未知なる道へと

 福岡のお菓子に「博多の女(ひと)」というのはあるが、都内に住んで13年が過ぎ「東京の人」という実感はほとんど無い。考えてみれば慌しく日々が過ぎていた。それは東京で生活しながら当時の夢に向かっていたからであり、それが当然という日々の価値観であったからだ。だが、そういう道筋の分からない日常というのは常に不安と隣り合わせでもある。時の流れは冷酷に感じることもあるが、そうしたものはその当時の未知なる物を知らぬ価値観であり、まだまだ重要なものを時の流れと共に知っていくことになる。何事も経験と向かっていく行動力が、これまで見えなかった道筋を照らしてくれているようにも思える。ひとそれぞれの道筋。東京で長く生活をしてきたが、これからの道筋はある意味、自分で道を整備して行かなければならない道とは言えない道を通らなければならないのかもしれない。

 秋雨のせいか、今夜フト感じることは、東京に住んでいるという実感をもてる日々の暮らしや人との出会い、そうしたものをこれからは築いていきたい。東京という街はさまざまに入れ替わりが激しい。そのため人と人との関係が希薄になりやすいものである。だからこそ腰を据えてその地に根を張りなにかを確立していかなければならない。今ある活動が数年後数十年後になっても輝く想い出となるように、稽古を通じてご縁のあった人がその日々を良かったと思えるような、そういう足跡を残していきたい。

 さて、本日は戸越体育館でW氏と稽古をおこなった。東京生活の中であまり満員電車に乗る事はなかったが、この隔週水曜日の稽古は剣術稽古の前に私の殺陣研究もおこなっているので、早朝の山手線通勤ラッシュに乗らなければならない。しかしながら、これを毎日続けている会社員の方は大変なストレスであろう。このような通勤の日々を毎日何年も送っていては精神的におかしくなっても不思議ではない。私自身、移動と食事と稽古は毎日の欠かせない手段なのでなるべく無理の無いようにしたい。

 殺陣の研究稽古では、細かい構えや形の修正をおこない、立廻りでは来年あたりにおこなう動きがほぼ出来上がった。今おこなっているABCDとの立廻りからの流れなので、先を急がずに課題を克服しながら進めていけるようにしたいと思う。全体的にレベルが上がってくれば非公開での動画を撮ってみてもいいかと思う。だが、今はまだそこまでのレベルでは無いので、動きを覚える事や速く動けることだけが上手いと勘違いさせないためにも、基礎的な部分をおこなってそれぞれに課題を見つけてもらいたいと思っている。

 杖術では、月曜日に考案した新しい技をW氏相手におこない、一応互いの動きはこれで決める事にした。お辞儀潰しでは、これに抵抗しようとした相手への対応を稽古したが、有効な方法を見つけるも今度はその方法も対応策が生まれ結局課題が残る事となった。ただし危険であるが故に試せない有効な方法もあるので、その方法以外での手段の模索が今後の課題。

 体術では、指の形により利きが大きく異なることが確認できた。I君I氏W氏相手にそれぞれ検証できたので次回井上さんと稽古をおこなった時にお伝えできればと思う。さらに今日は腕の使い方に得るものがあった。腕、肩、手首、それらの位置関係などから、昨日までより強力に利くようになったものがあるので、他の方でそれを試したいと思う。おかげで今日は左右の両肩が筋肉痛になってしまった。

 10月は私もそうであるが、周囲の方々も少し充電期間となっているようだ。それはその後の展開を身体が予知しているから、そのための準備を身体が整えようとしているのだろう。最近はそういうことがなぜだか解るようになってきた。考えるというよりは、感覚的に感じている。外に出ればまだまだ知らない世界は沢山ある。いま生きている世界は同じ日本、同じ東京内においても、ほんの一部しか見えていない。だからこそ生きていけるのかもしれないが、その一部が私にとってどのような世界であるのか、それはそれを想う人の心が多種多様な世界観を生み出しさまざまに世の中が蠢きそこから生じる問題や争いの中で何とか救いのある日常を求め蠢いているのであろう。出来ることなら、無駄を省いた効率とゆとりのあるの生き方のなかでバランスよく発展し続けていきたい。それには、日常の安定したサイクルの確立と同じ時間軸の中で生きている方との出会いを通じて、学びや指針を頂き、自由で難しく無い関係性の中で互いをリスペクト出来る、そうしたファミリーのような才能人が集う場を持つことも今後は重要になってくるような気がしている。

 東京に住んでいる事の意味とそのありがたみを感じられる、私も「東京の人」として遅蒔きながら仲間入りしたい。


金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-19(Thu)
 

スカイツリーの色は主として粋と雅と幟の三種類らしい

 今夜は星空が綺麗に見える。東京の河川が昔に比べて綺麗になったように、大気の浄化と灯りを消せば東京でどれほどの星空が見えるのだろうと思ってしまう。これだけ人が住み高層ビルが建設された今では、治安や安全上の理由から電気を消す事は出来ないだろう。もし20分間だけでも消灯出来たら実際どれほど見えるのだろうか…それでも排気ガスや煙で思ったほど見えないのかもしれない。

 今朝は「高齢者のための剣術教室」に行き、いつものように皆さん元気に取り組んでいただきました。私もいろいろと身体の事を考えて安全におこなえる内容を考えております。「反転打ちからの追い打ち突き」は出来る方が増えてきました。ペアを変えながらローテーションしていきますとかなりの運動効果があります。結構難しい事をやって頂いているのですが、これまでに少しずつ持ち替えや打ち込みに突きなどをおこなってきておりますので、知らない人が観るときっと驚かれるでしょう。

 最後は鞘付木刀を使って、切っ先が抜けるギリギリのところまで身体を開いて刀を抜く動きをおこないました。これは左右共におこないましたので、右腰に帯刀し不慣れな左手での抜刀間際までの運動をおこないました。これは、刀を抜くという体捌きを身体全体の運動として、柄に手を掛ける位置を柄頭寄りとし、後ろ足を開いて腰を開き肩甲骨を寄せながら鞘を引いていくことで、かなり身体に効いてくると思われます。とくに柄に掛ける手首の角度が、抜く際における背中の形状に大きな違いが生じます。

 今日はレストランで食事をいただき、ワイワイと賑やかに談笑いたしました。雨もほとんど上がり傘を差さなくても帰ることが出来ました。


 夜からは住吉でI氏と稽古。私の稽古会は少人数でおこなっているが、I君含めイニシャルIの方が三名となっている。今日も空いている武道場でI氏とともに細かな技術的な操作をジックリ稽古した。

 視覚に頼らない、眼を瞑って意識しにくい感覚を養う事も稽古の方法としては必要である。もちろん眼を瞑らなくても身体を観る癖が出来ていれば視野というのはそれほど見ていないものである。

 今日は「万乃型」にいろいろと変更点が見つかった。大きな変化ではないが、さまざまな箇所に及ぶ。11月の稽古から皆さんにお伝えしたい。

 今夜も2時を回ってしまったが、明日は午前中から移動となる。明日もいろいろと試したい事があるので中身のある稽古となるだろう。


金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-18(Wed)
 

寒い秋

 吐息が白くなるほどの寒さとなった今日は、高田馬場でI君と稽古をおこなった。今日は武道場が空いていたので少し寂しいような感じがしたが、数年前は月曜日といえばいつもこんな感じであった。ここ数年で居合いと殺陣の人口が増えてきた。

 稽古では、新たな杖の型稽古を試みた。これは演武用にイメージしていたもので実際におこなったのは今日が初めてである。お伝えするにはまだ私の中で整理出来ていないので、しばらくは私自身がこの稽古から何かを得ていきたいと思う。

 その後も幾つか新しい動きを試したが、まだ納得できるものとなっていない。杖術、剣術ともに新たな型稽古を考案したいと思っている。

 最後に体術をおこなった。I君も体術に興味を持ち始め、少しずつであるが変わり始めてきた。私としては手の形で利きが断然変わるものがあったので、今度別の人とおこなった際に試してみたいと思う。


 11月26日(日)19時00分~19時49分 BS1 NHKにて「東京オリパラ団」という番組にIくんの小学校が取材されたようです。I君も映っている可能性がありますので観てみたいと思います。


金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-16(Mon)
 

人の魅力生き様

 今週も木曜日が終わった。明日は武道具屋に行き、その後は企画の整理をおこない、より具体的な部分まで一応決めていこうと思う。明後日の杖術特別講習会の内容と、初めてである文京総合体育館での開催についての再確認もしなけらばならない。もちろん懇親会会場への再確認も。振込み手続きもあり、なんだかんだと不備無くおこなわなければならない。まあしかし、そうした事務的手続きや頭の整理があっての身体表現とも言えるので一人でやっていると全てが把握できるので全ての作業が苦ではない。

 本日は、高田馬場でW氏と後藤氏と稽古をおこなった。今日は初めに後藤氏に皮膚の接触から力感や肩甲骨の状態を感じてもらい、そうした接触圧が変わらなくとも、内部の変化が「質感」となって伝わる事をお伝えした。皮膚から感じる接触の質感であるが、接触しない質感と言えば、視覚から感じる捉えきれない質感となるのだろうか。あくまで想像であるが、視覚からなる経験という人間の優れた計算力を逆手に取った方法をいかに工夫しておこなえるか…

 杖術では、「十一之型」を最後までおこなった。今日は試しに膝行しながら少しおこなってみたが、合気道経験者には興味深いものとなるだろう。私としても新たな自分の稽古として本格的に「膝行十一之型」を考案しようと思う。

 剣術では鹿島神流にある「足払浮舟」を参考に、千鳥足を廃し浮きを掛けて両足を開いて腰を落とす形に変更した。足払いに対する受け方は他にもあると思うが、この足運びと剣に重さを乗せる重心操作は稽古として得られるものがある。

 抜刀術では、「懐月」と「稲妻抜き」をおこなった。あらためて懐月は鞘を引くのは僅かであるが、その最後の重要な手の内や腰の開きを自得するには向いている技といえる。稲妻抜きは、甲野先生の技をS師範から学び、私の中でかなり変更に変更を重ねた技であるが、初期の頃は、2010年に撮影された動画があったのであるが、私がその映像を人に貸してしまい結局あげてしまった形となった。あの当時はYOUTUBEにもアップされていたが、当時のS師範の厳しい袋竹刀での籠手打ちを外して籠手に斬り付ける稽古は、当時かなりおこなっていたが、籠手が真っ赤になるほど強く打たれたものである。収録の最後に趺踞からのタオル抜刀(タオルを離して地に落ちる前に刃で打ち飛ばすもの)もその場で初めておこない二回目で成功した。当時は、私が映画に出るというお話の元武術稽古をおこなっており、その都度映画監督の方が稽古場に来られテスト撮影をしていただいた。配信は出来ないが、今でもそうした幾つかの映像を持っているが、さすがに当時の動きは見せられるものではない。(もっとも今現在も恥ずかしい動きを晒してしまっているが…)

 稽古後、更衣室でいつもここでお会いする殺陣の先生とご挨拶し、今度下北沢のスズナリでご出演される舞台のチラシを頂いた。この方は以前から殺陣の指導風景などから、お人柄に惹かれるものを感じ、私の教室以外でお勧めするならこの方の教室だろうなと思っていた。今日初めてお名前を知ったのであるが、思っていた通りの、いや、思っていた以上の経歴の方で、それを感じさせない(逆に感じていたのだが)雰囲気に学ぶべきものを感じていた。日程が整えば舞台を観に行きたいと思う。

 役者というのは、やはりその人そのものの魅力がなければならない。演じている間だけ魅力があるのは間違いであり、普段の魅力が演じた際に伝わるものだと思う。人柄や生き方に感動して、演目よりもその人の芝居を観たいと思わせるような中身のある役者がいい。アルバイトで疲弊した日常ではなかなかそれは難しい。自分のためになるアルバイトや仕事を探すのは至難であるが、役者という仕事で成立させていくにはその至難を己の糧にしていかなければならない。

 私の知っているひとでも、見た目からは想像出来ない苦労といえるアルバイトを色々と経験されてきた方がいる。そして、それを苦労と思わずに話されているから驚かされる。そういう人はそうした普段の姿にこれまでの向き合い方が輝きとして備わるものなので応援したい気持ちになるのは自然である。

 夜からは場所を住吉に移して、先日の振り替え稽古としてI氏と稽古をおこなった。今日は合気道の団体が十数名いたので、珍しく混雑した中での稽古となった。

 脚鍛稽古、杖術、剣術、をおこないあっという間の二時間が過ぎた。帰りは途中から雨が降って来たが高下駄でダッシュして横断歩道を渡り駅に潜り込んだ。自宅最寄り駅に着くと雨はあがっており、難無く家路に着いた。

 退路を断つというのは、決心の要ることであるが、私としても週休二~三日、ボーナス年二回の生活を六年続けたが、それを捨ててそこから長いアルバイト生活を送りさまざまな地でさまざまな人と出会い、一瞬の輝きのための長い苦悩生活が長く長く続いた。遠回りをしたとは思っていない。それはやはりその時の苦悩や助けられた人からの思いが自分自身に大きな影響を与えそれが私という人間になっているからだ。そしてそうした経験は人を見ても見えてくるようになる。どんな状況になろうとも、己の糧となるようにすることで、後々の自分を助けてくれる事になる。そうしたことは、退路を断つことがまずはスタートだと思う。今私が舞台で観たいのは、演目自体というよりも、観たい役者の生き様に興味がある。私の場合そこを観たい。


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(残り二名となりました)

金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-13(Fri)
 

冷え込んだ秋の夜

 先ほど終電一本前の電車で帰宅して1時30分を回ったところ。今日も充実した一日であった。

 まずは、少しずつ映像制作の企画を進めており、今回は私も演武映像というよりは作品としてこれまでに無いものを作りたいという考えから、徐々に形になり始めてきた。プロの方々のお力を借りて今出来るもの。そして後に残せるものとして大事に進めて行きたい。

 午後からは高田馬場でW氏、K氏、後藤氏とともに稽古をおこなった。昨日の体術稽古で左の効きをK氏に試したが、やはり両手で受けられるとさすがに厳しい。だが右よりも左の方が効きが良いことは確認できた。

 杖術では、「四方突き」を集中的におこない、その後「十一之型」をおこなった。秒数制限を設けると失敗しやすくなり、大体同じところがミスしやすくなる。そのため、なんらかの原因があるためその部分を稽古して修正していく事が必要となる。ゆっくりおこなう稽古と秒数制限を掛けておこなう稽古の両方で気付くものがある。

 剣術では、「受け流し」をおこなった。やはりこの受け流しは相手に降伏の機会を与えるべく相討ちの無い位置取りとなり寸止めにておこなうことで、なぜおこなうのか?という問いに納得が行く。刺せば手っ取り早いが降伏の機会を与えようとすると相討ちになりうるし、払うことも出来るが後の先とはならず、斬割のように割り行って突きつけてもいいが、やはりの受け流しは剣の操法などによる流儀も関係しているのだろう。

 昨日の稽古で初めておこなった、相手の首の後ろに峰を返して潰していく稽古が予想以上に稽古となった。これは体術に近い力の使い方でもあるが、後藤氏の柔らかさと力の方向の感覚には、受けていて気持ちが良かった。こうした稽古は一見痛そうに見えるが、上手な人がおこなえば受けていて気持ちいいものである。力がぶつからず通していくことが大事。かといって受け手が始めからそれに備えて重心を後ろに掛けていたら、こうした稽古は進展しない。もちろん、分かっていても技が効く事が一番であるが、それ以前の、力の使い方やその通り道を学ぶための稽古として、「効きを探るための稽古」が大事である。

 次に剣術で「峰渡り」をおこなった。これは私の突き返しからの進化版である。最後に後藤氏が左手MPで一気に270度回転させてみてはという提案に、そのための、最初の受けの際に柄を持つ左手の握りが、MP関節を返した状態であることが重要であるとわかった。そのことにより、左手MPの締めが峰を渡りながらかつ重さを掛ける事が出来る。このところ何故だかMP関節からの発見が多い。もしかすると、足のMPも歩法や浮きに何らかの効果をもたらすかもしれない。

 最後は抜刀術「飛燕」をおこなった。今日はこの一本だけ集中して取り組んだが、それぞれに進展があったように思う。


 稽古が終わって一旦帰宅し、夜からは甲野善紀先生のメールマガジンの動画撮影とそれにともなう稽古のため松聲館に行ってきました。ツイッターに、夢で武術の技に対する根幹的な気付きを得たと書かれていましたので、ドキドキしながら伺いました。

 20時から23時45分頃まで稽古と撮影でしたが、力が出せない不思議な感覚にただただ驚くばかりでした。私としましては田島さんに左の切り落としを受けて頂き、右との違いに実に的確な考察で納得いたしました。余計な癖の染み付いていない左に、右との質の違いがあるようです。

 今日の先生の技には、これに対応するには果たしてどうすればいいのかと悩んでしまうものでした。ですが、対応する手掛かりに気がつく事があれば、大きな進展となりそうです。最後に杖を掴まれた際の対応法を何度も教えて下さいました。私がおこなってきたものと全然違っており、研究したいと思います。それから演武撮影に関してのご了承も頂きましたので、杖術、剣術、抜刀術、それぞれ抜粋しておこないたいと思います。


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年10月 稽古日程

2017年11月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-10-06(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR