FC2ブログ

峰返し潰しが手刀で出来るようになる

 本日は高田馬場にて渡部氏とA氏との稽古。二人が訪れるまで納刀稽古をおこない「稲妻抜き」を二本抜いて終了。今日はこれ以上やらない方がいいような感じだったので、丁度訪れた渡部氏を相手に木刀を使って「峰返し潰し」を確認。

 この峰返し潰しは、Gold Castle殺陣&剣術スクールの講習会や関西での講習会でも好評をいただける内容である。どういった技かというと名前の通り、相手の首筋へ木刀の峰側を付けて浮きとともに下まで崩すというもの。好評の理由は、上手く通ると首への負担が感じられないどころか、心地良ささえ感じられるのである。なぜ気持ちが良いのか不明であるが、身体の中を抵抗無くエネルギーが抜けて行くところになんらかの心地良さが得られるのかもしれない。だから、見た目は痛そうであるが受けている側は、心地良さに喜んで受けていただけるのである。しかし、腕力で強引に行ったり、方向が間違うと首への負担があるため、この稽古では腕力に頼る人にはお勧め出来ない。

 峰返し潰しの利き具合を確認し、フト手刀でやってみようと試みた。
 これは以前にも試したことがあったが、全然通用しなかったので即諦めたのであるが、今日は反対側の手で試みたのである。「たぶん駄目だろうな…」と思いながらおこなうと、「おやっ?」渡部氏が軽く崩れた。そこで、木刀による峰返し潰しを私から数百発受けている渡部氏に感触を聴いてみたところ「ちゃんときてます。」とのことだったので、俄然やる気を出して丁寧に何度かおこない峰返し潰しと同じように崩せることが出来た。

 そうしているうちにA氏が訪れたのであらためて稽古開始となる。
 A氏にも手刀での峰返し潰しを体感して貰い、首が痛むことなく下まで崩せることが出来た。私も受けてみたいと思い渡部氏にやり方をお伝えし楽しみに待っていると「ドンッ!」と足が浮かされ体が沈んだ。これには「おおー!」と歓喜の崩され方であったが、今日は杖術も重要であったが、この手刀による峰返し潰しが出来たことは大きな収穫であった。

 この峰返し潰しは、相手が普通に立っている状態でエネルギーが通っていくかを検証するものであり、構えてやられまいと準備している相手に対しても万能という訳ではない。ただ、普通に立っているだけでもエネルギーを首から下まで通すのは難しいものであり、力技でおこなわないことで身体運用の質が高められることを目的としている。この技は、DVD【古武術は速い】の中でも細かく解説しており、木刀の付け方、足の使い方、重心についてなど私が試行錯誤して得た方法をお伝えしている。また解り辛いかも知れないがWEB動画「かざあな。剣術編」の中でも、受け流しの直後にこの峰返し潰しをおこなっている。(02:44~02:48辺り)

 とにかく、手刀で痛み無く首から足元へ崩せる通し方が出来たのは興味深いものであり、手の使い方も繊細で微妙なところが面白い。機会があれば講習会などでいろいろな人を対象に試してみたい。

 杖術では、「二杖之位」に下段と中段があり、そのいずれも形は少し異なるが、体感的なものは同じであることが解った。おそらく今後上段にも気が付くかもしれないが、左右対称に出来るのかどうかも含めて「二杖之位」からなる操法を研究して行きたい。今日その中から一つ、下段からの払い打ちと分かれる形として払いからの突きが生まれた。つまり、下段の構えから、どちらも瞬間的におこなえるため、相手は非常に対応が難しいものとなってしまう。一つの動作が二つに繋がる。まさに表と裏が一つになっておこなわれている。これは明後日土曜日の『杖術 特別講習会』でお伝えする予定。今回は私もこの講習会に先駆けて急激に訪れた新展開に興奮気味であるが、これまでにない杖の操法であるため、杖に関心のある方は本当にお越し頂いて損は無い筈である。ここまで言い切るのも私としては珍しいが、杖というより、武器術として有効な使い方を求めている方にもお勧めしたい。

 それにしても連日、新たな展開が訪れ驚いている。全ては流れのままに、そこに身を落し順じて行くしかない。

 本日もありがとうございました。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


2019年12月07日(土)『杖術 特別講習会』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会

2019年12月 武術稽古日程

2020年1月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2019-12-05(Thu)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ