていたが、この「続飯」がさりげなく出来るように修練したいと思う。これは技術的な部分もあるが、おそらく相手を通じての感覚的なものも大きいので、これからの組太刀稽古では重点的におこないたいものである。


 イオンカルチャークラブ剣術教室
 第1回 GM happyコラボレーション(参加者受付中!)
 第2回 GM happyコラボレーション(参加者受付中!)
 金山孝之 7月稽古日程
 SAMURAI BRAKE
2015-07-16(Thu)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ