FC2ブログ

稽古における結界

 本日は高田馬場でW氏と稽古。今日は久しぶりに鹿島神流の木刀を用意してさまざまに打ち合う稽古をおこなった。その中でも最近取り組んでいる「位太刀」を参考に斜めの斬りとその構造を検証した。

 やはりこの鹿島神流の木刀でおこなう斜めの斬り付けは格別の心地良さがある。手の内に伝わる感触とその響き音は武道場での注目を集めてしまうほどこだまするものであり、時々こうしておこなうことは手指を壊さずに強化するものとして必要にも感じた。

 今日の稽古で得たものは、この斜めの斬り付けにおける身体の構造感覚で「峰返し潰し」をおこなった際に、相手の首に衝撃が伝わらずそのまま足元が崩されるということ。これは、先日月曜日に後藤氏とおこなって気が付いたのであったが、今日はそれをさらに検証し、W氏にも私の首に木刀を当てて崩してもらった。何度もおこなったがやはり私の首への衝撃は無くそのまま足がドンと崩されてしまう。おそらく浮きが感覚的に身体に入っていない人は膝を着いてしまうだろう。

 これは威力とは裏腹に接触部への当たりが優しいので今後の稽古でも遠慮なくおこなえるものとなった。今週の土曜日におこなう「剣術 特別講習会」でも斜めの斬り付けにおける姿勢と、その構造感覚でおこなう「峰返し潰し」をおこないたい。木刀と接触している首への衝撃が無く、そのまま足へエネルギーが通るという感覚は、一つの崩し技として身につけておきたいものである。この記事を書き上げたときには金曜日となっているので、講習会は明日となるが、今回広い会場にも関わらず参加人数が少ないため、個人毎に受けを取りながらその感覚を実感していただければと思う。

 そしてその構造感覚を体術の「切り落とし」でも試したところ、このところ崩れなくなったW氏を下まで崩す事が出来るようになった。今後もこの斜めの斬り付けからなる身体の姿勢というものを研究し、さらなる気付きを得たいと思う。体術稽古では「伸筋」の使い所を考えながら、エネルギーの伝え方を稽古した。だが、圧倒的な力でなければ感動的心地良さは訪れないので、ほんの微かな喜びがあっても、同時に虚しさを知るのである。対人間を通じてのあらゆる精度が自然計算的に備わっていないことを痛感している。

 今日も中身のある稽古となった。私の稽古会は少人数もしくはマンツーマンでおこなっているが、それは私にとっての稽古時間でもあるからに他ならない。そのため、技量よりも優先していることは、技に関して、感覚に関して、純粋に向き合っていけるか、日程を調整して人生の共有時間を共に過ごしている真剣で貴重な時間をどのように考えているか、ということが大前提としてある。そのためこの稽古会では、門人や弟子といった対応をとっていない。あくまで前月までに予約をして翌月に稽古をおこないます。といったスタンスでおこなっている。そのため馴れ合いになることも少ないし、私としても師匠とか師範といった態度にはならない。

 私が私であるために重要な個人稽古を共におこないたい人とおこなう場として、稽古を通じて身体と心の学びを得る場としても大事にしている。そのため、これまでに稽古を中断してきた方も少なくはない。その事に関しては、私自身そのほうがお互いの為になると思っているので、無駄な時間を重ねる事のマイナスな記憶を脳に宿してしまう前に速やかに判断している。だからこそ、私が活動の核としているこの稽古会に長く続いてくださる方というのは、この時間を大事に捉え内に秘めた真剣さというものを感じるのである。これは私が雇われている講師ではないからこそ出来ることであり、だからこそ、武術稽古を通じ本当に育つべき人との時間として言葉には無い厳しさの中でおこなっている。人それぞれに私に対する考え方はあると思うが、時の流れと共に、今私がそうしている事は必然性あってのことだと思える日が来るだろう。

 運の良い人とそうでない人というのは、どこかでその判断を見誤っている場合が多い。そこには空間把握能力も関係しているのかもしれない。ものごとの整理には段取りがあり、その段取りには優先順位がある。人と人が何かをおこなうということは、そうした手続きを踏んでの言動であるため、思っている以上に相手はその人の事を思っているということを知っておかなければならない。安易な言動は、そうした手続きを見落としているものでもあり、人物としての信用と印象を変えてしまうこともありうる。手を差し伸べるということは、そうした思いの手続きがあってのことであり、そこをどう捉えるかが生きていく上である人とない人に分かれてしまうものだと思っている。

 あらためて厳しさと優しさは表裏一体ということを知るのである。


2018年4月14日(土) 「剣術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

2018年4月30日(月)&5月1日(火) 「関西特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年4月 稽古日程

2018年5月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-04-13(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR