FC2ブログ

ミネアポリスの友人へ

 本日はミネアポリスから稽古に参加された加藤氏がアメリカの地へと旅立って行った。12時間のフライトであると言っていたのでおそらく今頃は飛行機の中ではないだろうか。先日の稽古で杖の十一連続動作の型と、繋ぎの型をお伝えしたが、十一連続動作の型については動画を撮っておこうと思っていたがカメラが無かったので、紙にメモしてお渡ししようと考えたが、こんなときに限って私がノートを持って来てなく、仕方がないので京王ストアのレーシートの裏に①~⑪までの動作をメモしてお渡しした。以前甲野先生が根岸流四代宗家の前田勇師範から昇段の証明書を書かれた紙を見せて頂いたことがあり、その紙がレシートではないが何かとても小さな紙(箸紙であったような・・・)であったことを思い出し、その前田師範の人柄と手裏剣演武会でのエピソードなど伺った話を加藤氏に愉しく話し込んでしまった。

 昨日はその加藤氏からありがたい御言葉を頂き、このような加藤氏との出会いの記録を残したいという私の思いから、再びこのブログに掲載させていただく了承をいただいたので、ここに記したいと思う。





金山先生、

昨日は稽古ありがとうございました。
前回同様、先生から沢山の事を学び大変有意義な時間になったと実感しております。
今回は難易度も上がり手順を憶えるのに一苦労でしたが
これから少しづつ教えて頂いた動きの質を上げて行きたいと思っています。

集中力があるとおしゃってくださいましたが、
おそらく先生との稽古が有ってこその集中力だと思っております。
私を含めて(おそらく)周りの方も先生の考えや人間性に影響といいますか、
何と上手く言えませんが、
その方々にとって良い方向に導かれる、または良い空間を与えられている様に感じます。

これからの先生のご活躍を勝手ながら期待しております。
また来年の帰国の際はぜひ稽古をお願いいたします。
ありがとうございました。

加藤





 昨年は二日間で七時間の稽古をおこない、今回は二日間で八時間の稽古をおこなった。四日間で十五時間の稽古を共にしたことになる。互いのことはほとんど知らないのであるが、不思議と稽古を重ねていくうちに、まるでずっと見てきたような不思議な感覚になっている自分がいる。武術稽古とは私にとって掛け替えの無いものとなり、縁のある方々との出会いに必然性を感じ、これからの人生を共に豊かにしていけるような、現代においての武術稽古の重要性を実感しながら今後も励んでいきたいと思う。
 加藤さんまた来年の暮れに稽古しましょう!ありがとうございました。


2014-12-14(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ