FC2ブログ

新たな杖術の操法をお伝えする

 本日は品川区総合体育館にて『杖術 特別講習会』を開催いたしました。会場に向う頃には雨が上がっており、寒さも真冬並とまでは行かない程度でした。

 さて、この特別講習会では月に一回三ヶ月周期で得物を変えておこなっておりますので、単発講習会ならではの出会いというものも御座います。これまでお越しいただいた方の中でも、ご自身で主宰されており、海外での公演や国内でのステージでおこなう演舞における得物の扱い方を学びに来られる方々もいらっしゃいますし、他流で殺陣や剣術など学ばれている方もこうした機会にお越しいただいております。

 今回は常連の方々の他にお二人女性の方がお越し下さいました。お一人の方は全くの初心者で、もう一人の方は殺陣を五年程学ばれており、5/20に発売された私のDVDを観て来られたそうです。その方が学ばれている殺陣団体はその昔舞台でお世話になったプロデューサー兼役者件殺陣師のTさんであり、それ以来お会いしておりませんが魂の熱い方でした。私は現在の道に大きく進路変更しましたが、それは自らそうしようと思ってそうなったのではなく、自然とそうなるしかなかったというものであり、不思議な運命というか流れに身を任せて無理なくここまで進んで来られました。

 講習開始前にフト懐かしい想い出が蘇りながら、今の自分の生き方である武術、その中でも今日は杖術をお伝えいたしました。

 今回の杖術は前もって記事でお知らせしていた通り、全て新しいものであり、その動きは今までとは全く異なるものです。杖という得物の特性を新たに発見したということから、支点を使い体の転回、軌道からの転換、そういったものがこれまでに無かった新たな操法として私自身衝撃的でした。これまで10年間やっていて気が付かなかったものがここ数日で一気に押し寄せてきましたので、それまで予定していた講習内容を全て変更いたしました。

 そのため、常連の皆様も今回は脳が疲れたようでした。基盤となる形が違えば操法も異なるため、全ての動きに関して意識の度合いが高くなり、そうしたことから情報の整理も付きにくくなり、脳が疲れるのだと思われます。今回初心者の方には、途中から杖の基礎的な打ちこみや突き、単体技などをおこなっていただきました。

 「大燕打ち」では貸し出し用の軽い杖が折れてしまうほど威力のあるものでした。ここ最近動きの中で表と裏に分けて考えるようになりましたが、裏を考える事が表の働きを活かすものですので、裏を観る眼を養いそこを稽古して行く事が大切です。私はそれに対するアドバイスをするだけですので、自らの身体を私ではなく自分で気が付きどのように直していくのかを、発見修正していく一連性を身につける事です。

 今までの杖術でも他流にはない技が多くありましたが、今回おこなった技は杖術としては益々珍しいものだったのではないでしょうか。作り始めたジグソーパズルのようなものですので、今後もドンドン新たな形が見えてくるものと思われます。

 
 懇親会はいつものキリンシティ大崎店でおこないました。まことに残念ながら12/27を持ってこちらのお店が閉店となってしまいます。今年の3月から毎月お世話になっておりました。お店の雰囲気も良く店長さんもとても良い方で、予約で困ったことは一度もありませんでした。以前のデニーズも閉店してしまいましたし、飲食業界も厳しいのかもしれません。お客が入っていていいお店がなぜ閉店してしまうのか不思議に思いますが、色々な兼ね合いやバランスが崩れてしまうと誰かの負担が増えてしまうのでしょう。

 今回は色々とお話が広がった懇親会でした。私もまだまだ勉強不足な部分が多いですが、こうした場も貴重な経験であります。男性のYさんも楽しんでいただけましたし、今回二度目の遠方から新幹線で来られるNさんともいろいろお話が出来ました。今回は写真は撮らないつもりでしたが、キリンシティー大崎店が今日で最後となりますので店長さんと一緒に写真を撮りました。今回はYさんが撮って下さりありがとうございました。恒例の写真もおそらく今回で最後になるかと思います。

 今回お越し頂いたみなさまありがとうございました。そして、キリンシティー大崎店の店長さん、スタッフの皆様、大変お世話になりました。良い時間を提供してくださりありがとうございました。


2019.12.07 キリンシティ


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2019年12月 武術稽古日程

2020年1月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2019-12-08(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ