FC2ブログ

緊張度合いはもたらすものへのバロメーター

 今朝は自分でも驚くほど目覚めが良く、予定していた起床時刻より一時間早く起きて、とある企画の構成表をチェックし送信。まだまだ穴が多いと思うが、初めての経験なのですべてが貴重な作業となっている。

 気が付けば、そろそろ用意をして出て行かなければならない時刻となり、東西線に乗り継ぎ門前仲町駅で降り、深川スポーツセンターで13時20分~16時50分まで講習をおこなった。
 
 今日は生憎の雨。とはいえなんだか身体が軽い。おそらく心理的なものだと思うが、健康というのは心の状態が大きく関係しており、心の状態がどうであるかは自らでは決められない場合もある。若いときの苦労というのはそういったものが大いにあるだろうし、だからこそ、いつしか心の状態が健康になれる生き方に入っていけることが一つの目標ともいえる。自分の場を手に入れるための苦労は必然性かもしれないし、それを逃げ続けていれば場にはたどり着けないかもしれないし、たとえ辿り着いたとしても乗り越えていないものは、その場に居ても苦しいだけである。結局は「乗り越えるからこその場」、なのかもしれない。

 
 さて、本日は深川スポーツセンターで講習をおこないましたが、殺陣クラスでは一ヶ月ぶりにミュージシャンのWさんがお越しになられ、少しずつ少しずつ動きを楽しみながら手を増やし、気が付けばけっこう大変な動きを覚えていただきました。こうした殺陣のように、手が増えて動きを覚え間を掴みタイミングを合わせるとなると大変です。まずは混乱しないように整理が付いた中で身体に落とし込めた段階で次に入ります。今日は大いに熱く稽古されたWさんが帰り際に「金山先生のクラスは難しい…でも楽しい!」と笑顔でしみじみと直接語りかけて下さったことがとても嬉しく印象に残りました。難しくて楽しいというのはさじ加減のコントロールが肝であり、求める人にもよりますが殆どの方は、簡単で楽しい内容よりも難しくて楽しい方が喜ばれるものと思われます。簡単なものというのは、そのうち飽きてしまいますので、難しいと思っていたものが出来るようになる喜びと、そこに至る緊張感が楽しさを増幅しているのではないかと思うのです。私のこれまでの経験からも、緊張感と楽しさは比例しているように思えます。

 続く杖術講習では幾つか難しい内容を部分毎に分けておこないました。それぞれのグループで考えたものを実践している様子にこの教室の成長を感じました。こうした動きの謎解きを話し合い解決に向けて身体で確認し合う稽古はなにより実感が分かるかどうかですので、実感の中にある心地良さという味覚を味わいながら受動的でない能動的な稽古となるように目の向け方が少しずつ変わり始めたものと思われます。

 最後の三十分は杖整体操をおこないました。今日は私自身も身体が疲れていたせいか気持ちよく、ずっと留まっていたい気分でしたがそういう訳にもいきませんので、短い三十分という時間のなか幾つか一人でも出来る動きを御紹介いたしました。
 
 最後は二人一組ペアになって、「両手持ち上げ」と「交差持ち上げ」をおこないました。ずいぶんとこの杖整体操特有の心地良い反応の方が見受けられるようになりました。心の状態も身体の殻が割れることで弛んできますので、そのあたりは何度かおこなうことで自然と実感されるものと思います。

 明日は戸越体育館で久しぶりの二部制です。狭い会場でしたので二部制に致しましたが、今後暫くは一部のみとなるでしょう。明日は12時からと15時からです。会場間違えの無いようにお気をつけてお越し下さい。


2018年10月7日(日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2018年10月13日(土) 「剣術 特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会HP

2018年9月 稽古日程 加筆修正いたしました

2018年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-09-16(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR