FC2ブログ

キッカケはさまざまに

 日曜日のGold Castleは体験初参加の方が四名お越しになられました。遠方からの方や絵の勉強のために参加された方などそれぞれに集中して取り組んでいただきました。

 これまで深川スポーツセンターでの開催が多かったため、品川区総合体育館での開催は若干空いている感じがいたします。特に日曜日の品川区での開催は、会場の都合から殺陣クラスと剣術(杖術)クラスを合わせて一コマで受講出来ますので、そうした他の教室には無い違いがGold Castleの特徴といえます。

 今回生徒のみなさまには新しい立廻り「一対四瞬殺」を芯の動きだけゆっくりと確認しながらおこないました。短時間でおこなえる立廻りは、その日に来られた生徒にとりましても気持ち良くおこなえるものですので、ジックリ作り上げるタイプMもいいのですが、新しいこの立廻りはある程度動けるようになった生徒全員が一斉になって取り組めるものです。

 これは楽しめるものとして考案しておりますが、その理由はまだまだ先です。今はそれぞれが芯の動きを覚えていただけるように稽古いたします。絡みは四人共余り動く間もなく斬られますので、稽古に時間を掛けなくても出来るものと思われます。

 後半の剣術クラスでは、正面斬りと斬割りを稽古し、打たずに斬るという剣の軌道と相手との間合い、そうしたものを同時に身に付けていく稽古でもありますので、頻度の多い講習内容ですがそれだけ重要なものとしてお伝えしております。

 最後は「受け流しからの峰反し潰し」をおこないました。これはWEB動画『かざあな。剣術編』の2:44~2:48の間に収録されているものです。受け流しながら入り身となり峰を反して相手を潰します。難しいものと思いましたが体験参加の方々も含め全員におこなって頂きましたところ、今日一番の盛り上がりになったように感じます。

 特に体験初参加の方々は全員女性でしたが、床だと危ないので加減しておこなってみたところ、みなさん嬉しそうに床にバタンと手を打つ方もいましたが、その力の不思議さに喜んでいただけました。

 この「峰反し潰し」は、初動が決まると受けた相手の足にエネルギーが通りますので、接点である首の後ろは全く痛みが無く、むしろスコンと身体が落とされることにより心地良さが感じられます。昨年の5月1日に関西でおこなった講習会では参加された十数名の方が全員この峰反し潰しを受けて驚いて下さいました。ほとんどの方が合気道家の方々でしたので、尚更力の通り方に驚かれたのではないかと思います。

2018.05.01 関西特別講習会「峰反し潰し」

 この技は、もともと杖でおこなっていた『お辞儀潰し』から派生したのですが、腕の力で崩さずに、浮き身を使って体幹の働きとそれを活かす身体構造によって一気に足元まで伝えて崩すというものですので、威力に反して心地良さがあるとことから、私自身好んでこの技を稽古しております。


 体験参加の方が途切れることなく訪れて下さることは有り難いことであります。とうぜん体験参加で終わってしまう方も少なくありませんが、どのようなキッカケでも一歩踏み出して参加されることで、思わぬ人生の出会いになることもありますし、現に生徒達もそのように感じられている方が多い筈です。

 来年はまた『るろうに剣心』の映画が公開されますので、殺陣に興味をもたれる方、そこから剣術に興味をもたれる方が現れるでしょう。エンターテインメントは文化の伝承窓口として大きく関わっておりますので、そうした繋がりの中でこれからも責任を持って受け入れていこうと思います。

 今週もみなさまありがとうございました!


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

2019年5月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-15(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ