FC2ブログ

今年初のヒマワリ

 「危険な夏」ともいえる今年は、熱中症に対する話題がしばらくは続きそうである。気温プラス湿度によりこれまでとは違うということを認識しておかなければならない。私も身体があっての生活なので、気は抜けないところである。


 本日火曜日はいつものように「高齢者のための剣術教室」に行ってきました。10時にスタートするのですが、大体いつも30分以上前にはHさんOさんが自主稽古をされており、やがてKさんも加わり賑やかに笑い溢れる空間になります。今日はそんななか、Sさんが「おはようございま~す!」と入室され、その雰囲気に一同「なんだか、この場に花が咲いたみたい!まるでヒマワリのようね!」となり、「あら、嬉しいわ!」となったので、今日の講習ではたびたび「ヒマワリさん」とか「ヒマワリちゃん」と皆とともに私も呼んでいました。

 今日の講習では、杖はいつものように進みましたが、剣のほうでは少々内容に迷いが生じ、難しいものをそのまま難しくおこなってしまいました。このあたりは今後の課題となりますが、難しさと動きやすさの合間をいかにお伝えするかということが大事なので、もう少し脳を切り替えて考えたいと思います。

 最後の10分は、先週ご予約をいただいたヒマワリちゃんからの「杖整体操」の依頼を受け、昨日井上さんに教えていただいた腰を楽にする方法(施術とは言えませんので)と、私の十八番でもある両腕の持ち上げと巻き込んでの持ち上げをおこないました。やはりこれは、ふしぎなもので、表情が快さで弛んできます。とても喜んでくださいました。まだ少し時間が残っておりましたので、続いてNさんにも受けていただきました。Nさんも同じ内容をおこないましたが同様に表情が弛み気持ちいいと喜んで下さいました。やはりこの体操の特徴として、気持ちよさの裏に精神的な部分に作用する安心感のような伝達があるのではないかと思えます。私がこれほど実践しているのは、これまでにない感覚があるからです。通常のストレッチや体操には得られにくい表情が弛むほどの気持ちよさが得られやすく、元々は私が私の身体の為に一人でおこなっていたものですので、切実とした調整法への求めがそこにはありました。

 ですので、今後もこの体操(整体の要素も濃いですが)は、そうした表情が弛むまでの快さを得られるものであるかということを念頭に考え、通常の体操とは別なものとして取り組んで行くつもりです。

 今月は火曜日が五週あるため来週の講習はお休みとなりますが、みなさん熱中症に気をつけて再来週元気な姿でお会いできるのを楽しみにしております。


金山剣術稽古会  

2018年7月 稽古日程

2018年8月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-07-17(Tue)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR