FC2ブログ

大人数でできることと少人数だからできること

 本日は品川区総合体育館にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。生徒の他に体験受講三回目のTさんと初参加のIさんがお越しになられました。Iさんは女子中学生のお子さんですが、剣に興味があるようでお母様も楽しみに見守っておられました。

 今年に入って小学生や中学生の入会が増えております。10月にフランスからティーンエイジャー向けの雑誌取材を受けましたし、そのなかで若い生徒達がインタビューを受けている姿も印象に残りました。殺陣の教室は多いですが、複数の子供達が大人と混じって殺陣や剣術をおこなう教室も珍しいかもしれません。子役のお子様も何人かいらっしゃいますので、全体的に甘えることなく何を身につけるのかということが明確になっておりますので、退屈するような時間はありません。

 身体にたいする興味というのは、私が経験したことから言いますと年齢に関係ありません。私の動きを見せて、それをどのようにおこなうのかをお伝えしながら稽古しております。その動きに説得力が無ければ生徒は興味を持っていただけませんので、私に出来る事は、これまでの稽古で私が先に経験した身体の使い方を、その方々にとって手に入れ易い方法でお伝えしております。個人差がありますので、なかなか上手く行かない方もいらっしゃると思いますが、色々な方向から繋がってくるものですので、ある時に出来る身体に変わって行く事があります。その変化は経験しなければ想像できないものと思いますが、今までできないと思っていたようなことが出来た感動というのは、私自身が沢山経験してきましたし、勿論今もまだまだ出来ない事を出来るようになるために、さまざまな手掛かりの中から稽古をおこなっております。

 子供の成長というのはいかに興味を引き出してあげるかだと思いますので、ドンドン吸収して、出来なかった事が出来た喜びを増やし、そこに身体との信用が生まれ、諦めず投げ出さずに集中力が養われます。

 塾に通っていたり忙しいお子さんが多いですが、その合間を縫って私のところへ来て下さっております。初めは人見知りがあったり笑顔が少なかったりしたお子さんも、次第に笑顔で挨拶や日常会話が増えて来ましたし、質問や掃除などの手伝いも自発的におこなえるようになってきました。子供は良くなろうと真っ直ぐですので、その真っ直ぐな思いを裏切らないようにこの場を整え、笑顔で帰って行かれることが私にとって大きなものでもあります。

 来年は少しクラスを増やそうと考えております。1月2月は土曜日に殺陣基礎クラスを不定期で開催。3月は土曜日の殺陣基礎クラスの他に日曜日をもう一コマ増やそうと思っております。毎週定期的にという訳ではありませんが、会場が確保出来た時は追加で開催したいと思います。

 以前も、このように土曜日日曜日合わせて4コマ開催しておりましたが、立廻りに最低限動ける人の人数が必要だったことから、殺陣のクラスを一コマにしたのですが、もう少し細かい部分をジックリ観て行くには、少ない人数でおこなうクラスも必要だと思いましたので、人数が少ないときは集中的に抜き出し稽古をおこない、一コマ開催など人数が集まった場合は全体で合わせての立廻りなどをおこなえるようにしたいと考えております。

 新しい生徒も増えて来ましたので、いきない立廻りに合流するよりも、基礎的な部分や、少人数でおこなえる時にジックリと身に付けて頂くことが出来るように指導して行きたいと思います。

 来年のオリンピック期間だけは、会場の確保が多く取れないと予想しておりますので、それまでの間はなるべく確保出来ればと思っております。

 本日の殺陣クラスでは、近間の胴斬りが続く掛かり稽古(胴斬り)に活きたものとなりました。今後も近間の胴斬りが体捌きや目線など注意すべき点を身に付けやすくさせるものですので、講習に取り入れていこうと思います。

 剣術クラスでは、「無拍子突き」や「二段抜き」、「劉之型 月」、「劉之型 霧」などをおこないました。いずれも久しぶりにおこないましたが、殺陣と違って剣術では動きの不思議さに、「いったい身体をどう使っているのだろうか?」と皆さん興味を持って取り組まれておりました。高校一年生のOさんは、まだ生徒になったばかりですが、ニコニコと色々な動きに興味を持って反応されております。ダンスをされておりますので、9歳のYちゃんのお姉さん的存在になりそうです。そのYちゃんが今月12/21(土)&12/22(日)新国立劇場中劇場にて「アニークリスマスコンサート」の舞台に出演されます。私は講習がありますので観に行けませんが、アニーと言えば泣く子も黙る、ミュージカルが好きな女の子の憧れでもあります。今回はアニー役にOさんの知り合いのお子さんが出演されているそうですので世間は狭いものです。

 Gold Castle にはさまざまな方がお越しいただいておりますので、今後もサークル的ではない礼の心持ちで、皆がそれぞれ相手を考えられるように指導に努めて参ります。

 本日もお越しいただきありがとうございました。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2019年12月 武術稽古日程

2020年1月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2019-12-09(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ