FC2ブログ

皆さんに支えられていることのありがたさ

 暑い日曜日となった今日は、品川区総合体育館と戸越体育館で講習をおこなった。最近生徒さんの稽古着が黒系統になってきており、特に黒でなくてはいけないと言うわけではないのであるが、雰囲気としては引き締まった感がある。私の場合いつも剣道着なので藍色の上下であるが、一年を通じて使っているとかなり色落ちがしてくる。インディゴブルーのジーンズの自然な色落ちも綺麗であるが、藍染めの道衣の色落ちは使うほどに味わいが出てくるので私は好きである。武術稽古を始めたころの道衣は藍色ではなく紺色のものであったが、何度も洗濯して白っぽくなってしまったが、捨てられずにしまっている。夏は洗濯頻度が高いので、新たに同じ道衣と袴を買っているのだが、比べると色が全然違うことに気が付く。高田馬場では年間を通じて、夏用の道衣と袴を使用している。それ以外の場所での冬場の講習のみ、冬用の道衣と袴を使用している。袴はあまり重たくない方が稽古がしやすいだろう。(特に夏用、冬用とは決まっていないが、生地の厚さでそのように分けている。)

 昼間の部では、9歳のK君がいつにも増して元気であった。武道場を所狭しと駆け巡り、杖が好きなので私が心配するほど武道場の端から端まで、打ちや突きをおこなっていた。その中でも感心だったのは、杖の「十連円打」をほぼ覚えていたことであった。九が廻し打ちということを覚えており、大人でもそこまで覚えていない方が多いなか驚かされてしまった。

 今日はそれぞれ最後にこの「八連円打」または「十連円打」をおこなった。全体的に覚えが早く、特に昨日土曜日に初めておこなったKさんは今日の講習で十連円打まで全て出来るようになったから驚きである。生徒さんの上達が早くなるのには、私だけの力ではない、生徒さん同士で教えあうことが実は大きい。たくさんの生徒さんを見て回るので、やはり見られない時間も出てくる。バランスと優先順位でそれぞれを見ているが、そういった時間を効率よく全体の底上げとなっていくのには出来る人が教えて上げることも互いに学ぶ上ではプラスであるし、身体を通じてのコミュニケーションとなる。

 だが、教えることに快感を覚え、求めていないのに教えるようになってしまうとこれはこれで困ったことになる。なので、基本的には勝手に教えないが、その人が困っていて私がそこに居なければ、助け舟という形でサポートしていただく形が全体的な流れとして上手く行くだろう。そういう意味では、今日の講習は昼も夜も合わせて、私としては非常に良かったと思う。「何で私が教えなければならないんですか先生!」というぐらいが実は全てが上手く回っていくものだと思う。

 このgold castle の空間では、私もあまり細かいことは言わないのであるが、ここまで生徒さんのお陰でいい緊張感と笑いが保たれ、このことに関しては本当に感謝している。私と大城先生とのキャラクターからなるご縁で、これまで支えられてきていることをありがたいと思っている。つまり大城先生のキャラクターのお陰でもある。近しい人と常に行動していると忘れてしまいがちになるが、やはりこの教室の現在があるのは、大城先生とでなければ成り立たなかっただろう。生徒さんが安心して、時に助けていただきながら真剣に取り組むことが継続出来ているのは、思いが通じているからなのかもしれない。私も今日の稽古で9歳のK君との十連円打はこれまでにないコミュニケーションであったと思う。子供も大人も相手の思いに対しては敏感である。これからも大事なことを忘れずに不器用ながらも指導させていただく者として成長していきたいと思う。


 イオンカルチャークラブ剣術教室
 GM happyコラボレーション(参加者受付中!)
 金山孝之 7月稽古日程
 SAMURAI BRAKE
2015-07-13(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ