FC2ブログ

嘘では無いように嘘を演じる

 今日はAmazonで購入した文庫本三冊が届いた。一年以上前からメモしていた本であるが実際手に取るとかなり薄い。しかし私の頭では難しいと思われるのでゆっくりと読み込んでいこうと思う。


 午後からは品川区総合体育館剣道場で講習をおこないました。
 殺陣クラスでは、三歩での間合いの取り方や、その際の足運びと剣の動きなどを稽古いたしました。斬り結ぶ剣の高さや安全におこなう意識の重要性、常にどのような動きでも危険察知能力を高められるようにおこなうことが大事になります。その結果、雰囲気を作って感情を込めて動いても、怪我をしない、またはさせないように安心と信頼の中で稽古が進んで行きます。

 今回は久し振りに「一対四瞬殺」を稽古いたしました。これは、三秒~四秒で四人を斬る動きです。そのため、芯の速さを一番に考えておりますので、絡みの四人は殆んど動く間もなく斬られてしまうことになります。しかしながらこの場合、広がった空間で四人を斬っても何もつまらないものにしかなりません。間合いというのは、同じ動きや構えでも緊迫感がまるで変わってきます。ですので、この立廻り「一対四瞬殺」では、間合いを約束事の第一条件としておこなう必要があります。芯の斬り方はもう少し近接距離用に工夫したものをお伝えいたしますが、安全におこないながら近間で動けるにはまだ稽古が必要です。

 あらためて今日最初におこなった「三歩拍合」による間合いと歩数の稽古は、斬り結びにおける寸止めあるいは衝撃緩和の手之内の使い方や、走り抜ける際の足運びなども含めて、立廻りの手とは違った部分での大事な稽古とも言えます。殺陣は虚構のリアルとも言われているものですから、如何に嘘をそれらしく見せることが出来るか、そこに絡み側のリアクションも含めて見栄えが大幅に変わってくるものが秘められているものと思われます。実際に強いのではなく、強そうな状態を演じる動き方。心情も虚構のリアルでなければなりません。基礎稽古で、こうした嘘を如何に上手くつけるか。これも殺陣を稽古していく中での面白さに繋がってくるものと思われます。

 剣術クラスでは、「正面斬り」「袈裟斬り」「胴斬り」をおこない、後半は「鹿威し」「抜刀鹿威し」をおこないました。今回は型稽古が無く基礎的な部分の精度を高める内容で実施いたしました。

 とくに最後におこなった「抜刀鹿威し」では、何度も続けたくなる系統の稽古ですが、これは刃筋だけでなく、足運びや中心の意識、間合いの感覚なども同時に養われますので、非常に効率的な稽古でもあります。ただ、木刀が芯を捉えた場合の衝撃が強いため直ぐに木刀が傷んでしまうという欠点がありますが、この稽古ではつい力んで姿勢が乱れてしまうのを直す目的もありますので、例え空振りしてしまっても、差し出された木刀に誘われずに乱れず振り下ろすことが出来ていれば、それはそれで稽古になっております。

 講習後は、八才のYちゃんが、掃除のため急いでモップを取りに行っておりましたが、若い生徒たちの自発的に掃除道具を取りに行こうとする姿は誰も強制しておりませんので、なかなか良いものです。自発的に掃除をするというのは、これも大事な学びですので、そこから思考と視野がさらに広がってくるようになればと思います。

 本日も賑わう講習となりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年09月28日(土) 『杖術 特別講習会』(お申し込み受付中)

2019年10月14日(月/体育の日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

2019年10月19日(土)『抜刀術 特別講習会』(お申し込み受付中)

2019年10月21日(月)&22日(火)『関西特別講習会』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年09月 武術稽古日程

2019年10月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-09-16(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ