一喜一憂の間合い

 気持ちのよい月曜日の今日は、夜から高田馬場でT氏と稽古をおこなった。自宅から駅に向かう道中、フト「人間というのは自分の身の回りの出来事に対して一喜一憂しているが、よく身の回り以外のことを気にせず一喜一憂できるものだ……」とさまざまな事が今その瞬間にも起こっていて、それに関わっているかそうでないかで自身における心の状態はまるで変わってくる。つまりは、どこかで自分自身に影響のあること以外は気にならないようになっているのであろうか……いや、災害のボランティアなど、人の心はいざというときは関わりが無くとも行動を持って示している。身の回りのご縁が繋がっている方とはこの広い世界でおこっているさまざまな出来事の内の一つとして大切に守っていきたいものである。同時に、身の回りでなくとも、遠くに目を向けた事で感じる部分は養っていかなければならないとも思う。個々の世界は人それぞれであるが、やはり一番は、ご縁のある大事な人達を大切に素晴らしい時間を少しでも長く継続できることを願いたい。今日はどういうわけだかそんな事が頭をよぎった。

 
 本日の稽古では、抜刀術の「懐月」に少し変更点が加わった。といっても瞬間的な動きに関する部分は全く影響していないので、二之太刀というか突きに関する部分での変更ということに留まった。頭の中では刃の向きが上下逆になったり、峰に手を添えたりと実際におこなってみたところ、意外にスムーズに出来たものの、刀の刃の上下が入れ替わっただけで重心位置が変わりやりにくくなったことと、同時に右肩が詰まるということに気がついた。見た目的にも刃が下であるほうが形として説得力を感じる。T氏が来たところで、打太刀をお願いし、間合いの確認と新しい突きによる動きを確かめた。あらためて、新しくしようとした懐月であったが、これまでの身体の使い方、刀の向きなど、やはり変更には至らぬ形であることが再確認できた。その後の突きは、相手との間合いの問題から離れる訳には行かないので変更せざるを得なかった。合わせて納刀もこれまでの逆手納刀から縦納刀に変更した。この「懐月」は9/23(土曜日)におこなう「抜刀術 特別講習会」でおこなう予定である。

 T氏との稽古で呼吸の意識が話題になったが、呼吸を意識しすぎてしまえば、かえって不自然になりやすいので、呼吸を忘れても落ち着いていられる状態でなければならないと言ったような気がする。もちろん、落ち着かせるために呼吸法を取り入れておこなうヨガでは呼吸を大事に集中しておこなっているものであるが、共通していえることはリラックスした状態であること、力みが無くなり横隔膜が下がり、呼吸が自然と深くなり、結果として息切れしにくい状態となっている。

 現代人はなかなかリラックスした状態が作り出せないため、さまざまな不調が身体に表れやすいのではないかと思うのである。交感神経と副交感神経の働きであるが、ヨガの良いところは、呼吸や瞑想などで副交感神経の働きを活かし、身体の不調を自らの自律神経のコントロールにより整えているのである。仮にヨガでなくとも、そうした副交感神経の働きが生まれるものをおこなうことで、日常のストレスによる体の変調が整っていくものと思う。稽古では大きな気合を発することもあるが、心身の状態としてはリラックスした状態でおこなったほうが「発展的な気づき」が得られやすいように思う。まあ、武術稽古で副交感神経は働きにくいと思うが、リラックスしておくことは呼吸の乱れも明らかに違うし、技の精度にも関係してくるだろう。

 杖では久しぶりに指先で弾く持ち替え方をおこなった。これはほとんど伝えていないやり方であったが、今日は身体に負担の少ない内容でおこなうため、私もひさしぶりにいつも無意識でやっている持ち替え方を細かくお伝えした。見ていると何をやっているか分からないと思うが、杖に回転を掛ける事で、掌を駆け上がってくるような感覚で杖を持ち替えるというもの。止め時が難しくなる系統の内容であるが手之内の微細な感覚が養われることは間違いないだろう。

 今夜は珍しく武道場がガラガラであった。数年前までは月曜日の夜は数名しかいない状態であったのだが、ここ近年は小規模の団体がここを利用するようになり曜日時間帯を問わず賑わうようになってきた。私もここでの稽古は長くなってきたが、挨拶を交わすようになった他団体の指導者の方とここでお会いすることも楽しみになってきた。挨拶を交わし好意的になるということは、一喜一憂の間合いに入ったということでもあり、大切にしたいと思う気持ちが芽生えるということである。人と出会い、人を知るということは、大きな学びとなりありがたいことである。


2017年9月23日 「抜刀術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年8月 稽古日程

2017年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-08-22(Tue)
 

未知なる動きを求め、また未知なる人を求める

 失われた八月の夏となりそうな勢いであるが、こうした曇り空の天候が毎日続けば心の状態に何らかの影響が起きそうな気もしている。だが、有り難い事に稽古は未知なる発見に出会える可能性もあり、そこで出会う人とのやりとりの中で、間接的にさまざまな部分を見せていただいている。そうした心に響くような環境で日々稽古をさせていただいていることは非常に幸せなことである。

 夏休みの影響か、高田馬場の武道場も今日の午後は混雑していた。幾つかの殺陣団体と居合の学生達がひしめき合う中、W氏とG氏らと14時から16時まで稽古をおこなった。

 今日は久しぶりに、浮きを掛け落下していくことで時間的余裕が心理的に働いてくるということが実感できた。その他には、剣術での「裏交差からの斬付」において相手の正眼を極近い距離に置くことで、より厳しい状況から動き出しの脚部の操作と右手首の巻き込みと左手による引き込みが瞬時におこなえるかということが稽古になった。やはり剣術稽古では、初動における身体各部の統御が重要であると思うので、抜刀術もまた然り、私が体術を研究するなら初動における各部の統御と接触面(点)における皮膚の感覚からなる情報操作、この辺りが非常に難しいものであるが、圧や通し方、離し方、そこに剣術や抜刀術の感覚が如何に通じるかがテーマである。色々な技術や情報は蓄積されているが、やはり自らのものでなければ進展はしないし技というものにはならない。
 
 抜刀術では「懐月」(かいづき)をおこなった。稽古後変更点が浮んできたので、次回その動きが使えるものなのか検討したい。


金山剣術稽古会  

2017年8月 稽古日程

2017年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-08-18(Fri)
 

抜刀術稽古で調子が整う

 本日は高田馬場でT氏と稽古をおこなった。その前に40分ほど一人稽古で抜刀術をおこなった。納刀に関しては感覚的に以前よりも切っ先が一気に鯉口に入っていけるようになった。こうした稽古は稽古期間が空いても落ちていかないので有り難いと感じる。もっとも、毎日稽古しているが一人稽古はまた違ったものなので、この時間が無ければ私は進めなくなってしまう。いわば技術の進展と身体操作の追及が何かを生み出していくものとなり、やはりこの時間が生きていてもっとも大切な時間であろう。

 今日の抜刀術稽古では、幾つか変更点や進展は見られたが、何より身体の調子がここしばらくの中で久しぶりに軽く動いてくれた。私の場合、オーバーワーク傾向にあるので、患部の痛みなどからそのあたりを気遣うようになったことで、動き易くなったのだろう。そういえば以前数ヶ月前にも戸越体育館の稽古で驚く程その日は抜刀術の動きがこれまでに無いものだったので、その原因が分からないままであったが、おそらくオーバーワークによるメンテナンス不足が普段のコンディションを落としていたのかもしれない。

 今日は、その抜刀術稽古を40分終えたのち、不思議と身体が軽くなり調子が良くなった。まるで何かずれていた骨格のどこかが正しい位置に戻ったような感じがしている。疲労感が抜け気持ちも向上した。

 時間となってT氏との稽古に入る。一人稽古の影響からか今日は色々なことを話す事が出来た。このところ考えていたことであるが、人としての自分の変化というものは、自分が変わったなら以前の自分ではないので、自分の変化の度合いに気付きにくいのではないかと思うのである。事細かに違いに気がつけるということは、まだ本当の意味で変わっていない筈である。

 自らが変わりたい、変わろうと思っていた時期は長くあったが、周囲がどのように思っているかにより、それが自分が望む姿であるなら、そこが今の自分自身であろう。道を歩くとき、人と会話をするとき、お店でご飯を食べるとき、これまでと何が変わったのか、何が気になり、何が気にならなくなったか、そうしたことが今の自分の変化として気がつける部分でもある。

 稽古では出来そうに無い時と出来た時による景色の違いを検証した。三歩で壁まで届く距離を徐々に伸ばして行き、これは無理そうだなと思ったときのスタート位置から壁までの景色と、安定的に届くことが出来た際の景色というのは違って見えるものである。おそらく間合いと言うのも、そうした感じるものがあり、ある種の景色の違いが違和感となって教えてくれるのかもしれない。

 日常の心理面も同様に、自分の心をどのように満たすことが出来るかで景色が変わって見えるように思う。難しいことであるが、心が安定する範囲内で目標や求めているもののラインを上げ下げすればかなり救われてくる。常に高い目標へ上げ続けるのは、破綻が生じるし不満だらけの思考になってしまう。一日24時間与えられた時間を、考え方でどのように捉えるか、そしてそれを実践出来る生き方がある。健康とは、休息だけではなく、自分が望む時間を少しでも生きていくことで心身が喜び何かの目標ラインが上手く調整出来るのかもしれない。

 今日は脚部の使い方を集中的におこなった。私にとっても今日の稽古は有意義で心身ともにリフレッシュした時間であった。


金山剣術稽古会  

2017年8月 稽古日程

2017年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-08-15(Tue)
 

稽古稽古の日々に感謝

 11月の Gold Castle 殺陣&剣術スクールの開催会場がほぼ決まった。11月はほぼ深川スポーツセンターでの講習となる。アクセスは東西線門前仲町駅から徒歩5~7分、会場は申し分ないスペースと今年改修工事が終わったため非常に綺麗であるのは当スクールに掲載しているホームページの写真を見て頂いても分かるだろう。

 もしもの際に、昨年団体登録した文京区の利用も考えていたが11月は大丈夫である。10月に二回ほど文京総合体育館を利用する予定であるが、スペース的な不安があるものの(戸越よりは広い)ここも会場は綺麗である。本郷三丁目駅からは徒歩5分~7分ほどである。

 会場を決めるにあたってまず一番に優先することは稽古スペースの確保である。戸越体育館柔道場の場合、スペース的な問題から先着8名までとさせていただいている。2015年2月土曜日の剣術クラスの講習で、ここに見学者含めて15名が参加され、大変な密度でおこなった記憶が今でも忘れられない。そのとき初めて見学に来られたW氏があまりの混み具合に途中で帰られたが、百回生となった今の成長をそのときは想像もしていなかった。

 二番目に優先することはアクセスである。なるべく駅から徒歩10分以内、以前世田谷区総合運動場(体育館)を数回利用したことがあるが、電車からバスに乗り換えかなり不便であった。毎週のことであるなら、なるべく乗り換えの少ない電車で駅から10分以内が雨天時の事を考えても理想である。

 三番目は武道場であること。スクエア荏原のような体育館の反面(アリーナという名前であるが)だと、隣でバスケットやバドミントンなどおこなっていることが多く、中央はネットで仕切っているだけなので、やはりアウェイな雰囲気で稽古をおこなうことになってしまう。(スクエア荏原では杖の使用が認められていない)

 最後は料金である。まあ、私の場合料金はあまり気にしていないので、優先順位としてスペースの確保と安定開催のための速やかな確保と変更に伴うキャンセルなど、キャンセル料は会場が少しでも良い場所になれば一向に気にしない。以前に比べて品川区総合体育館での講習が多くなったのもそうしたことからである。

 会場予約に関しての優先事項はそういう事から決めている。

 さて11月の講習であるが、会場の都合から日曜日の開催スケジュールを、土曜日と同じように一時間半で「殺陣クラス」と「剣術クラス」または「杖術クラス」というふうに分けておこなうことにした。そのためこれまでのように、二クラスを一コマで受講出来なくなってしまうことになる。これは会場予約のリスクを考え、また参加人数のことを踏まえ、安定開催のため致し方なく判断した次第である。もちろん戸越体育館ではこれまでどおり日曜日は二クラス一コマでおこない、来年の春に品川区総合体育館の改修工事が終わったら、これまでどおりの二クラス一コマでおこなう。そのあたりについては9月になってホームページに掲載したい。

 そして本日は高田馬場でW氏と稽古をおこなった。ここでマンツーマンでおこなうのは久しぶりであるが、昨日より気温が下がったとはいえ、この程度はここでは全く関係ない。先日G氏がここで四時間の間に5リットル水分を補給したそうで、その汗の量は凄まじいものであった。

 今日はいつもの常連の方々以外に、現代アクション系の殺陣グループが八名ほどいたため、午後の馬場にしては混雑していた。いつもお会いする殺陣の会の先生達と私達の定位置が間逆だったためなんとなく滑稽な気がしたが、先日剣術稽古で突きに対する返し技を今日は幾つか研究してW氏相手に試すことが出来た。入り方は掴めたが、そのあとに今ひとつ技としての成立感に不足を感じている。鹿島神流に「続飯付」(そくいづけ)という組太刀の技があるが、今度はそれをヒントに、中心を取った後の潰し方に技となるべきものがあるように思う。

 稽古後は、いつもお会いする殺陣の会の先生とお話する機会があった。以前何度かこのブログに書いたが、私がこの高田馬場で沢山の殺陣団体を見てきた中でも総合的に見て最もお勧め出来る先生であると記した事がある。

 それは今日お話して確信した。人懐っこさと品格を感じる親しみ易い方であり、互いに刀を使う者同士として良いものを残していきたいという思いがあり、そこには団体や流派に捉われず純粋に良いものを求めその情報を共有し切磋琢磨していくという健全な考えのもと御指導にあたられているからなのか、笑いと真剣さの中、人を伸ばしていくことに愛情を感じるのである。今日は少々込み入った内容の事をお聞きしたが、私とも通じる部分があり、やはり空間を大事にしそこから何を大事にしているのかということが伝わってきた。これからもお会いするのが楽しみな高田馬場のお一人である。

 さてさて稽古三昧の日々であるが、明日は山の日、山と言えば井上さん(笑)。

 そう、井上欣也さんと明日は稽古をおこないます。そして今回は私が初めて井上さんのホームグランド海老名に伺います。そして稽古後は暑気払い!じつはこれが目的であったりいたします・・・・・・(笑)

 初の海老名、楽しみだなぁ。


2017年8月12日(土)「立廻り 特別講習会」
(お申し込み受付中)
第一部 残り受付人数六名
第二部 残り受付人数六名

金山剣術稽古会  

2017年8月 稽古日程

2017年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-08-11(Fri)
 

まるで従兄弟のような不思議な感覚

 本日はミネアポリスから有給休暇で帰国された加藤氏とW氏とともに戸越体育館で稽古をおこなった。今日は東京で37℃を記録したらしく、さすがに外を歩けば瞬く間に汗が吹き出してきた。

 夏に帰国されたのは十数年ぶりという加藤氏にこの暑さと湿度は慣れるまで大変だったと思う。昨年の11月に帰国された時には、東京で観測史上初となる11月の積雪を記録し、高田馬場の武道場から紅葉に染まった木々に雪が積もるという、これまで見たことの無い景色をしばし眺めていた。

 加藤氏との稽古は2013年12月が最初であった。私のブログのお問い合わせフォームから連絡をいただき高田馬場で稽古をおこなったのを今でも覚えている。初めてお会いするのに、なぜか以前から一緒に稽古をしていたような不思議な感覚があった。というよりも小学校からずっと知っているような友人との再会のような感じに近い。もっと言えば、従兄弟のような感じに近いのかもしれない・・・・・・その年以降、毎年暮れに稽古をおこなうようになっているが、その際も久しぶりと言う感じが全くしないのが不思議である。帰国されるまでの間、私はツイッターやフェイスブックなどをしていないし、メールなどの連絡はしていないのにまるで一週間振り位にお会いした感じだからこの感覚は不思議さを超えて奇妙である。

 さて、今日の稽古では「おそらく時間があっという間に過ぎていきますよ・・・」と言った通り、瞬く間に過ぎてしまった。最後に杖の型稽古の動画を加藤氏に残しておこうと思ったが、その時間も忘れるほど稽古に集中した。

 今年に入って新しく取り組んでいる技など全て初めてのものを次から次にお伝えしたので、大変であったと思われるが向こうでの稽古に役立てていただけるならという思いでおこなった。

 加藤氏が驚いていたW氏の動きに「Wさんは二年二ヶ月位ですよ。」とお話したところとても驚いていたのが印象的であった。特に今日は抜刀術「稲妻抜き」の初動時における動きに進展が見られたので、加藤氏に「ちょっと見て下さい。」と思わず言ってしまったほどW氏の初動の動きに目が奪われたのであった。

 おそらくその要因として、分かっていても中々身体がいう事を聞いてくれないことが出来るようになったことが考えられる。それは、踵を進行方向と反対側に蹴り上げることや、柄に手を持っていかず、柄から右手手之内に持っていけることが素直に出来ているからだと思う。素直さには良い面もあれば逆の面もあるが、その良い面が活かせるための稽古でなければならない。

 稽古後は加藤氏と二人自由が丘でご飯を食べた。積もる話もあり二時間位は居た様に思う。いろいろとアイディアというか、いろいろな想像事を話するのは楽しいものである。私の場合、いろいろ浮んでも「これは成功するだろう。」という確信がなければなかなか動かないが、動き出してしまうと自分でも驚くほどの行動力になってしまうことがある。人と出会えれば出会うほど、そうした何かを形作ることの可能性が高まるし、知識と情報と技術と人が有れば、その先の結果はその中身によって見えてくる。今は、中身を向上させ充実を図る事が何より先決であり、そのときになって自然に決まることが何よりだと思う。
 
 次は、暮れにお会いすることになるが、私もさらに稽古を進展させていきたい。そのため一人稽古の時間を捻出して課題としているものの先を何とか進めたいところである。

 加藤氏にはいつも帰国の際には稽古に来て頂き、私としても得難い稽古相手の加藤氏との稽古は有意義な時間である。次にお会いするのは四ヶ月位先になりそうであるが、それまでにどのような出来事があるのか想像もつかない。その日を楽しみに稽古に励みたい。初めての夏の稽古となりましたが、私にとりましても良い想い出になりました。またご帰国の際にはご連絡下さい。ありがとうございました。


2017年8月12日(土)「立廻り 特別講習会」
(お申し込み受付中)
第一部 残り受付人数六名
第二部 残り受付人数六名

金山剣術稽古会  

2017年8月 稽古日程

2017年9月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-08-10(Thu)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR