FC2ブログ

時間がドンドン過ぎてゆく

 次に購入する居合刀をいろいろ調べていると、気付けば数時間が経っているというありさま・・・・・・まあおかげでいろいろと知ることが出来た。

 二尺七寸は諦め二尺六寸で考えている。いろいろ考えているうちに好奇心が湧いてきて、居合刀に対しサイズや使い勝手以外にお金を掛けるのは、私の場合刀が耐えられず直ぐに壊してしまう可能性があるので勿体無いと思っていたのだが、色々見ているとだんだん気になってくる。

 どうせ壊れて次の刀になる前に、一度今までとは違った拵えのものにしてみようかな・・・とも思う。とにかく、もう見るのは止めようと何度思ってもいろいろなサイトを見てしまう自分に疲れた・・・・・・

 こういう時が一番楽しい時なのかもしれない。本来は真剣の購入を考えなければならないのであるが、いろいろな状況を総合的に判断した結果、もう一度居合刀を購入し体捌きを練られるものを選ぶことにした。真剣は手元にあるが、欲しいのは二尺四寸五分~二尺六寸の間で、激しい抜刀稽古をおこなうため私の命を預けても良いと思える出会いを待つより他は無いと思っている。

 今日は「高齢者のための剣術教室」と高田馬場での個人指導をおこなった。今日は簡潔にまとめてしまって申し訳ないが、まずクラーチの講習では、最近私が取り組んでいることは身体の各部分が同時に動きながら最後にピタリと揃えるという動作である。そこに合わせるためにはそれぞれの速度が違うし、その動き出しのタイミングも変わってくる。だが、頭で考えると訳がわからない事でも、動いてみて取り敢えずやってみると理解に繋がることもある。思考の関係と動作の関係はセリフの覚え方もそうであるがなかなか面白いものである。

 高田馬場ではMさんへの個人指導をおこない、このところ熱心に続けて参加されているので今日は驚くほどの進展があった。袋竹刀にて打太刀の正面斬りを袈裟に斬っていくものであるが、その打ち込みの強さがこれまでの稽古の中で見せた事のないものであったため、表情の変化も含めその変化に私自身暫く考え込んでしまうほどの手応えがあった。

 特に女性の場合、袋竹刀というのは恐怖心が薄れるため、これまでセーブしていた何かを取り払い新しい何かを発見することに繋がっていくように思う。 この高田馬場での2時間の集中稽古で、指先の使い方や、手足の連動、脚足の使い方などの技術を稽古しながら、剣や杖を使いブレないように扱うことで体幹部を鍛え体に芯を作っていき、故障しにくい身体を作りながら姿勢を知り姿勢を正す稽古となっている。さらには相手をつけての打ち込みなどで、体幹を働かせるための技術を稽古しながら、これまで経験したことのない武術というものを意識し、何かを引き出せることを考えおこなっている。

 今日は新たに杖をつかっての「クロール歩き」をおこなった。ネーミングがイマイチであるが、「蟹の前歩き」というのもあるし私のネーミングセンスはこんなものだろう。この動作は肩甲骨と股関節を動かしながら進んで行く全身運動なので、この寒い時期などは身体を温めるにはもってこいの稽古の一つである。蟹の前歩きは股関節を引き上げることと体軸がブレないことを目的としておこなうものであり良い稽古内容の一つであるが、動きが滑稽であるためあまり女性にはお勧めしていない。隠れてコッソリやってくださいといつもお伝えしている。

 とにかく、時間があってもそれなりに消費してしまう。Amazonで本を4冊購入したがまだ読めていない。一度読んだ本でも覚えていないものがあるので読み返しているところであるが、私の場合遅読であるのでその分自分の役に立つように感性をもって読み込んだほうが時間を無駄にしないだろう。

 さて、そろそろ寝ないとまた不摂生だと言われてしまうので、今夜はこの辺にいたします。


2015-02-18(Wed)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ