愉しむことのレベルアップ

 今日の「高齢者のための剣術教室」は、新しくMさんが仲間に加わり、この教室も総勢11名となりました。得物を使う講習ですので、12名位までが限度かと思っております。以前は、人数が増えてきたら半分ずつ休憩をとりながらおこなおうかと考えたりもいたしましたが、今のメンバーの多くは、講習が始まる30分以上前から自主練習をおこなっていますので、休憩時間を増やす訳にはいかなくなりました。私が会場に到着してロビーでフロントスタッフの方と挨拶を交わすと、「もう練習されていますよ!」とスタッフの女性Mさんも驚いた様子で私にお伝えして下さり、「いやぁ、回を追う毎に皆さん元気になってますね!」と私も驚きを隠せずにお話して稽古場に向かうのでした。

 早出のメンバーと挨拶を交わし、初めて参加されるMさんを紹介され、いろいろ身体の事やこれまでの経緯などをお伺いし、以前Oさんがこの教室の事を熱心にお勧めして下さったことをずっと覚えていらしたようで、体調が軽くなったことをキッカケに参加されることになったそうです。

 やはり皆さんもそうでしたが、初めは相当な不安を持たれています。それは、長年の身体の不調や、それにともなう気持ちの低下が、「諦めることに慣れてきた」からなのかもしれません。ですから、キッカケやタイミングというものが、その方にとってのこれからをどのように過ごされていくのかと考えたときに、重要なものとして考えなくてはならないと思っております。

 そのため、なるべくキッカケやタイミングの確率を上げて行けるように、私に出来ることはそうした受け皿といいますか、教室の雰囲気というものを、皆とともに育てていかなければなりません。統制と自由さ、笑いと集中、運動と休憩、そうしたものが皆さんにとって丁度良く安心できるものであることが大事だと思います。

 そういう意味では今日の講習はこれまでにない変化を感じました。それは、皆さんの目が変わってきたということです。

 つまり、運動の一環として楽しく参加されていた方々が、身体の使い方や手順の覚え方に面白さを感じ始め、これまでと違った質の楽しさを掴み始めてきたように思われます。OさんやWさんは以前からそうした部分を求められておりましたが、近頃は半数以上の方々がそうした伝える側と伝えられる側のやりとりに面白さを感じてきております。

 今は私から見て殆どの方が、運動することという意識よりも「この動きを覚えたい!出来るようになりたい!」ということへの意識が勝っており、結果として身体にとって優れた運動効果が発揮されているのではないかと思うのです。その証拠に、80代半ばを過ぎたKさんが、先日計測したコレステロール値が30下がったと喜んでおられ、他に下がった要因が見当たらないということで、運動もさることながら、皆と笑って無理せずにおこなっていらっしゃることが数値にも表れたのではないかと思います。

 身体にいいとされることはさまざまにあるとは思いますが、ストレス無く、笑いと安心感のなかで少しずつ前に進めることが出来る喜びは重要な要素であります。私が嬉しく思うことは、そうしたことを私が居なくとも、自分で見つけることが出来るようになってきたことです。これはとくにTさんを見ておりますと、活き活きと目が輝き、真剣な姿とともに非常に良い表情となられました。幾つから始めても人は輝くことが出来るのだと、私自身知ることが出来ました。

 そして剣の振り方が一番上手になったNさんは、上腕部の筋肉が発達しておりました。姿勢に関しましても相当変わりました。80が近いとは思えないほど表情も活き活きとされ、Nさんもこのところ大きく変わられた方の一人です。

 今後仲間に加わる方が増えてきそうでしたら、その時は可能であれば、同じ日にもう一コマおこなえれば危なくないようにスペースを確保して出来ますので、その辺は今後相談したいところでもあります。

 この火曜日の「クラーチ剣術教室」は、ここでしか感じることのないエネルギーを頂く事ができます。それは玄関先で毎回皆さんに送られて帰るときに痛感いたします。そうした実地の感動が染み入る学びとなり、未熟な私を少しずつ満たしてくれています。あらためてこの場を過ごさせていただいていることに感謝し、この場のご縁を繋いで下さった方々にお礼申し上げます。


2017年7月22日 「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年6月 稽古日程

2017年7月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-06-27(Tue)
 

都会の音、自然の音

 明日21日は夏至であるが、あいにくの雨となりそうだ。今日も快晴となったが、一日の明るさを最も長く感じられたのはもしかすると今日が最後だったかもしれない。

 そんな今日はいつものように早朝から電車に乗り継ぎ「高齢者のための剣術教室」へと向かった。先週に続き今日も紫陽花とウグイスの鳴き声を堪能しながら、この火曜日以外ではまず聴くことの無いウグイスの鳴き声に、体が緩むというか無意識の緊張状態が解けるような感覚になる。これは海辺での波音もそうであるが、とくに音に関しては私の場合癒されるものである。

 新宿駅構内は、私の地元の年に一度の「門司港港祭り」の人出の数倍であり、当たり前のような日常の風景であるがやはりこれは異常な数である。そうした人混みの雑踏を歩くのは避けたり避けなかったり視覚的に疲れるものであるが、聴覚に意識を持ってくると、この地響きにかなり神経が緊張状態に持っていかれていることに気がつく。とくに階段の昇降時にはかなりの音が響いてくる。目の不自由な人はこうした場所を一体どのように感じられているのであろうかとつい思ってしまう。

 駅によってはいつもマイクで大音響で宣伝活動をおこなっているが、視覚であれば目を背けば問題ないが、聴覚に関してはその場から離れなければ、否応なしに体に緊張状態を押し付けられてしまう。

 そうしたことからも、都会における音、騒音、振動、というものは無意識の内にも神経を疲弊させているのであろう。そんなときに、自然の恵みと言える野鳥の鳴き声であったり、波音であったり、川面のせせらぎであったり、そうした自然が自然らしくあるための音が、自然の一部であるはずの人間にも必要であるのだろう。SNSも、これからは個人の楽しみのためでなく、その場周囲の人々にとって良い影響力を与えるものとして開発していただければ、精神的に自然の恩恵を受けにくい都会で暮らす人々にとって、多少は救いになるようにも思える。こう感じるのは、私の実家が山の中にありそこで育ったことが深く関係しているのだろう。


 さて講習内容に話を戻そう。今日も早出稽古をされていた方々がいらっしゃり、いつもだいたい開始時刻ギリギリになって来られていた方々が、今日は30分前から自主稽古のために来られており、私は何も知らなくてみなさん自主的におこなっていることなのでこのところ毎度驚かされております。

 やはり自主的におこなっていると、自分で決めて自分で見つけ自分で直すことになりますので、心身ともに活き活きとされており、私はもう、それが出来ていても出来ていなくてもどちらでもいいと、今この瞬間がこれ以上無い成果となっていることに、私は黙ってニコニコと見つめるだけなのです。

 そうしているうちに、質問攻めになってきますので、みなさんの情熱を削がないように楽しみながらお答えしております。ほとんどの方が早くお越しになられるようになり、あらためてこの教室に関わる事が出来て本当に有り難い事だと思います。先日のGold Castleもそうですが、私の個人稽古会も気持ちを込めておこなえる方々です。こうした日々のみなさんとの稽古が私にとっては心身ともに救われております。バチが当たらないためにも、その空間と異なる稽古を自身に課していかなければなりません。甘えや油断は、心の隙間に忍び寄って来ます。そうした隙間を作らないためにも、私自身の時間の過ごし方がこれからはとくに重要な気がしています。

 このクラーチ剣術教室でおこなっている内容は数ヶ月間でかなり整理が付いて来ました。私も高齢のみなさんにとってどのような内容とパターンが良いのか試行錯誤の中で感じとってきました。そうしたことから、手順を覚える系統の内容(二十連円打)身体の姿勢とバランスに関わる筋力を養うもの(杖の寸止め打ち/鹿威し/抜刀からの鹿威し)などは今後の主な内容とし、それ以外は、その日そのときに感じたものをお伝えしていこうと考えております。

 とくに私自身見直し重要に感じたことは、杖も剣も寸止めでおこなうことです。素振りですと目的が失われ易くただの運動になりがちですし、打ち込んでしまうと体の姿勢が崩れ、当てることや威力を出すことのみに意識が向かってしまいます。このことは人間の本能的な部分が関わっていると思いますのでなかなか変える事は出来ません。ですが、寸止めに止めることで、対象物に対しての集中度と、打ち込むことよりも力みを押さえやすいため、姿勢も意識的に整いやすくなります。何より安定的に寸止めにするには、姿勢が整ってブレないことが必須ですので、上達を目指せば目指すほどこの稽古の場合、姿勢が向上するものと思われます。なにより一番成果が表れているのは、そのむかし素振りが芋掘りだと自身で仰っていたNさんです。姿勢の良さが杖にしても剣にしても良くなっており、それに関連して後方突きまで良くなっています。今の調子ですと今後ますます良くなっていくものと思われます。

 稽古内容として、自分で振った杖や木刀をピタリと止めるには姿勢にともなう筋力が必要となります。身体が流れてしまえば、筋力への負担は軽減されますが、この稽古の目的の場合は、ピタリととめることですので、否応なしに身体に効いてくるでしょう。寸止めはミリ単位でとめられると気持ちのいいものですし、鹿威しも、真芯で捉えれば自分でもビックリしてしまうほどの衝撃に快感が残ります。年齢を重ねていきますと運動不足による筋力低下が骨を弱くし、転倒骨折やあまり人との触れ合いがなくなってしまうと、認知症などさまざまな病魔が迫ってきます。身体を動かすことが健康にいいのは誰もが分かっている事ですが、それを継続的におこなうには、やはり自分で「やりたい!」と思えるものに巡り合うことが大事なことだと思うのです。

 これからの時代、もうすでに突入していますが、認知症を予防する運動がもっといろいろと出てくるかと思われますが、本当にその人の気持ちになって考えられたものであるかどうかが、理論的や化学的な検証結果より大事なことのように思えます。

 日々感じることは身になるものです。そうしていられる状態が当たり前かと言えば決してそうではありません。だからこそ、自分の心と感覚がリンクしていられる環境に身をおくことが重要であると私は思っています。そこに何らかの道標があり、その道行く先を照らしてくれているものと思います。


2017年7月22日 「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年6月 稽古日程

2017年7月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-06-21(Wed)
 

統制と自由さ

 昨夜は2時頃に寝たのであるが、夜中に地震やら豪雨の音やらで目覚め、わりあい寝た気がしていたが時計を見ると4時30分頃であった。それからどういうわけか1時間ほど眠れず、7時過ぎに起床した。

 よく眠れた訳ではないが、それほど眠気も無く、朝の電車に乗って一時間ほど揺られていくのがいつもの火曜日である。最寄り駅から会場まで徒歩5~7分位であるが、今日は紫陽花が沢山咲いている場所を通るため遠回りして向かった。沢山咲いてはいたが、雨が少なかったせいか小さく萎んだような形で少し残念であった。だが、鶯の鳴き声が十秒と空けずに鳴いているので、その美声を何度も聞きながら会場に到着した。

 8月5日でこの「高齢者のための剣術教室」もl丸三年となるが、今日はまた一段と皆さんのやる気が凄かった。いつもはOさんが一人で稽古をしているところに私が入っていき雑談を交わしたり、動きの質問にお答えしたりして、開始時刻15分ぐらい前になって更衣室に行き着替えてくるのであるが、このところすでに2~3人で練習しており、私が入っていくと、たちまち皆さんやってきて、待ちきれずに自主練習が始るようになってきた。年数が経つほどに皆さんの意欲が増してくることに、嬉しさを感じます。


 さて、今日の講習では、Tさんが他の日にこの場所を使って何人かと自主稽古をされたようで、その成果をまず拝見しました。やはり、自らの意思でやった結果は明らかに出るものです。こうしたことの喜びがキラキラと表情に表れておりましたので、動きを覚えたり出来るようになることはもちろんですが、こうした輝きが自然と発せられるようになることが何より一番であると思います。そうした要因の一つには、この教室でみなさんんとともに作り上げた雰囲気の良さが大きいものと思われます。

 楽しむこと、集中すること、笑うこと、信頼し合えること、身体を動かしながら皆さんでそうした空間を作ってきております。今の状態というのは、私はそこに居るだけで、あとは皆さんがそれぞれの目標や課題が分かってますので、それを皆さん同士で教えあったり、確認しあったりしています。私はその様子を眺めるだけという事も増えてきました。もちろん進行役ですので、合図や号令を掛ける事もありますが、こうしたやり方は、昔よく行っていた甲野善紀先生の講習会の経験がなければ、こうした空間は出来なかったものと思います。

 今日は私自身にも発見があり、相手が刃を上に向けた木刀を正眼から水平に差し出した状態で、それに対して上段から真っ向に打ち落とす「鹿威し」(ししおどし)という稽古法ですが、目の前に対象物があると、どうしても身体が前傾し前腕部から先で振ってしまいがちになります。

 そこで、私が打ち下ろす人の背中の上部に手を当て、「この手が背中から離れないように振ってください。」とおこなったところ、芯で捉える回数が増えたことに驚きました。つまり、背中が前傾しないように剣を振ると、前腕部に頼っていた操作が上腕の付け根、肩甲骨も含めた背中を使えることが、刃筋のブレを小さくし、力感が無く見えても力強さがあることが分かりました。この鹿威しが上手な方は、無意識の内に剣をしっかりと振り上げそこからあまり前傾しないように振っていたように感じます。

 そして今日は、この鹿威しに、上段の構えから歩を三歩進めて振り下ろすようにおこないました。今日初めての試みでしたが、これは足運びと、身体の軸、振り下ろした際の姿勢など、初心者の方には効率よく身につけられるのではないかと思います。ユニークな稽古が私の場合いくつかありますが、そのなかでもこの鹿威しは、芯に当たった時の気持ちよさと驚き(真芯で捉えると木刀が落ちます)からして、刃筋を通す稽古法としても、これは飽きない稽古の部類かと思われます。

 講習を終えて、ひさしぶりに髪を切りに行ってきました。このところなかなか時間がとれず、ようやく落ち着きました。一日一人でボーっとする時間が今は欲しいと身体が訴えているような気もしますが、体が一つしかありませんし、生きていくためには贅沢は言ってられませんね。


金山剣術稽古会  

2017年6月 稽古日程

2017年7月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-06-14(Wed)
 

時代背景からなるバランス

 昨日月曜日は高田馬場でI君と稽古をおこないました。18時過ぎごろから雷と激しい雨が降り出し一時間ほどで止むものと思っていましたが、館内で15分ほど時間を潰して小雨となったところで帰りました。

 しかし今度は電車が人身事故の影響で止まっており、あまり影響は無かったといえば幸でしたが、それでも走行中の電車の間隔が詰まっていたため一駅ごとの信号停止時間が長く時間が掛かりました。

 一夜明けて本日は「高齢者のための剣術教室」に行ってきました。

 今日は再びスタッフの方が、お世話になっているこちらのホームページ用に教室の講習風景を写真撮影していただきました。みなさんも笑顔で集中して取り組まれていましたのできっといい写真になっているのではと思います。

 講習後はレストランで皆さんと食事会。今日は再びTさんがニラタマを作ってきてくださり、皆さんと一緒に美味しくいただきました。Sさんからはパイナップルの芯をドライフルーツにしたものや、鶉の燻製をいただきました。私もまだまだ世の中で食べたことが無いものが沢山ありますので、みなさんといろいろな食べ物の話をするとたいへん盛り上がります。

 帰宅してからは、生徒さんに頼まれた居合帯を買いに行ったのと、私が使う居合帯も別の店に買いに行きました。今回のものは果たしてどういう按配か試してみないと何とも言えません。

 数日前からCS放送の時代劇専用チャンネルで22時から「新選組血風録」1965年度版が放映されています。数年前にほぼ全話を観ましたが、ドラマとして非常に優れた作品です。以前ある方に「おすすめの時代劇は何ですか?」と聞かれた時に迷わずこの作品をお伝えした記憶があります。私としてはこれまで感じていた時代劇の印象がガラガラと音を立てて崩れ去るほどの衝撃でした。やはり当時の時代だからこその勢いを全てから感じます。これがテレビドラマということにも驚きますが、今の時代ではいろいろな意味でこうした作品をつくることは不可能に近いものと思われます。それだけに、この作品の価値というのは今後もプレミアがついていくのではないかと思います。

 制作側と視聴者側の需要と供給は、悲しいかな時代背景が物語っているのですね・・・・・・


2017年6月10日(土曜日)『 抜刀術 特別講習会 』 
お申し込み受付中

金山剣術稽古会  

2017年6月 稽古日程

2017年7月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-06-07(Wed)
 

鍛冶のような

 昨日は通帳をATMの機械の上に置いたまま忘れてしまい、稽古が終わって帰宅したのちハッと気が付いた。21時を過ぎていたが銀行へ電話をしたところ、すでに口座が止められていた状態と知り安堵した。おそらく誰かが知らせてくれたものと思われるが、どういう状況だったのか判らないだけに何とも恥ずかしい。

 さて、本日は真夏日となった一日であったが「高齢者のための剣術教室」では、いつものようにみなさん元気にワイワイと講習が進みました。とくに杖の講習では少しずつですが全体的に前に進んできています。

 外が暑いせいもあり、室内も汗ばむ状況でしたが、一時間半の講習を最後まで皆さん集中して取り組まれています。8月で3年となりますが、この教室により身体の調子が良くなった声はいろいろと聞きますが、調子が悪くなった声はまだ聞いておりません。眼を養うというのは、動きや人そのものの見方もありますが、身体の調子を見極める眼にも通じてくるかもしれませんね。

 帰宅してからは銀行に行き、無事に通帳が手元に戻り、その後は事務作業など諸々の用事をおこないました。7月からは私の稽古会における開催日程を、基本的に現在おもにおこなっている曜日と時間帯に縮小しようと考えています。私自身に必要な時間の確保もあり、より武術を意識できる日々の時間の使い方をしたいと思います。

 月末は、何かと来月、再来月の日程を把握しなければなりませんので慌しく脳が疲れてしまいます。ですが、今の状況からその先を見据えてフレキシブルに調整が出来るというのは一人でおこなっているからこそであると思います。経験から何を学び、そこにあるものを見据えて対応していくこと。時には熱く、時には冷静に、心を強くしていくには、鍛冶のように打たれ磨かれさまざまな状況に身を置いていく必要があるのでしょう。

 最終的には磨かれていきたいものです。


2017年6月10日(土曜日)『 抜刀術 特別講習会 』 
お申し込み受付中

『 金山剣術稽古会 』 

2017年5月稽古日程

2017年6月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-05-31(Wed)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR