FC2ブログ

目に見えない熱波の脅威

 終わりの見えない猛暑の日々に日本列島は苦しんでいる。正直な感想としてこの気温は災害に近い。とくに子供やお年寄りにとっては昼夜屋内外問わず命の危険が迫っている状況だ。

 文明が発達しても、雨、風、熱波、揺れ、波、そうした自然の作用に人間は敵わない。

 敵わないものに対する対応を選ぶこと。まだ高温熱波に対する危機感が(温度計以外の)目に見えた恐怖でない為に、遅れているような気がしている。

 そんな中、昨日は戸越体育館柔道場、本日は新宿スポーツセンターで稽古をおこなった。

 戸越体育館武道場の空調が今年は一部25度設定まで下げられるようになったので格段に過ごしやすくなった。稽古では、殺陣の確認と、体術を少しおこない最後に杖整体操をおこなった。このところ杖整体操をおこなうことが多いので、身体を労わるというかようやく身体孝行ができる方法が見つかったという気持ち。

 今日の新宿スポーツセンターでの稽古は、午後2時からのためもっとも暑い時間帯に普段から暑いこの武道場での稽古は熱中症のリスクが高い。さすがに今日この場所で武道、武術をおこなっている人は私と渡部氏以外にいなかったが、今日は休憩を多く挟み武道場を出て新たに水分補給しそこで休む必要があった。それでも最初に鍛練稽古をおこなったが、剣術では正面斬り、斬割、胴斬りなどをおこない、連続斬り返しもおこなった。さすがに連続斬り返しをこの暑さの中で繰り返しおこなうのは危ないので、程々のところで止め、最後に抜刀術の技を六つおこなった。今日は納刀の手順を変更してみたが、やはり脚部の働きが切っ先をパンと持ち上げるのに一役買っているのでこの手順はいじってみた事であらためて見直すことが出来た。

 稽古後は、気を付けていたつもりでも頭がモヤモヤしてきたので、塩分のある食べものにさらに塩を振って食べたところ、その塩が妙に美味しく感じられ、よほど体内の塩分量が不足していたのだと実感。塩分を口にしたところみるみる元気が戻り頭の状態も元に戻った。こんなに美味しく感じられるのなら今後は塩を携帯しておこうと思う。

 とにかくこの熱波による今後の対策は、男性でも日傘を差すことを勧めたり、スポーツや武道の練習法、練習場所、または試合に関しての対応に問われる出来事も起きてくるものと思われる。分かっていながら対策対応に不備があることは天災による人災被害となってしまうものなので、そのあたりが残りの期間どうなっていくのか世の中に問われるところである。


2018年8月11日(土) 「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年7月 稽古日程

2018年8月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-07-20(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR