身体の変化を実感されました

 本日は雨の降りしきる一日となりましたが、Gold Castle 殺陣&剣術スクールでは午前の部を品川区総合体育館柔道場でおこない、土曜の殺陣クラスとしては最多人数となりました。まだそれでも人数的には余裕がありますので、体験参加の方や、集中的に取り組みたい方にはお勧めしております。

 夕方の部は戸越体育館剣道場で剣術クラスの講習をおこないました。こちらのクラスは人数的には丁度良く常連の方々のご参加となっております。

 今日は生徒のHさんに大きな成長が見られました。身体の可動域が硬く狭いため、姿勢の面からずっと見てきておりましたが、今日おこなった、「払い突き」「突き返し」「裏交差からの斬り」「表交差からの斬り」いずれも、身体の纏まりが動きの中で見て取れました。

 これまでにも多くの生徒達を見てきまして、大体継続して通っていますと受講回数二十回位から変化が見えてきます。二十回といいますと、毎週一回参加して約五ヶ月です。個人差はありますが、運動不測解消で参加された方や運動が苦手な方でも、周囲と比べずにその方自身にとっての成長は必ず訪れますので、数回で自分で諦めてしまうか、楽しみながら気が付いたら二十回を越え、諦めかけていた自分の身体を取り戻していけるか、こうしたHさんのような方の成長は同じような境遇の方にとりまして励みとなるものです。

 今日の剣術クラスでは、全体的に進展が見られました。これまでおこなってきた、脚部の移動法や、剣の操作などが、随分と剣術の捌き方としてスッと身体に入ってくるように見えました。

 今日のHさんの感想に「身体が変わったような気がします。」と仰っていましたが、それと動きの中での気持ちよさ、スッキリ感が訪れていたようにも見ていて感じました。それは、自分の身体の癖や予測というものを、さまざまな角度からアプローチしていくことで、頭で考えて動くというよりは、「まずはやってみて感じる。」ということが重要なのではないかと思うのです。

 身体の感覚というのは、(現段階のレベルで)滞りなく動けたり調和がとれた際には脳内に心地よさが、その動きの進展を感じさせてくれます。ですが、上手くいかない時などはスッキリせず、モヤモヤした状況で理由が分からずとも出来ていないことがハッキリと自覚出来ます。それは味覚のようなもので、頭で考えるよりも、まずは食べてみて美味しいのか美味しくないのか感覚的に、脳が教えてくれるように、動きの中でもこれまでに比べ質的に向上した動きというものは、脳が心地よさとして教えてくれます。

 ですが、ずっと心地よい訳ではなく、暫くしますとその動きが再び違和感を感じ始めスッキリしなくなります。それを解決するには、やはり進展すべく解決策を、身体の中から探り、それをさまざまに発掘したり試してみたりしますと、ある時解決に繋がるものを探し出す事が出来るでしょう。そうした循環を繰り返していく事が稽古であり、心地よさを探し求めるからこそ、稽古が飽きずに心が育まれていくのではないかと私は実感しています。

 そのためには、稽古で自分の身体を他人事のように、身体任せにしてはいけません。筋トレのように、負荷を掛けて後は回復させれば育つものとは違い、その動きの瞬間や動き終わった瞬間に感覚を見つけなくてはなりません。ですので、自分の身体、相手の様子、周囲の把握、そうしたものを視覚だけに捉われないところで観るという意識を忘れない事です。車の運転に例えるなら、前だけ見ていてもいけませんし、アクセルだけを踏んでもいけません。必ず見るべき場所と、見るタイミング、状況の予測に合わせた速度の調整も必要になってきます。まずは、自分の様子をどこか監視カメラで見ているような気分で、観察する意識を持ちますと、今の心理状態というものに気が向きやすくなってくるかと思います。

 明日は、江東区深川スポーツセンターで18時30分~20時30分夜間の部を開催いたします。明日は会場予約の関係で夜間の部しか開催出来ませんが、今日の殺陣クラスと剣術クラスが賑わいましたので、明日は比較的に人数的に余裕があるかと思われます。体験参加の方もほとんどいらっしゃいませんので、明日は遠慮無くご参加いただければと思います。明日は、広めの会場でおこなう講習風景を皆さんご存知のカメラマンの方に撮影していただきます。写真NGの方は入らないようにいたしますので、明日は皆様のご参加楽しみにお待ちしております!


2017年6月10日(土曜日)『 抜刀術 特別講習会 』 
お申し込み受付中

『 金山剣術稽古会 』 
経験不問 御連絡お待ちしております

2017年5月稽古日程

2017年6月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-05-13(Sat)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR