FC2ブログ

それぞれにとっての意義ある時間を目指して

 昨日日曜日は深川スポーツセンターでGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。昨日はひさしぶりに生徒のKさんが参加されましたので、蠢動による「独楽落とし」と「案山子落し」を試させて頂きましたが、反射を促してしまうものであったため、上手く掛からず1、2回で止めました。続いて生徒のHさんにも「独楽落とし」を試みたところ、やはり反射され止ってしまいました。前回は「これを防ぐことは無理だと思います。」という感想を頂いたこともあり、昨日は私の操作におそらく、接触技法に問題があったのだと思います。それだけに、掛かると信じられないものですが、掛からないと悔しさも無い程、そりゃあ出来る筈も無いと思えてしまうものです。しかし、昨日数回しか試みませんでしたが、あらためて蠢動の精度と、接触技法、そしてまだ掴めていない方向の研究を次回の私の稽古会で探って行こうと思います。

 殺陣クラスの講習では、体験初参加の方がお二人、生徒になって間もない方々、年数の経った生徒の方々、それぞれに内容を分けて進めて参りました。生徒になって間もないKさんとTさんには、相手の剣を払う稽古をおこなっていただきましたが、どうしても互いに誘われて強く払ってしまうものですので、逆転の発想で、当てないように払っていただくようにいたしました。そうしますと、当ててはいけないという思いが強くなるため、軽く当てるという思いに比べ格段に剣の動線が精確になりました。

 その脇でおこなっていた俳優のSさんとS君の組も、激しくおこないながらも払いの当たりは音が小さなもので、これには何度も安定的にそれが出来るようになっておりました。

 お芝居に関して私はそれほど深く経験を積んでいませんが、剣に関しては、お芝居と同様に、まず計算から入り、そのなかで押さえておくべきポイントを、全体の把握の中で、どう構成されているのかを、テンポや間、見栄えと言う観点で掴み、しばらくは、それを探るための意識で動きます。つまり、感情を込めないことです。そして、その計算が掴めてきたところで、徐々に感情と計算が狂わないようにバランスを取りながら感情レベル表現レベルを高めて行くと、結果として短期間で完成度の高いもものが出来るようになると思います。

 もちろん、そうしたことは経験で、身体と脳のストレスを無くすために選ばれた手段でありますが、誘われないように動くためには、自らある部分の情報をカットする必要があります。そこに振り分けられない集中を、計算に使う事ができますので、これは私の経験としてもそうですが、台本を見て、やはり自分の場面、自分のセリフの演技ばかりを考えてしまうのです。それがどうして良くないのか、演出家や監督に見透かされるのか、そうしたことが今ではハッキリと解るようになりました。ですので、お芝居が上手い人、殺陣が上手い人というのは、演技力だけでない、総合的な構成を読み解く訓練が積まれているのでしょう。ですから、殺陣を通じてその辺りの稽古を積んで行きますと、お芝居に関しましても構成から自分がどうあるべきなのかを、身体を通じた集中の切り替えによって掴むことが出来るようになると思います。

 今回は立廻りタイプKをおこないましたが、三人一組で、構成も短めでおこなっておりますので、早くも後半の途中まで行って頂くことができました。そのため、週代わりでタイプJとKに分けておこないますが、動きのレベルを引き上げた立廻りの完成を楽しみにしておりますし、生徒になって間もない方でも、急がなければ付いて来られる構成ですので期待しております。

 剣術クラスでは、「正面斬り」「胴斬り」それから久し振りに「受け流し」をおこないました。私としては、受け流しは入り身のための法だと思っておりますので、入り身の体捌きも兼ねてお伝えいたしました。

 最後は「睡蓮」をおこない、受け流さずとも、簡単に斬りつける事が出来る斜め(ハス)の使い方をお伝えいたしました。こうした稽古に触れ、殺陣と剣術の違いを身体で感じて頂いていると思います。キッカケは何であれ、剣に興味を持たれた方が、剣術に出会うことは少ないものです。知らない人には出会う機会がなく、剣道や居合いそして殺陣など、さまざまなものに分かれてしまうものです。それが縁でもありますが、私はそのご縁を裏切らないように日々を求めて行かなくてはなりません。

 身体への探究、技への追究、そうしたことの循環が活動の自然だと思いますし、生き方の自然さとして今ある道を突き進むことだと思っております。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は美しい』~合理性を追求した身体の芸術を身につける~


金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い』~型の手続きを追求した剣・杖の実践的な体使い~


金山剣術稽古会

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-07-06(Mon)
 

人の判断は、肩書き経歴よりも直に観ること

 本日はひさしぶりに深川スポーツセンターでの講習となりました。7月は18日(土)の戸越体育館以外、全てこの深川スポーツセンターでの開催となります。コロナ関連での筆記が毎回面倒となりますが、会場受付脇にある水色の用紙(団体用)を一枚手にとって武道場へご入室下さい。そこで連絡先や住所などの記入を済ませましたら、取り纏めて受付へ提出という流れになっております。文京区では私が取り纏めておりましたが、江東区ではみなさま毎回ご記入をよろしくお願いいたします。

 講習では殺陣基礎クラス、剣術クラスをおこないました。殺陣基礎クラスでは、帯刀の仕方、刀の角度、各種名称、鯉口の切り方など、説明の時間を長く取りましたが、殺陣基礎クラスでは、つい急いでしまいがちな教えを、ジックリと急がずに繰り返しおこなうことを私としては我慢しながらおこなうように心掛けております。

 今日は帰りに剣術クラスから参加のIさんが「殺陣基礎クラスはエライ静かでしたね!」と仰っておりましたが、立廻りをおこなわず、今日は構えや斬り方歩法などを丁寧におこないましたので、精度中心の稽古内容だったとも言えます。

 深川スポーツセンターでは、他の曜日に都合が合わない方にとって、一気にW受講出来ますので、お月謝内で調整しやすいと思われます。また、しばらくお休みしておりましたので、取り戻すつもりで毎回W受講されてもよろしいかと思います。もちろん今月は四回までがお月謝内ですが、五回目からは一回毎に1.000円の追加受講料もお安く設定しておりますので、上達が進む月間と思われます。

 剣術クラスでは、殺陣基礎クラスに続いて三名の方がW受講されました。今日はひさしぶりに「斬突き返し」や「三段突き」をおこないましたが、冷静に考えますと少し難しい内容だったように思います。この身体の使い方、始終一致の調和感覚の中で動いて行くことが前提となっておりますので、あまり分解し過ぎた教え方をしてしまいますと、後々それが癖となり出来なくなってしまう恐れも考えられます。最後は、今回初めてお伝えする「燕抜き」をおこないましたが、これはどう考えても難しい足の使い方であったと思います。どちらかと言えば「剣術 特別講習会」などで集中的におこなうような内容だったのかもしれません。

 帰りの電車内でもIさんにお話しましたが、「簡単な動きばかりお伝えすると、こんなものでお金を頂いていいのかと悪い気がして、しょうがないんです。」と溢してしまいましたが、今年七年を迎えるGold Castleの生徒が続いて下さいますのは、難しいと思われた動きが出来るようになる瞬間が訪れるからだと思います。もちろんそれは全ての技ではありませんが、技によっては得物により、とても良い動きを見せていただくことも多くあります。

 私が講師としてお伝えする場合、やはり目の前で誤魔化さずに動きを見せることが大切であると思っております。それは、甲野善紀先生が常に見せてくださるように目の前で驚くような動きを拝見いたしますと、本当にそういうことが出来るのだと、今自分に出来なくてもそういうものがあるのだと信じることが出来るのです。

 私のプロフィールにある肩書きには、松聲館技法研究員と、後は自分で主宰している活動しかありません。某流派に短期間習って、○○流を学んだとか、そういう数を増やしてもっともらしい経歴を作り上げることはいたしておりません。(経験上、胡散臭い人ほど、そういうものを多く書き連ねております)段位も無ければ肩書きも贈呈いたしませんので、動きを見て興味を持っていただいたり納得していただいた方が付いて来て下さっているのだと思います。そもそも自分で段位や肩書きを作るという事は恥ずかしくて出来ません。未熟な自分がそのように人を決めるようなことは絶対に出来ません。大事なことは、「あの人のようになりたい」「あの人が居ると安心する」「今日も気持ちよく集中して身体を動かせた」それだけで十分です。直に人を判断するには、余計なものは逆効果になりかねません。そこに身体と心理面の育みがあるように感じております。
 
 ソーシャルディスタンスなどと、カタカナで説得力をもたらそうとしていますが、トイレの間を使用禁止にしたり、椅子にもバツが張られていたり、区の施設と言うのは典型的にお役所的な思考だと分っておりますが、そもそも決まったことに対して融通をきかせない、責任が掛からないような対応、それでずっとやって来たシステムで、緊急な対応が出来る思考があるとは思えません。それは働いているご本人達も分っていてそうなのですから、幅広く全体的な意見を持って決定するという事は時に滑稽なものになってしまいます。電車でも普通にみな隣同士で座ってますし、飲食店でも普通にワイワイと隣同士で盛り上がっている光景を見かけます。この二ヶ月間で人々の思考はかなり操作されております。これからもまだ、陽性反応の出た人数を大々的に煽るでしょう。考え方を変えなければ、どうしようもない日々のつまらなさに押し潰されてしまいます。これで商売が成り立っている業種もあるので、それに乗っからないように、もっと賢く考えましょう。

 それでは明日もみなさま、お待ちしております!


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は美しい』~合理性を追求した身体の芸術を身につける~


金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い』~型の手続きを追求した剣・杖の実践的な体使い~


金山剣術稽古会

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-07-04(Sat)
 

六月は再会と新たな出会いに感謝

 本日は六月最後の講習。そして文京区での開催も今回で最後。しばらくは江東区や品川区での開催となる運びです。

 今日もお二人の方が正規受講生になられました。Yさんは、体験三回目で講習が中止になってしまい、ようやく生徒になってホッとされたものと思われます。そしてFさんは先週に続いてのW受講から早くも生徒になられました。昨日は約一年ぶりに参加された方もいらっしゃいますし、長期お休みされていた方にとっても、今回の自粛期間というのは、身体からのサインに素直に応じやすくなっているのかもしれません。

 殺陣教室はさまざまにありますが、教室の色、指導者の本質、生徒の雰囲気、それはもう教室毎に違ってくるものです。当スクールの場合は、お陰様でFacebookやTwitterをしていなくても、ホームページからお問い合わせを頂けておりますし、それだけでも訪れる方の雰囲気と言うのは違ってくるものだと感じております。

 今日は中学一年生のM君が体験初参加にいらっしゃいました。お母様と弟さんもご一緒に見学され、賑わう会場の中楽しんで頂けた様で良かったです。私はいつものように、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら、生徒や体験参加の方々の状況に応じてタクトを振っております。

 俳優のSさんもお越しになられ、元気なお姿を拝見することが出来ました。十代の生徒達も増えて来ました。今のように殺陣から入り、剣術や杖術など、徐々に身体の使い方を学んでいくことで、数年後一斉に上達した若い生徒達が誕生するのではないかと感じております。その中で、卒業される方も入れば、長く続く方もいるだろうし、私と同じ道を目指す人も現れるかもしれません。尤も私のやり方では生活が大変ですのでお勧めはいたしませんが、もっと私以上にやっていける人は普通に現れると思います。長く続けていくためには、技量や知識以上に大事なものがありますので、そこを誘惑に負けてしまわないように気をつける事が出来れば、何かが味方してくれるものです。

 今日は、殺陣クラス杖術クラスそれぞれに動きに変化が見られる生徒がいらっしゃいました。恐らくですが、集中に余裕が生まれたことで、微かにでも客観的に感じることが出来たのかもしれません。余裕が全くありませんと、客観的に自分が何をやっているのか、どう動いているのかが解らないものですので、地道にでも考えながらおこなうことで、ある時にその考えを捨てることができ、別の考えに集中と意識が向かうことが出来るようになります。ですから、一気に先に行くことは出来ないのです。自らの集中の配分が少なくて済むように、その動作における感覚を目ではなく、体で感覚的に覚えておくことです。 その積み重ねが、自らを楽にし、新たなものへと取り組むことが可能になります。苦しいのは、目で見たものを形だけ真似して、感覚的な記憶には何も残っていない場合です。そのまま進んで行きますと、意識的に考えてばかりで大変苦しいものです。感覚を養い、次に進むことが大事ですので、視覚に頼らず、自らを把握する感覚の眼を育てることが何より重要です。

 割り合いそういったものは、無意識の間に吸収することがありますので、「なぜだか解らないけど褒められた。」という場合は、無意識のうちにある部分の感覚を掴んだのだと思います。人間誰でも階段の上り下りも無意識でスムーズにやっていることですので。

 さて、7月は深川スポーツセンターでの開催となります。7月から復帰を考えておられる生徒も多いことでしょう。順調に行けば、品川区開催では早々に日曜日はもう一コマ増やして会場を取る必要があるかもしれません。その辺りも今後考えて、生徒全体を把握出来るように務めて参りたいと思っております。

 7/11(土)の抜刀術特別講習会もまだまだ余裕が御座いますので、お申し込みお待ちしております。今回は戸越体育館ですので、想定した数を引いて残り五名程までとなりそうです。定員の可能性もありますので、お早めにご連絡下さい。

 六月は、想定していた以上に生徒の皆様、そして体験参加の皆様にお越しいただくことが出来ました。日々、目にするものは暗い情報ばかりですが、精神的に汚染されてしまわないように、良い気の流れのあるところに身体を置いておくことは身を助けることに繋がります。自分の考えはどこから得た考えなのか、情報化社会に生きる我々は、誰かの日課に影響されてしまっているものです。それが良い日課ならいいのですが、そうでない日課が多いのが現実です。習慣を変えるには習慣をつくること。思うだけでは変えることは出来ませんので、何かに向けて行動を起こすことが、自らの身体と精神を守ることに繋がる筈です。弱肉強食、時代の流れにどう生きていくのか、生きるという事は、生き延びるということではなく、生きた証を重ねて行くことだと思います。それが失われた時代にそれを求めることは酷かもしれませんが、壮大な事を言わせて頂くなら、人類と言う環境が今は破壊されているということなのでしょう。因果応報、自然の摂理が全てなのです。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-28(Sun)
 

誘われることは稽古になること

 本日は文京スポーツセンター剣道場でGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。杖術では前半「倒れ雀」「馬突き」「旋打」をおこない、鈍った身体には丁度良い内容を組み合わせましたが、間を取りながらおこないましたので、もう少しキツめにやっても良かったかもしれません。

 自宅で出来ない内容ですので、それだけでも皆さんの喜びを感じる内容だったと思います。後半は、「逆足之型」組と「三十連円打」組とに分かれておこないました。動画で、三回に分けて解説しておりますので、次の講習で、「おっ、稽古して来たな。」というのが一瞬で分るものですので、次回、どこまで理解が進んだのかを楽しみにしております。

 逆足之型では、私自身思うところがあり、相手との攻防を形としたものでは、間合いや速度、間、気の入り方、落ち着き方、そうしたさまざまなものを脳が察知し身体に影響を生じさせます。その相手からの誘いに、如何に身体を見失うことなく動じることなく動けるか、その乱れを自身で感じ、原因を探り、その乱れをどのようにして修正して行けるか、また相手側といたしましては、稽古の中で、如何に乱そうと誘えるか、そこに精度が失われては危険なものになってしまいますが、精度の中で探っていくことが、攻防を形とした型稽古では重要であります。このことは、先日私が感じた、身体的な誘いは心理的な誘いに通じるものがあり、それは武術稽古に限らず日常のあらゆるところに存在しているという、稽古場で感じる実感操作なるものから思うに至るのですが、抜刀術のような一人稽古を主体とした中での誘いも取り除くように操作して行かなくてはなりませんが、相手と対峙する型稽古でも、その身体と心理の乱れを治めて行くことも、技との繋がりに欠かせないものであると、当然解っていたつもりであっても、実感操作による精度の安定が体感出来なければ、解らずしてやっていたということだと思うのです。

 本番に弱い人、人前で上手く出来ない人、実力があっても上のステージで活躍できない人、そうした人は、何かしらの誘いに自分で自分の身体と心理面を窮地に追い込んでしまっているのだと思います。その「状況における身体と心理面の差異」、その違いを把握し、どのようにして差異を埋めていくことが出来るのかを稽古して行かなくてはなりません。

 「開き直り」や「状況を楽しむ」というのは、そういった差異を埋める効果もあるのかもしれませんが、身体的実感を変えられる具体性を持った働きとは言い難いものですので、稽古における段階の中で、その部分は常に念頭に置いて取り組むことが望ましいと、私が私に言い聞かせるように感じた次第であります。

 
 明日は、6月最後の講習です。今月はずっと文京区で開催して来ましたが、明日の講習をもってしばらくは、文京区での開催は無くなると思われます。普段あまり利用していない会場だったので、講習が再開して、直ぐに復帰できないもどかしさがあった生徒もいらっしゃることと思います。7月は、深川スポーツセンターでの開催が多くなります。そして8月以降は品川区での開催が増えることになりそうです。

 それでは明日もみなさま12時30分から文京スポーツセンター柔道場でお待ちしております。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-28(Sun)
 

やはり身体を鈍らせては駄目である

 夏至を迎えた本日は、文京スポーツセンター柔道場にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。6月は全て文京区での開催となりますが、気が付けば残すところ二回となってしまいました。

 今週もひさしぶりにお会いする生徒達とともに、殺陣クラスでは今回から立廻りタイプKをお伝えいたしました。このタイプKでは、前半の動きはこれまでにおこなった体捌きをそのまま取り入れておりますので、覚え易いものと思われます。後半はまだお伝えしておりませんが、全く新しい動きの連続になりますので、手数は少ないですが完成度を上げて行ける内容に纏めております。

 本日も体験参加の方が数名お越しになられ、今日はWさんが正規受講生となられました。来週もお一人生徒になられる予定ですので、同期が多いと安心感もありますし、皆さん馴染みやすい方が多いのですぐに溶け込めるものと思われます。尤も私自身、溶け込むのが苦手なタイプでもありますので、そういう方の気持ちはよく分るつもりです。

 剣術クラスでは、始めに「連続切り返し」をおこないました。これは身体と感覚を練る稽古ですので、道場での稽古が再開したら、まず私がこれをやりたいと思っておりました。動画にも配信しておりますが、この切り返しは斬るための稽古ではなく、斬るための体捌きを感覚的に養う稽古の一つです。体全体で剣を操作し、浮き身により腰の転回とともに作用点を大きく使い、力点を小さく操作しております。まだ三回までしか出来ない方が殆どですので、四回の切り返しが出来る方を見たいところです。

 最後は時間が殆どありませんでしたが、体捌きのための納刀法と後方突きをお伝えいたしました。今日は時間が押してしまいましたので、再開後は、なるべく講習内容を盛り込みすぎずに臨機応変に対応して行きたいと考えております。

 私の身体も微妙なところで、自粛期間の影響を感じております。いかに日々淡々とおこなっていることが大切であるかを痛感いたします。重い荷物を持って下駄で歩くことも然り。昨日の脚部鍛練稽古で、「これほどの筋肉痛は久しぶりです。」という生徒もいらっしゃったので、それだけ衰えてしまったということでもあります。戻ってきた日常の中で、淡々とおこなえる状況を徐々に上げて行きたいものです。


2020年7月11日(土)『抜刀術 特別講習会』

2020年7月19日(日)『杖整体操』

金山孝之 YouTubeチャンネル

金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』


金山剣術稽古会

2020年6月 武術稽古日程

2020年7月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文

2020-06-22(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンDVD
『古武術は速い』指導・監修

2020年
BABジャパンDVD
『古武術は美しい』指導・監修

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
月別アーカイブ