活きるための眼を養うこと

 先日日曜日に深川スポーツセンターで撮っていただいた写真が200枚程あり、もちろん全て掲載できるカットではありませんが、これまでのデジカメ写真と比べて段違いの画像の綺麗さにカメラマンでのNさんにお願いして本当に良かったと思いました。

 会場の綺麗さも写真から伝わってきますが、また数ヵ月後に、この深川での講習風景を撮影したいと考えております。そのときは、今回参加できなかった方々も形の綺麗な写真が撮れるように事前にホームページでお知らせいたします。形の崩れた写真は掲載いたしませんのでご安心ください(笑)。

 
 さて、昨日は高田馬場でI君と稽古をおこないました。昨日はすぐ傍で稽古されている伝統空手の方で、イスラエルから稽古に参加されていた女性と言葉を交わす機会がありました。この方とは、おそらく5/1(月)に初めて武道場でお見かけいたしましたが、非常に小柄で40kgあるかないかに見えますが、腰の入った動きを黙々と一人でおこなっておられました。外国の方で、私より年上の非常に小柄な方でしたので、私もここで8年間稽古しておりますが、他の方とは雰囲気が違うものを感じました。

 その方は本日火曜日に帰国されるということで、17時間掛けてイスラエルに帰られるそうです。おそらくはまだ飛行機の中かもしれません。これまでの二週間、高田馬場で何度かお会いしていましたが、私がおこなっている稽古を興味深く観察されている様子が伺え、それから自然と言葉を交わすようになりました。お話をしたのは昨日が初めてで、この日記にたびたび記していますが、隣でおこなっている伝統空手の師範の方が素晴らしい方で、それはもう説明もいらない、お会いしただけでお人柄や大きさが分かるような方ですが、その先生の門人の方であり、12年間日本に住まわれていたと伺いました。

 やはり、指導者が素晴らしければ、その方を慕う門人の方も素晴らしいものであると、一瞬の会話のやりとりでしたが、会話以外の雰囲気からも非常に感じるものがありました。

 武道、武術を通じて、流派やジャンルに捉われず、そこに共通の何かが感じられれば、相手を敬い自然と頭が下がる事なのだと、私にとりましては非常に大きな学びとなりました。余計な情報がないからこそ、その場での眼が養われ、やりとりが自然とおこなわれるのかもしれません。

 人生生きているのなら、真剣に、物の見方を養い、そこに向かって終わりの無い精進を重ねていくことが、もっとも生きやすい生き方のように私は思えます。

 生きているのであれば活きていかなければ


2017年6月10日(土曜日)『 抜刀術 特別講習会 』 
お申し込み受付中

『 金山剣術稽古会 』 
経験不問 御連絡お待ちしております

2017年5月稽古日程

2017年6月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-05-16(Tue)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR