FC2ブログ

またそれぞれのフィールドへ向かって

 本日は品川区総合体育館にて「抜刀術 特別講習会」をおこないました。

 普段の講習会とは異なり、二時間集中的に納刀法や抜刀をおこないます。とくに抜刀術では動くときは終わっているときですので、動いていない状態、つまりは構えの段階、さらには構えに入る前の段階から既に自らの身体と向き合わねばなりません。

 私のおこなっている抜刀術では、立った状態から始まります。そこから構えに入り、抜刀し、二之太刀、納刀という流れになります。
その間の静の状態をいかに整えることが出来るか、余計な動きを無くし、動へと転ずることが出来るか。一本抜くだけでもかなりの神経を使います。

 この稽古で重要なことは、安易なことで精神の乱れが出ないようにおこなう事です。上手く抜けなかったり納められなかったりしても、動じることなくそのまま最後まで続けて行きます。周囲を気にしたり、誤魔化したりすることなく、自らと向き合いながら、そのように動いてくれない何かを探り心理的な部分において観ていかなければなりません。そうした心理的な部分が動きの実感に反映されますので、とくに常連の方にとりましてはその辺りの変化を感じながら取り組まれている方もいらっしゃったと思われます。

 今日は小学生が二名、高齢者の方が三名と定員に近い参加人数のなか、幅広い年齢層にお越しいただきました。

 これからも、さまざまな方が講習に参加されることと思いますので、これまで以上に私は自らと向き合い、その言葉をお伝えしていかなければならないと思っております。今日の講習で、抜刀術稽古における向き合い方をお話いたしました。稽古とは、何かの目的のためだけにあってはなりません。それは生き方そのものであり、その時間を無駄にしないためにも、稽古を通じて学ぶもの、そこには心身の繋がりが密接に関わっておりますので、心が整って身体が使える、または身体が整って心が定まる、そうしたどちらからも感じる教えが心身には備わっております。そうした教えを授かるためには、稽古そのものに対する考え方が不可欠です。

 小学生のK君と今日初めてのKちゃんは二時間最後まで集中して難しい技を大人と一緒におこないました。興味というのは理由の解らないものでもあります。その興味には自らの意思が強く表れておりますので、そうした身体が求めるものについて時間を使うということはとても重要なことのように思うのです。

 さらに今日は連絡が無く飛び入りで参加された方もいらしゃいました。知人からのお勧めでお越しになられいきなり抜刀術の講習会でしたので心配でしたが、興味を持って取り組んで下さいました。定期的に参加されたいご様子でしたので、土曜日の剣術クラスや杖術クラスがおすすめかと思われます。

 常連の方々や懐かしい方、初めての方に飛び入りの方、さまざまな方が同じ二時間を集中して稽古いたしました。それぞれに感じ取って頂けたのではないかと思います。特別講習会は定期的に抜刀術、杖術、剣術というサイクルでおこなっておりますので、今日のように初めての方でも雰囲気的に参加しやすいでしょう。

 講習後は、前回同様キリンシティ大崎店でおこないました。会場から徒歩3、4分、さらにお店から大崎駅までは徒歩3分程とアクセスとしてはこれ以上無い場所です。

 今回はタイミング良く目黒川の桜が満開で、その綺麗な桜を眺めながら近くのキリンシティへ。店内では窓側の席を予約していましたので、窓を隔てたオープンテラス席にある桜を眺めながら、お花見懇親会ともいえる打ち上げになりました。

 前回もそうでしたが、ファミレスと比べてこんなにも皆さんの盛り上がり方が違うのかと驚きました。まあ、ファミリーのレストランですから、やはりお店の選択は重要ですね。

 今回で二回目となるキリンシティさん、帰り際に店長さんから「次回はいつ頃ですか?」と伺われ、「時間はハッキリ覚えてませんが5/25(土)でお願いいたします。」ということで既に予約をいたしました。講習会につきましては、また近日中に告知をさせていただきたいと思います。

 本日お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

 最後にWさんに撮っていただいた写真を掲載いたします。(Wさんが入っていなくてすみませんでした。)

2019.04.06 抜刀術特別講習会①

2019.04.06 抜刀術特別講習会②

2019.04.06 抜刀術特別講習会③

 また皆さんそれぞれのフィールドに向かわれて行きますが、月に一度こうした懇親会で自然に笑顔になれる場をなるべく長く続けていきたいと思います!


2019年4月29日(月/昭和の日) 「杖整体操」のお知らせ(お申し込み受付中)

2019年4月30日(火) 5月1日(水) 「関西特別講習会」(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ

2019年4月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-04-07(Sun)
 

「杖整体操」 開催のお知らせ

 2019年4月29日(土)に杖を使っての健康法を講習会でおこないます。 

 この体操の目的とするところは、気持ちよさの中で身体が整っていく調整が成される所にあります。その気持ちよさには、杖という一本の丸棒が腕の重さによる負担や心的ストレスを和らげ、バランスの乱れた姿勢を整えやすく出来るところにあります。

 この体操には、痛みを堪えて伸ばすことや頑張りは必要なく、ただ気持いいところを探しながらその位置を見つけた時に、温泉に浸かるような感覚で留まりリラックスするだけです。

 元々は私の身体の調整法の為に考案したものですが、これまでにない身体の心地良さと痛みを堪えることなく気持ちよさのなかで身体の詰まりが取れ、疲労やそれに伴うストレスが抜けていく感じが得られたことから、講習会や稽古会等で色々な人を対象におこなってきたものです。それぞれの反応を受け、内容を整理しより効果的に身体の心地良さとリラックスが得られるための講習会を開催しようと至った訳であります。

 ヨガの要素や、体操の要素、整体の要素も、この杖整体操には含まれておりますので、カラダの硬い方やカラダが凝っている方、精神的になかなかリラックスできない方、武道に関係なく会社員の方でも安心して簡単におこなえるものです。頑張らずに心地良さの中で身体が整う講習会ですのでご関心のある方は一度ご参加ください。
(動きやすい服装で大丈夫です。貸し出し用の杖はご用意してあります。)


2018.11.22 杖整体操

2018.11.03 杖整体操④

2018.11.03 杖整体操⑯


【開催日】
2019年4月29日(土曜日)


【開催時間】
15時30分~17時00分


【会場】
品川区総合体育館 柔道場


【参加費】
2.000円


【お申し込み方法】
Gold Castle 殺陣&剣術スクールのホームページ、または「こくちーず」より下記の内容を明記してご連絡下さい。
①「氏名」 
②「年齢」 
③「性別」 
④「杖の有無」 

上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返しご連絡させていただきます。


≪プロフィール≫
松聲館 剣術技法研究員
金山剣術稽古会 主宰
Gold Castle 殺陣&剣術スクール 主宰
高齢者住宅 クラーチ溝の口 剣術教室講師


2019-04-01(Mon)
 

「抜刀術 特別講習会」のお知らせ

 2019年4月6日(土) 品川区総合体育館剣道場にて抜刀術の特別講習会をおこないます。

 居合刀で抜刀術の稽古を集中的におこないたい方や、抜刀術独特の身体感を得るために、二時間抜刀術と納刀法をおこないます。(鞘付木刀も可)

 この特別講習会では、現在私の稽古としている抜刀術や納刀法をお伝えして参ります。その中から参加者の方々に合った稽古法をお伝えしていきたいと思います。(初心者の方でもおこなえる内容があります)


2019.04.06 抜刀術 特別講習会
(写真はBABジャパン制作によるDVD撮影の一コマ)


【開催時間】
15時00分~17時00分 『抜刀術/納刀法』
18時00分~20時00分 『懇親会』

【会場】
品川区総合体育館 剣道場


【参加費】
講習会 3.000円


【お申し込み方法】
ホームページ、または「こくちーず」より下記の内容を明記してご連絡下さい。
①「氏名」 
②「年齢」 
③「性別」 
④「帯・居合刀の有無」(鞘付木刀でも構いません) 
上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返しご連絡させていただきます。


≪プロフィール≫
松聲館 剣術技法研究員
金山剣術稽古会 主宰
Gold Castle 殺陣&剣術スクール 主宰
高齢者住宅 クラーチ溝の口 剣術教室講師


≪参考動画≫
2017.1.17 抜刀術映像


2019-03-11(Mon)
 

杖術 特別講習会 盛会となりました

 本日の「杖術 特別講習会」では11歳から75歳まで幅広い層の方がお越しになりました。前回の剣術特別講習会や杖整体操にもお越しいただいたTさんは鎌倉からお越しいただいております。おかげさまで杖術の特別講習会としましては過去最多の参加人数となりました。あらためてお越しいただきました皆様にお礼申し上げます。

 
 講習では、「風鳴」を始めにおこない常連組のみなさまでも今までにない動きの組み合わせに苦労されておりました。横払いの際に「ブンッ」と風を切る音が鳴ることから技の名前としております。これは、実戦の動きではなく体捌きと手の内の技術を一致させて動くことを目的としたものです。準備運動をしなくともこうした稽古は身体を動ける状態に整えてくれます。

 今日の目玉はやはり「玉簾」(たますだれ)となりました。玉簾は突きの形が南京玉すだれを連想させるものであったためにこの名前にいたしました。

 この玉簾に突くというのは、一挙動少なく払いから突きに繋げる動きであり、払い突きとも言える軌道になります。

 次におこなった「透かし玉簾」はユニークな技でもありますが、間合いやタイミングを間違えると足を打たれてしまいますので緊張感のある技となります。私自身も考案してまだそれほど経っておりませんのでまだまだ精度を詰めて行かなければなりません。実戦型の「玉簾」「透かし玉簾」は今後出番が増えてくるものと思われます。

 最後は「渦潮」(うずしお)をおこないました。

 渦潮は下側の手で相手が下段に打ち込んできた杖を払った瞬間、そのまま持ち替えながらさらに下段を突いてきた相手の杖を払う動きとなります。手間が掛かると思われる左右の持ち替えが、実は素早く払うためには重要な操作となります。

 そうした杖を円に回転させる名前はこれまでにも幾つか採用しておりますのでなかなか名前が決まらなかったのですが、型に於ける玉簾との動きの共有部分から、「玉簾に突く」或いは「渦潮に払う」という言葉の嵌り方から渦潮を採用いたしました。


 初心者の方々には幾つかの単体技をおこない、続いて「杖主転廻」(じょうしゅてんかい)そして最後に「二十連円打」をおこないました。

 単体技は、最後の二十連円打に入っておりますので、丁寧におこなう必要があります。元々はこの単体技が稽古としては深めていかなければならないものであり、それらの応用として二十連円打や三十連円打があります。シンプルは動きほど深めて行く事で、全ての動きの基盤が変わることがあります。応用の幾つか繋がった動きというのは、見た目には派手ですが基盤を変える稽古にはなりません。ですので稽古では基盤を身に付ける稽古と、それらを応用して動く調和の応用のどちらも必要な稽古です。

 杖主転廻では、時間にすれば5秒~7秒程の動きですが、杖の動きを妨げることなく、杖を主体として身体が沿うように動いていかなければなりません。そのためにはなるべく杖の回転軸を変えないことと、一旦動き始めたらその力感は最後まで変わらずに流れるように動き続けていかなくてはなりません。人間が杖を操作するというよりは、杖の決められたルートに人間側が動かされていくというような感覚です。すなわち「杖主転廻」とは、杖を主体に転じて廻るという意味です。

 最後の二十連円打は、今日はみなさん十一番目~十四番目まで進みました。鎌倉のTさんは初めてでしたし、ペンちゃんことFさんは今日が二度目の杖術でしたが黙々と十一番まで出来るようになりました。そして11歳のK君と13歳のKちゃんは共に十四番まで出来ました。2時間+15分の講習を最後まで集中して取り組むことが出来ておりました。好きなことや興味のあること、そこにある出来る部分と出来ない部分の狭間から何を考え得て行けるか。子供達の学びは、私が大人の生徒達へ接する対応からも自然と吸収しております。ですので、Gold Castleの生徒の皆様ですと安心して子供達の心が育っていくものと私は確信しております。

 
 講習後は、会場から徒歩5分以内にあるキリンシティ大崎店へ。

 今夜は私たち以外にも予約の団体が入っており店内は満席で賑わっておりました。個室で8名用の部屋に10名で予約。これまでずっとファミレスで懇親会をおこなっておりましたが、やはり盛り上がりがワンランク違いました。単価の心配をしておりましたが、やはりそのぶん総合的な質が高いので、また次回もこちらにしようかと第一候補に挙がっております。

 真面目な堅苦しい話題にならないし稽古や技の話もほとんど無し。

 これが関西での懇親会との大きな違いであり、関西では生き方や稽古への考え方技についてのお話など、私も油断が一切出来ない稽古となる時間でもあります。そこはやはり、数ヶ月に一度お会いするのと、毎週お会いしているのとの違いであろうかと思いますが、私が懇親会では聞き役になることが多く、そうした日常のお話を楽しんでいるからだと思います。

 これまで懇親会の写真は掲載しておりませんでしたので今回初めて撮っていただきました。沢山撮っていただいたのですが、意味不明の謎の写真が多く(ペンギンです)後から見るとシュールなため三枚にいたしました(笑)。

2019.03.09 杖術 特別講習会①

2019.03.09 杖術 特別講習会②

2019.03.09 杖術 特別講習会③


 さて、明日は(もう今日ですが)深川スポーツセンターで13時20分より講習をおこないます。明日も体験参加の方が複数人いらしゃる予定です。天候が下り坂ですが明日も賑わう講習となるでしょう。みなさまお楽しみに待ちしております!


金山剣術稽古会ホームページ

2019年3月 武術稽古日程

2019年4月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-03-10(Sun)
 

「杖術 特別講習会」のお知らせ

 2019年3月9日(土)品川区総合体育館 剣道場にて杖術の特別講習会をおこないます。

 今回は、「入身撥ね上げ突き」「旋転払い突き」「まだ名前の決まっていない新しい動き」を中心におこなう予定です。その方に合わせた動きをお伝えして参りますので、初心者から経験者まで幅広く取り組めるものとなっております。毎週通うのは大変と思われている方にはこうした単発での講習会はおすすめです。合気道家の方には好評をいただいております。

 初めての方や他流の方、高齢者の方も歓迎いたします。
 (貸し出し用の軽い杖は用意しています)


2018.08.11(土) 杖術 特別講習会
※写真はWEB動画「かざあな。杖術編」より


【開催時間】
15時00分~17時00分
18時00分~懇親会

【会場】
品川区総合体育館 剣道場


【参加費】
3.000円


【お申し込み方法】
ホームページ、または「こくちーず」より下記の内容を明記してご連絡下さい。
①「氏名」 
②「年齢」 
③「性別」 
④「杖の有無」 
⑤「懇親会の参加または不参加」

上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返しご連絡させていただきます。


≪プロフィール≫
松聲館 剣術技法研究員
金山剣術稽古会 主宰
Gold Castle 殺陣&剣術スクール 主宰
高齢者住宅 クラーチ溝の口 剣術教室講師


≪参考動画≫
三十連円打

十一之型


2019-02-11(Mon)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師

神田すずらん館特任講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
「神田すずらん館」特任講師となる

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR