FC2ブログ

自分らしくあるために

 本日の「高齢者のための剣術教室」では、二十連円打から先の二十一から二十三番目までをおこない、剣では立った状態での逆手廻し納刀をおこないました。今日は来週がお休みということもあり、少々難しい内容となりましたが、二週間間が空きますので、自主稽古に励んでいただければと思います。逆手廻し納刀に関しましては今日だけのつもりでおこないましたので、二十連打以降の動きにつきましてはおそらくご要望があるかと思いますので続けておこなう予定です。

 帰宅してからは歯医者の定期健診に行き、その後、4/30に関西に向かう新幹線の切符をまだ買っていなかったことに気が付き、新宿駅の緑の窓口へ。GWということで心配でしたが無事に購入でき一安心。

 そのほか事務作業や調べ事などで気が付けば数時間経過。ここ近年かつての私の周囲では色々な事があったようだ。数年経って色々なことを知る。なんというか、事実は小説より奇なりと言うが、まだまだ序章に過ぎない気がしている。今があって未来がある。今をいかに生きるかは、こうして年月が経ち私の生き方も変わったことで本当に大事な事だと痛感している。空っぽで虚しい時間に気が付いていなかった時代を振り返ると、具体性の無い生き方にそもそもの無理があり、そのため何かに属していることで気が付かないように、いや当時はそれが正解だと信じていたのかもしれない。

 ただやはり、そこには導きがあり救いの手が差し伸べられていたことが大きかった。生きていく中で充実出来たのは、自身が前に進むことを自ら実践出来ることに、身体だけでなく心の面においても学ぶべき点が明確であり、自分で自分を知り、自分のペースで荒らされる事無く生きていける日常を選ぶ事が出来た。このことは私にとって短期間で数倍もの成長を与えてくれたと思う。人にはそれぞれ特性があるが、私の場合は集団ではなく個人で探求する事が向いている。情報過多の時代であり、人の意見を目にするのが当たり前の時代で、そうした情報に情報が被さる日常から距離をとって、そのもの自体を小さく伺いながら自らを見失ってしまわないことのほうが私にとっては重要な気がしている。

 生きている限り自己は付き添ってくるが、それ以外のさまざまなものごとは何事も無かったかのように時と共に変化している。依存と言う寄り道を程々に、自らの今を生きていこうとあらためて思うのである。


2018年4月30日(月)&5月1日(火) 「関西特別講習会」
(お申し込み受付中)

2018年5月12日(土)「杖術 特別講習会」

金山剣術稽古会  

2018年4月 稽古日程

2018年5月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-04-25(Wed)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ