FC2ブログ

日常の思考も再開の証

 Gold Castleや、クラーチ剣術教室などは開催したが、私の活動の源泉ともいえる金山剣術稽古会が依然として再開できていない。7/1(水)の戸越体育館から復帰となるが、新宿スポーツセンターの再開については未だ分かっていない。仮に利用不可だとしても、戸越体育館で日程を変更して計画するつもりである。先日の講習で久しぶりに「連続切り返し」をおこなったが、指導中心のため僅かであったが、講習後、干からびた体に水を与えたような感覚が残ったので、やはり体は家で出来ない稽古を色々と待ち望んでいるようだ。

 自粛期間は、蠢動について大きな進展が続いた。脱力の重要性と、蠢くことの大事さ、そして沈むことで相手を崩せることも解り、さらに他の崩し方も試みることが出来た。今は、肘と肩甲骨の連動性を意識しながら独自の思いつきで運動をおこなっているが、忘れかけていた手首の角度と背中の繋がりを今一度あらためて、剣を振りながら体を練っていかなければならない。

 先日のクラーチ剣術教室の帰りの電車の中で、身体感覚の状況が、我が身に迫る条件の違いにより、それに誘われて失われてしまうことは当然のことであるが、その出来る感覚と出来ない感覚が感じられるのであれば、出来ない感覚をどのようにかして出来る感覚に持っていくことは出来る。ということを車内で考え始めた。

 これは、右手で持った胡瓜をその場で手を離し落下させ、下に落ちる前に抜き打ちに斬ることでも感じられるように、最初は全く出来る気がしないし、落ちる前に刀を抜くことすら難しいと、出来る想像が全く働かず、出来ないだろうという断定しか脳裏に浮んでこない。

 しかし、これは思い込みであり、出来たという経験が無い内は、出来るはずがないという思い込みにより、体が出来ないようにしか動かないのである。勿論自分としては全力で取り組んでいるのであるが、この出来ないだろうという嫌な感じを消し去るには、「出来るかもしれない」という可能性を、体の使い方から心理的に感じられるように段階を踏んで行かなくてはならない。

 一気に飛ばしてしまうが、そうした「出来ないだろう」というものを、諦めたり、いつまでも間違った手段で時間を掛けて取り組んでも前には進めない。稽古の中で感覚を掴み、そうしたさまざまな感覚を整理し、通りよくおこなうことで、「出来ないだろう」から「出来るかもしれない」に実感が変わり、さらには「出来るだろう」というふうに変わるのである。

 そうしたことを、武術稽古の中で感じながら出来るもの、出来るかもしれないもの、出来ないもの、それぞれの中で前に進めるための気づきを探りながらおこなっている。その感覚が、クラーチ剣術教室の帰りの電車内で、「そうか、出来ないかもしれないという誘いを出来るかもしれないというふうに変えていくことは、武術稽古に限らず、日常の心理的状況においても常に誘いに対しどう身体と心が調和を持って整っていられるか、対応する状況は同じではないか」ということに、稽古中のような感覚で感じることが出来た。勿論そんなことが全て出来る筈もないが、身体と心理面の誘いにおける、「出来ない」→「出来る」の違いは、本当に些細な出来事の実感と経験であるため、その感覚を持って対処すれば、幾つかのことは心理的な変化として前に進めるのではないかと思ったのである。

 まあ、様々に情報は溢れて目に入ってくるが、私は私のやるべき事、やれる事、そこに邁進し、私自身を前へと進ませて行くことが全てであると思っているので、上を見ず、大事なものを見て、それを大切にしていきたい。基本は一人であること。それがもっとも健全である。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-27(Sat)
 

どこにお金を落すか

 そろそろ歯医者や髪の毛を切りに行こうと思っているが、髪が長いとつい「まだいいか…」と先延ばしにしてしまう。気が付けば半年近く切っていない。私が伸ばしているのは、短い方が何かと面倒だからである。長いと多少伸びても変化が分らないし、切りに行くのも年に三回くらいでいいから経済的でもある。また近年はお店に行くこと事態気が乗らない。後ろの毛だけを切ればいいので誰かにお願いしたいぐらいである。

 だが、行きたいお店もある。そこで御飯を食べることの喜びは、運としか言いようの無い出会いの縁であり、ここ近年は生活の中に欠かせない空間となっている。やはり人なのだ。

 今は、いろいろな業種でも存続していくのに大変な状況となっているが、どこにお金を使うかということを考えてしまう。店によりいろいろ違いはあるにせよ、やはり存続して欲しいと思える人のところにお金を使うようにしたい。それはきっと同じように思う人も多いことだろう。

 先日、蠢動による崩し技をまた一つ考案することができた。蠢動は、通常崩せないものが崩せるようになるため、その崩しを用いれば技になるものが今後まだまだ見つかるだろう。しかし、蠢動だけでは技までには達しないので、全体の流れというものが自然に掴めるよう稽古して行かなくてはならない。これに関しては、やるべき事が見えているので、体術稽古としてはしばらく纏まったものになるだろう。

 背中の発力や蠢動など、少しずつではあるが私なりに進んだことがある。これまで、体重を上げるように意識していたが、感覚的に使える体重の上限が見えてきたので、速さやキレに向けた身体と感覚の方向にシフトしたいと思う。

 明日は13時から、文京スポーツセンター柔道場で講習です。先週の土曜日とは時間と会場が違いますので、お間違えの無いようにお気をつけ下さい。最寄り駅は丸の内線「茗荷谷駅」です。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-20(Sat)
 

明日から再開

 昨日は、7月の講習日程と稽古日程が確定したので、すぐにホームページやブログで更新。併せて『抜刀術 特別講習会』を掲載した。

 東京も梅雨入りし、これからジメジメとした日々が増えそうだ。しかし、心は晴れやか、明日から講習が再開となる。明日はあいにくの雨だが、気温は20度台前半となり、最近の暑さに比べるとやや肌寒い一日となるかもしれない。


 明日の会場は、文京総合体育館 剣道場で12時30分から杖術クラスの講習をおこないます。最寄り駅は「本郷三丁目」東京メトロ丸の内線や、都営大江戸線からのアクセスとなります。最近はあまり利用していない会場なので、間違えて文京スポーツセンターの方へ行かないようにお気をつけください。そちらは明後日14日(日)に開催となります。

 今夜は20時に「解説動画5 杖術編」を配信いたします。「十一之型」を解説しておりますので、まだ最後まで行っていない方はご参考にしてみてください。

 二ヶ月以上中断しておりましたが、また皆様とお会いできることを楽しみにしております。


2020年6月14日(日)『杖整体操』

2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-12(Fri)
 

再開に向けた一日

 本日は、活動再開に向けた大きな一日とあって、朝9時から夕方まで、パソコンの前で作業に務めました。

 Gold Castle 殺陣&剣術スクールの開催は、今週から毎週土日の開催が確保出来ました。会場は全て文京区となるため、アクセスでご負担を掛けることになってしまいますが、いずれも綺麗な会場ですので、安心してお越しいただけるものと思われます。

 施設側からは、毎回入館時に検温と、目的を訪ねられると思いますので、その際には「Gold Castle 殺陣&剣術スクールの講習に来ました。」と仰って頂くようにお願い申し上げます。

 7月、8月もおおむね会場は確保できておりますので、安心しているところです。しかしながら、再開と言いましても生徒の皆様にとりましては、仕事の状況が変わってしまった方も多くいらっしゃることと思いますので、再会まではまだまだ時間が掛かるものと感じております。

 講習では、殺陣クラスの内容を新たな展開に進めたいと思います。本来は4月29日に立廻り特別講習会を計画し、そこで撮影を考えておりましたし、それ以前の講習でも若い生徒達の映像を残しておきたいと考えておりました。

 しかしながら、今回の出来事で撮影に残すこと無く次に進めることになりますが、総合的な判断から、心機一転新たなものを一から始めた方が、意欲の高まりが引き出せるものとして判断いたしました。これまでおこなってきた動きも無駄にはなっておらず、そこで得たものは芯も絡みも、次の動きに身になっているものです。14日(日)の講習では「立廻りタイプJ」として、芯が杖を用いておこなう初の試みです。1月からすでにこの動きは確認しておりますので、生徒達にとっても楽しめるものになるでしょう。今後、殺陣クラスは隔週で内容を変えますので、21日(日)はこれまでのように剣を使っての立廻りとなります。これまでのように、一対四ではなく、一対二での立廻り構成ですので、隔週毎におこなっても覚えられる手数に押さえてあります。(もちろん一気に全部は覚えられませんが)

 13日(土)の杖術クラスでは、一人稽古などで、三十連円打をされていた方もいらっしゃると思いますので、相手を付けてこれまでの稽古の確認を味わっていただければと思います。二ヶ月間が空きましたので、新しい内容というよりは、基礎的なものから、懐かしむような感覚で進めて行こうと思っております。

 金山剣術稽古会に関しましては、主要会場である、新宿スポーツセンターや、戸越体育館、江東区スポーツ会館などが、利用できない状況ですので6月はお休みとさせていただきます。この中止期間に熱心な方から、入会希望のご連絡を頂いておりますので、7月には再開したいところです。また、Gold Castleに関しましても、体験参加の方を長らくお待たせしておりましたので、日程の変更に伴い一旦キャンセルされた方も含め、久しぶりにこうしたお問い合わせの日々が戻ってきそうです。
 
 そして、第二弾となるBABジャパンから発売のDVD【古武術は美しい】が7/20の発売と決定いたしました。第一弾のDVD【古武術は速い】を観られた方にはより理解が深まるものと思われますし、初めてご覧になられる方でも解りやすく的を絞って解説いたしました。予約サイトに関しましての情報は追って発表させて頂きたいと思います。

 東京は今年初の真夏日となりましたが、この二ヶ月間マスクを付ける事が欠かせない習慣となってしまった方々にとっては、熱中症に対しこれまで以上に気をつけなければなりません。それはすなわち、もう一つの危険が迫っているということでもありますので、自衛の意識は、テレビ情報やネット情報だけでなく、自らの身体を感じる意識の習慣が何よりも重要ですので、とくに運動をされるご高齢の方は、首の後ろを冷やすスカーフのようなものを併用したりして、十分ご注意ください。
 
 ようやく猫も入れ替えることができましたので、私も次に向けて進んで行きたいと思います。


2020年6月14日(日) 『杖整体操』(お申し込み受付中)

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-09(Tue)
 

2020年は過渡期なのか

 新しい生活とは、街中除菌を小まめにして人との距離を開けることよりも、地球環境を犠牲にしてまで、人が豊かに成り過ぎる意識を変えることこそが、本当の新しい生活として各国が舵を切らなければならないのではなかろうか。

 食べさせるための宣伝、痩せさせるための宣伝、人工的に作られた豪華なものやカッコいいもの美しいもの、高層住宅が乱立し、地面はコンクリートで蓋がされてしまう。不自然なビル風や、日差しの照り返し、自らを苦しめているのはこうしたことに需要と供給を作り出してしまったこと。災害に対して必要なものはあるが、都会の華やかさや他県、他国に対する見栄など、今回の出来事でそんなものが、生きて行くのにどう大事であるのかを考えさせられた人は多いと思う。環境保全に則した需要と供給を生み出し、そこに向けた教育を小さい頃からおこない、不特定多数ばかりの表向きの付き合いよりも、身体を使った密な人との交流が、各分野において長く人と人とを繋ぐものである。

 死はいつ訪れるか分らないし、それはどの生き物にとっても同じことである。ならば、次に生まれたときに過ごしやすい環境であるほうが、それぞれの生き物にとっても前向きに捉えていける。死も自然の循環の一つに過ぎないのだから。今の我々の意識だって、次の生も、そのまた次の生でも、同じように考えているのだから。

 ウイルスを完全にやっつけて、人間同士の不自然なコミュニケーションを、これからの新しい世のあり方として定着させようと本気で考えているのだろうか…それはきっと、自分の立場の可愛さからなる、馬鹿げたセンスの無い落としどころとして、今の贅沢から精神的に肥満した世の中を生きている一部の人間の回答なのだから、人間、そこまでなるかと感じざるを得ない。それぞれに生活があるため、切り変えることは出来ないだろうが、徐々にこれからの世代に向けて、新たな(古き良き)価値観に需要と供給を生み出し、そこへ舵を切って行くことが新しい生活として本当に必要なものであると思っている。そのためには、そこに近い現場の人間がどう動くか、また、動かない人間に近い人間がどう動くのか、そうした連鎖が関わっている。

 業と欲が作り出したもの。それを知らしめているのが2020年なのだろう。オリンピックより得たものは大きい筈。


金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-08(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンDVD
『古武術は速い』指導・監修

2020年
BABジャパンDVD
『古武術は美しい』指導・監修

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ