FC2ブログ

無理なく巡って来たものに最善を尽くす

 来週月曜日が一つの大きな動きを見せることになってきたが、26日以降活動再開に向けての情報にはハッキリしたものが出てくるだろう。

 本日は、編集映像の確認と、字幕原稿の確認作業をおこなう。今回はシンプルで判りやすいものとなっているので、校正といっても目を通す程度に近い。しかし、映像に関しては、細かな部分で気が付くところがあり、その辺は何とかなるだろう。

 あらためて、映像の確認作業と言うのは、自分の動きの粗を探す作業でもあり、それは細かい部分ではあるが、感覚的な部分を視覚的に伝えることの難しさ。また感覚的実感と視覚的実感の差異。そんな所にも気づきと言えば気づきであるが、感覚的にそうやっているものの、時間的削除はやっていないように見え易い、得てしてそういう動きは速さゆえ残像が残って解り難い。

 遠心力、慣性、そういった働きも、速くおこなうものとゆっくりおこなうものとでは、条件が異なってくる。しかし、私が私に指導しなければ成長は無いので、そこは厳しく記憶に残さなければならない。しかし、今回のDVDは、的を絞った解説のため観ている人にとって、混乱し難いものであると思っている。繰り返し丁寧に説明しているため、敬遠しがちな初心者の方や、他流武道武術を学んでいる方々にとっても共有出来る部分が多いと思う。

 
 そういう意味では、私のような個人で活動している者が昨年に続き二本目のDVDを刊行させて頂ける事は驚きである。

 私のこうした活動というのは、野心めいたものではなく、自然とそのような流れになったとしか言いようがない。
 それは、金山剣術稽古会やGold Castle 殺陣&剣術スクールを主宰していることも同じ。
 つまり、自らが武術の技を進展させるには、日々このことに向き合っていなければならず、アルバイトをしながら稽古をしていたのでは、常に仕事中に稽古することは不可能であり、そのため稽古を仕事とする必要性があった。もっとも、稽古を仕事と考えておこなっているつもりは無く、結果として仕事になっている、飯を食べられる最低限のものをいただいているという事である。だから、仕事として割り切ることなどなく、自分が納得出来るものを共有して頂くようにお伝えしているに過ぎない。それに共感して頂ける方が長く付いて来て下さっている。

 金山剣術稽古会は、私が稽古をする会としてそのままの名前にしたものであり、流派を名乗るつもりは毛頭無い。Gold Castle 殺陣&剣術スクールは、とある名前を取って名付けたものであり、ただ私の中では金山剣術稽古会とGold Castleには違った色でやったほうが良いだろうという考えのもと、敢えて横文字とし、ホームページも初心者が安心しやすいものとした。
 お陰で、毎週のように体験参加者が来られる教室となり、こうした出会いの窓口としてGold Castleは大きな意味を持った。

 とうぜん、生徒が増えても支部を作ったり人に指導を任せるようなことは毛頭ない。それは先ほども書いたとおり、自らが武術の技を進展させるには私が直接全てに携わらなければ意味が無い。そうなると、規模は限られてくるが、生徒の質、教室の質は安定したものとなる。今回のような長期に渡る休講となっても大したダメージは受けていない。

 これからも、野心のようなものとは無縁の思考の中で、自分に巡って来たものに最善を尽くすことが失敗しないことであり、次なる道を見極めることになるだろう。それが、わたしのような平凡な人間には一番向いていると思っている。


2020年6月6日(土)『抜刀術 特別講習会』(お申し込み受付中)
※中止になる可能性がありますので御了承下さい

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

甲野善紀先生からの紹介文

2020-05-22(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ