FC2ブログ

自分の身体を考える意識

 今日の品川区総合体育館でのgold castle 殺陣&剣術スクールでは、剣術の講習をジックリとおこなった。足を動かす場合には、左右どちらかの足が軸足となる場合、その軸足に重心を掛け過ぎてしまうと体軸が傾きやすくフラつきやすくなってしまうことがある。軸足に重心が掛かりながらも、体軸を真っ直ぐに保つためには作用足(軸足と反対側の利き足)にどれだけ重心を残せるかにあるのではないかと思う。この作用足への重心の残し方の割合を掴むには、私が高田馬場の武道場で時間を掛けておこなっている、杖を用いての「クロール歩法」がこの体軸の傾きを矯正するには良い稽古法ではないかと思っている。

 今日の講習では、正中線上での斬り止めを向かい合っておこなっていただいた。これは今日の参加者の中に、相手が付いた状態では腰が引けてしまうという方がいらっしゃったので、これまでの講習でおこなってきた、技に関する技術稽古より、単純に、互いに向き合って剣と剣を斬り結ぶということをジックリおこなうこととした。そして、手の内の操作が剣の操作には重要であることから、互いの正中線上でバウンドせずにピタリと木刀が接触することを目指して取り組んでいただいた。これは以前私が、とある流派の剣術を積まれていたH氏と稽古していたものであり、この稽古により力みが抜け、剣の操作がしやすくなったことから、あらためて「操作する」ということの意識を稽古の中で意識付ける必要があると感じた。

 これにより間合いの問題、互いの呼吸、切っ先の軌道を生み出す手の内や肘関節の使い方、前後に移動する際の気持ちがどのように動作に影響するかなど、一見シンプルな稽古であるが、その伝え方によっては非常に得るものがあると思う。

 ただその形をなぞるだけでは、相手が付いた場合や動きの組み合わせが変わった場合に出来なくなってしまう場合があるだろう。形をなぞるだけではなく、自分の身体に目を向けて、視覚に頼らず、感覚を養うためにあらためて指先から足先まで自分の体全体の状態を意識しながら動いてみるといろんな発見があり、そこからが本当の意味での稽古になってくる。統一性のあるシステムの動きであるなら、基本的な身体運用法は同じであるので、自らもその動きの特性を理解していくことで、相手が付いたり動きの組み合わせが変わっても順応出来るだろう。ただそのためには、私自身も目指しているが、ただ形をなぞる稽古ではなく、自分の身体を操作していく意識が大事である。

 芝居に例えるなら、自分が演じる役のセリフの言い回しばかりを考えて、その言い回しが上手く出来るかどうかという稽古をしているようなものであり、相手役の予想外のセリフの言い回しや、監督や演出家の要望に対応するには、練習してないから出来ませんとなってしまっては役者とは言えないだろう。全く初めての経験であれば、そういう言い回しのヒントは一つのキッカケとして学ぶものではあるが、そこから脱することが出来なくなり、言い回しの稽古にこだわり相手とのアンサンブルが出来なくなってしまう下手な役者になってしまう場合もある。重要なことは、何のためにおこなっているかということを見失わないことであり、脚本の意図を理解し、物語を作っていく作業において相手との芝居、または自分の芝居を成立させなければならない。そのために重要なことは、自分が演じる役の人物像を徹底的に調べ上げ、その人物になることを目指し、その人物になれたのであれば、言い回しなどにこだわる必要は無く、その人物がその時の感情で話した言葉が自然である。その人物になっていなければ、何をどうしても違和感があり可笑しなものになってしまう。つまり、動きの質を変えるための稽古にしなければ、違和感を感じてしまうだろう。その違和感をどう無くしていけるかが稽古であり、そこに目を向けて取り組むことが出来るかどうかが私も含めて気を付けなければならない。

 さて夜からはイオンの講習。今日からイオンでの講習が30分長くなり、1時間30分の講習時間となった。毎回参加されている学生のHさんも、最後まで集中して取り組むことが出来た。Hさんは大変熱心な生徒さんであり、実にノート三冊を持って講習後に復習勉強されている。私の半分以下の年齢の生徒さんであるが私も学ぶところがあり、私の稽古熱というのはどういう部分に強く引き出されるのかということがあらためて感じられるのであった。

 これまでの1時間の稽古が1時間30分になると、想像以上に一つ一つをジックリとおこなえるので、私としては良い所までもっていける内容が増え良かったと思っている。隠れ家的空間で少人数でおこなっており、こちらはあまり宣伝をしていないのでおそらく今後も少人数でジックリとおこなっていくことになるだろう。

 すでに3時を過ぎてしまったが、明日は、いや本日は18時30分から20時30分に品川区総合体育館B2剣道場にてgold castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこなう。今回から3週続けて夜間の部のみの開催となってしまうので、どのような状況になってしまうのか少々不安でもあるが、良い講習となるように励みたい。


 時間的に日程の都合が合わない皆様には誠に申し訳ありませんが、会場の都合により3週続けて日曜日は夜間の部のみの開催となりますことを御了承下さい。


 金山孝之 5月稽古日程
 SAMURAI BRAKE
2015-05-10(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

神田すずらん館特任講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
「神田すずらん館」特任講師となる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR