2015年 gold castle 殺陣&剣術スクール稽古納め

 本日は品川区総合体育館にてgold castle 殺陣&剣術スクールの第一部と第二部の講習をおこなった。2015年最後の講習となり、今年も大きな怪我人が出ることなく無事に終えることが出来た。今年一年見てきて、生徒さんの熱意が増してきているのを強く感じる。生徒の成長、講師の成長、教室全体の成長、そういったものを感じる一年でもあった。

 このスクールもそれぞれの成長と共に自動操縦的な発展を遂げていくであろう。2016年には、gold castle の他に、特別講習会や、GM happyコラボレーション、それに私がおこなっている剣術稽古会など、生徒さんにとっての選択肢も増えてきた。そういう意味では来年は、それぞれの成長にいろいろな変化が見られるようにも思える。

 今年は自分にとっては出来すぎた一年でもあった。来年は今関っている人達を大切に前に進んで行けるように穏やかな海を航海していきたい。

 休養は次に向けての準備の時間である。明日明後日が私にとっての稽古納めである。来年はもう目の前である、同じような気温、同じような日差しでも12月と1月ではまるで感じが変わってしまう。年末を味わいたいのか、早く年を越したいのか、自分でも良く分からない。

 今年一年、お世話になった皆様ありがとうございました。また来年ともに成長出来るように励んでいきましょう。来年のgold castle殺陣&剣術スクールの講習は、1/9(土)から始まります。そして1/11(月)は第6回 GM happy コラボレーション「杖術とヨガ」をおこないます。運動不足の方や、お正月に食べ過ぎてしまった方、楽しく身体を動かしてみませんか?お申し込みがまだまだ少ないのでご興味のある方、ご連絡お待ちしております。


 第6回 GM happy コラボレーション (お申し込み受付中)
 金山剣術稽古会 (会員希望者受付中)
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-28(Mon)
 

愛情のうらがえし

 ようやく落ち着いて記事を記す事が出来る。現在2時になったばかり。とにかく最近はいろいろと労力がかかる事があり、そのために私の稽古や調べごとに対する時間が削られてしまう。だが、今はこれが今後に必要な手段を磨くものとして受け入れていくしかない。

 楽しい空間やイベントでの私が時にそうあるべきでない環境に置いて副作用に働くことがある。それは私の体制が整っていないからであるが、未熟な上に青臭い風貌をしているので仕方が無い。贅沢な悩みなのかもしれないが、環境整備というものは何かを手に入れるには絶対必須のものである。

 来年は自分の稽古量を増やし、その事について考えを巡らせ続けていたいので、そういう意味での対応力を身に付けなければならない。敷居を下げることは甘んじよう。敷居とはその人の求めるものによって変わってくるように思う。

 気持ちが入りすぎてしまうと時に相手を傷つけてしまうことがある。私も以前、大変良くしてもらったことがあり、それは今から思うと愛情が強かったのだと思う。もちろん私に投資という計算もあったとは思うが・・・今でもその学んだことの考え方や、勉強について、かなり影響を受けているので、そのことについては大変感謝している。ニューズウィークの指示されたページを筆写したり、新聞の朝刊と夕刊の記事を自分で選び切り取りスクラップにしたり、本も期日までに読まされ、武術稽古以外に猛烈な教育を受けていた時期があった。その他にもいろいろと勉強を教えていただいたが、愛情のうらがえしというか、思いが強すぎてしまうと永遠の別れとなってしまう。これには感情が働いてしまうからであり、そうなってくると互いに一歩も引かない状況になってくる。ハッキリいってその瞬間に、すべては終わってしまうのであるが(私の場合はそうなのである)僅かに引いた場合に解決の糸口が見えてくるものである。その差は非常に大きなものであり、運命による縁の終焉とも言えるのかも知れない。だがその原因は愛情のうらがえしにあるということは忘れてはならないだろう。憎しみを持ったまま人生を歩んでしまうのは悲しいものであり、その間の縁があったことに感謝し、次に向かって縁をつなげていくものである。人の生死もそうであろう。出会いと別れは必ず訪れるものであり、要はそれが長いか短いかに過ぎない。その長短によってその人を判断するものでもないのかもしれない。その間のご縁があった事に対し、今あらためてお礼が言いたい気持ちである。それは決して元には戻らない縁なのであるから。

 本日は、gold castle 殺陣&剣術スクールの土曜日の講習をおこなった。今日で稽古納めという方もいらっしゃったので、今年出会えたご縁に感謝して、また来年元気な姿でお会い出来るのを楽しみにしている。

 今日の本題はイオンカルチャークラブでの講習が私の事情により本日を持って最後となったことをお伝えしなければならない。2014年8月から始まった教室であったが、ここで私が続けてくることが出来た一番の理由は、熱心な一人の生徒の存在であろう。ここで詳細を記すことは出来ないが、その生徒の成長のために私は時として厳しく叱ることもあり、その理由を説いたこともあった。高校3年生の生徒に対し、言葉の使い方や文字の書き方、時間厳守、礼儀など、毎回ではないが気が付いたときに優しく伝えて指導してきた。

 参加人数が少ない教室なのでマンツーマンで講習をおこなったことも10回位はあっただろう。7月から一人生徒さんが加わり最後までこのお二人との講習であった。時に私は厳しい対応もした。良く最後まで付いて来てくれたと思う。

 今日は、開始前に高校生の生徒さんからノートを見せていただき、なんだろうと思いながらそこに目を向けると、今日の講習が終わって、私に皆さんへおこなって欲しい事の対応がメモに書かれており、それを周囲に悟らせないようにチラッと見せる気配りに対し、私はその子の想いのやさしさに驚かされてしまった。開始直前に目頭が熱くなるのを抑えた。

 昨年までは想像もつかなかった成長を感じた瞬間であった。今日はその高校生の生徒さんのお友達も見学に来られ、以前体験参加に来られたことがあったので、中に入っての見学が許されないというイオン側の決まりがあり、私はそこを何とかと思い、受付のスタッフに掛け合うも受け入れてもらうことが出来ず、そのことをお伝えすると非常に寂しい顔をされてしまい、「私が責任を取りますから入って見学してもいいですよ!なんと言っても今日が最後ですからね。エッヘッヘ。」と言ってその子を中へ招き楽しんで頂くことが出来た。イオン側にすれば私は違反をおかしているのであるが、スタッフ側の本音は仕事上言えないものもあるから仕方が無いところである。案の定注意されることもなく、最後の講習を見学していただくことが出来た。

 会社組織というものと、武術稽古というものの違和感をずっと感じ続けながら、一人の成長のためを思い今日まで継続して足を運んで来た教室であったが、生徒さん達に対しては誠に申し訳ない思いである。最後の講習後、その子の感想の中に私にこれまで2回厳しく叱られたことを挙げ、今でも忘れずに気を付けていることに私は、この子の出会ったばかりのことを思い返すと、必死に涙が出そうになるのを堪えていた。そして、もう一人のNさんも、仕事の疲れで身体がガチガチの状態でいつも参加されており、よくここまで本当に付いて来て下さったと思っている。時に彼女の仕事でもある校正についてのお話を興味深く聞いたり、短い期間でしか一緒に出来なかったことを深くお詫びしたい。

 講習後は、最後の勉強会となる教室の外にあるテーブルで、今日の稽古の感想と先週の私が出した宿題を見せていただく。これまでになく、感想文に時間が費やされていたので、その子の文字を書くということの大変さをしっているので、さすがに目に涙が溜まってしまった。今日は、皆でお茶会をして帰ることになったので、直ぐ隣の喫茶店に入り楽しいひと時を過ごさせていただいた。

 その中で、高校生の生徒さんには、これからはリーダーシップを持って頑張りなさいとお伝えし、きっとハンデをものともしない生き方が出来るだろうし、この一年四ヶ月間見てきた中で、可能性が広がったことを強く感じる。努力し、自分から率先し、失敗を教訓にし、好奇心と向上心を持ってチャレンジしていく姿は必ずこの子に取って助けてくれるものになるだろう。今後も私との稽古のために場所が変わって遠くなってしまうが足を運んでくださるとのことなので、責任を持って成長を見ていきたい。

 短い間でしたが、イオンカルチャークラブで関ったスタッフの皆様、そしてこれまでに参加していただいた生徒の皆様、私にとりましてもここでしか得られない貴重な経験をさせていただきました。本日で最後となりましたが、楽しい思い出ばかりです。毎週通っていた西葛西に行くことが無くなるのは寂しい思いがいたしますが、良い思い出として心に残るものばかりです。どうも本当にお世話になりありがとうございました。


 第6回 GM happy コラボレーション (お申し込み受付中)
 金山剣術稽古会 (会員希望者受付中)
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-27(Sun)
 

体制が仕組みを作り対応を決める

 今年一番の大きな企画であった 第5回 GM happy コラボレーション Special を終え、また稽古の日々が続いている。クリスマスも終わり今年も残すところあと僅かである。来年に向けてのビジョンは、今年おこなったさまざまな事を、より効率良くおこなえるために発展につながるアイデアと工夫を考えて実践したい。

 前に進むには、体制を柔軟に変えていかなければならない。無理が生じるということは、そもそもの体制に問題があるからなので、そこに固執することなく、無駄な感情や労力に足を引っ張られることのないようにその差を体制の力によって作っていくしかないであろう。

 来年は一人稽古の時間を多く作ること。人に教えるということも大きな経験であるが、私自身の身体を痛めつける稽古が最近減ってきているので、こんな事では本末転倒になってしまう。高田馬場が復活すればそこで私の個人稽古をおこないたいが、現状であれば戸越体育館をメインにしたい。今の研究課題は、足幅による重心移動の手間の問題点を知ること。脚の付け根を探り、居着きを取り除く身体感覚を掴む事。身体の内部に関する手掛かりがこれからも稽古の研究課題として挙がってくるだろう。

 抜刀術の特別講習会は思いのほか反響が大きかったので、今後も定期的に開催する予定である。同じくGM happy コラボレーションも継続しておこなう予定である。先日おこなった春花園さんでのイベントもタイミングが合えばまたおこないたい。今回の反省点は寒さと時間である。もう少し時間に余裕があり、参加人数ももう少し受け入れられれば、ベストであろう。今回のイベントでそのあたりの事が分かったので大いなる収穫であった。

 金山剣術稽古会に関しては、少人数で集中的におこなうこととしていたが、それは今後のご縁の中で別枠でおこなうものとした。よって、少人数制を廃し、長い期間を掛けて身に付けていくものとして対応していくこととした。その人に合わせて楽しんでいただける空間へと考え方をシフトした。今後は私の稽古のためにも、ご縁のある方と少人数制の真剣な稽古をしていきたいと思う。
 
 おそらく来年は、継続する力が求められ、そのためには自分にあった環境を確立させることにある。断ることも必要であり、前に進むことで断ることも出てくるだろう。頭と身体を使い不器用な私に出来る最善の手段で上手くいく事やいかない事から、次に進むための手段を導きだして行かなくてはならない。ただ、やはり関る人の影響というのは良くも悪くも受けてしまうものなので、その辺りをどう対応していくかにセンスが問われてくるだろう。レベルを上げていかなくては、とてもこのままではいられない。


 第6回 GM happy コラボレーション (お申し込み受付中)
 金山剣術稽古会 (会員希望者受付中)
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-26(Sat)
 

第5回 GM happy コラボレーション Special   題名に恥じぬ結果で終了!

 「尾崎さん一大事です!」という第一声から私の一日は始まった。

 本日は、5時30分に起き準備の確認などして、7時過ぎにレンタカーを借り7時30分に写真家の尾崎さんと合流する。・・・・・・予定であった。

 昨夜は1時30分頃に眠りに付き、一旦5時前に目が覚め、「ああもう直ぐだな。」と思いながら携帯電話の目覚ましのアラームが鳴るまで再び目を閉じた。携帯が鳴り出し、「おっ、時間だな。」と目が覚めた瞬間に・・・・・・これはアラームではなく着信音であることに気が付いた。

 ・・・・・・。

 電話に出る前に時間を確認すると、7時35分。

 ・・・・・・。

 電話に出た瞬間に、冒頭の言葉を叫んでしまったのであった。

 大ピンチであったが、何とかなるだろうと急いだ。幸いにも昨晩荷物など全て詰めておいたので、確認も程々にすぐさま家を飛び出した。レンタカーを借り道衣姿のまま運転。まあこれは当初から現場で着替える時間は無いだろうという判断であったのでそのつもりであったが。

 8時15分頃に尾崎さんと合流。後部座席を倒し、雨天用の機材など多めに詰め込む。この時点で予定より45分オーバーしている。高速は使わない予定であったが、ここは行くしかない。幸いにも直ぐにインターチェンジがあったので、箱崎ジャンクションあたりで少しモタモタした以外は非常にスムーズな流れであった。ただ、高速に入ってすぐさま新宿で降りてしまうという失敗はあったが、そんな状況でも二人で笑いながら「人生の税金を払っているから今日は大丈夫ですよ。」と、焦ることなく段取りを頭の中で考えて楽しんでいるのが、尾崎さんと私の共通するところなのかもしれない。

 小岩に着いたのが9時を少し回ったところである。元々の予定では8時45分に小岩着だったので、大リカバリーである。もちろん高速では事故は起こせないので飛ばしていない。予約してある軽食を購入するため小岩駅前のロータリーを一周し、赤信号前の横断歩道で止まっていると、目の前を参加者のHさんWさんKさんが歩いており、思わずパワーウインドウを下ろし声を掛けた。私が運転している姿に驚いたことだろう。

 軽食と飲み物を購入し、今日のイベントの舞台となる「春花園 BONSAI美術館」に到着した。時刻は予定より15分遅れの9時15分。最高の気分である。準備万端順調に到着していれば、こんなに安堵した心境で落ち着いてスタート出来なかったかもしれない。以前も書いたイオンでの演武もそうであったし、こういう事態はなるべく避けたいが無事に治まればスタートの心境がすでに大変な事態を乗り越え、安堵の心境でおこなえる。とはいえ肝を冷やした。

 暖房の部屋に荷物を置き、奥の広間では着替え&懇親会をおこない、台所では今回陰のコラボレーションとも言えるKさんお二人に全てお任せしてしまい、これはもうお手伝いというレベルではなくコラボレーションと言ってもいいほどの重要な食事に関する一切を完璧におこなっていただいた。お茶会も皆さん喜んでくださり、あらためてKさんお二人にお礼申し上げます!

 写真撮影では、尾崎さんの場の雰囲気の作り方と、人柄が滲み出た安心感と信頼感、そして優しくも無駄が無く的確なアドバイスに私は一人で全てをおこなっているプロの写真家の仕事の一部を感じる事が出来た。私もこれまでさまざまなカメラマンの方にお会いしてきたが、尾崎誠氏はダントツで凄いと思う。まず、この人と仕事がしたいと誰しも思うだろう。私に影響力はないが、誰か撮影の仕事などで腕のいいカメラマンを探しているなら、尾崎誠氏を是非お勧めしたい。http://www.hellomakoto.com/

 春花園さんには大変お世話になりました。小林館長に奥様にお弟子さん達、本当にこのような素晴らしい場所を快く使わせていただきありがとうございました!聞けば驚くようなものが沢山あり、まだまだ知らない部分もあるので、また機会がありましたらおじゃまさせて頂きたいと思っております。2016年4月の第三週目の土曜日と日曜日に、昨年私が初めてこちらを訪れるキッカケになった、盆石と組紐、帯〆などの展示イベントがおこなわれます。まだまだ知らない日本の和の事がありますので、足を運ぶだけでもかなり得られるものがあり、和の事に興味がある人同士縁が広がっていくかもしれません。

 2016年元旦19時00分~テレビ朝日で放映予定の「芸能人格付けチェック」という番組に春花園さんの1億円の盆栽が登場するそうです。

 最後に、今日お越しいただいた皆様、寒い中屋外で大変だったと思います。風邪で体調を崩し、この日のために調整してくださった方、同じくこの日のために素敵なお着物でご参加いただいた方、そしてこの日のために居合刀を購入された方、いろいろな方のいろいろな思いがこの日のためにあったと思います。今回撮って頂いたお写真は、全て皆様に見ることが出来るようにメールで配信いたしました。もしダウンロードの方法や写真が見られない方がいましたらご連絡ください。私が想像していた以上に素敵な写真となりました。今回のイベントについての感想や、次回へのご希望などがございましたら参考にさせていただきたいと思いますので、ご連絡いただければ幸いです。本日は私にとっても記念となる一日になりました。皆様のお陰で本日のイベントは成功いたしました。まだまだ不慣れな主催者ではありますが、これからも出会った人のお力を借りながら、皆が喜べるコラボレーションを無理なくおこなえるように考えていきたいと思っております。皆様ありがとうございました!


2015年12月23日 第5回 GM happy コラボレーション Special ①


2015年12月13日 第5回 GM happy コラボレーション Special ②


2015-12-24(Thu)
 

クラーチ剣術教室 2015年稽古納め

 本日は、昨年の8月5日に開講した「クラーチ剣術教室」の稽古納めであった。長い方で、一年四ヶ月、短い方でも半年位の月日が過ぎた。みなさんそれぞれ最初の頃に比べるとレベルアップしている。人と比べると不安や悔しさというのはあるかもしれないが、自分自身を超えて来ているのでそれは喜ばしいことである。冗談交じりに、「先生、忙しくなって、もうこんな覚えの悪い人達相手にしない、なんて言わないでね。」と仰っていたが(笑)、私にしてみればここの教室は、かなりの気持ちを入れておこなっているので、それはまずありえないだろう。人に喜んでもらえることというのは、自分自身に返って来るもので、私のほうが元気をもらい励まされているように感じてならない。休みの日でも勘違いして通うほど火曜日が訪れるのを私の中では楽しみしている。

 クラーチ剣術教室では今年最後の講習ということで、講習後にレストランで食事をいただく。ご婦人Oさんが入ると、いつもお腹一杯にさせられてしまう。ご自分はあまり召し上がられないのに、いつも申し訳なく思いながらせめて私が思いきって食べることで喜んでいただければと思っている。

 一年四ヶ月が過ぎたこの教室は今でも笑いが絶えない。何気無いひと言であったり、間違った動きであったり、そんなチョットしたことがすぐに笑いになってしまうのは、すごくいいなぁ~としみじみ思うのである。gold castle の生徒さんもそうであるが、こちらの教室でも自主練習される方が増えてきている。これは、私が武術をおこなって唯一の影響を受けている甲野善紀先生の稽古法が未熟な私のレベルながらも皆さんに影響を与えてきているのではないかと感じている。

 これはハッキリと言えるが、夢中になるのに性別年齢に関係が無い。こういう稽古のスタイルを学び、松聲館剣術技法研究員として、大した研究結果は挙げられていないが、共に稽古をおこなう方々に対しては私は恥ずかしくない対応をしてきているつもりである。来年は、このブログで気張ることも無いほどの環境作りと、それらの安定的な進展を保ち、さらりとした記事のパターンで展開したい。

 来年もみなさんが元気に笑顔で身体を動かし続けることが出来るようにがんばっていきましょう!私が言ってもあまり説得力はありませんが、無理をせずにバランスよく身体を動かして、自分を超えて行きましょう!今年もありがとうございました。来年は5日からよろしくお願いいたします!
 
 さて、明日はいよいよハピコラ5である。最近はハピコラが浸透してきたようである。じつは、GM happy コラボレーションを考えたときに、省略名も意識して考えていたのでそのようになって嬉しいところである(笑)。天気は心配していたが午前中から昼にかけての撮影なので、おそらく雨には降られないかと予想しているが、雨になった時のことも考えて対応する予定である。皆さんは、電車&バスまたはタクシーで会場まで行かれるかと思いますので、お間違えの無いように今一度ご確認下さい。春花園アクセス

 それでは明日、皆さん早起きで大変かと思われますが、思い出に残る一日にいたしましょう!


2015-12-22(Tue)
 

2015年最後の交流稽古

 本日は月に一度の井上欣也さんと戸越体育館で稽古をおこなった。先日、甲野善紀先生のDVD撮影でお会いしたばかりであるが、こうして武道場で二人でお会いすると久しぶりという感じがするから不思議である。

 今日は、平日の戸越体育館ではたまにある、両面が使える状態であったので、二人で贅沢に使わせていただいた。お陰で、1月11日におこなうコラボイベントのイメージが湧いてきた。私としては両面使って距離があるので足運びの運用に主眼を置いた杖の講習にしようかと考えている。気が付けば3週間後である。

 さて、本日の稽古では、ゆっくりとした小走りで股関節を緩めながらいろいろと会話を交わすという自然な流れでスタートした。今日は会話がメインであり、先日ミネアポリスの加藤氏から肩甲骨の動かし方を見せていただき、しばらく頭がそのことで一杯であったため、今日は井上さんにその辺りを質問しいろいろと細かく教えていただいた。それにしても井上さんの肩甲骨の動きには驚かされてしまう。あらためてこういう方と稽古が出来ることに感謝しなければと思う。

 杖術の稽古では「開き打ちからの展開」、「裏車からの展開その一」、「裏車からの展開その二」、「横払いからの展開」をお伝えした。だが、ちょっとこれらの動きは私自身のための稽古であるのかという部分に疑問が生じてきており、一人稽古の時間が少なくなったことが影響してきているような感じもしてきている。来年は一人稽古の時間を増やし、研究意欲を緩めないようにアクセルを踏んでいかなければならない。井上さんにお伝えするものも、やはり私自身が一人で時間を掛け夢中になっているものでなければ、申し訳ない。

 現在は股関節(腿の付け根)を主体とした稽古や鍛練稽古をおこなっているが、来年は肩甲骨についても研究したいところである。それにはまず自分自身が身体で証明できるものを身に付けなければならない。

 毎回積もる話が尽きないが、来年は井上さんとまた新たな展開に向けて行動を起こしてみようかと考えている。来年が楽しみであり早く2016年になって欲しいと思う。

 井上さん、今年一年ありがとうございました。それぞれに一人一流という考えの元、先生達から学び頂いた指標から同じ時間軸で研究して行きましょう!そして桑田さんのお話をもう少しマニアックにしましょう(笑)交流稽古やコラボレーション企画では大変お世話になりました。色々と力を貸してくださりありがとうございました。来年も大きな展開をして行きましょう!よろしくお願いいたします。


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-22(Tue)
 

情熱の炎

 昨夜はというか今日は明け方の4時30分頃に眠りに付いた。本日の講習は9時10分からとあり、2時間とチョットぐらい寝たのであったが、チョット気味が悪いぐらい問題無くおこなえた。生命力が何かの貯金を使っているようで、今この深夜1時半を過ぎても問題無い。別に危ないなクスリをやっている訳ではないが、今日一日というのは自分でも初めてと思えるほど活力に満ちた一日であった。

 情熱の炎が燃え盛っているように感じる。人との出会いやそういったやり取りのなかで、驚くような力が生まれることもある。もしかすると昨日の土曜日の講習が私にとって良いエネルギー源として作用したのかもしれない。

 12月に入り、久しぶりに参加される生徒さん達が増えてきたので、また活気づいていくだろう。土曜日の講習が復活したので、上手く分散して一人一人見ることが出来る体制を維持したい。

 水曜日から毎日、蟹、雀、蛙、の稽古をおこなってきた、土日に関してはダブルヘッダーのため、動ける身体に近付くために今後も取り組んでいきたい。今日は夜間の部で女性のSさんに、この鍛練稽古による変化を感じていらっしゃるかお聞きしたところ、腰まわりが筋肉痛で、普段なかなか筋肉痛にならない箇所なので効いていますという感想をいただいた。腿の付け根というのは非常に重要であり、この部分をピンポイントで鍛えていくことは現代の靴で地面を蹴って歩く人にとっては必要であろう。

 今日その変化が見て取れたのは、ムードメーカーのSさんである。蟹の前歩きが非常に良くなっており、剣術の巴抜きの動作も以前に比べて、纏まってきた。動ける身体へと変わりつつあるので、今後が楽しみである。

 Kさんが「生徒さんの声」を書いてきて下さり、先ほどホームページに掲載した。写真でKさんお手製の武道具袋(手縫い!)を持っていただいたが、非常に良く出来ており、女性らしさというのを感じさせられた。今回初めて紙面でいただき、私がほぼ原文のままキーボードで打ち込んでいった。Kさんの性格が伝わってくる文面である。それぞれ皆さんいろいろな思いでこちらの教室に参加されていることをしみじみと感じる。 僅か2年でよくここまで生徒さん達が増えたと思っているが、それはホームページの力であり、宣伝力の力であると思っている。これはたまたまの結果であり、私如きが作ったホームページがこの先も時代の変化に遅れず機能しうるとは到底思っていない。そうなってしまったときに、どうやって人との縁を結べるかということを今の時点で考えておかなければならないことである。それは信頼関係であったり、指導者としての結果を出せることであったり、細かい部分での対応がこれから先大きな問題として直面することになると予想している。

 講師と生徒の心理状態に大きな隔たりの無きよう、常に反省材料から次への成長に向けて気付きを得ていかなくてはならない。情熱の炎はとても大きな力となる。その灯火が弱まっている人が居ないか、そこに気が付き手を差し伸べてあげられることが出来るかに、これからの命運がかかっているように思う。私自身毎度反省だらけである。

 さて、明日は戸越体育館で井上さんと交流稽古をおこないます。杖術にさまざまな動きが生まれたのでそれらを全てお伝えしたいところです。1月11日(月)成人の日におこなう第6回 GM happy コラボレーション『杖術とヨガ』のお申し込みを受け付けておりますので、五ヶ月ぶり三回目となる井上さんとのコラボレーションイベントを私自身非常に楽しみにしています。そして今回懇親会が盛り上がると予想しております。雰囲気の良いインド料理屋さんですので、皆さんと近い距離でワイワイ盛り上がればと考えております。

 そして0時をまたいで、明後日となる第5回 GM happy コラボレーション『刀と写真』の開催も間近となりました。今のところ曇りのち雨という予報に心配しておりますが、室内でも撮影できますし、雨の中というのも雰囲気が出てこれはこれでアリかと想像しています。ただ寒いので(室内も寒い可能性があります)、防寒対策は皆様万全に準備してきて下さい。さらに、会場までのアクセスにつきましては、今一度あらためてご確認しておいてください。タクシーで乗り合わせてもいいですし、バスですと「京葉口」下車となります。そこからは徒歩3分程度ですが、周囲に目印や目立つ看板が無いので分かり辛いかもしれません。当日は10時00分には撮影開始いたしますので、9時30分には必ず会場にお越し下さい。撮影の順番とお茶会の順番は決まっております。稽古着に袴か、お着物などでご参加ください。着替え場所と貴重品預かり場所は確保しています。刀につきましてはご自身の愛刀、または貸し出し用の居合刀を準備しております。何かご不明な点がございましたらご連絡下さい。


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-21(Mon)
 

奥ゆかしさという魅力

 本日は約一ヶ月振りに、「gold castle 殺陣&剣術スクール」土曜日の講習をおこなった。会場予約の影響で開催出来なかったことをあらためてお詫び申し上げます。

 日曜日と比べて30分長い剣術クラスの講習なので、ジックリと取り組むことが出来たが私なりに課題が見つかった。明日はその問題点を改めながら「剣術」としての体捌き、刀の使い方が身に付くように進めていきたい。

 新しく生徒となって間もないFさんは体験参加のころから真剣に取り組まれており、そういう意味ではこの教室に参加されている方皆さんの顔を思い出すと皆真剣に取り組まれている。男性の比率が少ない教室なので、Fさんをどこまで伸ばしていけるか、そして男性参加者同士技量を高め合っていけるような環境になればとも思う。そういう意味では男性陣のレベルを上げることも私は重要な責務であると感じている。

 そんな久しぶりの土曜日の講習に参加されたIさんが本日の受講が100回目となり、私からささやかな気持ちをお伝えした。ご婦人Oさん、アクション女優のHさんに次いで3人目となる100回受講生となった。こうして考えてみると100回という数字は、毎月4回参加して約2年という日数が掛かるもので、自然と教室での存在感も滲み出てくる。そしてその3名ともに、そういう雰囲気を醸し出さない奥ゆかしさがあり、そこにこの教室の生徒さんが安心して参加されることに私としては大いに助けられている。

 今日の主役はIさんである。ご婦人Oさんとの会話にも楽しそうにIさんとのやりとりなどをお聞きする事があり、私としても聞いていて嬉しい思いがしてくる。もちろん話の内容までは分からないが、会話の雰囲気が見えてくるようで、Iさんに対する私の印象は日が経つごとに頭が下がるほどの気持ちになっている。Iさんのご紹介でこの教室に参加された方や、私のイベントなどにも参加された方々もいて、仲間や知人から信頼されていることの証でもあり、ご婦人Oさんと話が合うのも納得出来る。

 真剣に稽古に取り組む姿勢や陰の努力など、生徒さん達にとっても見習う部分が多く、そういう方が居ることで全体のレベルが上がっていくものである。人というのは出会ってみないとその人の魅力というのは分からないものであるが、そういう意味ではこの教室を開講して、いろいろな方の魅力を知ることが出来たのは非常に有り難く幸せなことであると思う。

 私が学びそして私もそうでありたいと思っている、段位や役職さらには発表会のないこの教室の中で、純粋にその動きを身につけたいという思いや、何かのためというより、今その瞬間に感じられることを大切に日々の修練を重ねていくことで見えてくるものがあり、そこに自然と向かい始めている方が何人か現れ始めてきた。逆に言えば、期限の短い審査や発表会のために、やっつけ仕事で身につけた(ごまかした)ものは、納得したものにはならず、それは言ってしまえば綻びの始まりとなる。

 Iさんの近所にある武道具屋さんの袴は、私が見てもお勧めの袴である。何人かの方がそこで購入されているし、控えめなIさんであるが、面倒見の良さというか思いやりの気持ちが強い優しい方なのである。そしてこれは全くの偶然であるが、入った時期は違うが、生徒のNさんと同じマンションであるというからその偶然には驚かされた。

 まだまだ書きたいことはあるが、Iさんから「もう、行き辛くなるじゃないですか!」と怒られそうなので(笑)この辺でやめておきます。

 おっと、気が付いたら2時である。あと7時間10分後には講習が始まる。明日も寒い一日なので、暖かい格好でお越し下さい。午前の部は、9時10分から始まりますが、会場施設が8時45分にならないと入れませんので、早く到着しますと外で待たなくてはなりませんから、時間を上手く調整してお越し下さい。明日も体験参加の方が数名いらっしゃいます。それではお休みなさい。


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-20(Sun)
 

明日は久しぶりの土曜日講習

 昨日は住吉でK氏とH氏との稽古をおこなった。蟹、雀、蛙、はこの会場ではかなり鍛えられる。ここでの壁から壁までの稽古を積めば、戸越の武道場では物足りなく感じてしまう。この鍛練稽古は、その瞬間には腿の付け根に効いてくるが、私の場合筋肉痛にはならない。水曜~日曜まで毎日おこなう予定なので身体の変化を感じる日が訪れるのが待ち遠しい。

 剣術では、剣の振りに関して得物の重さを利用することで、重さをは敵とならず味方になるように落下させてあげることが身体の使い方として僅かながらも前に進めたように思う。

 杖術ではこのところ続けざまに生まれてきた「開き打ちからの展開」、「裏車からの展開その一」、「裏車からの展開その二」、を集中的におこなった。その前におこなった、「裏車」では、初動に振り子を使わず、半身の押し出しを使って杖を振り上げつつもその杖の振りに体も釣られていくように前方へと重心が移動していく。こういう稽古は、少人数で広々と使える稽古環境でしか出来ないので、気持ちよくおこなうことが出来た。

 抜刀術では「一之祓い」が少し変わったので、それをお伝えしながら私自身もまだ身体が不慣れなため今後集中的に取り組みたいと思う。だが、以前の抜き方に比べて、上体と下体との纏まりがあり、その身体的感覚から気持ちの入り方まで変わってくる。

 袋竹刀による稽古も、ある段階からはそれぞれに一本ずつ購入していただき、それぞれ組太刀稽古をおこないたいが、その段階に入ってくると、かなり稽古体系を整理しなければならないだろう。現段階では、杖術にある程度時間を掛け、剣術、抜刀術、などをおこなっているが、組太刀稽古の段階になると、杖術の時間を減らさなければならない。私がおこなう杖術は、打ちと突きの際の足運びが重要であり、実戦ではそこに特化した内容にするが、身体運用レベルを向上させていくには、単体技を混ぜ、手足の連動法や手之内の使い方を身につけることが重要になってくる。そのため段階を踏んでいくとなれば、それぞれが自分で稽古している事を前提に進めていくことになる。おそらく今のように一つ一つに時間を掛けず、手取り足取りとはならず、考え悩むことが必要になるだろう。その段階に進めるには後もう少し時間を要するが、今より遥かに集中力の増した私の望む稽古が出来そうである。来年からは徐々にそういう稽古体系に入って行きたいと思う。

 住吉の帰りはスカイツリーを眺め、ボラが頻繁に跳ねる静かな川沿いを会員のメンバー達と歩くのであるが、この感じは他の稽古会場では味わえないものであり、何とも言えない心地よさを感じる。私の場合、住吉までは乗換えが無いので長く使わせていただくことになるだろう。ここは平日夜の時間帯しか使用できないので、仕事帰りの方で都合の良い方は、新宿から住吉まで22分のこの会場がお勧めである。

 そして本日は戸越にてM氏とW氏との稽古をおこなった。鍛練稽古をおこない、杖術ではまた新たに「横払いからの展開」という動きが生まれた。おそらく今後もさまざまに基礎的な打ちこみや突きに合わせた単体技の変化形が一つの連動した流れとなり形作られていくだろう。

 抜刀術では「巴抜き」をおこなっているが、この巴抜きはゆっくりと正確におこなうこととしているが、これまでに多くの方が斬り下ろしの袈裟斬りの刃筋が右の首ではなく、刃が寝てしまっていて右肩辺りを斬っている場合が多い。これには、刃筋を意識しない剣の振り方など、何か他の癖が原因であるように思われる。刃筋の通らない剣の振り方、斬るための力が入らない腕の使い方、やればやるほど下手になっていくというものも世の中にはあるので、そもそも斬り結びが出来ない方がかつていたが、これには私はショックを受けた。レベルの高いものを知るということは重要である。動きが抜群な先生方の本を読み映像を見て、どこに説得力があるのかということを感じとることも「習うための心構え」としては必要であろう。誰しも、私は間違っているとは思っていないのだから・・・・・・

 明日は品川区総合体育館剣道場にて、約一ヶ月振りにgold castle 殺陣&剣術スクールの土曜日の講習をおこないます。土曜日は剣術クラスのみですが、日曜日より30分長い1時間半の講習時間ですので、ジックリおこないたいと思います。間が空きましたので参加人数が少ないかもしれませんが、今後は安定的に土曜日は開催していきたいと思ってますので、ご参加お待ちしております。


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-19(Sat)
 

甲野善紀先生の新刊 『出来ない理由は、その頑張りと努力にあった』 本日発売!

 甲野善紀先生の新刊が本日18日に発売されます!
 
 美内すずえ氏(漫画家・『ガラスの仮面』作者)の推薦文が帯に掲載されています。

 私も受けとして参加させていただきました。

 これからの時代をどう生きていくか、考えてみるにはお勧めの本です。

 私も読むのを楽しみにしています。


2015-12-18(Fri)
 

これまでの出会いを大切に

 あらためて身体の事についていろいろ試したいことや変化が期待出来そうな事に目が向き出すと、これまでの日常に活気が出てくる。まだまだ身体の使い方について、楽な方に逃げてしまうことで引き出せる部分を閉ざしてしまっていることもある。出来たこと、出来ているようなこと、得意なこと、得意になってやっていること、そこにどういう心理が働いているかで、今後の成長にブレーキが掛かってしまうことのないようにしなければ・・・・・・と思う。

 次に向かってのハードルを上げ、そのハードルを越えるための稽古とし、いつまでも跳べる高さでおこなっていては技術や心理的成長につながってこない。だが、出来ないことや分からないことをひたすらに追い求めても、情熱の炎が弱まってしまう場合もある。稽古による成長を継続させるには、跳べるか跳べないかのギリギリのラインに条件設定を置き、そこに向かってまだまだ気が付いていない身体の部分を模索し、トライ&エラーを実践し、その日一日何が発掘出来たか、またはどんなピースが埋まったかを求める稽古にしていかなければならない。

 だが不思議なもので、自分が興味をもっている身体の使い方や、現時点で必要な動作が無意識の内に、いろいろな稽古をおこなっている際につながっていることがよくある。身体の感覚や脳が、思考とは違うところでなにかを探っているような感じがする。その裏には、やはりどうしても上手くなりたい!成長したい!という強い思いが絶えず心の中にあり、そのことについての不安や焦りというものが、良い意味で働く場合もあるのではないだろうか。つまりは、稽古に対する考え方や思いというのは、何かを引き出すためには非常に重要な部分でもあり、その部分に対する考え方というのは人間的成長にもつながっているように思う。

 2015年も残すところ二週間を切ってしまった。2015年11月から金山剣術稽古会として、数名の方と稽古をおこなう日々に恵まれた。私が指導者としておこなったのは、2009年に武術稽古を始め、2011年の8月辺りに当時の会の師範代として会を去られた師範の後を受け持つ形としておこなったのが最初である。当時の人数は10名にも満たない少人数の団体であった。それから約1年後の2012年10月に私が会を辞め、一人研究稽古に明け暮れる日々が続いた。この期間は今にして思えば非常に重要な時期であったと思う。もっとも成長した時期でもある。2013年からこれまでの環境が嘘のように人との出会いが増え始めた。高田馬場での私との稽古を希望された最初の方はミネアポリスからの加藤氏であった。それまでの一年間、稽古仲間からの連絡で共に稽古をしたことはあったが、稽古をつけるという形で私個人に連絡があったのは、調べてみると加藤氏が最初であった。それが2013年12月6日である。

 まだたったの二年ということに私自身驚いているが、それからは次から次へと出会いがあり、私がこれまで個人で稽古をおこなった人数は19名、ブログやYOUTUBEの動画などからお問い合わせがあった。現在はその中の数名が熱心に稽古に参加されている。2013年10月に立ち上げたgold castle 殺陣&剣術スクールでは、現在40名位で長期欠席者を入れると90名を超えている。体験参加だけの方も含め、出会った人数は総勢約250名位ではないだろうか、クラーチ剣術教室では現在9名となり、また新たに仲間が加わりそうな気配も感じている。

 来年2016年はどのような出会いがあるか想像もつかないが、私としてはこれまで出会ったきた人を大切に、それぞれの場所で稽古指導にあたりたい。そして私自身の稽古も充実させるために、金山剣術稽古会に参加された方のレベルを引き上げ、質の高い密度のある稽古とそれらにつながる会話が出来るような環境としたい。それには私自身時を待ち、私自身精進していかなければならない。だが今の状況であれば、間違いなくその流れに進んでいると思うので、私としては2016年というのは非常に楽しみな一年になりそうに感じている。

  第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-18(Fri)
 

人情ドラマのお店

 本日は、2015年も残すところ2回となった「高齢者のための剣術教室」から一日が始まった。まず、ご婦人Oさんのマスク姿と鼻声に心配したが、講習中も特に問題なさそうだったので安心した。先週は私が甲野善紀先生のDVD撮影の受けとしてお休みいただいたので、こちらでは二週間ぶりの講習となった。今日の講習では前回おこなった「杖主転廻」をSさんとDさんが待ち遠しく、開始時刻前から「先生、こう?こうだっけ?」と笑顔で練習しているのを見て、この教室を意欲溢れる空間へと引っ張っていただき、ありがたいなあとこの教室のメンバーに恵まれていると感じるのであった。

 今日は初めて斬り結びのための左右からの袈裟斬りを取り入れたが、今日の様子を見てイマイチ盛り上がりに欠けるので、次回からは最近あまり時間を掛けていなかった抜刀と納刀をおこなおうと思う。

 最近はこのクラーチ剣術教室でも、意欲的な方が増え始め講習が無い曜日でも自主的に稽古をされているようである。Nさんは今日おこなった杖の体操「ラムダのポーズ」で股関節の曲がりが最初の頃に比べると格段に良くなっており、その影響もあってか片足立ちのフラつきも以前ほどでは無くなってきた。これはご本人も自覚されていることなので、熱の入り具合も納得できる。Nさんの場合、肩甲骨の可動域を向上させることも実感出来るレベルにまでおこなえると思う。そのために、ご婦人Oさんとともに抜刀を自主練されていたそうなので、最近Oさんがスムーズに何度も抜けるようになった抜付と脚部の鍛練も兼ねた縦納刀などを合わせておこなおうと思う。何せ、このクラーチ剣術教室の皆さんは意欲が貪欲なので、何か見に付けたいという強い思いが伝わってくると、私としても燃えてくるものがある。

 最近は皆さん「剣術」という自覚を持って取り組んでいらっしゃるようなので、他の人から剣道やチャンバラと言われても「分かってないわね!」と思ってくださっていることは私としても嬉しく思う。これからも、楽しく賑やかに、集中して夢中になって、程好く悩んで取り組んでいただければと思います。

 午後からは三軒茶屋にある玉川屋履物店で、先日注文して今日入荷予定の高下駄を買いに行った。問屋さんから入ったばかりでお店の開店時刻間もない13時頃に訪れたため、まだ鼻緒をすげて無くてごめんなさい。という女性店主の方の人柄の良さに心を打たれ、これは何というか雰囲気というか人間味というか、姉妹でお店を切り盛りされている下駄や雪駄を専門に扱ったお店で、今どきこんな雰囲気のお店がこんな場所にあるのかと感動的であった。

 私も時間に余裕があったので、「じゃあ、貴重な経験なので見させていただきます。」と言って、本日一人で切り盛りされている御姉様に緩めで鼻緒をすげていただくようにお願いした。お店の中で椅子に座ってヒーターの前で色々と会話をしながら、下駄の身体に対する効果について私も熱く語りながら、店主の方が最近は昔に比べて下駄を履く人がウンと少なくなってきており、鼻緒をすげる職人さんも後が居なくなってきたと寂しそうに仰っていた。そんな中、常連の女性の方が入り口に現れ、つい最近身内に不幸なことがあり、その話を聞いて店主の御姉様がその方と抱き合って泣いてしまわれた。私もこの状況に戸惑ったが、その後再び御姉様と二人になり、その出来事を伺い、私も話相手となり、すげる作業を見ながら話していると、今度は明るく元気な常連の女性の方が訪れ、先ほどの方もそうであるが、買いに訪れるのではなく、この店主の御姉様に合いに訪れており、この方の人柄に益々私も引き込まれてしまった。

 しかしここからが、私に対する質問攻めの可笑しい時間となった。その常連さんと店主の御姉様ともにおそらく私の母と同じか少し若い位だと思われるが、まるで何かの舞台かお茶の間のドラマかと思えるような会話の面白さに、このお店はちょっとした人情ドラマが日々連載されているのだと理解した。

 この御姉様の人柄に、いろいろな方が訪れ心を許し、優しさというものに惹かれているのだろう。今日はたまたま鼻緒をすげるまでの小一時間を非常に楽しく、そして人に対する優しさやこころの美しさを感じる事が出来て本当に良い時間であった。今後はこの三軒茶屋から茶沢通りに入って、西友の並びを下北沢方面に100mほど進んだところにあるオレンジ色の屋根の「玉川屋履物店」で私はこれからずっと下駄と雪駄を購入する事に決めた。高下駄や雪駄などの購入を考えられている方は、多少の交通費を掛けてもこちらのお店に足を運んでいただけると、愛着のある履物を手にする喜びを得られるのではないだろうか。

 夜からは住吉に移動し、朝オランダで神道夢想流杖術の稽古から帰国したばかりのK氏と、大和氏と、3ヶ月ぶりとなるU氏と稽古をおこなった。U氏は3ヶ月ぶりでかなり身体がガチガチに硬くなっていたため、今日はほぐすための内容をおこなった。K氏と大和氏は、それぞれ指導者でもあるので、いろいろと新しい杖の動きをおこなっていただいた。私のような武術歴の浅い者に、これまでも殺陣師兼俳優の方であったり、大手フィットネスグループのインストラクターの方が会社を通じて、三脚にカメラをセットし録画しながら2時間×2回の稽古をおこなったこともあった。他流の師範の方や、他流で学んでいる稽古生ともおこなった。俳優さんとは生き方について語り合いながらおこなったり、一般の方とも稽古の流れで話し込むこともある。先に述べた女性店主の御姉様とまではいかないが、心の中というのは幾ら取り繕っても、見透かされてしまうものである。だからこそ心をスケルトンにして会話をすることがこういう場では稽古にしてもプラスになってくる。

 日々の生き方や対応が、これからのその人となってしまうように、こういう良い出会いがあると、つい反省したくなってくる。私は何者であるか、ブレない心情で、その道をシッカリと進んでいきたい。


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-16(Wed)
 

久しぶりの休日

 久しく日常録を書いていなかったが、稽古が続いた毎日であったので無理もない。今日は何日振りだか思い出せない程久しぶりに休養日となった。とはいえ休養日というのは稽古会場に行かなかった日の事であるので、全く何もしないということではない。先日はイオンカルチャークラブの生徒さんに、集中力と休憩についてのお話をした際に、「休憩や休養というのは悪いことではなく、次に集中するための身体や脳の働きに備えるための準備なのですよ。」と自分でもそうなのかと思いながら話を続けた。集中するということはどういうことなのか・・・・・・今この記事を書きながらフト考えるが、ヨガにしても集中というのは大事に言われているし、そのために呼吸法や、身体の各部分を意識的に感じてあげることではないかと思う。武術稽古における集中とは、私がおこなっている稽古で考えると、「その動作」についての動き出しや動き終わりに対する違和感の察知、そして「その動作」そのものを考える記憶と感覚と無意識の中から感じとる気付き。この「気付き」という言葉は私が師事している甲野善紀先生がよく仰られる言葉であるが、この「気付き」という言葉がもっともピッタリ当て嵌まるものであると思う。そしてその気付きを得るための集中というのは、割り合いイメージしがちなジーっと目を見開いている状況ばかりではなく、一見集中という状態に矛盾しているような状態でも集中が効いているものと思う。それは先に述べた休憩中や何か違うことに思考が関った際に見つかることもある。環境や、稽古相手により、余計な気を使わずに深く突き詰めていける状況は真にその気持ちがあれば難しい事では無いであろう。思いが強ければ忘れている間に脳が助けてくれていることもある。

 日常録であったがやはり稽古録になってきた。今日のことを記そう。第5回 GM happy コラボレーション「刀と写真」の開催まで10日を切った。お陰様で定員となり、今日はパソコンの前に座り眼鏡を掛けて開催スケジュールなどについて時間配分など細かく区分けし、それぞれ約10分の撮影時間とお茶会の前半と後半の振り分けなど、一人一人の撮影順からお茶会までの流れを纏めることが出来た。あとは当日までに確認を詰めて抜かりなく実行したい。これだけ色々な人を巻き込んでいるが、それでも自分が主宰している実感が薄い。誰かがやってくれているような気がするのであるが、もちろんお手伝いしてくださるKさんへのご負担は何かの形でお礼しなければならないが、忙しいのと、来月の企画や再来月の企画も実行に移せる状況になってきているので、上手い具合に気持ちが紛れているのであろう。それと似た他人事のような記憶は、2014年11月1日にイオンカルチャークラブ西葛西店でおこなった抜刀術杖術の演武では、演武用に一切練習を積まずに開始時間少し前に到着し、私の中では遅れなくて良かったと、もうそれだけで安堵し演武の事は全く気にしていなかった。じつはこの演武が始まる前には、品川区戸越体育館でgold castle 殺陣&剣術スクールの講習を終え、一旦家に帰って余裕を持って会場に向かうつもりであったが、山手線の渋谷駅で戸越体育館の武道場の鍵を返し忘れていたことに気が付き、慌てて戻ったのである。そのため、家に帰らず戸越からそのまま西葛西まで移動し、演武をおこなったのであった。この演武は抜刀術と杖術に分けてあり、中途半端な始まりと終わりの映像となってしまっているが、映像の前後に色々と顔が映りこんでいるので仕方なくカットした。そして演武前と合間に、私がマイクで色々と話をしているのであるがそれもカットした。

 居合刀の購入者が増えることは私にとっては嬉しいことでもある。おそらく居合刀を帯びて抜いた感覚を知ると、よりいっそう身体の使い方や、その面白さに引き込まれてくるだろう。失敗に対する怖さも同時に集中力として養われるだろう。居合刀は安いものではないので、取り組む方の気持ちによっては、私の剣術稽古会で共に稽古をしたいと思う。私の稽古会では、2時間の間に、杖術や剣術、抜刀術、体術、などそれぞれをその瞬間に気付いたことからさまざまにおこなっている。気が付いたら10分間以上話し込むこともあるが、それもこうした稽古環境から自然に発生したことならば必要に感じている。そういう話が通る方との稽古は全く苦にならない。そういえば今日14日は加藤氏がミネアポリスへと飛び立った日でもある。夕方に出発されると言っていたので、あともう少しで到着されるであろう。今回も加藤氏からありがたい感想メールをいただいたが、非公開として私の記憶に残していたい。

 さてそろそろ眼鏡を外して明日のクラーチ剣術教室に備えて眠るとしよう。眼鏡はパソコンの光を防ぐもので、これによりかなり眼の疲労が和らぐ。視力自体は昔からほとんど落ちていないので、おそらく1.2か1.5ぐらいだろう。明日は三軒茶屋で注文しておいた高下駄を購入し2016年の元旦から新しく履き替えようと思う。これまで二足とも頂いたものだったので、初めて自分で購入したが以外に高いものであることを知った。浅草の方が安いと思うがこれまで履いていたものと形状が違うので止めておいた。今年も元旦から新しい高下駄を履いたが、12月となり完全に履き潰してしまった。来年はもっと歩く機会が増えそうなので11月には履き潰してしまうかもしれない。雨の日は消耗が激しいのでなるべく避けよう。

 そういえば今夜はふたご座流星群が見られるそうであるが、随分昔(調べるとおそらく2001年)のしし座流星群は、深夜に幾つも見ることが出来たなあ・・・・・・


 第5回 GM happy コラボレーション Special 定員となりました
 第6回 GM happy コラボレーション お申し込み受付中です
 金山剣術稽古会 会員希望者受付しております
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-15(Tue)
 

講師の悩み

 今日は雨に降られた日曜日であった。夜間の部に向かう頃には傘も必要ない程に落ち着いたが、今日はなんだか気が重かった。

 昼間の部の戸越体育館での講習は、予想外に人数が多くありがたいことではあるが、やはりこうなってくると講習に支障をきたしてしまう。本日はご婦人Oさんがお休みされたが、稽古スペースの事を考えると結果オーライであったと思う。私としても、自分の稽古会をこの戸越体育館でおこなっているので、気持ちの切り替えが上手くいかない部分も感じた。まだまだ講師としては未熟である。

 私の性格上妥協する事が出来ないので、強引にでも進めていこうとしてしまうが、そこに若さが(若くはないが・・・)あると感じる。だが、前に進むにはパワーが必要なので、自分を信じて信頼されるように突き進んで行くしかない。

 さすがに、気を使いすぎると上手くいかないこともあるので、その辺は長女の余裕で見逃していただきたい。

 来年になると2年を迎える生徒さんも増えてくるので、新しい方との実力差が明確になってくるだろう。本日の参加人数の多い中での講習で、その辺りの采配が講習内容も含め見直すべき反省材料として私の心に刻まれた。

 それを改善すべく、土曜日の剣術クラスの開催がようやく12月19日の土曜日から復活する。gold castleの生徒さんの稽古環境を整えるために、少しずつ開催日程を増やしてきたところであったが、11月から抽選の競争率が高くなり、これまでのように会場を押さえる事が難しくなってきた。そのため、イオンカルチャークラブを12月一杯で終了とし、土曜日の開催をこれまでの午前の部、昼間の部に加え、新たに午後の部と夜間の部も選ぶことが出来るようになった。こうしたことから、今後は土曜日も安定的に開催出来るようになると予想している。

 2013年10月20日に開講して、当初は日曜日の夜間の部のみの開催であった。その後、日曜日を二部制とし、それから水曜日の殺陣クラスと土曜日の剣術クラスそれぞれが加わった。その後水曜日が終わり、土曜日が会場の都合でしばらく開催出来なかったため、日曜日の二回でおこなう運びとなった。そのため、今日のような参加人数が多い状況となってしまい主催者としては申し訳なく思う。

 土曜日限定の参加者もいたため何とかしなければという思いでいたが、今後もこのgold castle 殺陣&剣術スクールに新しく参加される方が継続的に訪れると思うので、私に無理が掛からない範囲で開催日程の確保など対応していきたいと思っている。何かが変わることでこれまで築きあげたものが簡単に崩れていってしまうことは想像に難くないが、そこは運命に委ねるところでもある。

 現時点で確定しているgold castle 殺陣&剣術スクールの開催は、土曜日の剣術クラスと、日曜日の殺陣&剣術クラスの二部制となる。そこで、私がおこなっている「抜刀術特別講習会」や「GM happy コラボレーション」の開催を、祝日の無い月に関しては、土曜日におこなおうと考えている。前回11月23日におこなった「抜刀術特別講習会」で、居合刀の購入を考えている方が4名程いらっしゃるようなので、そういう方々のためにも、この「抜刀術特別講習会」は毎月開催してもいいかと考えている。ちなみに、2月11日(木)建国記念日に抜刀術特別講習会を、15時00分~17時00分の時間帯で戸越体育館の柔道場+剣道場で開催することを予定している。

 話を本日の講習に戻して、今日の昼間の部では繋之型(つなぎの型)を集中的におこなった。だが、十一連続動作之型もそうであるが、長い型稽古はこうした大人数でおこなう講習では極めて不向きであることが今更にして分かった。特に繋之型では、動きの善し悪しが実感しにくいものでもあるので、しばらくこの稽古は封印することにした。同様に剣術稽古においても、現在の講習システムでは、長い型稽古は不向きであるので、新たに見直す必要があるだろう。そういう意味では今日の講習は講師として私自身得るものがあったということである。

 意欲のある顔を沈ませないように、どうすれば丁度いい加減でテーマを提示することが出来るか・・・・・・講師の悩みでもあるが、そこまで一喜一憂して講習をしていては、伝えられるものも伝えられず良くないであろう。想いが強くなりすぎるというのも良くないということを実感した一日でもあった。 
 
 移動の合間にコーヒーをブラックで5杯飲んだため、夜間の部ではカフェインの摂り過ぎで頭がクラクラし、悪酔いしたような気分の悪さであった。初めての経験で、自分の体がどうかしてしまったと思いながら、なんとか夜の講習を持ちこたえた。

 夜間の部では、講習内容を大幅に変更し、次回の杖の講習でおこなおうと考えていた「開き打ちからの展開」と「裏車からの展開その一」と「裏車からの展開その二」をおこなった。夜間の部では、これまで動きにフラつきがあり、これまでいろいろとアドバイスしてきたYさんが、今日は以前に比べずいぶんフラつきが減少してきた。そして今度生徒さんの声をお願いしているKさんも、杖の体操の時から股関節の可動域が向上していたことと、打ち込みや突きの際におこなう後ろ足の寄せに身体全体の纏まりがあり、見て分かる変化を感じた。さらに言えば、映画「太秦ライムライト」のDVDを皆さんに快く貸し出ししてくださっているSさんも、以前に比べ体が引き締まっており、そのことについて質問したところ、日常生活で夕方からの脚の浮腫みが無くなり、靴を履いてもキツくないと仰っていた。

 以上のことから総合的に判断して、おそらく「蟹の前歩き」や「雀足歩行」に「蛙」などの鍛練稽古が効いてきたのだと思う。これらの稽古では大腰筋を育てるためのものなので、身体のヨレや骨盤角度に影響してくるものであると思う。この教室ではそろそろこの鍛練稽古をやめた方がいいのかもしれないと考えていたが、反対の声も雰囲気も今のところ見られないので、程好く続けていこうと思う。

 体幹を使う剣や杖の操作により動きのヨレが無くなる事、重心位置が調整できる胸椎と連動した骨盤角度、床を蹴らないために腿の付け根を引き上げるための大腰筋の育て方、力みをとるための柔らかい手之内の操作と、肘や肩の位置関係の把握、膝や腰に負担が掛からないための股関節の可動法、技や動きの習得にはそういった使える身体になっていることが大前提としてあるので、どうしてこの動きが出来ないのか、どうしてこの技が習得出来ないのか、という問題には少なからず先に述べた理由が関っているので、それらを自分自身で把握出来るレベルになってくると、問題解決に向けた取り組み方が見えてくる。つまり私が感じている武術稽古とは、その問題点の根本を把握し、そのために効率よく負担が少なくおこなえる動きを探り、それらを効果的に働かせることが求められてくる。それらの身体から得られる思考法は、武術稽古以外にも役に立つものであり、真に学びとなっているものと思う。もちろん私如き未熟者がこのようなことを記すのは恥をさらけ出すようであるが、私が影響を受けたり学び実感してきたことである。

 深夜3時を過ぎ、カフェインによる不調は脱したが、さまざまなことがさまざまに変化していくことは確かなので、その時に私がどうあるべきかが、今この瞬間に考えさせられている。それは随分先のことかもしれないし、割り合い早いことなのかもしれない。ただ、やはり私は武術稽古によって救われ、武術稽古によって今を生かされているので、その変わらないものに対する感謝の気持ちと、そうして居続ける事が出来る為の環境と心情でいられることが今の内から大切であると肝に銘じておかねばならない。

 変わらない環境で変わり行くもの。そうした安心感と新鮮さを併せ持つ持続力と集中力がこれからは問われるように思う。


 第5回 GM happy コラボレーション Special
 第6回 GM happy コラボレーション 
 金山剣術稽古会
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-14(Mon)
 

清々しく、遠くて近い友人へ

 ここ数日は心理的不調から稽古以外は気力が落ちていたが、こういった心理的不調も次につながるパワーの気配をすでに身体が知っているのではないかと、なぜだか確信的なものとして感じられた。2015年も残り20日を切ったが、今年はいろいろなことにチャレンジして、そういったものから人の出会いや次につながる展開など広がっていった。イベントとしては12月23日の第5回 GM happy コラボレーション 『刀と写真』が残っているが、これを無事に皆さんに喜んで頂ける2015年最後のイベントとしたい。

 2016年はこれまでの活動から私にとって集中出来る稽古空間を優先し、その中から心身ともに発展していける状況を強くしていきたいと思う。このところ忙しく突っ走ってきたが、私自身の時間の確保も必要であり、その中でジックリと身体に対し取り組める時間が必要である。ひとつひとつの稽古の質を高めていくためにも、ゆっくりと考えゆっくりと動ける時間も必要であると感じている。

 さて、本日はミネアポリスから休暇のため帰国された加藤氏と最後となる4回目の稽古をおこなった。これまでは年に2回であったが、今年は4回おこなうことが出来いずれも充実した稽古であった。稽古後の食事でジックリとお話できたことがこれまでの絆をさらに深めることとなった。

 純粋に武術稽古に取り組む方とは瞬間的に気持ちが通じ合うところがある。先日稽古帰りにお話した警察官のOさんともそうであるし、あらためて稽古に対する取り組み方というのは、今後出会ってくる人との縁をつないでくれているように思う。これからも稽古に対する取り組み方やそこで得たものを大切にし、そういう時間軸を共に過ごされている方々といつ合えるかは分からないが、その日が来る時を楽しみに真剣に稽古に向き合っていきたい。

 加藤氏との稽古では、昨年、一昨年と比べて、互いの成長を確認出来る稽古であった。来年も加藤氏が帰国して私のところで稽古して良かったと思っていただけるように、現時点の私を大きく超えていかなければならない。私自身レベルが低いなりに精進し、少しでも思い出に残るような稽古が出来るようにこれからも日々を大切に過ごせるための日常でありたい。

 いつかミネアポリスで稽古や講習会のようなものが出来ればと思うが、そんなことを想像すると楽しみも広がってくる。あらためて武術稽古に対する取り組み方というものを考えさせられる。どういう人と出会い、どういう考えを共有し、どう生きていくか。互いに発展し、清々しい関係でその時間を共有している。己の欲や虚栄からなる行動に出ぬように、またそういう情報発信をしないように、信頼を得られるための行動と結果が後から自然と結びついてくる、それが分かっている人とともにこれからは武術という空間を共にしていきたいと思う。

 加藤氏との稽古は、言葉で言わなくとも積んでいる稽古状況が見えてくるようで、嬉しい想いがいたします。私のような未熟な者のところへ毎年稽古に来て下さることに感謝しております。また来年互いに成長した姿となってお会い出来ることを楽しみにしています。それまでに、大きな怪我や病気等ありませんように互いに精進いたしましょう。清々しくいられるための稽古を積んで、2016年の今頃を楽しみにしております。今年も帰国して貴重な時間を沢山使っていただきありがとうございました!遠くて近い存在である貴公と剣術を通じて今後も益々発展していけることを願っております。


2015-12-12(Sat)
 

感覚をさぐる暗号

 本日は戸越体育館にて加藤氏とM氏との稽古をおこなった。今日の稽古では私自身「6:4の曲がり」がさまざまな動作において感覚的に纏まりと居着きをとりやすくしていることを実感した。稽古後の会話で思わず口にした「言葉や文字というのは不思議で、○▲□※★と言った音や、文字が脳を刺激して、身体を変えるまでの働きがあることに、まるで秘密の暗号のように自分の感覚にマッチしたものはその耳や目で感覚が変わるのだから不思議ですね。」ということをお話した。

 自分の身体に響く感覚的言葉は脳を活性化させ、無意識のうちに先回りしてこの先の変化に気が付いているように思う。違和感からの解放は次の違和感まで短期間でしかないが、感覚をさぐる暗号が自分の脳内にあり、前に進むための進化を自動的におこなうようになっているのではないかと思えてしまう。人間はやはり前に進んで生きていくように出来ているのかもしれない。

 杖術では、久しぶりに「三段抜き」をおこなったが、これは細かく脚部に浮きを掛ける甲野先生の「綴れ脚」が居着きを取り除き動きやすくなることが分かった。杖の稽古では「綴れ足(脚)」が非常に有効なので、しばらくは意識しておこなおうと思う。

 抜刀術ではほぼ全てをおこなった。重心移動のための「6:4の曲がり」の意識が初動の居着きを取り除き、私がおこなっている抜刀術の特色となってきている。

 そして本日も最後に剣術をおこない、袋竹刀にてとある動きの(名前が分からないので・・・)稽古をおこなった。この時に、誘いをかけた剣が高速三段斬りの際の二段目のような変化となり、そのまま螺旋状に相手の剣を下から抜いていくのであるが、今日はその時に、前進へと大きく進められるようになったことから、剣先が打太刀の視界から消え一瞬混乱するようである。これまでおこなってきたさまざまな内容の稽古が、ある時にその動きを導いてくれることがある。出来るようになったことで見えてくるものや理解につながるもの、あらためていろいろとつながっていることを知った。
 
 今日で最後かと思っていた加藤氏との稽古であったが、もう一度稽古が出来る事になった。最後はマンツーマンでより集中した空間で稽古が出来れば、来年までの思い出として残るものとなるだろう。


 第5回 GM happy コラボレーション Special
 第6回 GM happy コラボレーション 
 金山剣術稽古会
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-08(Tue)
 

蹴り続けた人生から引き上げる人生へ

 最近はどこの講習&稽古でも、大腿部の引き上げに熱が入ってしまう。それは、私の身体の実感だけでなく、さまざまな人の動きを見ていく中で、骨盤角度と股関節の可動域と大腰筋と腿の引き上げが、動作の中で共通した部分が見えてきたことが大きいだろう。私はスポーツ科学等については素人なので、あくまでも私の体感する部分と、人の動きから推察したものであるため間違っている部分もあるかもしれない。

 まず、床を蹴る身体運用については、比較的重心位置に捉われずに動きやすいと思われる。前重心や後ろ重心でも、床を蹴って移動すれば動けない事はない。

 しかし、大腿部の引き上げによる移動法については、引き上げる側の脚に重心の割合が多くなければ、引き上げても脚が上がるだけで、移動には使えない。これは甲野善紀先生の術理にある「浮木之腿」を、私なりにどういうふうにおこなえばいいのかを研究している。重心側から移動するには、胴体が直ぐに移動しなければならず、脚が胴体を置いてきぼりにしてしまえば、後ろ重心となり、結局後ろ足で蹴って胴体を運んで行かなければならない。そのため、脚が胴体を置いてきぼりにしないためには、重心側の脚の付け根、つまり大腿部の付け根が曲がった状態であることが重要である。そして、この腿の付け根が曲がったまま歩を進めるには、大腰筋の働きが深く関ってくる。

 私が稽古生や生徒達を見てきた中で、大腰筋の働きが使える人は、腰を落した際に、骨盤角度が後ろに傾かず、脚部を引き上げる際に、股関節の可動とともに床を蹴らずに引き上げることが可能となる。(もっとも身体を練り上げられた中国武術などで後傾させて引き上げる場合もあるかと思われるが)

 逆に、大腰筋の働きが弱い方は、腰を落した際に、骨盤角度が後ろに傾き後ろ重心となり、股関節の可動域にも制限がかかり、脚部を引き上げる力が足りず、そのためつま先で床を蹴ってしまうことにつながっているように思う。

 床を蹴ることを全否定している訳ではないが私が感じていることは、床を蹴ることで大腰筋の働きは得られにくいものとなっていることにある。大腰筋の働きには反動を付けずに腿を引き上げる動作などがあるが、この引き上げが、見えない筋肉である大腰筋に効き、肋骨の下辺りから骨盤にかけてつながっている大きな筋肉であるため、その位置関係からも、腰の動作を上体につなげているものであり、骨盤角度にも影響してくるものであると思っている。先日にも「大腰筋を鍛えると猫背が改善される」と仰る方がいたが、私のスクールの生徒さん達を見ても、大腰筋と、骨盤角度と、床を蹴るか、腿を引き上げるかという部分で共通するものが見えてくる。

 床を蹴り続けてきた人生をこれからは腿を引き上げる人生とすることで、大きな腰の筋肉が育ちさまざまな面に置いて改善されていくものと思う。

 これは私自身、5年間毎日ボクシングで床を蹴り続けてきた人生を経験したからこそ、今となってみれば20年位前よりも垂直跳びが30㎝ほど高く跳べるようになったし、今では全く床を蹴ることを選ぶ瞬間が無い。もちろん、足の運び方により意図的ではないが結果として床を蹴ってしまう形になっていることはあるが、当時のクセというものが、身体が信じるものを見つけたことで完全に切り替わったのである。イザとなった時など、身体が信用している動作が出てしまうものなので、私のレベルで言うのは恥ずかしいが、床を蹴る運用法から引き上げる運用法へと多少なりとも「質」が変わったのだと思う。

 床を蹴り大腰筋を休ませるか、腿を引き上げ活発に育てるか、その人の人生なので自由である。ショックを受けることではなく、それが分かったことで前向きに捉えていただけると、あとは変化を待ち望むだけである。高下駄の効果はこういう働きを育てることにあるだろう。

 私が最近どこでもこの大腰筋に効く鍛練稽古をおこなっている理由には、皆さんの身体が変わることで出来なかった動作が出来るようになるという、急がば回れ的な考えはもちろんであるが、何より私自身が鍛えたいからである。その証拠に私が指導しながら見本を見せたり皆と一緒におこなったりを連日やっている。

 だが、講習によってはあまりハードにやるのもいろいろな方がいらっしゃるのでもう少しマイルドにしようと思っている。なので、それぞれの方がやり方は覚えていると思われるので、それぞれの時間で腿の引き上げを工夫しておこなってみると良いだろう。

 本日のgold castle 殺陣&剣術スクールの講習では、午前の部と夜間の部を開催し、久しぶりに参加される方もいらっしゃり朝と夜ではバランス良く分かれて講習が出来た。私もほぼ毎日蟹と雀と蛙をおこなっているので、これが結構時間をとられてしまい、現時点での私が武術稽古を始めて夢中になっているものがコレかと思うと少々複雑な気分でもある。だが、上体と下体をつなぐ大事な部分なので、その効果を実感したら今はこれに夢中になっても仕方がないだろう。今後は、もっと強力に短時間で、滑稽でない動作の追求が必須である。

 昨日告知した第6回 GM happy コラボレーション「杖術とヨガ」について【持ち物】を追加いたしました。ヨガの講習では床面が冷たいかと思われますので、ヨガマットもしくはバスタオルのようなブランケットをお持ちいただければと思います。

 連日の夜更かしに付き、今夜はこの辺で眠ります。


 第5回 GM happy コラボレーション Special
 第6回 GM happy コラボレーション 
 金山剣術稽古会
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-07(Mon)
 

第6回 GM happy コラボレーション

 2016年1月11日(月)成人の日に特別講習会を開催いたします!

 この企画は私、金山孝之がこれまで出会ってきた人の中で、人柄も含め才能のある方とともに講習会をおこなうことで、この企画に参加された方が楽しく有意義に幸せなひとときを体験できることを目指したものであります。そして私自身、この人とともに講習がしてみたいと、互いのセッションからその空間に何が生まれるのか非常に楽しみにしていることから、タイトルをGM happy コラボレーションといたしました。

 第6回目の講習は、5ヶ月振りにおこなうヨガとのコラボレーション企画です。
ヨガのルーツから、呼吸法や動作について分かりやすくおこなってまいります。
杖術では、初めての方でも楽しんでおこなえる身体の使い方を説明していきます。(数に限りがございますが杖を用意してあります。)

 ゲスト講師は、甲野善紀先生の講習会やDVDの撮影などでご縁がありお世話になっている井上欣也さんをお迎えして開催いたします。講習終了後は、戸越公園駅から徒歩1分の所にあるインド料理「ドゥルガ」で懇親会を予定しておりますので、ワイワイ楽しくお話出来ればと考えております。


2016年1月11日 第6回 GM happyコラボレーション


 【開催日】
 2016年1月11日(月)成人の日


 【開催場所】
 品川区 戸越体育館 剣道場+柔道場
 (東急大井町線 戸越公園駅より徒歩10分。都営浅草線、戸越駅より徒歩15分)
 

 【時間】
 15時00分~16時00分 『杖術』/金山 孝之

 16時00分~17時00分 『呼吸と動作のヨガ』/井上 欣也

 【持ち物】
 運動着をご用意下さい。杖術の講習では靴下か足袋を履いておこないますのでいずれかお持ちの方は持ってきて下さい。
 杖をお持ちでない方は、貸し出し用の杖がございますので、お申し込みの際に貸し出し希望と書いてください。
 それと、お持ちの方はヨガマットか、バスタオルの様なブランケットを持って来て下さい。
 冬場は床が冷えてますのでご用意いただけると助かります。


 【参加費】
 3.000円 
 (懇親会でのお食事代は別途それぞれにお任せいたします。ちなみにディナーバイキングは、カレー4種類、サフランライス、ナン、野菜サラダ、玉ねぎのインド風漬物、フルーツヨーグルト、ホットコーヒー、チャイ、そしてディナーにはタンドリーチキン2Pが付いて1.320円です。)


 【お申し込み方法】
 こちらのブログのお問い合わせフォーム、またはこちらの「こくちーず」の窓口http://kokucheese.com/event/index/359761/より下記の内容を明記して送信下さい。
 ①「氏名」
 ②「年齢」
 ③「性別」
 ④「杖の有無」
 ⑤「懇親会の参加または不参加」 

 その他ご不明な点がございましたら御連絡下さい。上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返し御連絡させていただきます。


 【井上欣也さんのプロフィール】
  2007年より松聲館の甲野善紀先生の講習会に参加。講習会のアシスタント等も務める。
 以後、武術、武術を基盤とした身体操作と並行し、指圧、ヨガなど東洋の身体観、思想に学び、研究を行う。

 2009年より卓球の方向けに、身体の使い方や動き、ストレッチ等の指導を始める。
 現在、伊勢原市、海老名市にて身体の使い方を考える講習会を開催中。

 さまざまなご縁があってヨガも人に伝えさせて頂いています。身体が硬い、女性がおこなうイメージ等の理由でやらないのはもったいないと思います。ヨガは身体の変化や自分の裡を観ていくものです。身体が硬い人は、柔らかい人に比べて自身の変化を感じやすいです。身体の硬い人や男性の方も是非ご参加下さい。

 (活動履歴)
 DVD
 「甲野善紀 技と術理2013、2014、2015」に受けとして出演。

 ゲスト講師
 剣術家/金山孝之氏企画・主催
 「GM happyコラボレーション 第1回、第2回」ゲスト講師として参加。
  剣術とヨガのコラボレーション企画。ヨガ指導。


 (現在の主な活動)
 伊勢原身体操法講習会
 毎月水曜日 月1回
 ※こちらは卓球とセットのご案内となります。

 卓球スクール夢想塾さん主催
 卓球スクール夢想塾
 毎月金曜日 月1回

 海老名身体操法&ヨガ講習会
 毎月土曜日or日曜日 月1回

 (資格)
 医王会指圧センター上級コース修了
 龍村式呼吸法&健康YOGAインストラクター養成コース修了


 こちらのブログのお問い合わせ以外にでも、私や井上さんに直接お申し込みいただいても大丈夫です。初めてお会いになる方、久しぶりにお会いになる方、いつもお会い出来ている方、ぜひお気軽に参加してみてください。お待ちしております!


2015-12-06(Sun)
 

「刀と写真」定員まで残りわずか

 第6回 GM happy コラボレーション 「刀と写真」のお申し込みにつきまして、定員まで残り3名となりました。

 これは、一人一人なるべく最低限必要な時間を掛けて撮影や動きについての指導をしたいという、尾崎氏と私の考えから写真撮影の人数を12名までといたしました。

 尾崎誠さんから一言

 カメラを通して、自ら表現をする練習となるでしょう。
 練習時の身体のこなしと違う身体の表現を実感してみよう!



 写真家の尾崎さんが目を通したファインダー越しの姿形というものは非常に細かい部分まで感じとられてしまうものであると思います。今回の写真は、ただの記念写真で終わらせるには勿体無いでしょう。身体や、気持ちの面においての「表現」をいかに出せるかということ、そこに関しては、尾崎さんと私がバックアップして参ります。刀を使っての撮影の場合、普段の稽古とはまるで違ったものが必要であることに気づかされるものと想像いたします。稽古場での稽古はあくまで稽古であり、稽古以外の環境で、稽古以外の雰囲気、またはその気持ちの面からつながる姿形というものに時間が掛かるものと考えます。自然さのなかに刀とともに姿形がある。そこで感じたことが、今後のご自身の身体表現に必ず活きてきます。

 もちろん、刀が必要でない方もいらっしゃるかと思いますので、ご自身が撮りたい雰囲気のお写真を撮れればと思います。その辺りにつきましては、私からお申し込みいただいた皆様へ、写真の目的、(年賀状や、プロフィール用、その他思い出作りとして)などを事前に確認させていただきたいと思います。また、お茶会の出席に関しての確認も合わせてお聞きしたいと思います。

 撮影したお写真は、データにして個別にダウンロード出来るようにいたします。刀が無い方には貸し出し用の居合刀二尺四寸五分を持って参ります。お茶会では、初めての方でも気軽に体験していただくというものですので、持ち物などのご用意は無用です。写真イメージ、お茶会出席などの確認をいたしましたら、当日スムーズにおこなえるように、私の方で二組に分けて撮影組と、お茶会組、または自由に散策組などに調整して、なるべく有意義に時間を使えるようにしたいと考えております。お暇つぶしに投扇興という遊びも予定しております。

 ここまで準備を進めてきた中で、あらためて利益よりも参加される方の気持ちを第一に考えて下さる尾崎さん、春花園さんに対し頭が下がる思いです。そして御協力下さるKさんのサポートが無ければhappyコラボレーションとは言えないイベントになっていたかもしれません。詰めの甘い私が主宰したイベントですが、さまざまな方のお力を借りて開催に向けて進んでおります。今回定員を設けることになってしまいましたが、一人一人に喜んで頂けるイベントの実現に向けて、企画、制作、撮影指導、プロデューサーとなってしまいましたが成功に導いて行きたいものと思っております。


 第5回 GM happy コラボレーション Special

 金山剣術稽古会
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-04(Fri)
 

いろんな自分が見方を変えてくれる

 失敗や挫折をどう今後の自分の人生に活かせるだろうか・・・・・・その瞬間はこの世の終わりぐらいに思えることでも、時が経つにつれプラスに変えられる、いやプラスになっているとしか思えないような価値観を吸収する事で、懐の深い人間になれるのではないだろうか。だが、逃げ続けていてはプラスに感じることは難しい。なにかしらのパワーを得られることが出来れば、前に前に突き進んで行くことが出来る。少し時間を掛けて考えることで、その時に分からなかったことや迷ったことなど、場所が変わり環境が変われば、自分自身も変わっているので、感じ方と思考に新たな分析が芽生えてくる。

 さて、昨日は戸越体育館でW氏と稽古をおこなった。最近の私は、重心と大腿部の付け根を考えて稽古をおこなっているので、付いてくる稽古生達は、これに関する動作に嫌気が差してきているかもしれない。まあ、私だけでおこなってその他の皆さんは適当に体操でもやっていただくのもいいが、それは誠意がないというものだろう。今のところ大丈夫であるが、私の動作のすべてに関ってきているので、これなくしては何も伝えることが出来なくなってしまう。それらしい動作を適当におぼえてもらうのもいいが、それも誠意がないというものだろう。とはいえ、武術稽古と名乗っている以上この程度のことで心配している私も滑稽なものだ・・・・・・

 幸いにもW氏は身体が動くので、鍛練稽古に関しては(鍛練というほどのものでもないが・・・)その成果を期待しながら付いてきている。まだまだ時間が掛かるが焦らずに鍛えていきたい。

 夜からは、甲野善紀先生のメールマガジンの動画撮影のため松聲館を訪れ受けと稽古をおこなった。身体で示されるその技の強力さに毎回驚かされてしまう。その技の仕組みに身体と感覚が全く追いついていないが、そのような働きがあることを見せていただけることは、これから何年何十年掛かるか分からないが稽古をしていく中での励みになる。今この瞬間が掛け替えの無い物であることを胸に刻み稽古に精進していくこと。その技の世界から見える景色はどういったものなのだろうか・・・・・・全てが変わらなければならないことは確かである。

 本日は、住吉でK氏とH氏との稽古をおこなった。今日は抜刀術に新しい動きが生まれた。斬り上げから瞬時に右から左方向での胴斬りとなる抜刀である。これは前方へと歩を進めながらも後ろ足に重心を残すというか、腿の引き上げによる力を使い歩を進めた足に重心が残らない工夫が必要になってくる。脚部と胴体と腕の使い方が複雑に調和をとりながらおこなうものなので非常に難しいが、稽古のし甲斐がある抜刀術になりそうである。

 後半はH氏とかなりお話をした記憶がある。どうにも私の口がいろいろと喋り出し、稽古場で15分、帰りの道中で15分、電車内で20分、ほぼ休む間もなく喋り続けていたように思う。私も自分のテンションの異常に気が付いていたが、久しぶりに私の稽古空間でのこういうモードになったので、自分で自分を放し飼い状態にし、H氏には申し訳ないがひたすらに話をしてしまった。

 そういう意味では今日は稽古前に、写真家の尾崎氏と打ち合わせをしたり、イベントでいろいろと御協力下さるK氏とも打ち合わせをしたり、午後からは話しっぱなしの一日であった。お陰で喉の調子がイマイチになってしまった。

 スカイツリーがクリスマスツリーバージョンになり、この住吉の稽古帰りに眺めるスカイツリーが何とも好きである。


 第5回 GM happy コラボレーション Special

 金山剣術稽古会
 12月稽古日程
  1月稽古日程

2015-12-04(Fri)
 

2016年1月 武術稽古日程              (剣術・抜刀術・杖術・体術)

金山剣術稽古会に関する見学、または参加希望の方はこちらのブログにある
【お問い合わせ】よりご連絡下さい。
詳細につきましてはこちらをご参照下さい。
http://kanayamatakayuki.blog.fc2.com/blog-entry-609.html
※(スマートフォンからの場合は≪PCビュー≫に変換してからお願いいたします)

『gold castle 殺陣&剣術スクール』の詳細やお申し込みにつきましてはこちらをご参照下さい。
http://www.tate-ken.com/



              

  1月5日 火曜日   『クラーチ剣術教室』              
                10時00分~11時30分
             
                『金山剣術稽古会』
                19時00分~21時00分
                江東区 スポーツ会館 剣道場




  1月6日 水曜日   『金山剣術稽古会』
                12時00分~14時00分
                品川区 戸越体育館 柔道場
             
              


  1月7日 木曜日   『金山剣術稽古会』
                19時00分~21時00分
                江東区 スポーツ会館 剣道場
            



  1月8日 金曜日   『金山剣術稽古会』
                15時00分~17時00分
                品川区 戸越体育館 柔道場
              



  1月9日 土曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                12時30分~14時00分
                品川区 総合体育館 剣道場
               



  1月10日 日曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時00分~14時00分
                 品川区 総合体育館 剣道場
              
                 18時30分~20時30分
                 品川区 総合体育館 剣道場
              



  1月11日 月曜日   『第6回 GM happy コラボレーション』
                 「杖術とヨガ」

                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 剣道場+柔道場
                 18時00分~20時00分 懇親会




  
  1月12日 火曜日   『クラーチ剣術教室』              
                 10時00分~11時30分                




  1月13日 水曜日   『金山剣術稽古会』
                 12時00分~14時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場
             



  1月14日 木曜日   『金山剣術稽古会』
                 19時00分~21時00分
                 江東区スポーツ会館 剣道場
             



  1月15日 金曜日   『金山剣術稽古会』
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場




  1月16日 土曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時30分~14時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場              




  1月17日 日曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 9時10分~11時10分
                 品川区 戸越体育館 柔道場
              
                 18時30分~20時30分
                 品川区 総合体育館 剣道場
              



  1月18日 月曜日   『金山剣術稽古会』
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場




  1月19日 火曜日   『クラーチ剣術教室』              
                 10時00分~11時30分
             
                 『金山剣術稽古会』
                 19時00分~21時00分
                 江東区 スポーツ会館 剣道場




  1月21日 木曜日   『金山剣術稽古会』
                 19時00分~21時00分
                 江東区 スポーツ会館 剣道場
             



  1月22日 金曜日   『金山剣術稽古会』
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場
              



  1月23日 土曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時30分~14時00分
                 品川区 戸越体育館 剣道場
               



  1月24日 日曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時00分~14時00分
                 品川区 戸越体育館 剣道場
              
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 剣道場
              



  1月25日 月曜日   『金山剣術稽古会』
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場
              



  1月26日 火曜日   『クラーチ剣術教室』              
                 10時00分~11時30分
             
                 『金山剣術稽古会』
                 19時00分~21時00分
                 江東区 スポーツ会館 剣道場




  1月28日 木曜日   『金山剣術稽古会』
                 19時00分~21時00分
                 江東区 スポーツ会館 剣道場
             



  1月29日 金曜日   『金山剣術稽古会』
                 15時00分~17時00分
                 品川区 戸越体育館 柔道場
  
            


  1月30日 土曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時30分~14時00分
                 品川区 戸越体育館 剣道場




  1月31日 日曜日   『gold castle 殺陣&剣術スクール』
                 12時00分~14時00分
                 品川区 総合体育館 剣道場
              
                 18時30分~20時30分
                 品川区 戸越体育館 剣道場







※稽古場所の詳細や稽古内容、稽古時間のご相談、道具類その他のご質問等につきましてはメールまたは【お問い合わせフォーム】よりお受けいたします。

※都合により日程が変更となる場合がありますので御了承下さい。


2015-12-02(Wed)
 

師走 2015年もラストスパート

 本日は戸越体育館にて、M氏と加藤氏と稽古をおこなった。今日の稽古では杖が中心となり、私としては杖の追い打ちの際の腕の使い方に気づきがあり、打ちの重さと動作の速さが進展した。これは昨日の講習でもおこなった「杖主転廻」をおこなったからであるが、手之内の角度について他にも検討する部分が見つかってくるかもしれない。さすがに加藤氏はいきなり4秒台を出されたので、やはりこういう稽古空間はいいなあと思うのであった。

 後半は抜刀術をおこなったが、こうして加藤氏に伝えていることで私自身学ぶことが多く、どこか常に考えていることや、すでにおこなっているような事が、言葉として初めて整理された瞬間に自分自身教えられるものである。あらためて人間の脳の能力を知らされることである。今回は「隅返し」を集中的におこなってきたが、私自身この抜刀術による感覚が非常にこの加藤氏との二回の稽古で進展した。重心移動のための感覚的な部分が、操作としての具体性を持ちつつ、曖昧な感覚を残し、集中とともに混ぜ合わせた中で機を見て抜く。こういう言葉は共に稽古をおこなった加藤氏にはよく分かっていただけると思われるが、そのような稽古相手がなかなか居ないのも事実である。あと一回しか加藤氏とは稽古が出来ないのが残念であるが、年月を掛けてこの関係性は深めていきたいと思うものである。

 稽古終わりに、時間の関係でおこなわなかった袋竹刀による剣術を片付けの合間に少々おこなった。そのときに、ある技であるが、なるほど手首の働きが誘いを深く呼び込むことにつながり、さらには前足の腿の引き上げによる、薄氷を踏む感覚で次に移動する感じが僅かの時間であったが有効であることが分かった。これには互いに興奮気味に語り合うことが出来た。

 今日は重心について、前後、左右とあるが、足は二本しかないので、腿の引き上げがその問題を解決していたことに気が付いた。今日は稽古が終わって、加藤氏と共にインド料理店「ドゥルガ」にて1.320円のディナーバイキングを注文した。カレーは4種類あり、ナンやライスが食べ放題である。特に焼き立てでカットして出てくるナンは美味しい。夜はタンドリーチキンも出てくるし、チャイやコーヒーも飲み放題である。そのほか、サラダにチキンに、フルーツなどもあり、場所柄なのか非常にリーズナブルである。駅から徒歩1分であるが、平日のせいかそんなに混んでもいない。2016年1月の第6回 GM happy コラボレーション「杖術とヨガ」の懇親会会場としては料理は合格点であり、座席の具合など最適であると思う。ただ、お店が二階にあり階段が急なため、足が弱い方には大変かもしれない。そのあたりは皆で助け合っていただきたい。

 第6回 GM happy コラボレーション「杖術とヨガ」についての告知は近日中にいたします。「gold castle 殺陣&剣術スクール」の2016年1月の全講習日程の掲載も近日中にいたします。1月は土日両日全て開催いたします。合わせて、「金山剣術稽古会」の1月の全日程も近日中に掲載いたします。

 深夜0時を回って12月になりましたが、今月はいよいよ準備を進めてきました第5回 GM happy コラボレーション「刀と写真」を開催いたします。これまでになかなか体験できなかった機会を演出いたしますので、プロの写真家による撮影と、テレビなどでご紹介されている小林國雄さんの所有地であるBONSAI美術館 春花園という場所での開催。1000鉢ある盆栽は詳しくない私にとりましても凄さを感じるものです。中には一億円の値が付いた盆栽もありますので、写真に収められてもいいですし、刀を持参された方には、私がポーズなどのアドバイスをいたしますし、多少の抜刀や納刀の技術を「現場の感覚」でご指導いたします。

 合間には、お茶室で気楽な茶道体験もおこなえます。軽食にお茶菓子が付き一部を貸しきっての3時間トータルで5.000円(茶道体験は別途500円)は、私自身採算度外視でのスペシャル企画の実現のために覚悟を決めました。クリスマス前で何かと忙しい方もいらっしゃるなか、ご縁のある方との愉しいひとときを共に過ごせたらと思っております。どのようなご縁が広がっていくのか分かりませんが、このようなイベントを準備出来たことに私自身驚いております。最後まで抜かりなく皆様に愉しんでいただけるように詰めていきたいと考えています。簡単な軽食はご用意いたしますが、お弁当やお菓子の持ち込みなども構いませんので、皆さんで愉しめるイベントにしたいと思っております。お申し込みのご連絡お待ちしております。


 第5回 GM happy コラボレーション Special

 金山剣術稽古会
 12月稽古日程

 
2015-12-01(Tue)
 
プロフィール

金山孝之


       金山 孝之
   Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『Gold Castle 殺陣&剣術スクール』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 GM happy コラボレーション 』と題し、ジャンルを問わず定期的にゲスト講師をお招きし、特別共同講習会を開催している

『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR