ドーパミン出し尽くす

 日曜日の深夜はだいたい朝方まで起きて記事を書いていることが多いのであるが、昨夜は疲労感と睡魔により2時頃に就寝した。疲労と言ってもそれは肉体的なものではなく、講習中にドーパミンが大量放出したことで、帰宅後脳内がカラカラになった状態であった。それほど気持ちの入る講習だった。

 今日は午後から2017年度のスポーツ安全保険の加入手続きをおこなった。こうした事務作業が講師活動以外で諸々あるが、全て自分でやっていることなので、まったく苦ではない。なるべく人の手助けを借りずに、負担を増やさない活動で、自らの稽古における技や生きていく事に通じる学びとなる部分を今後も長く研究していくことがこれからの人生全てに繋がっていくものであると確信している。

 さて、昨日は雨と寒さの中、品川区総合体育館柔道場にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習を、夕方の部が15時から17時まで、夜間の部が18時30分から20時30分まで、いずれも延長しておこないました。会場移動が無いので、夕方の部が終わって、夜間の部までの間に、ほとんどの方が自主的に稽古をされていました。

 昨日の殺陣クラスでは「月末恒例立廻り講習」のため、今回は特に「払い」を中心とした内容で取り組んでいただきました。私がおこなう払い方は、剣術同様に払う瞬間に回転させ鎬面で弾くようにおこないます。殺陣の場合ですと、舞台や映像では竹光という軽い真剣に似せた刀でおこないますが、刃の部分で払いますと、細い箇所で当ててしまうため傷が付きやすく破損に繋がります。ですので、刀身部の横面、鎬(しのぎ)の部分で払う事が基本的なこととして必要になります。ただ、構えた状態から鎬で払おうとすると、不恰好となりますので、斬りの途中から刀身を回転させて弾くように払う事を稽古で身につける必要があります。

 そして、回転させた場合は「残心」の形が綺麗に作りやすいという利点もあります。今後の稽古でもこの払いをおこなって参りますが、剣を上に振り上げる場合と同様に切っ先の動き(意識)を忘れてしまわないことが重要ですので、これは形の作り方もそうなのですが、相手や周囲に無意識のものを振り回すということは怪我のリスクを高めますので、「慣れたころの無意識」というのは、最悪の状況を経験していないからこそ起こりえることだと、各人が認識し、いつまでも楽しく立廻りをおこえるためにも、本人はもちろんの事、周囲の方も危険予測に対しては互いに遠慮無くアドバイスしていただきたいものと思います。

 そういう意味からも昨日の夜間の部では、久しぶりに参加されたR君と、俳優のYさんと女優のYさんチームが、周囲を見て自然な流れで間合いを確保し次の展開に繋げる位置取りをおこなっていました。見ていて危なっかしさがないというのは、もっとも大事な要素の一つです。それは、この場合こうなったら危ないという予測のバリエーションがあり、そこに陥らない中で速く動いていることが、見ていて安心感とともに、より難易度の高いものを要求する事に繋がってきます。

 武術では「予測と対応」を学ぶものですが、殺陣においても同じ事が当て嵌まります。そうしたことの経験が、視野を広げ行動を変え環境がより良くなっていくことに通じているものと思われます。

 昨日の講習では、同じ芸能事務所の方がバッタリ合うということがあり、以前にもそういう偶然がありましたが、芸能関係の方々からもこの教室の存在が少しずつ広がっていっているような気がしております。

 学生の方、会社員の方、高齢者の方、主婦の方、そして芸能活動をされている方、そうした方々が一緒になって同じ空間で取り組む事で、自然と思いやりや礼儀というものは育っていくように感じられます。

 どのようなことでも、人間がどうであるかということが大切です。インターネットというのはそうしたことがなかなか分かりにくいものです。直接会ってコミュニケーションをとり、感じとるものが重要になってきます。そして、環境空間というものがしっかりしていれば、自ずと人は何かを感じとり、そこで自ら学ぶ事が出来るものと思われます。これからの時代は益々直接会わずにやりとりをしていくことが増えてくるかと思いますが、そうした時代だからこそ、互いに挨拶をしただけでも気持ちがいいと思える、そういう場が重要ではないかと思うのです。そういう場に足を踏み出しにくい方々にとって、このGold Castle 殺陣&剣術スクールは存在していると、主宰している私自身あらためて実感しております。

 昨日もすばらしい一日を過ごす事が出来ました。3月の講習は終わりましたが、4月からはお休みされていた方々も戻って来られると思いますので、楽しみにお待ちしております。体験参加のお申し込みもまだ受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。


 2017年4月22日(土) 「杖術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-27(Mon)
 

今の今を愛せるように

 本日は品川区総合体育館剣道場にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないました。3月最後の土曜日ということで、体育館も全体的に利用者が少なく静かでした。今日は台湾旅行から戻られたFさんからお話を伺い、なんだか私も台湾に行きたくなってきましたが、今年の8月にパスポートの有効期限が切れてしまうため、機会があれば行って見たいものです。Fさんお土産ありがとうございました。

 学校では終業式を迎えた方も多い事でしょう。昨日は高田馬場でI君と稽古をいたしましたが、昨日は終業式でピアノの伴奏を務める大任を全うし、卒業生を送る感動の瞬間であったと思われます。

 学生、社会人、それぞれに動きのある時期ですから、そうした中でいろいろな選択をして出会いであったり別れであったり、偲ぶ思いに何かを見つけるのではないでしょうか。

 本日の講習では、生徒Nさんの紹介で体験参加に来られた方がいました。今日は杖術の講習でしたが非常に興味深く取り組んでいただいたのが印象的でした。今日の講習はどちらかといえば少人数(3~4名)でおこなう内容でしたので、自由に動く稽古や十一之型などは、やはり自身を見つめておこなうものであり、集団でおこなう空間としてはいささか難しいものがあることを感じました。私自身一つ学んだ事は、人数と空間スペースによって、講習内容というものは見極めて行かなければならないということです。今後は、集団でおこなう空間内で違和感を感じずにおこなえる内容というものを考案していかなくてはなりません。端的に言えば、人目を気にせずに出来るもの、もしくは人目がプラスに働くもの、人それぞれですが、そうした空間で伸ばせるものを伝えていくことが私の役目でもあります。ですが、感覚を意識しない稽古にだけはならないように気をつけていきたいと思います。

 今夜はラジオでミニー・リパートンの「Loving You」が流れていましたが、歌の力、素晴らしさというものを31歳で亡くなられたミニー・リパートンから強烈に感じます。

 季節の変わり目であったり、懐かしい音楽であったり、思い出の場所であったり、その瞬間・・・・・・あの頃の自分が思い出されてしまいます。そして今も・・・・・・いつかはあの頃になるのでしょう。

 いつもの何気ない暮らしが、数年後数十年後には、ある瞬間に掛け替えの無い人生の一ページとなるのなら、今生きている何気ない日々は、きっと素晴らしい日々なのでしょう。

 あの頃は記憶の中だけであり、存在はしないもの。今の今を愛せるように、そうした日常を送れる暮らしに生きている実感を求めていたいものです。

 明日も品川区総合体育館で夕方から夜まで続けて講習をおこないます。明日もみなさまとの稽古を楽しみにお待ちしております。


 2017年4月22日(土) 「杖術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-26(Sun)
 

生き方の間を変える

 さあ、今日も一日最後の締めくくりとなる記事に取り掛かるがすでに時刻は深夜2時を回っている。明日は12時から講習会があるため、今夜は高速で書き記したい。

 今日は暖かい一日となり、三連休の中日ということもあってか、Gold Castle 殺陣&剣術スクールの講習では、昼間の部がかなり少ない参加人数となり、そのうちのお二人が体験初参加ということで、こういうこともたまには起こるのかと思ってしまうような昼間の部でした。そのため各人それぞれにジックリと見る事ができました。

 夜間の部はいつも通りの人数となり、今日からHさんが道衣に袴姿となって凛々しくなられました。私としましても、体験参加から生徒になり、その人それぞれの段階を経て自らの意思で稽古着を揃えられることには嬉しい気持ちになります。

 稽古着に関しましては、私は特に稽古に差支えがないものと思っておりますので強制はしておりませんが、そろそろ自分も揃えたいと思われていらっしゃる方は、いつでもご相談下さい。

 殺陣クラスでは、払いからの流れを少しおこないました。「間」が大事になってきますので、今後はそうした部分を皆さんそれぞれ掴んでいけるように、感じ取れるように稽古していきましょう。

 剣術クラスでは、集中して取り組める内容と、剣の操作の正確さを引き出す内容をおこないました。また身体の中心というものを意識しておこなうものも取り入れました。細かい精度には技術の裏づけがありますので、今後はそうしたこともお伝えしていければと思っております。

 帰宅後は、久しぶりに私の武術稽古の仲間であり、何でも話せる間柄の青木賢治氏と電話で1時間ほどお話をしました。青木さんとの会話は、まるで武術稽古のように、うっすらとした本筋の中に、さまざまな話題が共通の価値感の中で色々と移り変わり、またその変わり方が自分でも面白い。真剣な話のなかに大笑いすることもあり、さまざまなことが同時に入り混じったような会話が出来る数少ない、まるで血縁関係があるのではと思ってしまうほど話しやすい方です。

 今日はそのさまざまなお話しの中から、気合いに関して、起こりを無くした細く通りの良い気合いを発したらどうなるのか、ということについて、以前私はそういう気合いを受けたことがあるので、その時の分かっているけど身体がビクッと反応してしまうという不思議な体験をしたことから、今日の会話の中でフト思い出し、今度の私の稽古会で少し行ってみようかと思います。

 ツイッターやメールなど通信手段はありますが、やはり電話でお話するというのは、いわゆる編集の出来ない「生放送」な訳で、こうしたやりとりというのは濃密なものであります。「礼儀は表面的であるが、仁義は内面的である。」というような言葉が思わず引き出されてしまいましたが、人の何処を観るのかということは、己が他人に対しておこなう行為に反映出来るものです。私といたしましては、観るもの感じるものの景色を変えていくことこそ、己に対する空気や水が綺麗なものとなり、健康に瑞々しく生きて行けるものと思っております。3月もあっという間に去っていこうとしていますが、今年は私自身、景色を変えて生きて行けるための予測と対応をおこない、それが自然と身に付くようにおこなっていきたいものと思っております。それは「生き方の間を変える」ということなのかもしれません。この言葉は今の今具体的なものとして出てきましたが、忘れないようにしておきたいと思います。

 明日は、品川区総合体育館剣道場で「抜刀術特別講習会」をおこないます。久しぶりにまとまった人数が集まりそうですので、常連組と初心者組とでそれぞれおこなっていきたいと思います。

 また居合刀を購入される予定の方もいらっしゃるようですので、楽しみにしております。今後購入を考えておられる方は、経験上ここはチェックしておいた方がいいということがありますので私にご相談下さい。

 それでは開始時刻から10時間を切りましたが(笑)、明日も会場でお待ちしております!


2017-03-20(Mon)
 

爽やかな風のように

 本日は品川区戸越体育館にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこなった。「素肌寝」の影響か、疲労の回復が今までよりも高まっている気がしている。暖かいことと、睡眠の質が向上する事から、もはや元に戻ることは無いだろう。難点と言えば、寝巻きを着て寝るのが何とも寝苦しくなってしまったこと・・・・・・。

 Gold Castle としては、2/26(日曜日)以来の戸越体育館となり、会場入りする前に近くの交番に伺いOさんとお話をする。以前、手裏剣のお話を伺い、なんと今日はその時の事を覚えておいてくださり、棒手裏剣に加工したものを三本竹筒に入れて頂く事となった。

 今日は早めに来られた生徒のYさんにその手裏剣を見せながら、「人生は面白いねぇ・・・・・・」と、こうしたOさんのような爽やかな風が吹き抜けていくような方とのひと時は、実に心地よい瞬間なのである。

 さて本日の講習では、久しぶりの戸越体育館だったせいかFさんが間違えて五反田の総合体育館に行かれたそうでしたが何とか無事に戸越体育館の方へ駆けつけて来られました。4月の2週目からは土曜日も二コマ開催となるため、今まで以上に会場の確認は念を押しておこなっていただきたいものと思われます。もっとも私が間違えると大変なことになってしまいますので、私が一番気をつけなければなりませんが・・・・・・

 今日は久しぶりにYさんが土曜日に参加され、普段のお仕事がデスクワークということを伺い、肩甲骨の運動を幾つかお伝えいたしました。これは、ミネアポリスの加藤氏や井上欣也さんから教わったものに、私なりに取り組んでいるものを、肩が凝るという人にお伝えしています。

 今日から正規受講生となられたOさんは、道衣に袴姿で受講され、これまでの体験期間と比べて取り組む姿勢に好印象を感じました。これからの講習が楽しみです。

 講習では「福袋之型」を最後までおこないました。今後は相手を付けたりしながら、精確な操作が出来るように取り組んでいただきたいと思います。

 最後は「四人斬り」をおこないました。正確には、三人斬って一人突くのですが、これは体捌きを練るための稽古としておこなっています。四人斬って納刀まで5秒を切るようにおこなっていただいたところ、ベテランメンバーの皆さんもかなりの方が切れるようになっていました。次回もこの「四人斬り」はおこないたいと思います。

 講習後は、Fさんと生徒さんの声に掲載する写真撮影をおこないました。撮影をして下さったWさん、文章を書いて下さったFさん、ありがとうございました!私もこれを読んで励まされると同時に、よりよい教室運営に向けての気持ちが強くなります。

 明日は、12時00分~14時00分 品川区総合体育館 柔道場と18時30分~20時30分 品川区総合体育館 剣道場にて講習をおこないます。今月は今のところ体験参加の受付には余裕がありますので、ご連絡お待ちしております。


 2017年3月20日(月)春分の日 「抜刀術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-18(Sat)
 

空間の質の向上とともに、それに合わせた楽しみ方に私自身変える必要性を感じた

 昨夜は部屋の中からいつ置いたのか覚えていなかった免許証の更新ハガキが見つかり、まだ一ヶ月以上の猶予があるので安心したが、こうしたことは早めに終らせておきたいので今週中には更新に行って来ようと思う。これまでは都庁で済ませていたが、今回はどっこい「違反」区分だったため、品川区か江東区の試験場に行くつもりである。おそらく今後は車の運転は滅多にしないと思うので、再びゴールド免許を目指して、こうした更新の煩わしさを減らしたいものである。

 Gold Castle の生徒の中には自転車で1時間以上掛けて来られる方も何人かいらっしゃり、以前私が共演させていただいた俳優さんも電車には乗らずもっぱら自転車が移動手段であった。バイクの方もいらっしゃるが、私としても電車の移動が無くなればどれほど余計な心情に気を使わされずに済むだろうかと思えてしまう。修行が足りないといえばそれまでであるが、出来ることなら駅のホームと電車内の空間は避けたいものである。2020年東京オリンピックになると、ますます駅の混雑は大変なものとなるだろう。それを思うとバイクにしたいところであるが、下駄で歩くことが稽古にもなっているので踏み切れないところである。

 さて本日も先週に続き同じ会場で続けて講習をおこなうことが出来ました。そのため、今日は夕方の部が終わった後、6名の方が30分程自主稽古を熱心におこなっておりました。私もいろいろと質問に答えながらあちこちと見て回り、合間にチューブ系のゼリーや一口サイズのパンなどを補給しながら次の夜間の部に備えました。

 今日はTさんがダブルヘッダーで受講され昨日の土曜日の講習と合わせるとトリプルヘッダーでの講習参加となりました。とくに今週は「杖の差し換え突き」をおこない、締めに五十回おこなう内容でしたので、それを三回おこないましたので、かなり身体に良い刺激が注入されたのではないかと思います。もちろん、私も同様におこなっておりますが、私は見ている時間がありますので、生徒の皆さんにとりましては疲れた方もいらっしゃったようです。

 今日も体験参加を終えて新しい生徒が二名加わりました。3月は予想以上にお仕事や舞台の関係でお休みになられている方がいますので、4月からより活気のある講習になるかと思われます。

 これからもいろいろな方が訪れるかもしれませんが、私の提供する空間は私の責任の中でおこなっていくものですので、そうした中での時に厳しさを伝えることも今後は必要になってくるかもしれません。敷居を下げ、ある程度の形にはなってきましたが、今後は生徒の成長段階に合わせて、そうした踏み込んだ指摘が必要になってくるのかもしれません。気が弛みだしたりマンネリ化すれば、自ずと体制は弱くなってきます。技術だけが上がればいいというのは、実は技術が上がっていないことでもあります。生徒の中には技術だけでなく、人間的心の成長を求めていらっしゃる方も見受けられます。そうした方とより発展的で有意義な時間を共有出来るような対応を心掛けていくことが、これからのGold Castleにとって必要なものとなっているように感じております。

 危機感を持たなくとも、最善の選択が出来るように、常日頃から心を磨いて置く自分への時間の作り方が大事である。厳しさはある日突然訪れるものである。それは己の心が引き寄せたものとも言えるだろう。


 2017年3月20日(月)春分の日 「抜刀術 特別講習会」
 (お申し込み受付中)

 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年3月 稽古日程

 2017年4月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-03-13(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『Gold Castle 殺陣&剣術スクール』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR