FC2ブログ

身体は目まぐるしく展開を導いてくれている

 今週は火曜日から日曜日まで稽古会や講習会が続く予定。火曜日は「クラーチ剣術教室」にて講習をおこない昨日水曜日は戸越体育館にて金山剣術稽古会をおこなった。

 その稽古の中で、成果があったのは正座でおこなう一点接触からの崩しである。これは、松聲館甲野善紀先生がおこなわれていた「正面の斬り」であるが、数年前からは「正面の対応」として、より厳しい条件の中で工夫され続けておられる稽古法の一つです。

 その正面の斬りでもある一点接触からの崩しにおいて、この場合もはや斬りではなく、崩すための接点の使い方に特化したものとなっている。渡部氏は私よりも体重も筋力も少ないため、条件を厳しくし、斜め立ち膝の状態で私に重心を寄せるように腕を交差させ、その状態から正座で後ろへ倒すことが、最低限の課題として取り組んだ。

 とうぜん、今までのようにおこなうとビクともしないが、落下の反動を使うことで、大きく動かすことが出来る。しかしまだ何かバラツキがあり、さまざまに1時間程検討しただろうか、お陰で落下の反動を多用したことで膝が痛くなってきたが、それでもなかなか止められず、「これで最後にします。」と何度言ったことだろうか、気になることが浮ぶたびに、「すいませんがもう一度やっていただけますか。」と、何度もさまざまに、腕の使い方、落下の工夫、膝の引き込み、腕の軌道、そうしたところから、一つずつ塗りつぶしていくように消していき、「結局、元のやり方が一番いいのではないか…」というチョットがっかりな、しかし、これが検討した中で現時点でベストと解ったのならば、次の進み方に迷いはないだろうと、気持ちを整理しようとした最後のときに、あることに気がつき、それを試みた際に倒れた渡部氏の反応と、私に残った実感が、今まで検討したさまざまな方法のどれよりも超えていたものだったので、「そうか、この場合はこれか!」という発見に至ったのであった。それに付随して、不利な筈の手の位置が、実は有利に働いていることも解り、原理と言うのは状況に応じて異なるものであり、それらを理解するのはまだまだ時間が掛かりそうであるが、そのさまざまな原理を実感していくということは、身体に取り込む大きな財産でもあり、これはやはり、自ら探して自得していくしか無い。その自得と感じるものも、実はとうの昔に学んでいたことの一つであり、今になってそのことがようやく理解できたということである。まだその理解が何処までのものなのかは、さらに進んで行かなければ解らないが、「出来ない時間の葛藤」というのは、「考えることを課される時間」でもあり、それは、稽古により積み重ねてきたものにもよるだろうが、逆境をどう乗り越えていくかの方法を、学ぶ事にも繋がっている。

 膝立ちの渡部氏を後ろに倒すことが出来るようになったので、今度は立った状態から腰を落として私の方に重心を掛けて腕を交差した状態にしてもらい、私はこれを正座からおこなうと僅かでも押し返すことが出来るだろうか確かめてみたくなった。

 とうぜん相手は立っているので倒れることは無いが、この圧倒的に不利な状態から、私の右腕は額に触れそうな程押し込められた状態から相手を後ろへ何歩か後退させることが出来た。

 これには、信じられない思いで興奮したが、念を入れて渡部氏にもこの方法をお伝えし、私も立った状態から受けてみると、「おお!」後ろに後退させられた。これが出来たのは、接点の大事であるが、当然落下の反動も要であり、さらに不利な筈の手元の押し込められた位置がさらに強力な働きに加担していることが解り、興味深いこの日の稽古となった。立って重心を掛けられた状態から押し返すことは、最近感じている全ての動きもそうであるが、「ああ、これは伝えてしまえばみんな直ぐにできるだろう。」と思うのであるが、それだけではない何かが身体と感覚の間にはあるのかもしれない。この日は、集中してやり過ぎたため少し膝に負担があったが、こういう座りの稽古は、身体をつくる稽古として重要な部分が含めれていると感じるので、今後も座りでの体術稽古は技の進展もそうであるが、重要な部分を練っていくためのものとして今一度重ねて行きたいものである。

 
 そして本日木曜日は、同じく戸越体育館にて渡部氏と稽古。昨日の座り稽古での時を忘れた検討が膝に負担を掛けてしまっていたかもしれないため、本日は体術を避け杖術をおこなった。

 明日の『杖術 特別講習会』でおこなう両手寄せの技法を幾つか確認。あらためて両手寄せに遣うことで、攻防が一体となり、速く連続的に強く遣うことが出来る。そして同じくひさしぶりに「燕打ち」と「大燕打ち」をおこなった。

 この二つは実戦的なものであり、どこが実戦的なのかというと、相手がどうしても払わなければならない軌道に対し、有効にこれを抜きそのまま顔面に強く打ち入れる事が可能であり、これを防ぐことは始めから「そう行きますよ」と解っていても、相手の払う軌道を変えなければ、おそらく無理だと思う。しかし、払いの軌道を変えることはこの場合、誘いとなる下方向に対する突きをどう払うかを見直さなければならず、結局顔面が空いてしまう軌道に頼らざるを得ないと思われる。それ故に、この燕打ちと大燕打ちは実戦的であるといえるだろう。
 
 そして、稽古には気分が高揚する動きと言うものがあるが、それは数少ないものである。この「燕打ち」と「大燕打ち」には、何故だか解らないが、気分が高揚し「これはエナジードリンク系の技ですね!」と半分冗談めかして渡部氏に受けていただいた。

 どうして交感神経が優位になる作用が感じられるのかは解らないが、身体の実感予測よりも少し先に行った速さであったり、杖の奔りであったり、強さであったり、そうしたものが何度やっても無意識の計算よりも先に行っているのかもしれない。もちろん推測であるが、同じような乗り物でも気分が高揚する乗り物があるように、動きにおいても気分が高揚するものが、全くそのようなつもりが無くても、身体がそれを感じ、なんらかのサインを送っているのかもしれない。そのサインの意図しているものは解らないが、「杖整体操」は副交感神経が優位に働くのに対し、「燕打ち」「大燕打ち」では交感神経が優位になるような、叫びたくなるような衝動を覚える何かが感じられる。尤もそれは私個人の感覚なのかもしれないし、それはまだデータが不足しているが、明日の特別講習会でそのあたりを観察して見ようと思う。

 そして最後に、数ヶ月ぶりに両手を重ねた誘導と対応の稽古をおこなった。この稽古は、相手の誘導に対して目を瞑った対応側の人間は、自然に動く手足の動きを観察することを目的におこなったものであるが、これに瞑想の働きがあるように感じ、数年前に武術稽古でお世話になり、甲野先生のDVDで2013年から毎年一緒に受けを務めさせていただいている、松聲館技法研究員であり、武術指導やヨガを御指導されている井上欣也さんにこれをおこなったことがあり、そのときに井上さんから驚いていただいたこともあり、瞑想効果があることも確認できました。

 数ヶ月ぶりにおこなったが、これは呼吸と互いの掌の接触圧を保つことに集中し、五分位でおこなうものである。今日はそれぞれ10分弱行ったが、終った際にしばらく目が開けられずにそのまま立ちすくんだ状態となり、腕はだらんと真っ直ぐに下に伸び何にも動けない、動きたくない状態となる。これは今までにも大なり小なり体感してきたが、今日ほど深く効いたことはなかった。渡部氏も私と同様に深く効いていたが、これは時間の長さではなく、久し振りに行ったということで、深層部に響いた(深層部に解決されない何かが溜まっていた?)のだと思われるし、杖整体操でもここまで深く効くことは無かった。しかもそれがたったの10分弱でこのような状態になるので、ちょっとした催眠作用も含まれているのかもしれないが、体操や柔軟をしたわけでもないのに、真っ直ぐ立てている実感が足の裏にあり、全身の力が抜け、表層のバリアが取れ、深層部の詰まりやストレスが開放されたような感じがしている。おそらく、深層部の解決が実感として効きに影響しているのかもしれないが、心身の状態に合わせてこうした稽古も長く身体を維持していくには必要であると思っている。

 本当に身体の事はまだまだ知らない、実感していないことがあり、そのことと、いろいろな導きであったり流れが同調していることに感謝しなければならない。現世で預かっている心身をどのように観ていけるか、主観と客観の中で共に生きて行かねばならないということだろう。


2020年3月20日(金/春分の日)『杖術 特別講習会』(お申し込み受付中)

2020年3月22日(日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年3月 武術稽古日程
(新宿スポーツセンター臨時休館に伴い改定いたしました)

2020年4月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-03-20(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンDVD
『古武術は速い』指導・監修

2020年
BABジャパンDVD
『古武術は美しい』指導・監修

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ