FC2ブログ

蟹雀

 雨が降らず乾燥した日が続いているが、昨年から部屋に置いている加湿空気清浄機のおかげで助かっている。

 昨夜は江東区スポーツ会館で渡部氏と金山剣術稽古会の稽古をおこなった。他で稽古をおこなっているが、私の会としては今年最初の稽古となった。鍛練稽古、杖術、剣術、抜刀術、杖整体操、と盛り沢山であったが、気がつけば稽古内容もずいぶん増えてきた。

 稽古内容が増えてもやはりいつまでも変わらずに取り組んでいくのは払いであったり、打ち込みや突きなどのシンンプルな技である。そうしたシンプルな技の応用展開がさまざまな型稽古になっていくので、そうした応用展開した技はあまり時間を掛けておこなうことは無い。

 昨夜はさまざまに杖や剣を振ったので一日経って若干筋疲労をおこしている。金山剣術稽古会は私にとっても稽古発掘の場でありりもっとも身体を動かす場でもある。それは今後もずっとそうであるし、それが出来る場として少人数規模でおこなうようにしている。

 杖術稽古の際に、重心移動と体重の重さを乗せる説明から、フト思いつき蟹の前歩きと雀足歩法をミックスさせた「蟹雀」という稽古法を考案した。これは蟹の前歩きで五歩進んだのち雀が一発入るというもの、その際に相手に杖を頭上に伸ばして置いてもらい、それに頭が触れないように進んでいくもの。つまりは、軸足に体重を預けないように移動しながら技の瞬間に重さを乗せることが出来る感覚を養成する稽古である。

 楽しくキツめにおこなえるので、次回の明日の杖術講習でさっそく取り入れようと思う。 

 剣術では「陰陽之太刀」と「陰陽之祓い」をおこなった。これは「連続切り返し」のように、剣術としての身体を練る稽古法といえるだろう。これは2/9(土)の予定している「剣術 特別講習会」でお伝えしたいと思うので、それまでに細かい部分を確認しておきたい。

 抜刀術では、ひさしぶりに「懐月」を集中的におこなった。年末は「鷲眼一閃」など他の技に時間を割いたので一ヶ月ぶり位におこなったかと思う。しかしながら、今までで一番の安定した抜きになっていたことに自分でも驚いた。頭の重さの使い方と中丹田の意識と柄を噛む右手の操作。そしてそれらを精度良くおこなうための肩の抜け。それらが自然と信頼性をもっておこなえるようになったことが要因の一つといえる。

 最後の杖整体操で身体を整え濃密な稽古を終える事が出来た。今年もさまざまにこの稽古会で技が変わり新たな技や稽古法などが生まれてくるだろう。そのために変わらぬ感謝の気持ちをもって稽古に望みたい。


 そして本日は戸越体育館の受付にて手続きの一部を完了することができました。Kさんが体調の悪い中お越し下さいまして無事に進めることができました。今月中には全て完了いたしますので、品川区での区内施設の安定開催に向けてご協力下さいました皆様にはあらためてお礼申し上げます。

 
 明日は、13時00分~14時30分 文京スポーツセンター剣道場にて杖術クラスの講習をおこないます。丸の内線茗荷谷駅から徒歩五分の昨年七月に改修工事をおえた綺麗な会場です。今年初稽古となる生徒もまだまだいらっしゃると思いますので、明日は「蟹雀」でカラダに鞭を入れていこうと思います(笑)。


2019年2月09日(土)「剣術 特別講習会」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年2月16日(土)「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2019年1月 稽古日程

2019年2月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-01-11(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR