鬼は外、外は雪。

 日記を纏めて書こうとするとその記事のカテゴリを何にするのかで迷ってしまう。とりあえずは「日常録」にしよう。

 夜になって再び雪が降り始めた。先ほど深夜の1時過ぎに外に出たが薄っすらと積もっていた。明日の朝にはどうなっているだろうか。幸いにも明日は公共交通機関に乗る予定が無い。家の中でやることがあるのでそれをおこなう。

 昨日、水曜日の日中はレンタカー屋に行き2月の撮影に使用する車の手配をした。贅沢にもワゴンタイプの乗用車にしたので、着替えも出来るし、移動は楽しくなりそうだ。もちろん私が運転する。そして、現地の状況や駐車場を確認するために、現場に向かった。敷地内に何か変更がないか周囲の状況はどうなのかを見るためである。まず、コインパーキングが現場の隣に隣接されておりこれには嬉しかった。グーグルアースを使えば行かなくてもと言われそうであるが、やはり確実な方法は自分の目で直に見ること。だが、一つ大きな懸念材料が見つかり、直ぐそばで建物の解体工事がおこなわれており、撮影日までには解体されるであろうが、現場の方に聞いたところ、コンクリートを剥がす工程もあり、これは撮影数日前にもう一度確認しに行かなければならない。タイミングが悪ければ工事が休みとなる祝日に延期か、場所の変更、もしくは現場での音を入れない設定にするか、その辺りを決めていかなければならない。

 改定した企画書をお世話になる方々に送り、Oさんと最終打ち合わせを行えば、当日を待つばかりとなる。青木さんとはあと一回稽古をおこなう予定。じつは、これが撮影抜きにしても非常に集中した良い稽古になっている。撮影は2月26日を予定。ほどなくすれば3月になっている。次の事を早く考えたい。次の事とは、引越しだ。

 下北沢にあるスープカレーのお店「心」に行った。ランチタイムに行ったので300円近く安くなっており、+100円で酵素玄米が選べおかわりが何度でも出来る。辛さも0~20まで無料で選べ店内の空間もゆとりがあるので、スズナリの裏の坂を上がった「マジックスパイス」もいいが私の中では「心」に軍配が上がった。マジスパは火曜日と水曜日が定休日という余裕の人気店だからなぁ…

 そんなこんなで一旦帰宅。

 夜からは甲野善紀先生のメールマガジンの動画撮影とそのための研究稽古に参加。

 私個人としては、変わらないものがあるからこそ変わり続けることがあり、そうしたものを全体的にどのように感じ私自身の今後の生き方としていけるのかということが自然と頭の中に湧き起こってきた。それはもう稽古もそうであるが、人そのものであり、私のような中途半端に生きて来た人間は全てをもってこの時間を感じなければならないと思っている。この先この時間の学びが、おそらく未来の私からしてみれば後悔してしまうほどの未熟さの吸収力である自分に、「勿体無いぞ!」と言い聞かせながら、少しでも感じとれるものを吸収したいと思って一分一秒を過ごさせていただいています。

 皆既月食が戻りかけている月を見上げながら、寒空の下、一月最後の日を終えた。

 そして二月となった本日木曜日は、高田馬場でW氏と稽古。この数日どうして背中が疲労しているのかがようやく分かった。このところ、杖の操作で肩甲骨をかなり動かしておこなっているため、これがどうやら全身の倦怠感に繋がっているようである。これが身体にとってどのような影響となるのか、今後様子を見てこの稽古法を決めて行きたい。

 ホームページに3月の全講習日程を掲載した。オール深川である。今後は土曜日殺陣クラスの人数も増えてきたので、土曜日を深川、日曜日を品川区及び深川と考えている。月末恒例立廻り講習は、グループを纏めたいので深川の方が諸々条件が整っているのでそのように考えている。

 先日撮影した立廻りの動画については、ホームページからの視聴のみとし、人に見せる場合は自らの端末でもって直接見せる場合は認めます。フェイスブックやツイッターでの共有は、なんのために、限定公開にし、パスワードを設定しているのかをないがしろにしてしまうものであり、結局見られなくなってしまうという結果に結びついていきます。

 拡散しないこと。視聴のみに割り切る事。それが今後視聴することが続けられる唯一の手段です。


2018年2月12日(月/振替休日)
「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2018年2月 稽古予定

甲野善紀先生からの紹介文


2018-02-02(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなう。

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

2018年
『 関西特別講習会 』として人との繋がりを大事に遠方での講習会もおこなっている。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR