FC2ブログ

賑わう夜間の部

 本日のGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習は、午前の部と夜間の部を品川区総合体育館でおこないました。今年の品川区総合体育館の利用も残すところ10月8日(日)の講習で最後となります。私としましてもこれまでホームグランドとして利用してきましたので、来年の4月頃まで利用できないのは残念ですが、その間は江東区の深川スポーツセンターが主要会場になるかと思います。一応12月一杯までは主要会場として予約をしております。

 こうした区の施設では、会場予約の都合で時間帯が変動してしまうため生徒のみなさまには申し訳なく思っております。そのため、土曜日と日曜日合わせて週に四コマ開催しておりますが、それぞれにクラス分けをしておりませんので、ご都合の良い時間帯でお越し頂くようにしております。そうなりますと、初心者から経験者まで同じ空間での稽古となりますので、そうした中で、その場その瞬間にやれることの判断を即決で決めて行かなければなりません。もちろん、それらを想定して講習内容を考えておりますが、細かい部分はその現場で判断していかなければなりません。私は、そういう意味では全員に喜んでいただきたいという「欲」があるのかもしれませんが、これはおそらく私の性分の一つであると思っております。昨年まで私の知っている方をお招きした共同講習会として「GM happyコラボレーション」というキャッチーな講習会を開催しておりましたのも、参加された方々、そして我々講師陣も含めた全員が楽しめるものとして誰一人残念な思いをさせることなくおこなうものとして毎月開催しておりました。

 私自身といたしましても、武術稽古とは違った面において、毎週四コマ七時間全体を見ての状況判断にはまだまだ反省点がありますが、少しずつ確実に全体をより良くしていくための空間作りと、皆で成長を分かち合う場として、笑い溢れながらも真剣に集中した中で相手を思いやれる心を養いながら共に人生の共有時間を大事に過ごしていきたいと思っております。

 状況の中から何を選択し実行するかということは、役者時代もそうでしたが何事においても磨いておかなければならない部分だと思います。とくに今の時代は誰もが情報をそれらしく発信出来る時代ですから、個人の判断力が求められます。「読み抜く力、見極める力、秘する力」そうしたものが、情報発信フリーの時代には気を付けておかねばなりません。

 そうした意味でこれからは、信頼できる人とのネットワークが第三者にとっても安心できるものとなるでしょう。そうしたコミュニティは以前からありますが、実名で世間的にどういった活動や仕事をしているかということが関わってくる人にとって重要です。生きているとさまざまな影響を受けるものですが、インターネットだけではない、リアルな現実の「信頼」というネットワークが生きていく上において、豊かな心と愛情を育み、そうした仲間と気持ちの面で支えあっていけることは感動に値します。ですから、そういう場を持ち、限られた出会いの数の中でどういう人と出会っていけるか、それが今、私の生きている中で大事に思っていることの一つでもあります。

 講習内容からずいぶんと掛け離れてしまいましたが、午前の部では少ない参加人数でしたので、集中的に殺陣クラスと杖術クラスの講習をおこなうことが出来ました。月末恒例立廻り講習では、この日に限りましては基礎的な部分をおこなわず、テーマとなっている立廻りをおこないます。基礎稽古は月末以外でおこなっておりますが、お芝居もそうですが実際に芝居をやってみませんと、発声練習や滑舌練習ばかりでは、自身の弱点が分かり難いものですので、その弱点を普段の基礎稽古で直していけるように取り組んでいただきたいと思います。

 動きを覚えるためには、基礎の部分が出来ているか出来ていないかで大きく変わってきます。ゆっくりとおこなうことは、自分の苦手なものや癖をあぶり出し、稽古のポイントを探すものでも有ります。速く動くことで動き方に行き詰まりが出てきたら、半分以下の速度でおこなうと良いでしょう。その代わり、速度が遅くなっても止まったり詰まったりしてはなりません。気が付ける時間を持つことがあぶり出し稽古とも言うべきでしょうか、大事になってきます。

 夜間の部では、多くの方がお越しになり細かくグループを分けておこないながら最後は2グループに分けておこないました。このところは夜間の部が多くなってきております。杖術クラスでは、みなさんそれぞれに楽しんで頂いたようです。やはりこの教室の特色として殺陣と剣術または杖術がおこなえるものとしてこれほどの盛り上がりを毎回経験出来ることは主宰者であり主催している者といたしまして誠にありがたいことです。

 これからも、変わるものと変わらないものを大切に、みなさまと共有する時間を大事に過ごしていきたいと思います。本日もお越しいただいた皆様、ありがとうございました!


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年9月 稽古日程

2017年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-09-25(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ