FC2ブログ

疲れる稽古が疲れないように疲れる稽古を選ぶ

 心地良い疲れに懐かしさを感じる。やはりこうした追い込むような稽古は私の好むところである。

 
 昨夜は連日の稽古のため23時前には床についた。慣れない時間に夜中何度か目覚めてゴロゴロしていたが、それでも十分に休息をとることが出来た。

 そのお陰で今日は午後から編集者のYさんと三時間近く集中した打ち合わせが出来ました。たまたま今日は月刊秘伝9月号の発売日でもあったので、本屋さんで購入しお渡しすることが出来ました。打ち合わせでは懐かしい想い出の記憶が蘇ってきたり、その中から思いがけぬ秘密の略語が出てきたときのYさんの表情が印象的でした。今、学生当時の私が目の前に現れたら、一体どんなふうに見えるのか、基本的なものは今と変わっていないと思いますが、何かに対する気合いのようなものは感じられたのかもしれません。若さゆえの純粋なエネルギーのぶつけどころが私の場合はボクシングに全てを捧げることが出来ましたので、ボクシングと出会えて本当に良かったと思います。

 人間の資質や性分、そういったものと学びが繋がっていけば、人生学び続けることで救われるのかもしれません。そうした学びに出会えることが大きなテーマになりますが、今日の打ち合わせでも話題になりましたが、何を捨てていけるかが自らにとって必要なものに気付かせてもらえる一つの手立てであると思います。

 教えていることや宣伝していることの真逆を実践している指導者もよく見聞きしておりますが、それはそれで需要が成り立つのであれば私が言う事ではありませんが、器機の進化や時代の流行に今一瞬の間風が吹き込んでしまっただけであり、その後のことがなぜだか見えていない方も感じられる世の中になってきました。しかしながらそうしたことは私が感じるように多くの方も感じていることだと思いますので、元号が令和になった新時代に向けて、情報過多の時代から何を選び得て行くのかを見極めることが大事になってきます。結局のところは、その人に合った学びと出会い、実践継続していく中で見極める感を養い、こうした時代を生き抜いてゆく術を身につけて行かなくてはならないということだと思います。

 より、捜し求めることが困難な時代だからこそ、信頼信用を得ていける生き方が判断材料になりますし、そうした中で周囲に関わってくる人も整ってくるということでしょう。そうして整った方々と世の中に対し何ができるのかということが、多くの責任ある関わりの中で真剣な生き方に向き合っていくことになるのではないでしょうか。

 
 打ち合わせの後は高田馬場に移動して郁己君と川原田氏とともに稽古をおこなった。

 今日でまたしばらくお二人とは稽古が離れてしまうこともあり、身体への置き土産となるキツ目の稽古をおこなった。武道場の長い距離を使って「蟹の前歩き」「雀」「蛙」をおこなったのち、杖による「馬突き」「旋風」などを「蛙」以外は長い距離を使っておこなうことが出来た。

 剣術では、「十文字斬り」「陰陽之太刀」「陰陽之祓い」「陰陽之型」などお二人にとって初めてのものばかりをおこなった。とくに杖術では郁己君の成長ぶりに驚く。今日初めてお伝えした動きでも三回見せただけで理解し動けるようになっていた。脳も含めた身体の性能が向上したことで、これまでおこなってきて身についた感覚が、稽古をしていなくても上達に通じるのだという事実を見せられた気分だ。これは私にとっても初めての経験だった。

 彼のこの一、二年の成長は目覚しいものである。その期間実質稽古をおこなったのは数回程度だが、完全に動きそのものが進展しているので、身体と心の成長は動きの進化へと自然と繋がってくるのだろう。尤も小学生から中学生に掛けての成長期なのでそれは大いにありえる事だと思うが、それでもやっていないのにいい動きになっているというのは驚いて然るべき事実といえる。

 川原田氏も今日は午前中に本厚木で井上欣也さんと稽古をおこなってきたので、長丁場での関東での締めとなる稽古になったが、熱意は昔から変わらず、今日私の口から出た言葉に、「実感予測に対し、それを上回れば心地良く感じられ、足りなければ違和感や心地悪さが感じられるものであり、実感予測を高めるには、日々の稽古で無意識レベルで吸収したものが、いつしか整理が付いたときに、出来るかもしれないという実感予測に変わり、あとはそれに対する技法を探すことが稽古です。そのため、実感予測を邪魔するように意識の介入思案思考などの分析が先に立ちますと、その先からのお膳立てを無視して、今まで経験したことに縋っていくことになってしまうのです。自らを変えていく、克服していくには、無意識の支えが必要ですので、そこの働きを信用信頼し共に作業していくことが大事であると思うのです。」というような内容を発したと思うが、中学二年生の郁己君が真剣にその話を聞いておりましたので、彼の中にも感ずるものがあったのなら今日の稽古は活きたものとなっただろう。

 抜刀術をおこなった後、最後に「連続切り返し」切り返し四回を百回おこなった。一回毎の身体に掛かるエネルギーは大きいもので、私としても合間に数回一呼吸置かなければ息が上がるため、今後はどれほど楽にシッカリと四回切り返せるか、力の抜きどころを探って稽古をおこないたいという興味も湧いた。もちろん数のために手を抜いてしまっては本末転倒なので、前回よりも息が上がらない身体の使い方を得ていくことで、六回、八回、十回に対する切り返しの精度が高まるのではないかと感じている。同時に心肺機能も鍛えられるため、私のオリジナルの稽古法の中でもこの「連続切り返し」は、今後も身体作りと剣の操作精度を高めるものとして取り入れて行きたい。

 それにしても、郁己君の成長と体力には驚かされた。週に七日間(長いときは一日十二時間)はバドミントンの練習をおこなっているそうだが、なんでも東京都内から自転車で友達と高尾山まで行き、頂上まで登った後再び自転車で帰り、さらにボウリングに行ったそうだ。こういうことは私も嫌いではないが、生涯忘れない想い出の一つになっていくのだろう。今日も身体への置き土産にと、脚鍛稽古と最後の切り返しなど多めにおこなったのであったが、ケロッとしていたのでお土産にならなかった可能性が高い。私も緩い稽古をしているつもりではないが、今日の稽古は私にとっても大きな刺激となった。次にお会いするときには置き土産を渡せるように私自身励んでおきたい。
 
 お盆最終日に合間を縫って稽古にお越しくださった郁己君、最後にお越しいただいたお母様、去年と同じく今年も関西からお越しいただいた川原田氏に感謝いたします。また次回稽古が出来る日を楽しみにしております。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年8月24日(土)『剣術 特別講習会』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年8月 武術稽古日程

2019年9月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-08-17(Sat)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ