FC2ブログ

大事なものは譲らない変わらない

 本日は戸越体育館でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。10月から土曜日の殺陣クラスを無くし日曜日のみとさせて頂きますので、今日が土曜日の殺陣クラス最後となりました。10月からは殺陣クラスが日曜日一コマとなりますので、生徒の皆様には選択肢が限られ申し訳なく思っておりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。剣術クラス、杖術クラスはこれまで通り土曜日と日曜日(殺陣と一緒の場合も含め)に開催して行きます。

 今日の殺陣クラスでは、ひさしぶりにタイプⅠの立廻りを序盤からAを斬るところまでおこないました。最近は新しい内容をおこなっておりましたが、今日のメンバーを見てタイプⅠが出来そうでしたのでかなり早いペースで進めて行きましたが、動きの中で見えてくる課題がそれぞれにあったと思います。

 お芝居もそうですが、自分の演技だけを考えても、作り手側からすれば作品として求めているものには近付きません。相手の動き、全体の動きを考え把握した中で自らの動き方が見えてきます。ですから大事なことは、相手を観てどの程度で自分の動きを出せるかを察知し加減を悟ることです。その悟った状態から互いに積み上げていくことが順序としてはよろしいかと思います。初めから自分の動きの完成度の追求に行ってしまうと、相手と合わせるという最も大事な部分がないがしろになってしまうものですので、意識の訓練もこうした立廻りの稽古では重要になります。

 今日は初めて立廻りそのものに取り組んだHさんも初めはいろいろな情報に苦労されておりましたが、少しずつ少しずつ慣れてきたように感じます。まだ初めてですので情報の整理に身体がいう事を聞いてくれないと思いますが、これが稽古でもありますので、出来ない事を残念に思うのではなく、出来ないのが初めての常ですので、そこで初めて学ぶことを大事に稽古を重ねて頂ければ、次第に自信がついてくるものと思われます。

 講習後は役者のCさんと10分程いろいろなお話をいたしましたが、私なりにも自分の言葉から得るものがありました。時が見方になる時代が訪れるまで、根幹の部分にある思いを曲げずにそういう場でそういう仲間とともに探究しながら結果は後から付いてくる優先順位で生きていくことが、その先も自らが苦しむことなく困難な状況をプラスに保存していけるものと思います。

 同じく役者のA君も、高校二年生とは思えない落ち着いた雰囲気で四歳の時から水泳を続けていると聞いて矢継ぎ早に質問をしてしまいました。大人と仕事をしてきた経験がA君の落ち着いた雰囲気に現れているように感じます。

 続く杖術クラスの講習では、武道場が剣道場と柔道場の両面を使えるようになり、その広さの中足運びを付けながらの打ち込みや突きなど、基礎的な部分に時間を掛けました。想像以上に息切れをされていた生徒も何人かいらっしゃいましたので、片面でも良かったのかもしれません。

 杖の打ち込みや払いの強さの一つには、手の内を締める直前の飛ばしがあります。今日は思いもよらず、Yさんに受けていただいた杖が二度続けて飛んで行ってしまいましたが、そのぐらい威力が違いますので、手の内を滑らし飛ばして締めることで身体の引っ掛かりが抜け抵抗が弱まることで威力に繋がるものと思われます。同じく大事なことは角度と方向です。身体の誤った癖が杖を掠らせてしまいますので、そうならないように方向を意識付けそれに沿った関節部位の使い方を得ていくように致します。

 今日は思いのほか、基礎的な打ち込みや突きに時間を費やし予定していた内容を残してしまいましたが、皆さん一つ一つの動き方やその効果に興味がある方々ですので、基礎的な内容でも集中して取り組んでいらっしゃいます。

 最後は、柔道場も使えるため時間を15分延長して「杖整体操」をおこないました。見渡しますとこの心地良さを得るための信頼が浸透してきたように感じております。来週10/7(日)18時00分~19時30分に品川区総合体育館柔道場で第二回目となる「杖整体操」の講習会をおこないます。今回もヒーリング系の音楽をかけながら心地良い時間を参加者のみなさんと共有したいと思います。今回はクラーチ剣術教室の生徒さんが新たに二名参加されます!お申し込みはまだまだ少ないので、その前におこなわれるGold Castleの講習後というこもあり参加しやすい時間でもありますので、併せてご参加お待ちしております。色々な方々と交流を持てるような優しい空間になればと思っております。

 帰宅してからは、「かざあな。杖術編」の音楽の確認。さすがプロ!と大声で叫びたくなる極め細やかな作品に仕上げるまでの運び。TAMTAMのMariさんやTakaさんという強力な助っ人の存在が僕のような素人の思い付きを形にして下さっております。そしてフォトグラファーである尾崎さんの映像も、私の願いを何度も受け入れてくださり、予想外にお時間を掛けさせてしまったと申し訳ない気持ですが、そうした妥協無き思いはこれから残していく作品への思い入れとして関わってくださった方々をいつまでも感謝出来るものとして存在させたいと思っております。


2018年10月7日(日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2018年10月13日(土) 「剣術 特別講習会」(お申し込み受付中)

2018年11月22日(木)23日(金) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年9月 稽古日程 加筆修正いたしました

2018年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-09-30(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR