FC2ブログ

今夜は早めに就寝

 本日土曜日のGold Castleは、夕方の部と夜間の部を戸越体育館剣道場でおこないました。剣術クラスでは久しぶりに「受け流し」について細かい剣の位置、体の向きや角度というものを私自身検証しながらおこないました。

 今回受け流しをおこなった理由については、剣の角度とそれを作り出す手の内や肘の使い方というものを感覚的に掴んで頂きたいと言う狙いがあったからです。それは殺陣にも関連し、斜めの見せかた(魅せ方)を知るには実際に受け流しをおこなう必要があると前々から感じていたのです。

 今回おこなってみて、頭、肘、肩を斬られない剣の角度と姿勢が瞬時におこなえるかは、やはりこうした稽古で実際に経験することが重要です。綺麗な動きというのは別の言い方をすれば理に適った動きです。ですから、剣術稽古で理に適った動きを求め習得出来ればそれは殺陣も同様に綺麗に見せる動きへと変換が可能となります。

 後半は久しぶりに「三歩円断之型」をおこないました。これは袋竹刀でおこなったほうが稽古としては向いているのですが、今日の受け流し、その前におこなった正眼からの正面斬りの体の運用が入っておりますので、突如として予定を変更しておこないました。

 講習後はそのまま残って熱心に稽古をされている方々もいらっしゃいました。私はFさんの手当て療法で右肘をしばらく治療して頂きました。手の温度の変化をさまざまに感じ、私としましても不思議な体験となりました。この場をお借りしてあらためてお礼申し上げます。

 夜の殺陣クラスは少ない参加人数の中、今日の予定にあったように基礎稽古をジックリとおこないました。構え一つにしても全員一人ずつ点検しながら細かい部分を修正していきました。私自身肘の角度に得るものがありました。

 斬り手の残心、斬られ手の残心、そうしたものを互いに合わせて動くことをジックリおこないました。バランスを崩すような動きであっても決して実際にバランスを崩してしまってはなりません。そうした芝居の中での計算で崩していますので、崩れる前の一瞬の形というものは、相手を引き立たせる瞬間の重要な間となります。さらに言いますとそのタイミングが「ココ!」という僅かな瞬間となりますので、斬り手側、斬られ手側ともに、今後はそういったところを感じ合っていけるようにしたいと考えております。

 明日は9時10分から同じく戸越体育館でおこないます。八時間後には始まっていますが、昼間の部のほうが恐らく混雑するかと思われますので、スペース的に余裕をもっておこないたい方は午前の部をお勧めいたします。

 それでは明日もみなさまお待ちしております!


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-01(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR
月別アーカイブ