FC2ブログ

演武映像の撮影&配信

 本日11/4は、以前から撮り直したいと思っていた「抜刀術」と、杖術「十一之型」、剣術「連続切り返し」を撮影いたしました。

 抜刀術に関しましては刀礼も含めた全十二本、二之太刀、納刀など変更が重なってきましたので、これまでの映像と差し替えて新たに配信いたしました。演武につきましては、本来は全て正面にておこなうものですが、映像として動きが見え易い角度に構えてそれぞれの型をおこなっております。

 杖術十一之型では、十一ある動きの各名称をお伝えしながらおこなったものと、正面からおこなったものと後ろからおこなったものを続けて撮影いたしました。この十一之型にあるそれぞれの技の名称は、甲野善紀先生の杖術を参考におこなっております。私が武術稽古を始めた十年前に当時の師範からお伝え頂いたものを、私の中で動きを整理しながら現在の形となっております。前回配信したものとの変更点は、横払いから巴に入る際の足が踏み出していたものを差し替えるようにいたしました。これにより、軸足にかかる重心の時間が居着きとなっていたのですが、差し替える事により滞りが解消されました。

 剣術「連続切り返し」では、前回は一から八回までのものと、十回だけのものと映像を二つ配信しておりましたが、再度撮り直すにあたり、一から十回まで映像を纏めました。まだ完成度は低いものですが、身体の進展に合わせていつかまた撮り直したいと思っております。

 今後も配信数を増やしたくありませんので、映像の差し替え等おこなっていくことになるかと思いますが、技を稽古して出来なかったことが出来るようになるのではなく、身体の整え方や手順に気が付くことがあり、下手なりに今までと比べて少しは出来るようになるのだと思います。それは猛稽古ではなく、稽古への興味が意識的にも無意識的にも身体について何かを吸収しようとしていることにあるのだと思います。そしてその興味は与えられるものではなく、自ら気がつき得ていくものです。これからもその興味が尽きることの無いように、身体に目を向け都合の良い事も悪いことも納得していけるように向き合って行きたいと思います。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


2019年11月09日(土) 『剣術 特別講習会』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会

2019年11月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-11-05(Tue)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ