FC2ブログ

杖整体操の結果

 本日はGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習後、会場を隣の柔道場に移って初の試みとなる「杖整体操」の講習会をおこないました。

 初めてでしたので参加人数は2~3人位かなと思っておりましたが、昨日の講習会と同じ位の参加人数となり、いろいろな感想を聞けたことがありがたかったです。それぞれに杖整体操特有の表情とも言える快さを何人も見受けられましたので、私なりに成功だったと思います。

 開始前に、場を清めるため持参している塩を撒いて心身ともに身を委ねられる場として私なりの気持ちの作り方をいたしました。こうした講習は、私が見て判断するものではなく、実践された方がどのように感じたかがこの講習の結果と言えるでしょう。私がこの杖整体操で少しずつ解り始めたことに、杖を介して張られたテンション(繋がり)のなかで、互いの意識に通す何かがあるように感じます。ですから受ける側も操作する側も、心の状態はもちろんのこと、相手の意識に何を通すかが心地良さに大きく関係していると思うのです。

 そうした慈愛にも近い操作法に言葉は必要ありません。心の状態が受ける側も操作する側も大事ですので、必要以外に言葉を発するということは効果が薄れてしまいますし周囲の方の心地良さにも影響してきます。

 今日の講習で、「気持のいいところで温泉に浸かって下さい。」という発言を何度もおこないましたが、あの時の自然な呼吸と、気持ちよさに余計な動きをしたくないという、温泉の効力を感じるような雰囲気で留まっている状態になっていただきました。

 私も、お節介に人の身体をを良くしてあげたいとは思っておりません。ですから、自らの身体がどうであるのかを実践していただくための場として提供しています。私では人のからだへの効果を判断いたしかねますので、当人が気持ちよく詰まりが抜け、楽になり、リラックス出来ることが大事です。

 ひとつ感じたことは、二人~三人でおこなうものと、集団でおこなうものとでは効果が違ってきます。それは周囲の意識であったり、伝わり方染み込み方の違いもあるように感じます。今日の講習で初めて感じた心地良さを実感された方もいらっしゃると思います。一つでもその人にとって気持ちの良い形が見つかれば、気持いいということは何かしら悪い状態があったわけであり、身体が望んでいる状態に導こうとするために気持ちよさを感じさせてくれているのだと思います。ですので、その人の生活習慣にとってその日の気持ちよい形は異なってきます。今日おこなった形は私が考案してお伝えしたものですが、気持ちよさの感じ、温泉に浸かる感覚、そうしたものが体感出来たかと思われますので、自由に自分の好きな形を考えておこなってみるともっといい快さになって行くかもしれません。痛くないですし、ただ気持いいところでジッとしているだけですので身体を痛める心配はありません。

 今日、私自身驚いたのは、最後の方で開脚して前屈する際の杖を使う前と使った後での身体の解れ方にこんなに差があるのかと驚きました。始めは開脚して両腕の肘が畳に着かない状態だったのですが、肘掛天秤、海亀のクロール、左右逆天秤、などをおこなったのち、肘掛天秤状態で前屈したところ、おでこが畳に着いたままの状態で維持出来たことに驚きました。これは明らかに、腿の筋を伸ばす運動ではなく、体側部や背中の引っ掛かりを解すような痛みの無い気持ちよさの中で、動けないところまで動けるようになったということです。これは一つの検証結果としてですが、本来の目的は柔らかくすることの前に、気持ちよくなることですので、気持ちが良いということは身体からのサインでもありますので、気持ちよいところを探してそれに応えてあげることで、結果として身体からのお礼が返ってくるように思います。痛いことはやはり、お礼にはならないでしょうから。

 私以外にも、背中で両手が上下にくっつかなかった人がくっつくようになったり、開脚して前方に手が着かなかった人がベタッと着くようになったり、肘が着かなかった人が着いたり効果はありました。私としては、そういう短期的な柔らかさよりも、この気持よさが姿勢であったり、心理的な問題であったり、そうしたところにプラスに作用することが大事かと思っております。今日受講されや皆さんのその後の反応を伺いたいものです。

 次回は10/7(日)18時00分~19時30分 品川区総合体育館 柔道場にて第二回となる杖整体操を予定しております。今日の内容から整理したものをお伝えしたいと思います。今日参加されて効果があった方、是非、知り合いや友達を誘って参加してみて下さい。身体が硬い人には喜ばれます。最後に本日お越しいただいた皆様、ありがとうございました!


2018年9月08日(土) 「抜刀術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年8月 稽古日程

2018年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-08-13(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

現代武術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
神田すずらん館にて「現代武術教室」講師を務める

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR