FC2ブログ

半年振りに

 打太刀、仕太刀となり組杖稽古や、打太刀をつけた抜刀術をおこなった。やはりこういった剣術稽古になると、一人稽古とは違った発見もあるし、相手との「間」や「起こり」に対する初動など、半年振りの打太刀をつけた抜刀稽古の不出来さに、自分自身愕然としてしまった。しかし、技術云々というより、対人間に対する感覚の問題であり、これからのさまざまな稽古において私の対人感覚のスポンジはスッカリ乾いてしまっているので、ひとつひとつ吸収したいところだ。

 組杖稽古では、杖の特性とそれに応じた身体の使い方で、いくつか考えた型が有効であることを実感した。このように打太刀、仕太刀による組杖稽古により動きの精度が格段に上がっていくだろう。そういった意味でこの剣術稽古の深い部分を追求していける稽古相手と出会えることは、かなり限られた条件なのだとつくづく思えるし、おそらく武術というものにある「縁」なのだろう。

 しかし時間が経つのが早い。そしてよく喋っている。ときに稽古を中断し話し込んだり、流れが途切れず稽古に戻ったり、こういった感じは久しぶりであった。

 向かえ身と、肩の詰まりのない左右からの初動が、なにか背中のまとまりに関連しているように思う。稽古初期段階のころにおこなっていた、身体の可動域を大きく使っての実感あるカラダの使い方から、現在は、可動域の範囲内で詰まりなく効率よく身体の左右上下の部位を少しずつ動かし、得物の慣性を利用する使い方を意識するようになってきた。とくにこのブログの映像リンクにある抜刀術の四番目におこなっている「巴抜き」(順番に「懐月」⇒「稲妻抜き」⇒「潜龍出池」⇒「巴抜き」⇒「逆手前方抜き」⇒「津波返し」)は以前と比べ、剣の重さを感じることなく、肩の詰まりも感じず、実感なく初動のエネルギーのみで終えている感覚である。そしてこの「巴抜き」は、その場でおこなう場合と前に出ながらおこなう場合、以前はそれぞれ身体の使い方を分けていたのだが、去年の9月から脚足の使い方に大きな違いはなくなった。

 左右差し替えではなく、向かえ身での水鳥が、上体と下体のうねりをつくらず、左右のエネルギーを伝達する方法ではなく、上下のエネルギーを伝達する方法になることが明確になっている。これは、その流儀の「核」となる部分であり、そこの使い分けというのは、カラダをつくっていく意味において統一しなければ、使える身体の構造が出来ないと思う。

 先日も一年以上やっていなかったある鍛錬稽古をしたのだが、内転筋が発達し、股関節を最大に屈曲させることが非常に困難になってしまった。一週間たった今でもまだその影響が残っているので、その鍛錬稽古は私の場合やらないことに決めた。

 今日は杖術の「巴」に発見があった、これは打太刀をつけなければ気づかなかったことで、これも上記に書いたように、左右の使い方でなく、上下の使い方により、背中から前方へ打ち下ろす際の腕の軌道がまとまるようになった。上下のエネルギーが使えれば、腕はそれらを活かすために、体に近いところにあったほうがより効果的だろう。

 このように杖一本あれば、各基本的な技から、それらの組み合わせ、打太刀をつけた組杖稽古など、充実した稽古になる。剣術稽古の最初の手掛かりとしても、杖は比較的安価であるし、持ち運びも楽であるためオススメしたい。


2013-03-09(Sat)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ