FC2ブログ

こんな時代を生き抜くために

 数年前に電車内のスマホを眺める光景が世の中のスタンダードになると書いた記憶があるが、もはや違和感を感じる事も無くなるほど当たり前になってしまった。自分の閲覧情報から関連する内容が自動的に目に留まるようになれば、依存症にならざるを得ないのも頷ける。今は歩きスマホも普通になってきたし、階段でもスマホを覗きながらゆっくりと降りている人も多い。この流れからすると、益々歩きスマホが増え、もはや「歩きスマホはやめましょう。」から「歩きスマホは迷惑にならないように気をつけましょう。」に変わるのではないだろうか。そうした世の中の光景は、人間がモルモットのように支配されてしまっているように思える。そうした哀れな世の姿にだけはスタンダードにならないことを祈る。

 私の携帯は3G型であるが(先日の懇親会で教えていただきました。)とにかくネット回線を携帯したくないので、そろそろ今の携帯もバッテリーが危ないため、いちど携帯ショップに行って見ようかとも考えている。

 おそらく私の場合は特殊なのかもしれないが(いやいやそんな事は無いはず)、自分の発想と行動で生き抜いて行かなければならないため、情報を強制的に与えられる事に強く危機感を覚えるのである。歳をとって機器が使えなくなることに不安は全く無く、むしろ使えないようになりたい。しかしパソコンは仕事柄向き合わなくてはならないので別段困ることは無い。時間の使い方が重要になってくる世の中といえるだろう。


 そんな時間の使い方であるが、今日一日は家の掃除関係や特別講習会の告知、お問い合わせの返信など、有意義に時間が使えた。昨夜は居合刀二振分の鯉口の緩みを補修した。夕方走りに出かけ身体の状態を整える。先月痛めた脹脛を徐々に慣らしている段階。常に動ける身体を向上させたいという思いは失わせてはならない。淡々としたことに感謝したい。

 ここ最近は、Gold Castleに若い世代のお申し込みが増えている。当然ご本人からではなく、親御様からのご連絡を頂いているのであるが、こうした教室の情報というのはなかなかインターネットだけでは分かりにくいものがあるので、こうした流れはありがたいことである。もしかすると猫の絵が招き猫となっているのかもしれないが、少しずつ少しずつおこなってきていることの結果が信頼となり、さらに何かを繋いでくれる良い循環がこの教室には流れている。

 先日はR君のお父様から近況報告をいただき、私としても本当に教室を開講して良かったと心から思える瞬間でありました。さらに本日はI君のお母様から久しぶりにご連絡を頂きました。これは先月、先々月と某出版社のYさんと打ち合わせをした際に、「今の世の中は数字に捉われすぎていますので、そうした表面的なものへの対応にばかり目が向いてしまっています。数字に表れないものへの意識や目先の対応に捉われないことが長い眼で見たときに重要になってくるのではないでしょうか。」というようなお話をいたしましたが、今の時代を生きている我々は完全にインターネットに支配されてしまっています。その支配からどう生き抜いていくのかが陰に隠れた重要な現代のテーマであります。

 社会に出るまでは、守られた環境で数字に立ち向かって行きます。社会に出て、数字以外のものにどう対応していくのか、そのことは同時に経験させておくことが重要です。これまで築き上げて来たものを捨てる事ができるのか、それとも築き上げてきたものを崩さずに耐え凌いでいくのか。何れにいたしましても心が強くなければ難しい局面に押し潰されてしまいかねません。

 生きることの価値観。お金?長生き?幸せな家庭?仕事?人間の欲は煽りに乗じていつの世も争いが絶えません。人として生まれ、人としてどうあるのか、地球に住む生き物の一員として人間という種はどう生きた方が良いのかを考えるには人間は大きくなり過ぎてしまったのかもしれません。

 武術稽古を通じて学ぶものは非常に大きいものと思われます。しかしその武術の体系がどういった精神の下おこなわれているかで、逆効果といえるものもあるでしょう。金銭や名誉、そうしたものとは無縁でなければ人の精神は養われません。勉強とは、求められた数字を達成するだけでなく、精神性というものも併せ持ってなければなりませんし、気合いや根性といった偏りの精神ではなく、総合的な判断力を持ち、誰が見ても良い心の配分力を持った人に育てる必要があります。つまりはすべてに対して気が配れる観察力洞察力をもち、それを瞬時に実行できる技量の持ち主ということです。

 自分さえ良ければ良い。自分達の組織だけよければ良い。そうした思考の育ち方では、いずれ苦しい状況に陥るものと思われます。見極め力は、純粋であるという心の純度も関係してきますし、大人になってからの経験もあります。心の純度が落ちてしまえば、求める体系はその状態に見合った精神の下へ向かい易くなるでしょう。ですから、自らと向き合える稽古が必要であり、そのなかで気が付けるもの、工夫して実感出来ることが生き方としての体系にも通じてきます。そうして純度を上げながら、出会いの中で体系を整え、そうした環境で「生きることの価値観」について再び考えてみてもいいかと思います。

 明日は、戸越体育館で講習をおこない、夜からは浜松町にある「カラバッシュ」というお店で催されるセネガルのトップアーティスト達のライブを観に行く予定です。


金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年8月12日(月/祝日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

2019年8月24日(土)『剣術 特別講習会』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年7月 武術稽古日程

2019年8月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-07-19(Fri)
 

「剣術 特別講習会」のお知らせ

2019年8月24日(土) 品川区総合体育館 剣道場にて剣術特別講習会をおこないます。

前回同様、大刀剣術と小太刀をおこなう予定です。
初心者から、経験者までその方に応じて進めて参りますのでお申し込みお待ちしております。(貸し出し用の木刀・小太刀は用意しております。)


2019.02.09 剣術 特別講習会
(写真はBABジャパン制作によるDVD撮影の一コマ)


【開催時間】
15時00分~17時00分
18時00分~懇親会


【会場】
品川区総合体育館 剣道場


【参加費】
3.000円


【お申し込み方法】
ホームページ、または『こくちーず』より下記の内容を明記してご連絡下さい。
①「氏名」 
②「年齢」 
③「性別」 
④「木刀・小太刀の有無」 
⑤「懇親会の参加または不参加」

上記の内容を確認しましたら、こちらより折り返しご連絡させていただきます。


≪プロフィール≫
松聲館 剣術技法研究員
金山剣術稽古会 主宰
Gold Castle 殺陣&剣術スクール 主宰
高齢者住宅 クラーチ溝の口 剣術教室講師


2019-07-19(Fri)
 

「影絵」の発見

 いったい、いつ以来だろう…と思える太陽の光。「ああ、空って青かったんだ…」東京では、このひさしぶりの太陽に人間だけでなくいろんな生き物達が喜んだことだろう。

 
 稽古三昧の日々は続いている。

 昨日火曜日は「クラーチ剣術教室」であった。水も空気も淀み無く澄んでいる事で物事は自然と良い方向へと流れていく。すべては自然のあるがままに…

 そして本日水曜日は戸越体育館にて金山剣術稽古会の稽古。

 今日は多少の進展はあるだろうと思っていたが、予想を超えた展開となった。

 まずは、体術についてあらためて何をもって体術と成すのかを話す。私なりの解釈で何のための体術稽古であるのかを、渡部氏に伝えていく中で言葉を紡ぎ出し自分自身への整理をつける。

 その体術稽古では「影絵」なる手の形が前腕部の働きを強くすることが解った。座り技で崩された際の手の形からヒントを得て、その手の形に指先の蠢動を加えることで、肩への詰まりが解消され崩せなかったものが崩せるようになったのである。

 渡部氏の受けも強力になってきたが、蠢動を使われるようになってもう崩せなくなった技があった。蠢動を発見したのが4/10だからかれこれ三ヶ月間はおこなっていなかった。それが今日の影絵の手と蠢動を合わせる事で何度も試したが嘘のように利いた。

 今日はいろいろと試した。先日の抜刀術 特別講習会でおこなった、肩甲骨を嵌めるような動きの良し悪しも解った。蠢動の点検もおこない、筋の張り具合、手の形、股関節との組み合わせ、などさまざまに試みたが、これまでのところは現在おこなっている按配が丁度良いという結果に終る。この蠢動に関しては相当な信頼がある。他の体術に繋がる発見もおこないたいが、私の場合の体術稽古は、格闘や護身のためのものではなく、繊細な状況の中で身体の使い方や力の通し方を得ていくためのものである。そうした中で、じゃあ、実際にこのところ激増しているナイフで襲われた際の用意は出来ているのかとなると、あるものがとても有効なものとして役に立つ。会話の流れから、木刀で斬って来られたり突いて来られた際の対応をおこなってみたが、身を守ることに対しかなり有効であった。もちろん木刀を短く持って短刀のようにおこなってもらったが、同様に有効である。これはいずれ「○○護身術」というふうに呼べる武器であり盾となるものであるが、一般的にはその特性から用いられることはないため広まらないだろう。しかし、総じて有効だ。

 「影絵」の発見に驚いたのち、思いのほか色々と検証したこともあって時間も過ぎた。最後は、肩甲骨の運動と「杖乗解し」により気持ち良く横になった。

 そうしている際に「筋肉より骨、骨より筋、筋より…なんなのだろうか」ということに頭が巡り出し、無意識にあったものが意識上に浮上させたかのように、突如浮んだことがあった。

 最後の最後あまりに時間がなかったので僅かな回数しか検証出来なかったのであるが、蠢動に影絵を合わせた今日の中で最も強い状態の渡部氏に対し、私は技法的なことはなにもせずに利くかどうか数回試してみた。すると、不思議なことにすべて通ってしまったのであった。これはあらためて検証しなければならないし、時と場合と状況によっては出来ない可能性が高い。だが、そうしたものがあるような気がどこかでしていたので、いろいろな人でも通用するのか焦らずにこの可能性のある働きの妙を得ていきたいと思う。

 
 稽古では本当に感謝すべき出来事が訪れる。こうした場が保たれているのと、仕事を調整して渡部氏が稽古に来て下さることで成り立っている。あらためて武術には精神を失わないことが大切であると教えられたような気がした。

 夜空に輝く満月を見上げて


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年8月12日(月/祝日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年7月 武術稽古日程

2019年8月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-07-18(Thu)
 

精神性と体系

 三連休最終日となる本日は品川区総合体育館柔道場にて『抜刀術 特別講習会』を開催いたしました。

 この三日間は講習続きでしたが、一日~三日間時間を調整して来てくださった方々もいらっしゃった事と思われます。杖術や剣術に比べて抜刀術は疲れやすいものです。

 それは常に静止状態の中で自分の身体の各部分と折り合いを付けることが求められているからであり、自分の身体と常に対峙しているからであります。

 つまりそれは、鞘に納められた刀を通じて自己と向き合う時間と言えます。

 納刀も然り、鯉口に切っ先が飛び込むための集中は意識の大半が自然とそこに奪われるものですが、どっこいその飛び込んだ瞬間の身体の状態をつぶさに観察し、その状態感覚に至るまでの身体各部分に集中を分散させるのです。そしてそれが通常の納刀とは異なる身体各部の調和感覚を一瞬の間に整わせることにより自己と向き合う稽古につながります。

 今日は講習前に早めに到着したということもあり、少し肩甲骨を動かす体操をおこなったせいか、講習が始まり二尺七寸の居合刀を鞘から抜いた際にあまりの軽さに「刀を間違えたか…?」と、そんな筈があるわけも無いのに、どうしてなのかしばし無言でその答えを探そうと留まったのですが、ハッキリとした答えは見つからず講習を進めました。

 おそらくではありますが、肩甲骨を動かした際になんらかの位置に馴染んだことで、今日初めて手にした得物がいつもの感覚とまるで異なり、扱いやすい感覚にもなっていたことは事実です。こうした肩甲骨を動かす運動はいろいろとありますが、開閉、立甲、そうした運動の中で得られる感覚は筋トレとは異なる繊細さを失わない運動といえるでしょう。どういう運動で筋肉と同時に筋の働きや感覚を身に宿すかが重要であり、全く異なる運動でおこなった場合は、その動きの感覚を身体は覚えていますので、それとは全く異なる働きに適合するかは述べるまでも無いこことです。杖術稽古でも、右足前右手上の構えから動きを身に付けたのち、逆側の動きとして左足前左手上に転換いたしますと覚えた右側での感覚が左の動きを邪魔してしまうことがあります。

 手順一つでそうですから、筋肉を付けてしまうまでの一連の工程は、その筋肉を付けるための動き方動かせ方の稽古であるなら上達するでしょうが、抜刀術のような動きでは、筋トレをやったことで感覚が鋭くなった、総じて動きが速くなったということにはなりません。ですから筋肉をつけるのは良いことですが、どういう目的のために付けるかという事が怪我の防止、技術や精度の向上に大きく関係しているものと思われます。決して筋トレを否定している訳ではありませんので、武術とは別に筋力の少ない方は安全にトレーニングできるようにパーソナルトレーナーを付けてのトレーニングも良いでしょう。これからの時代は高齢化が益々加速して参りますので、さまざまな身体に関するビジネスが目や耳に入ってくるでしょう。そうした中で、何を信じ、何をおこなっていくのかは、それぞれの人たちにとっての見極めが肝心になります。然し、世の中で何かを探し当てるということは至難であります。

 「精神は体系を装う」これがあらゆる組織の取り組み方や実践に表れております。

 私はほぼ毎回記事の中でこの「精神」という言葉を使うようになりましたが、すべての根本はそこにありますので、世の中を見極め生き抜いて行くには、自らの精神性と他者の精神性を考えて行かなければなりません。

 言葉や文章のほとんどは体裁を保つためのものです。このブログもそうですが、SNSなど言葉や映像写真に溢れております。人は表面から見た情報に時間を掛ける事無く次から次へと求めていきます。そうした世の流れから何を感じ、すべての事柄にはお金を生み出しているシステムがあり、本当のことを見極めて行くには「精神性と体系」が整った環境に身を置かなければ難しいでしょう。

 お金や名誉を第一に考える精神性では自ずと体系はそこに形成されております。言葉や文章は体裁を整えるためのものであり、実際のところは精神性を見極めなければ掴みづらいものです。

 ですから人は、なかなか探したいものを見つけられないのでしょう。

 
 話が脱線してしまいましたが、脱線した内容のほうが熱が入ってしまうものです。抜刀術の講習では、一つ一つの技を解説しながらお伝えしておりますが、一人稽古では技だけでなく、構えに入る前から抜刀納刀が終わり元の位置に戻るまでを一つの型としておこないます。その間は意識と無意識の狭間の中で自らの身体と対峙し続けていくことです。

 何かを求めるには、求め方が大事であり、そうした求め方が何かを養っていくのではないでしょうか。学びは「精神性と体系」によって大きく異なるでしょう。生まれ持っての資質、教育を受けての考え方、大人になるに従い犠牲の中で培った考え方、そうしたそれぞれにとっての「精神性と体系」から根強い信仰となり、それがどういった立ち居振る舞いでみずからの生き方に反映しているのかが体系を問うものとして考えて行かなければならない事なのではないでしょうか。

 
 再び脱線してしまいましたが、講習会は最後まで皆様熱心に取り組んでおられました。常連の皆様は流石に動きが良くなっております。初参加のKさんも雰囲気のある方で熱心に取り組まれておりましたので、ご紹介いただいたIさんにはお礼申し上げます。

 講習後はいつものキリンシティへ。

 今回は連休最終日ということもあり、懇親会の参加人数がいつもの半分ほど。ですが色々とお話ができましたのでそれはそれで良かったと思います。講習会が終ったので明日は月曜日という気がしてならないのですが、明日は午前中から「クラーチ剣術教室」がありますので、今夜はこの辺にしておきます。

 本日もご参加いただきありがとうございました。


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年8月12日(月/祝日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年7月 武術稽古日程

2019年8月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-07-16(Tue)
 

子供たちの成長、大人たちの成長

 本日は品川区総合体育館にてGold Castleの講習をおこないました。殺陣クラスでは、「万乃型」「払い五斬」など基礎的な動きをおこない、休憩後は立廻りタイプMの序盤から絡みBの終わりまでをおこないました。

 日曜日のメンバーも安定してきましたので立廻りに関しては現在のタイプMを進めて行く事が出来ております、しばらくは序盤の七歩から絡みBを斬り、絡みCとの斬り結びまでをおこないますので、基礎と立廻りの完成を目指して進めております。女性陣も動きが良くなってきましたので楽しみにしております。

 続く杖術クラスでは、基礎的な打ち込みや突きをおこない、それらをつないだ動きをおこないました。相手を受けておこないますので、受け方や払い方などの体捌きも重要になってきます。

 今日生徒になられたFさんとノートにメモを取っておられるNさんはもう一つの立廻り「一対四瞬殺」をおこないました。この一対四瞬殺では、講習後に役者のKさんとしばらくお話をいたしましたが、オーディションなどでカメラの前で一人でおこなう際には短時間で場所を取らずにおこなえるものとして身につけておかれると大きな武器になるものと思われます。毎週真摯に取り組まれておりますので、良い結果に繋がるように私もお伝えしております。

 「万乃型」では以前子役のS君がプロデューサーの目に留まって『神ノ牙 –JINGA-』で主人公の弟役を射止めました。ほぼ毎回出演され殺陣も沢山あり、監督やファンの方からの評判も良く、S君も殺陣はずっと続けて行きたいと仰っているようですので、私といたしましても嬉しく思います。中学一年生のお子さんですが、毎回熱心に集中して取り組んでおります。同じ子役の中学三年生のT君の存在も大きいと思います。T君は8/15~8/27に掛けてシアタークリエにて岡田将生さん主演の舞台に出演されます。そうした仲間でもありライバルでもある存在というのも成長して行くにはプラスになっているものと思われます。子役と言えば、中学三年生にになったR君が一年以上休講されておりますが、時折お父様からご連絡を頂きますので、気持ちの面でも繋がっているという事は講師といたしましては嬉しいものであります。トランポリンで怪我をし高校二年生となったT君も殺陣は上手でしたので、R君とともに学業とお仕事が落ち着いたらまた成長した姿を見たいものです。

 今日も中学二年生のK君が一番乗りで剣道場に訪れ、共に二人でモップ掛けをいたしました。学校のお話など色々と会話をしながら彼の成長を感じております。身長も伸びており、そろそろ抜かされそうな気配です。さいきんは姿勢が良くなり、講習では見違える程動きが良くなりました。身体と心は通じていると言われますが、姿勢と動きと内面の変化が大きく見て取れますので、子供のすばらしさというものをその都度感じております。

 子供たちのお話ばかりになってしまいましたが、大人たちも成長を続けております。粘り強く続けるということも一つの能力ですので、そのなかで自分なりの成長が確認できましたらその瞬間は嬉しいものですし、自分を褒めていいものと思われます。上手下手は人それぞれにありますし、人と比べずに自分と比べることで前に進める実感ができます。学びの姿勢ができていれば私は気持ちを込めてお伝えするでしょう。もちろんその逆もあります。時間をどのように使わなければならないのかを常に自らに問いながら講習をおこなっておりますので、心を見て判断させていただいております。


 さあ、明日は三連休の三日目。品川区総合体育館柔道場にて15時00分~17時00分『抜刀術 特別講習会』をおこないます。まだお申し込みは受け付けておりますので、お時間が空いた方は明日の朝までにはご連絡ください。

 それでは明日もみなさま、よろしくお願い申し上げます!


 金山孝之 指導・監修 DVD
『古武術は速い~“型の手続き”を追求した剣・杖の実践的な体使い~』

(2019年5月20日より発売中)

2019年7月15日(月/海の日)『抜刀術 特別講習会』(お申し込み受付中)

2019年8月12日(月/祝日)『杖整体操』(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会ホームページ(お問い合わせ受付中)

2019年7月 武術稽古日程

2019年8月 武術稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2019-07-14(Sun)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


1975年生まれ
福岡県北九州市出身
東京都世田谷区在住

松聲館技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより映画に出演。そのほかマンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などをおこなう

2006年
小林照子先生とのご縁から
「からだ化粧」のモデルを務める

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し「抜刀術」「剣術」「杖術」「体術」などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく「Gold Castle 殺陣&剣術スクール」を発足

2014年
甲野善紀先生より
「松聲館技法研究員」を拝命
自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている
 
シニア住宅にて
「高齢者のための剣術教室」をおこなっている

日信工業株式会社の製品
「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動に携わる

2015年
「金山剣術稽古会」を発足
現代における武術稽古の必要性を身体と心で学べる場として活動している

2018年
「関西特別講習会」として定期的に関西地域での講習会を開催

2019年
BABジャパンよりDVD『古武術は速い』刊行

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR