FC2ブログ

運気とバランス

 世間では三連休ということに日曜日の講習が終わって気がついた。このところ面白いほど運気が悪い。まるで私を怒らせる何かがわざとそういう風に仕掛けているとしか思えないような身の回りの出来事に今週は疲弊した。とは言っても、私を怒らせて喜ぶ人がいては面白くないが、そういう類の怒りではないので、ここは身を任せて次なる運気に期待したい。

 東京もいいが、もっとゆっくりと他人に侵入されないパーソナルスペースで日々を送りたいという憧れはある。私の夢、それは少しずつ変わり続けているが、ゆとりの中で早く回していける効率と強さと環境の中で、大きく息を吸い込む事が自然と出来る空間に身を置いて生きていたい。細やかな裁量の経験から、今の居場所とは異なる空間(次元)のなかで景色を見てそこに住みたいと思う。

 おそらく私は疲れている。今週は心身ともに回復させなければならない。
 

 さて、本日は品川区総合体育館でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。昼間の部では柔道場ということもあり、殺陣クラスでは久しぶりに斬られて倒れる稽古をおこないました。そのなかで足の使い方が非常に大事である事をお伝えいたしました。その意味は今日受講された方は皆納得していただけたと思われます。斬られ方を引き出すものとして、斬る側が倒れる位置を指定するという方法でおこなったところ、それぞれにいい動きが生まれてきました。特に俳優ペアのSさんとTさんは、「さすが!」と言える動きを自らいろいろと試されていました。撮影現場や舞台などで倒れる芝居が付いた時は非常に使えるものです。さまざまに応用がききますのでまた柔道場でおこなう機会があるときはおこないたいと思います。

 夜間の部では、久しぶりに少な目の参加人数でしたが、それぞれに集中した内容で時間が過ぎるのが早かったように感じます。杖の経験が少ない方や初めての方もいらっしゃいましたので、ジックリおこなえたと思います。剣に興味を持って参加される方がほとんどだと思われますが、杖術を経験されますとほとんどの方が興味を持って取り組まれます。

 やはり殺陣というものが広く一般的には世間の目に留まりやすく、剣術や杖術といいますと、古武道大会などでおこなわれている演武のイメージが強いのではないでしょうか。当スクールの特徴のひとつに、殺陣に興味を持ち、次第に剣術や杖術をここで知り、殺陣よりも興味をもたれる方もいらっしゃいます。つまり、世間一般に剣術や杖術、または抜刀術というものが目に触れる機会が少なく、たまたま映画や舞台、アニメで知った情報からYOUTUBEで検索して情報を具体的に得ると言うことが一般的な流れでは無いでしょうか。

 そういう意味では、どのような情報が得られるかということが重要になってきます。誹謗中傷が相次いでは未来への発展はありません。実力のある人が自然と残っていく世界だと思われますので、実力を身につけることに精進する事が正当な手段であると思います、さらに人にはそれぞれの役割がありますので、その役割を真っ当に果たす事が生きていく上での使命かと思います。

 この世に生まれ、子供から大人になり、今ある姿に何を思うか…


 良いものを観よう!悪いものに目が行くのは、己の心に邪心が漂っているからかもしれない。自らの意思で心を浄化させるのはなかなか難しいが、それも修行の一つ。良いものに自然と目が向き、世の中の景色と関わってくるものに対する結界が張られることで、道はまたハッキリとしてくる。運気という自然の周期は変えようもないが、そうした中で学び得ていく事はこれからの状況判断に必要となるので、運気運命と向き合っていかなければならない。

 不思議なものであるが、そうしたことは何らかの因果に関係している。バランスと周期、それは必ず訪れるサイクルであると、二十代の頃から実感していたが、その先に起こるであろう事を想像すると、全ては納得の範囲内に収まる。ただ単に今がもどかしいだけなのかもしれないが、時間は止まってくれないのでそれは致し方ない。

 とにかく、私は前に突っ走って行かなければならない!


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(残り三名となりました)

金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-09(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ