FC2ブログ

深夜に想いを込めて

 3月最後の日曜日となったGold Castle 殺陣&剣術スクールでは、桜祭りで賑わう門前仲町、黒船橋から昨日よりも花の咲いた桜の木々を眺め我がクラスも同様に賑わいのある講習をおこなった。

 今日は順番を変えて後半におこなった剣術クラスの内容から記したい。

 剣術クラスでは久しぶりに、抜刀術と納刀法のみの講習をおこないました。基礎的な部分から、今私が取り組んでいる稽古内容までジックリとおこなう事が出来ました。

 まず目に飛び込んだのが一番後ろの端っこでおこなっていたFさんの動きでした。小さい身体に居合刀を用いるようになり、以前は「抜刀術の特別講習会に参加するのはまだ早い。」と、品川区総合体育館からの帰り道に申されていたのがなんだったのかと思えるほど、今日のFさんの動きにはキチンとした操作と体捌きが見て取れました。これは今日の殺陣クラスで苦しんだYさんにも共通する点ですが、相手が付いた稽古では自らの動きが意に反するものになってしまうことがあります。それは直ぐには改善し難いまだ敷かれて居ない回路を施工しなければなりませんので、自らとジックリ向き合う事のできる稽古が望ましいと思われます。それが一人稽古の究極とも言える抜刀術にあるかもしれません。幸いな事にお二人とも居合刀をお持ちですので、自身と向き合い、身体の手続き、動きの把握、修正するための観察力、まずはとことん自分自身を見抜くことです。そうした自分自身に他人感を持って取り組む事で、自分の新たな問題点に気が付くことになるでしょう。そう、自分を自分のままに把握していては客観的には見えてきませんので、ふだんそこまで時間を掛けて集中して自分を見つめる事はありませんので、居合刀という一つ間違えれば怪我のリスクがあるという緊張感の中で新たなものを得ていくことが、技を得ていくことの中身と言えるのかもしれません。そういう具体的におこなえるものが見えてきたということは喜ばしい事です。厳しさの先に(絶望感の先に)感動が訪れるものです。そこで逃げてしまうか、諦めずに導かれて行くものを信じて着いて行けるか、そこは大きな分かれ道と言えるでしょう。

 今日の抜刀術の講習で初めて参加された方には、静から動への瞬間、その際における構えの重要性、手続きの事前把握など今まで経験した事の無いものがあったと思います。そこには自身を視覚的にではなく観察する客観性、身体の状態と心の状態のつながり、そうしたものが抜刀という瞬間的におこなう技の中に答えとして教えられるものがあります。そこに心地良さや違和感といったものを実感出来るまでには修練が求められますが、動かずして動くための自分を観る稽古として、表現を生業にしていく人にとっては得られるものが多い稽古の一つと言えるでしょう。

 昨日に続いてR君も参加され、私の打太刀をおこなって驚いた表情が印象的でしたが、少林寺拳法を三歳から学び、親子演武では何度か東京で優勝しているという抜群の身体と心の持ち主の彼にとってもこれまでにない驚く経験だったのでしょう。彼の存在というのは周りの人に影響を与える存在となっていくものなので、そうした人生の中でバランス力を身に付けどのような状況でも間違いの無い人間として育っていっていただきたいと思います。

 またタイミングを見て今回のように抜刀術や納刀法に特化した講習を組んでいきたいと思います。


 そして、殺陣クラスの記事。

 今年から毎月月末に撮影をおこなうようになって三回目となる「月末恒例立廻り講習」の日です。会場入りして受付などの設営準備を済ませ、その間に生徒たちが続々と訪れるのですが、月末のこの講習はいつもと違い、私にとってはどこか懐かしい審査会の日を思い出すような適度に張り詰めた緊張感と心地良さがありました。とくにこの講習を撮影するものとしてリードしてくれているグループAの五人には、毎月おそらくこの日は最優先でスケジュール調整されているものと思われますので、そうした意気込みとこの立廻りに関する想いを受けて会場に迎える有り難さを噛み締めております。

 2時過ぎに書き始めたこの記事がいつまで掛かるのか分かりませんが、A4用紙11枚にメモを取った各人への感想を映像順にここに書き連ねたいと思います。


《グループAから》

◇Yさんが芯の映像

 絡みAの斬られ方に工夫が見られますが、この場合、芯の袈裟斬りがバレやすくなりますので二歩前に出てスペースとバレないための位置取りを優先した方がいいでしょう。

 CとDのシャッターはスピード(横への走り方の稽古)が必要です。

 芯とBとの場面のテンポと形もかなり良くなりました。そして、斬り結びの際に衝撃を互いに緩和している事が見て取れます。映像や舞台の現場では、竹光刀でおこないますので、斬り結ぶ際には決して強く当てることは出来ません(破損するからです)ですので、効果音(SE)を入れてお芝居では実際に強く斬り結んでいるように見せています。Gold Castle では木刀で稽古をおこなっておりますので、始めの内は衝撃を緩和する事よりも剣の振り方や気持ちの入りやすい方法からおこない、動きの基礎が身についてきたところで、同じように見えるための技術をお伝えしております。

 今回はBを斬る際にバレている方が多く見受けられました。この場合、本来引くはずの右足を横に出し、左足を右斜め前に送りながら斬るとバレずにかつ見栄えが良くなります。(これは私自身映像を見てから感じましたので、次回のテーマといたしましょう。)

 Dへの一連の動きは若干バレていますが三人のテンポは良く揃っております。味方を刺してしまったリアクションをもっと表現していただくとここはいい間となります。

 ラストのCとの場面は全体的にバレ無しで良くまとまっています。


◇Wさんが芯の映像

 序盤の体捌きはとても良いです。とくに、四人目Dの払いは下から綺麗に剣が上がっておりますので他の方も参考にされるといいでしょう。

 何気なく見えるAの真っ向を払ってからの胴斬りは、剣術で練られた身体が体捌きに出ております。(身体の移動に滞りが無い)Aのリアクションもバレずに揃っております。

 Bとの一連はテンポ良くB役のYさんはよく短期間で仕上げて来ました。ここでのCとDのシャッターからのリアクションは芯とBの動きを引き立てております。Bを斬る場面はやはりこの場合、右足を横に移動し、左足を右斜め前に送って斬った方が良いでしょう。

 その後のDへの柄打ちはバレずに良く出来ていますし三人の動きも揃っています。この場面ではCの斬り込むタイミングが難しいのですが、Yさんの三歩拍合のタイミングと直後の突き、突いた際のリアクション、この部分は他の方も参考にして頂きたいと思います。

 その後のCとの場面では、鞘が落ちましたが集中が途切れず、アドリブが入りながら自然に繋がっていました。払いダブルからの真っ向からの突きでは、ここでも剣術稽古で培ってきたものが見て取れます。ラストの袈裟斬りはわずかにバレましたが許容範囲内と言えるでしょう。


◇Iさんが芯の映像

 序盤の結びはカメラに顔が隠れないように、肘を開く形にされたほうが良いでしょう。次のAとの場面では多くの方にも言えますが、背後に回り込んでの袈裟斬りは左足を開きながら次のBに対して、向かっていくように下手側へと移りながらおこなうことが、動きの流れとしても、映像の位置取りとしても大事なところです。

 このBとの一連でおこなわれている絡みD役のSさんのシャッターからその後のリアクションに繋がる動きはとても上手です。自然な反応の中に動きの変化があり、芯がBの剣を押さえたリアクションにピタリと合っております。こうした動きはお芝居の上でも勉強になりますので、みなさんも参考にしてみて下さい。

 Bを斬る場面では、剣を押さえていた際の位置取りが上手くいっていたのでバレずに斬れています。その後のターンもCを一瞥しDに向かうという意味のあるものになっています。

 Dとの一連の流れは三人とも良く合っておりますし、次のCとの場面では互いに剣を上げて見合う形に入るまでが良くなりました。次の払いダブルは芯の足が逆になってしまいましたがそのままの流れで、バレない袈裟斬りのフィニッシュへと繋がった点は良かったといえるでしょう。


◇Sさんが芯の映像

 序盤四人目の払いをもう少し下から剣を上げるようにすると良いでしょう。

 胴斬りは綺麗に安定的に水平に斬れています。

 A役のYさんのリアクションは、振り返るのはバレやすく難しいのですがここは良く出来ております。

 芯とBとの一連の動きは呼吸が合っており安定しております。ここでの、CとDのシャッターはタイミングが難しいのですが、中央で芯とBが被り剣を跳ね上げる場面の直前でCとDが左右に入れ替わり中央が開けたところで跳ね上げが揃うと、また一段この場面が良いものになるでしょう。この場面は次回タイプⅡになっても継続いたしますので、次回の課題としたいと思います。

 芯のSさんの姿勢は改善されました。Sさんの良さを引き出すには、自然な姿勢の中にある存在感であると思います。そのSさんの中にある自然さとお芝居の中にある自然さがマッチするような身体の状態を今後の稽古でも取り組んでいただければと思います。

 Bへの斬りはバレてしまいましたが、斬ってからの振り向き方には違和感が無く、自然な体捌きとなっております。Dへの柄打ちもバレずに出来ております。

 次のCとの場面前半部の体捌きは以前と比べてかなり良くなりました。次回からは「立ち姿」をテーマに取り組まれても宜しいかと思います。他の動きにも繋がってくると思いますので。

 最後の袈裟斬りは若干バレましたが、そこまでの動きのメリハリは感じられます。


◇Yさんが芯の映像

 序盤のCとの足運びに、近過ぎた間合いから自然に身体が調整して動いたように見えます。この場合、決まったとおりに左足が前に出てしまうと払いが窮屈になっていたでしょう。

 四人目の払いからの結びの形は以前と比べて良くなりました。Aへの胴斬りは、切っ先が下がりがちなので、基礎稽古で水平に斬る練習をおこなうと良いでしょう。Aへの袈裟斬りがバレないようにするには、胴斬りの後にもっと右足を内側に回り込ませるようにしてAの背後に位置する必要があります。

 そして次のBとの一連のテンポは短期間でよくここまで追いついて来ました。そして映像を観て参考にさせてもらったのは、Bに対する胴斬りの足運びです。右足が横に移動し、左足が右斜め前へと移動しながら抜き付けに斬りますと、バレにくく残心も綺麗になります。おそらく間合いなどから自然に調整されたと思いますが、私にとりましても参考になりました。

 この場面でのCとDのシャッターのタイミングはとても良いので皆さんも参考にしてみてください。その後のDへの柄打ちもバレずに三人のタイミングがこの速さの中で揃っております。C役のSさんの突きのタイミングも良くなりました。

 最後のCとの一連の動きはよくここまで仕上げてきたと思います。誰よりも短い期間で最後まで完成度を上げてきたのには類稀な才能を感じます。合わせて剣術や杖術で身体を自由に統御出来るようになればこれから先かなりのレベルへとなりうるでしょう。


《グループB(芯のみ)》

◇Yさんが芯の映像

 お仕事でしばらく間が空いてしまいましたので焦らずに少しずつ出来るようになっていただければと思います。Aグループの方々は相当やっていますので、ご自身のペースに合わせて進んでいただければと思います。この日曜日の立廻り(タイプⅠ)はこれからの人たちもいますので、長く続けていくものです。限られた時間の中で確実に出来るところを少しずつ増やせるようにしていきましょう。

 殺陣は相手との呼吸ですので、そこの重要性に目を向けていただければ自分のタイミングや距離感など気が付いてくるようになります。相手と自分のやるべきことが把握できて初めて動きとなりますのでそれが抜けないための工夫が必要なのかもしれません。これからも丁寧に見て参りますので、焦らず少しずつものにしていきましょう。


◇Yさんが芯の映像

 序盤の動きはとても良くなりました。足運び、払いの軌道共にお伝えしたものが出来ております。

 Aへの胴斬りは水平に斬れていますが、背後の回り込みが甘いと袈裟斬りがバレてしまいます。胴斬り後の右足の回り込みがポイントです。その後のBとのテンポは以前と比べて良くなりました。

 Dとの一連の動きは格段に良くなっています。上体のブレが少なくなりましたしテンポも上がりました。来月は最後まで完成度を上げていきましょう。


◇Nさんが芯の映像

 序盤の足運びや払いの形はお伝えした通りに出来ております。結びの形は重心を真ん中にしたほうがもっと良くなるでしょう。

 全体的なスピードをもっと上げたいところですが、丁寧にやっておりますのでこのままでも宜しいでしょう。

 Bを斬った後の振り向きの意味合いは、私が伝えているものとは異なりますが、個性を尊重してこのままでも宜しいでしょう。


◇Kさんが芯の映像

 序盤のBのかわし方が少し危険でしたが、間違って激突してしまう場合などのある動線に関しては繰り返し稽古して間違えないようにいたしましょう。

 全体的な位置取りや斬り方は上達されています。テンポも良くなってきておりますので、安全への認識力を高めて行きましょう。これは全員にも言えることですが危険察知の予測力を高めていただきたいと思います。「この動きはここを間違えると危険だな。」という勘所を養うのも重要です。

 
◇Kさんが芯の映像

 グループAの五名以外で安定しているのがKさんです。レベルの上がったグループでおこなうと一気に引き上がるでしょう。今のグループAのメンバーはタイプⅡへと移行しますので。グループB(タイプⅠ)のメンバーとして周りをリードしていける存在になっていただければと思っています。集中的に取り組めば確実に伸びるタイプです。期待しています。


◇Tさんが芯の映像

 Yさんのご紹介で今年生徒になられたTさん。

 今日の撮影が体験参加も含めてまだ13回目です。その真摯な取り組み方と学ぶ姿勢にTさんへの信頼が高まってきております。今後は、確実に伸びてAグループに追い着いていくものと感じております。得たものを身に宿すための真剣さには同時に人として大事なものを育まれているように感じます。期待しております。


《全体を通じて》

◇テンポは前回に比べてかなり向上いたしました。

◇声に関しましては決まった通りでなくとも自然に出てしまった声または出てしまう状態となっていることが大切です。

◇斬られ方(倒れ方)に関しては、今後も柔道場で開催の際にメニューに入れていきます。

◇納刀に関しては、このタイプⅠの場合、全員を斬ったあと、血振りの前にもう少し間(芝居)があっても良かったのかなと映像を観て感じました。

◇この映像を観て各人が、胴斬りは水平に斬れているか、袈裟斬りはどこを斬っているか、突きはどの程度突くのがいいのか、テンポと形とリアクションがそれぞれ一体となってチームで作られてますので、自分の動きを見つけるためには相手の動き周囲の動きを理解して初めて自分の成すべき動きが見えてきます。(台本で自分のセリフしか読み込まない人とはアンサンブルが成立いたしません)自分の動きだけというのは基礎稽古のままですので、立廻るには相手や周囲を観察し続け反応することが求められます。


 こうして書き連ねてみますと、あらためて、剣術と殺陣の違いの大きさに気付かされます。ですが、それは目に見える表面的な部分であり、深い部分では繋がっております。

 日曜日の立廻りに関して、付いて行けるか不安に思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、それぞれに合わせておこなっておりますので、先を急がせる事も、見放す事もありませんので、出来る部分に集中的に取り組んでいただくようにしておりますのでご安心下さい。この教室は私がおこなっている限り、全員が楽しめる方法を常に考えて、そこを一番によりよい空間作りとし、稽古を通じて育んでいけるものを大事に考えております。今夜は(もう朝ですが)長くなりましたが、想いが私を働かせています。今居る生徒を大事に、確実に伸ばす事を開講当初から私は考え続けておりました。そのための講習内容や、安定開催、そしてイベントや舞台をおこなわないことで、生徒間に差を付けず、いつもの稽古日程の中で大事なものを失わずに皆が安心して楽しめる空間としてきました。映像で成果を確認する事は稽古日程に穴をあけることも無く、最善の策であると感じております。体験参加から訪れた生徒達の成長した姿を観ることが出来るようになり、感慨深いものがあります。ですが、まだまだこんなものじゃお恥ずかしいので、伸びていく方は成長していただきますし、運動不測解消や身体のために参加されている方も、その中で楽しめるようにお伝えしております。技量だけでなく、もっと大事なものがここでは育って欲しいと私は願っております。

 それでは朝になりましたが、とりあえず今日を終わらせるために眠りにつきたいと思います。


2018年4月14日(土) 「剣術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

2018年4月30日(月)&5月1日(火) 「関西特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年3月 稽古日程

2018年4月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-03-26(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR