FC2ブログ

相反するものの共存

 昨日に続いて本日も深川スポーツセンターにてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。3月は仕事の関係などでお休みされる方が多く日曜日にしては空いていました。そんななか今日も殺陣クラスでは、役者組のメンバーが熱く励んでいました。プロ意識の高い方は、習っている事で満足せず、習得出来る技能というものを見据えて集中的に自らの身体に取り入れようとなさっています。そういう裏側を見ておりますと、役者というお仕事をされている方の取り組み方に、おそらくその方の現場での評価というものも想像出来ます。私が客として舞台を観に行くとしても、ふだんの取り組み方にリスペクト出来る方のお芝居を、その人そのものの魅力を楽しみに観に行きたいものです。先日北九州や東京などで舞台公演をされたTさんから全公演完売で幕を下ろす事が出来ましたというご連絡をいただき、私としても、Tさんの富良野でのお話や東京に来て間もない頃にGold Castleに入られたことや稽古での取り組み方など知ってますので嬉しい気持ちです。怪我をされたとのことですので復帰は5月以降になるそうですが、楽しみにお待ちしております。

 俳優のSさんも昨年から入会され、お忙しいなか追加受講などハイペースで稽古を積んできております。特別講習会への参加もあり、何度か瓶ビールを一緒に飲みました。(誰だか分かりましたね)そのSさんはたびたびテレビドラマなどに出演されており、ご本人曰く「ちょっとだけですよ。」と仰いますが、セリフ付きでほぼ毎月コンスタントにドラマ出演出来るというのは並大抵ではありませんので、お人柄や、取り組み方の姿勢など、同じ志を持つ人は学ぶべきものを感じなければならないでしょう。ですから私も番組を教えてもらい観るのが楽しみになりました。

 そのほかにも、CMに出られている方や、テレビ番組のレギュラーを持っている方も生徒にいます。気がつけばそういう生徒も増えました。私自身以前そういう道を歩んできたことは、今にしてみれば通ってきて良かったと思える道程ですし、そういう方々とお会いし色々とお話をすることも、そういう道程を歩まなければ分からない部分が多かったと思えます。私の場合、保険を掛けずに役者の道一本で行こうと決めておりましたが、まさか今のような充実出来る生き方に救われる事になるとは夢にも思いませんでした。ですから、やると決めたことは逃げ道を作らずに取り組んでも何かあったときには、その時の自分の存在そのものが途切れていない生き方を選んで行くのではないかと私は思います。ですので、どんな時でも大事にしなければならないのは、「人としてどうあるのか」を逃げずに(失敗して怒られた事で学んだ事もありました)実践していくことだと私は思います。

 今の時代もそうですが、これからも益々個人が扱うツールの性能が格段にアップしていくでしょう。すなわち、個人でかなりのクオリティのものが作れる時代です。専門分野の技術者にとっては戦々恐々と言える時代になって行きますが、そうしたことを考えますと、芸術や感動というものも時の流れと共に麻痺していくでしょうし、便利さと同時に人の原始的な才能の退化も起こりうるでしょう。そういう時代に向かっていく中で、今現在取り組んでいるものや、これから先の目標など何に時間を掛けて生きていくことがいいのかを考えさせられます。もしかすると、ツールの進化を利用しつつ、人が人としてあるべき実感を求め、そこから得られるものを、相反するものの共存としてバランスを取って生きていくことで保っていられるのかもしれません。もっとも、これは私個人の価値観ですが…。


2018年4月14日(土) 「剣術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

2018年4月30日(月)&5月1日(火) 「関西特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年3月 稽古日程

2018年4月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-03-19(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

現代武術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
神田すずらん館にて「現代武術教室」講師を務める

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR