FC2ブログ

怒りのエネルギーの使いどころ

 本日火曜日は「高齢者のための剣術教室」の日。いつもどおり早朝自宅を出て電車を乗り継ぎ会場へと向かう。今日も準特急がお客様トラブルで六分ほど遅れていた。これまで三年間毎週通っているが、このところの遅延率はかなり高い。私の場合、朝のラッシュ時に電車に乗る機会は、去年から隔週水曜日におこなっている殺陣の研究稽古がラッシュを選ばざるを得ない月に二度の試練であった。キャリーバッグと武道具を運搬しているため、電車が来ても1、2本次を選ばなければならない事も少なくなく、たった月に二度のラッシュでも嫌なものであった。だが、毎日行きも帰りもラッシュで通勤されている人は本当に大変だと思う。

 火曜日に私が乗る電車は下り方面のため比較的空いている。乗り換えの電車も混雑とまでは行かないので全く苦にはならない。一時間ほど電車に乗っているが、この時間帯は毎週の講習内容を書き出す時間となっており、いつも到着駅の数駅手前で書き終える。ホームページにこれまで書き記した講習内容を全て残しているが、かなりの量になってっきた。蟹と雀がいつ頃から始まったのかも確認出来るだろう。

 ひとしきり話が逸れたところで、今日の講習に入ろう。

 今日も会場に到着すると、早くもHさんとKさんが杖の稽古を始められており、私が室内に入るとお二人の掛け合いがまるで漫才のように面白く、こうした雰囲気は何より元気の元になっていることを感じさせられます。真剣に集中しながらも、脱線して笑い合うところなどこの教室の特色と言えるかもしれません。頭でっかちになりすぎず、身体に聞いてまずは動いて楽しむ事。出来ることだけに気持ちが強くなりすぎると逆効果となってしまうこともあります。その行為そのものがどうであるのか、ということが大事であり、他の教室でおこなっている型稽古などでも見落としてしまうものです。案外そうした考えといいますか視野を持つことで出来るようになる近道になることもあります。
 
 今日で三週目となる肩甲骨の体操ですが、皆さん徐々に興味を持ち始めてきました。難しい動きですが背中の状態がどのように感じられるか、その実感が意欲的になり始めるキッカケとなっているように思えます。適度にやることが大事ですので、やり過ぎないように私も進めて行きたいと思います。

 今日は新しく相手を付けての「廻し打ち」をおこないました。相手を付けることで情報量が増え、これまでおこなって出来ていた動きが急に難しくなってきます。今回、誘いから抜いて籠手を狙う動きといたしました。棒を使った体操とも言える内容をおこなっておりますが、時々こうした相手を付けて緊張感のある内容も、刺激になり時間を忘れてのめり込むことになります。

 あらためて思うことは、ここでの講習は私の好きなように自由に任せて頂いている事が皆さんとのダイレクトなやり取りの中で上手く実を結んでいるように思えます。もちろん、こちらのクラーチ溝の口様には、大変お世話になっておりとても有り難い環境で講習をおこなわせていただいております。以前、イオンカルチャークラブで講師をしていた時期もありましたが、やはり中間に人が入ってしまうと全然違う環境になってしまうことを痛感いたしました。生徒が活き活きとしていられるには、私が活き活きとしていなければなりません。その活き活きとするために私は私の環境を整え居場所を作り、そのために得られないものを甘んじて受け入れなければならないし、そこに私の貯めておいた怒りのエネルギーが使われていることを知っています。これからも確かな実践で私の場を大事に育んでいきたいと思います。


2018年3月10日(土) 「抜刀術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年2月 稽古予定

2018年3月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2018-02-14(Wed)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR