顎下のゆとり

 昨日月曜日は高田馬場で後藤健太氏と稽古をおこなった。昨日の稽古では普段あまりお伝えしていない杖の持ち替え方をおこない、これは一種のやめられない系のものでもあり、部分特化型の内容とも言える。私自身もそうであるが長く稽古を続けていると、部分的にしか出来ない身体の状態になる事は、トライ&エラーの研究稽古中では良くあることである。そしたそうした部分特化型の着目により、これまでよりも深く観察し「そんなところにあったのか」と思えるような気付きを得られることもある。

 杖術では馬突きからの変化形(まだ名称が決まっていない)の技をおこなった。この時に以前から感じていたが頭を少し下げ顎下に空間を作ることで動きの精度が上がる。このことに関して後藤氏も顎を上げることと、これまでに氏が学んできた顎を引いて正中線を立てるということの動きから感じる違和感について色々と調べられたようであった。

 私自身としては、頭をやや下げるようにして顎下にゆとりをつくり感覚的には懐が深くなると言った感じであろうか、だが懐と言うともっと下の部位にあるように感じられるが、この顎下のゆとりは無意識(後藤氏によれば非意識)の内に抜刀術などでおこなっていたことに気が付いた。そして杖術で感じた顎下のゆとりは、肩甲骨の滑らかさに関連してくるので、姿勢のための姿勢作りにならないように、動けるための姿勢作りであるということが大事である。

 鹿島神流の「位太刀」を参考に後藤氏の正面斬りを斜めに斬り当てたが、やはりこの角度と身体の構造からなる力は境界線を越えられた相手にとってはかなり衝撃が伝わるようだ。そうしたことから、後藤氏の提案で「峰返し潰し」をおこなったが、ここで面白い事がおこった。

 これまでは相手の首へ重さが掛かりそれに連鎖して崩される感じであったが、昨日は、私も受けて同様に感じたが、首への衝撃はあまり感じられず、真っ先に足元が崩されたのであった。おそらく、構造が整った事と、その構造からなるエネルギーの伝え方が身体の計算のうちに入ったためか、相手の身体の接点から足元まで通りが良くなったことに関連しているのではないかと思われる。まだ、これについては研究していかなければならないが、この斜めの使い方と身体の構造というのはなんとも興味深いものである。

 抜刀術ではこのところ集中的におこなっている「隅返し」をおこなった。私としても段々抜き慣れてきたところではあるが、まだまだ納得出来る抜きにはなっていない。もちろん全ての技において納得出来るものはないが、ある程度の心地良さというべきか、そのあたりの感覚はとても重要なので、そこからどの部分に問題があるのかを身体に聞きながら今後も精度を高めていきたい。

 昨夜は後藤氏との会話の中で赤錆を黒錆化した農耕具などのお話がとても楽しく、私も時間があるときに赤錆化している鍔を黒錆化して綺麗にしたいと思う。

 そして本日火曜日は、「高齢者のための剣術教室」のためいつものように午前中に講習をおこないました。ここでの講習も時間が経つのが早く感じます。それは皆さんも同様に感じられているようで、開始してからの30分というのは私の中ではまだ数分しか経っていない感覚であり、「おっと、そろそろ休憩にしなければ」と思い休憩を入れております。私の場合この休憩時間が長いようで、五分ときにはそれ以上お休みしている事がありますが、その間は、みなさんの所を回ってお話を伺ったり、気になっている動きを試してみたりしながら、休憩という名の講習をしております。

 今日一番印象に残った事はなんといっても、最後の30分間全員で抜刀術の「稲妻抜き」に没頭した事です。

 私もそうする予定は全くありませんでしたが、今日はどういうわけか杖が終わって剣の講習に切り替わる際に抜刀術をしようという考えになり、これまでのように「後方突き」や逆手でおこなう「鯰起こし」ではなく、稲妻抜きをおこないました。

 10分ぐらいおこなって、最後はいつもの内容に戻ろうと思っておりましたが、予想外に皆さんが集中して取り組まれていましたので、けっきょく杖から剣の講習に切り替えての30分間ずっと稲妻抜きをおこないました。これには私が一番驚き、今まででしたら、ここまでの事は望んでいないので、若干引かれてしまう気配も感じておりましたが、今年の8月で丸四年を迎えますので、おそらく皆さんの中で少しずつ動きに対する欲求と向上心が再び芽生え始めてきたのではないかと思うのです。それには、杖術などで取り組んできた経験もあるでしょうし、このところ相手を付けての攻防も取り入れておりますので、気持ちの面で変化が起こっているのかもしれません。先週も感じましたが、相手をつけての攻め手と受け手の稽古をおこないますと、何人かの方は闘争心が呼び覚まされ、単なる運動とは違ってかなり刺激になっているものと感じました。怪我をしてはなりませんので、間合いや杖先の方向については何度も注意をしておりますが、こうした攻防の稽古は日常にはなかなか得られることの無い刺激ですので、こうした内容が出来るまで毎週参加して何年も付いてきてくださっている生徒の皆様の継続力からなるものです。

 今日は87歳のKさんが自らカットして切っ先を見事に仕上げた木刀を見せていただき、私も以前何本かひび割れた木刀を小太刀にするためにカットして切っ先を作った事がありましたので、その作業がどれほどのものか分かっているだけに、その出来栄えに感動いたしました。今日は30分間抜刀術をおこないましたので、筋肉痛になってしまう方もいらっしゃると思いますが、自主稽古をされる方は、とくに抜刀術稽古の際はやり過ぎないようにお気をつけ下さい。


2018年4月14日(土) 「剣術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

2018年4月30日(月)&5月1日(火) 「関西特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年4月 稽古日程

2018年5月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-04-11(Wed)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR