FC2ブログ

旋打に沸いた杖術特別講習会

 秋らしい雨、肌寒い一日の中、今日は初めての文京総合体育館にて杖術特別講習会をおこないました。二時間講習のため、講習前後の時間配分が初めての会場ということで勝手がわからず、自宅から稽古着に着替えて行きました。予想通り開始時刻五分前まで更衣室が使えないということで会場準備など着替える時間が省けて助かりました。冬はコートがあるのでいいのですが、夏や肌寒い時期は羽織りのようなものがあると便利でしょうね…。さすがに稽古着で電車に乗るのは控えたい…と、思います。(と言っておきながら明日の朝も着て行きますが…)

 今日の講習会では、いつもの常連メンバーと、前回の抜刀術特別講習会で初参加されたAさん、今回初めて参加されたTさんに初めてお会いしたSさん、復帰されたTさんに昨日眼の手術を終えて見学と懇親会に参加されたNさん。お陰様で非常に盛り上がった講習会となりました。

 「左右の払い突き」や「左右の落とし突き」などでは、手足の連動をお伝えいたしました。力み過ぎてしまいますとこの連動が途切れやすくなってしまいますので、最適な加減を道具から感じることが重要です。

 「旋打」(せんだ)では、さらに手足の連動性が求められる内容となっており、これがピタリと嵌るとカンカンカンと樫と樫の打ち合う音が響き渡り、皆の打ち合う音がこの剣道場内でかなり響いておりました。少しの手順が動き全体の中で劇的に効果をもたらしますので、脳トレ的操作となりますが、「やめられない系」の内容ですので、今日まで講習会ではおこないませんでしたが、これからはGold Castle の講習でもおこないたいと思います。

 あっという間に二時間が経ち、これもまた初めてとなるアジアン料理のお店で懇親会をおこないました。前回の懇親会も盛り上がりましたが、今回はさらに盛り上がった懇親会となりYッシーことYさんとWさんのコンビが面白くて、昨日手術されたNさんは「笑い過ぎて頬が筋肉痛になりそうです。」と言ってましたし、復帰されたTさんも「一週間分ぐらい笑いました。」と言ってたほど盛り上がっていました。私もYッシーさんには涙が出るほど笑わせて頂きましたが、ヒヤヒヤしながらも公認が取れて良かったと思いました(笑)。

 私のテーブルでは、イラストレーターのYさんと、ダンサーのSさん、ご婦人Oさんがいらっしゃいましたが、私が昨日不思議な体験をした話をSさんに聞いていただき、その流れでこれまでの不思議な体験を次から次に聞いてもらい、隣で賑わっているなか、こちらのテーブルは不思議なお話で盛り上がっていました。

 二時間半の懇親会でしたが、たくさん動いてたくさん笑い、こうした一日をみなさんと過ごせる事が出来て幸せに思います。明日も、朝9時10分から戸越体育館で講習が始まります。明日も秋雨かと思いますが、賑わう講習となることを願います。

 本日はお越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!


金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-15(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ