背中を育てる

 本日は戸越体育館柔道場にて、W氏とO氏と稽古をおこなった。杖術剣術ともに、〔背中を使うこと〕の大事さをあらためて確認した。私自身、背中についてはまだまだ使えていないので、一人稽古等で育てていきながら未だ見知らぬ感覚を養えるよう時間を無駄には出来ない。

 ハムストリングが以前に比べ落ち来ていることに気が付いた。これは身体の使い方が変わったことが関係しているのかもしれないが、今が普通で以前が発達していたと言えるかもしれない。だが、脚部についてはとくにハムストリングは身体を動かすのに重要な部位であると思われるので、一人稽古で使える腿に育てていきたい。

 今日の稽古で、相手と同化したつもりで静の状態をつくり、その静の状態に対する相手の気配の動きというか違和感に反応するということを試してみた。自らの状態に目を向ける事が相手の変化に気が付きやすいことに繋がるというのはあり得る事かもしれない。この起こり頭を捉える稽古はまだまだ研究していかなければならない。

 今記事を書いていて気がついたのは、静の状態というのは、静=停止しているという事ではなく、静=身体がもっとも動きやすくなっている状態。という事なのかもしれない。

 未だそれが分からないが、間違った反応をしないためにはどうすればいいのかということが一つの課題であるが、身体の状態を繊細に微細に繋ぎ、纏まっていて乱れないための操作というものが、静の状態で求められるように思う。そうした〔信頼できるもの〕が実感できれば、間違った反応は限りなく少なくなってくるだろう。操作―纏まり―重心位置 そこから動へと一瞬で移り変わるための工夫は積み上げていかなくてはならない。


2017年4月22日 (土)
『 杖術 特別講習会 』

(お申し込み受付中)

2017年5月5日 (金) こどもの日
『 立廻り特別講習会 』

(お申し込み受付中)

『 金山剣術稽古会 』 
(経験不問 御連絡お待ちしております)

2017年4月稽古日程

2017年5月稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-04-20(Thu)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR