FC2ブログ

後の先の大事

 昨夜発生した台風3号であったが、さして影響も無く打ち合わせに向かうことができた。

 先ずは今週火曜日におこなった稽古から振り返りたい。

 ひさしぶりとなる住吉での稽古。パーソナルトレーナーのM氏が仕事を終えられて参加。基礎鍛練稽古から杖術と剣術を稽古した。月曜日のBABジャパンの取材中に気がついた、正面斬りにおける肘と肩甲骨と胸の動きの関連性が、これまで無意識におこなっていたものが具体的にその動きの関連性を実感出来たことで、これまでよりも正面斬りにおける動きの通りが良くなった。そうしたことも、翌日のM氏との稽古でもお伝えしながらジックリと動きを確認し、そのときにお伝えできる言葉をさまざまに探していた。そう、こうした稽古会における指導の立場では、私にとって言葉を練るというか、その瞬簡にどういった言葉が浮び、それを言うべきか言わずして次の言葉を待つか、私の中で自問自答する時間でもあり、そうした時間で学ぶことは私にとって活きた時間となっている。

 昨日木曜日は高田馬場で渡部氏と稽古。この日は一時間程前から一人稽古をおこない、杖術における脚足との連動や剣術における脚足の連動、そして正面斬りを繰り返した。その正面斬りに関してはこれまでの感覚よりもよりスイッチのような、自動的におこなわれている感覚と動いている感覚とが曖昧な、自動的になる感覚が進んだ。

 「暗闇焦点法」は、考えて見れば一人稽古では、自然とこの状態で杖術、剣術、抜刀術をおこなっていることに気がついた。唯一おこなっていないのは今考えれば体術稽古である。これもいつか暗闇的視覚を使わない方法で稽古をおこなうかどうかはわからないが、相手がいることなのでその辺りは相手にも同調した集中状態が求められるだろう。正確には暗闇的体感稽古であるが、暗闇焦点法は、具体的な焦点を合わせることで、より自身の身体の状態に目を向けやすいものとして名称付けして講習会等でお伝えするものとした。

 渡部氏が訪れる少し前に鍼灸師のYさんが仕事の合間を縫ってお越しになられる。私に直接ご相談のために五分~十分程の短い時間にもかかわらず足を運んで下さった。治療だけでなく、針のセミナーを開催されている程の方なので、お会いした印象からも私の身体に異変が訪れたときはYさんにお願いしたいと考えている。

 この日の稽古で得たものは、「要らぬ一手間、要る一手間」その後に続く言葉は一言では括れないので敢えてここで区切っているが、そうした一手間の無駄、或いは重要性に気がついていける事が、普遍的な対応力を養うものとして理の実感とともに変わってゆく。

 だからこそ、変わらずに要られるものではないのだろう。

 
 そして本日はとある出版社の方と打ち合わせ。今回も時間があっという間に過ぎて行く密な時間を過ごさせていただきました。こうした対話の中で生まれてくる言葉や考え、そうした瞬間というのは稽古中にある気付きの瞬間に近いものがあり、おそらく打ち合わせにおけるその瞬間というのは、普段の稽古がそのまま脳内の働きとして作用しているものと思われる。だから自ずと全てのことは関連性を持ち、一つの筋が立ってくる。言葉のプロと対話させて頂ける事は大変貴重な時間であり、学ばせて頂いております。自分の未熟さを痛感しながらも、考えは包み隠さず飾らずありのままに発しなければならないと思っている。そんな自分に気恥ずかしさを感じつつも、その瞬間というのは、言葉を言おうとしているというより内面から出て行くものとして姿形は後回しになって発せられたものが心の言葉だと思う。これは全て稽古があってのものです。私の基盤は日頃の稽古。それは私がこれまで思っていたより重要なことであると気がつかされました。生きることの意識は、誰にでも関係していることであり、自らの中に確固たるものを一つ持つことが、生きるに値する強さの覚悟でもあります。そうしたことを自ら考える隙を与えさせない時代ですが、表面的な強さは内面的な弱さを生み出しているともいえますので、表面的なものに捉われない生き方に気が付き覚悟を備えておくことが、変わり行く世の中の無常に対峙していける唯一の法であると私は思います。

 もう少しだけ書きますと、昨今の事件やニュースはそうした時代の流れにおける自然さの中で生み出されています。ですから、それぞれが人工的に作り出された自然災害に巻き込まれないように自身を見つめて行く必要があります。それは人任せでなく、自ら行わなくてはなりませんが、そうした時代の影響にドップリ浸かっている我々は、人間が持っている自然の力に今一度目を向けて、そこと向き合っていくことで生き抜いていくための「何か」を得て行けるのかもしれません。人生は「後の先」のほうが健全で学びを得て行けるのです。


 この辺でやめておきますが、明日は戸越体育館剣道場にて12時30分~14時00分(30分程延長予定)Gold Castleの講習をおこないます。明日は杖術の講習をおこないます。

 続く15時00分~17時00分まで金山剣術稽古会をおこないます。土曜日は単発参加型の稽古会ですので、初めての方でもご参加お待ちしております。杖術、剣術、抜刀術などをおこないます。


  金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年7月15日(月/海の日) 『抜刀術 特別講習会』
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ
(お問い合わせ受付中)

2019年6月 武術稽古日程

2019年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-06-28(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ