集中せざるを得ない状況が無意識を変えていく

 強風吹き荒れる本日は昨夜というか早朝の5時前に眠ったため、11時まで眠り、それから稽古に出かけるまで家の中でゆっくりと動き始める。

 Gold Castle の生徒である永野さんが「第1回としまえんモデル撮影会フォトコンテスト」で入選され、昨日の夕方の部終了後、いつも物静かで控えめな永野さんからその報告を伺ったので、ホームページの「こくっち!」という、皆さんが宣伝やお知らせに使っていただくためのページに掲載させていただきました。数ヶ月間ヨドバシカメラのカメラコーナーに貼られていると思いますので、近くに立ち寄られた方は足を運んで見て下さい。永野さんのお人柄を感じさせる優しい雰囲気の写真でした。

 さて、本日は高田馬場で夕方からI君と稽古をおこなった。もう使っていない模造刀を家の中で眠らせておくのも勿体無いので、I君にプレゼントした。もちろんそれは、これまでの頑張りと熱意を感じたからであることはいうまでもないが、こうした真剣に似た刀を手にしたことにより、道具を大事にすること、刀の置き場所まで気が回るようになること、さらなる成長と熱意を持って取り組んでいただきたいうということから差し上げた次第である。

 まだ筋力も付いていない身長143㎝のI君に二尺三寸の刀は長くそして重く感じられたと思われるが、足のサイズと手のサイズが大人とほとんど変わらないため、扱いに関しては大丈夫なようである。

 ただやはり、これまでの鞘付き木刀とは違い切っ先は本当に刺さるし、野菜ぐらいは切れるので、これまで何気無くおこなっていた抜刀と納刀も今日初めての模造刀では苦労していたようである。

 だが、この位の年齢のお子さんに集中力を養わせるには、常に怖さというものを頭の片隅に置いておきながら動きを身につける動作を養っていくことに、私は武術稽古として「常にその意識を保ち事に当たる訓練」が若いうちから学ぶこととして特に現代では意味のある事のように思えてならない。優しさであったり、危険察知能力であったり、物事の予測が、切実な精神状態だからこそ身に付くものであり、刀を持って稽古をするということについて、そういう心構えで取り組める方との稽古というものは、掛け替えのない貴重な時間と言える。

 今日はI君から「先生に問題を出します。」と言われ、何やら難しい事を聞かれるのかと身構えたものでしたが、I君のあだ名を教えてもらい、その由来はなぜでしょうか?ということであった(笑)。こうした会話が休憩の合間に出来るのは何とも微笑ましいものであり、だからこそ一回毎の稽古というのは掛け替えのない貴重な時間なのである。これは稽古中の道場内に響き渡る気合いと、大人でも難しい内容をおこなっているので、こうした会話をおこなうことを敢えて私は大事にしている。

 さて、明日は70代~80代の生徒さんと稽古をおこないます。三寒四温で体調も崩れやすいかと思いますが、明日も元気に楽しくおこないたいと思います。夜は住吉で稽古です。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-21(Tue)
 

一口に言えば、自在に操れる身体作りの剣術とそれらを活かす殺陣

 昨日今日と常連の方々がお休みであったにもかかわらず、そこそこの密度で講習をおこなえるようになったのは、やはり昨年暮れから今年に掛けてジワリジワリと新しい方が生徒になってきているということを感じます。これまでは、長期休講される方などのバランスで運営に関して変更する予定はしばらくないと考えておりましたが、4月からお問い合わせが増える可能性もあり、一コマ追加することにいたしました。

 4月以降は、これまでの剣術クラスとさらに一コマ会場を押さえて殺陣クラスの講習をおこなうことにいたします。4月1日(土)は会場の都合で剣術クラスのみとなりますが、今後は土曜日2コマ日曜日はこれまで通りの2コマの合わせて4コマでおこないます。祝日の無い月の土曜日は特別講習会が入った場合はお休みとなりますが、これまでに比べてより集中的に見ることが出来るかと思われます。

 今現在の教室の状況では、土曜日と日曜日の夜間の部が固定メンバーで比較的安定しております。日曜日の、夜間以外の時間帯は、やはり時間帯が変動していることもあり、固定メンバーの方はまだ少ない状況です。そのため体験参加のお申し込みを頂いた場合にこの時間帯をお勧めしております。今後は土曜日の殺陣クラスも固定メンバーが決まってくるかもしれませんし、そうしたなかでのバランスを見て行かなければならないと考えています。人数の割合といたしましては、このところしばらくは、土曜日、日曜日合計3コマとも月単位で見て行きますと均等に割れております。

 2/25(土曜日)に「立廻り 特別講習会」をおこないます。この講習会では毎月月末におこなっている立廻りを最初から最後まで通しで完成させるものとしておこないます。今日の講習でおこなった斬られ方も含め完成度を高めたものをおこなえるようにいたします。お申し込みにまだ余裕がありますので、周囲との差を一気に縮めたい方や、さらにレベルをあげていきたい方、または存分に立廻りをおこないたい方、次は5月開催となりますのでお申し込みお待ちしております。

 さて、今日の講習ではまず殺陣クラスで最初におこなった脚部鍛練稽古、蟹、雀、飛石、から昨日もおこなった走ってからの急停止をおこないました。夜間の部では剣道場の床が滑りやすいので危険と判断し、急停止を止め、後ろから押された場合の対応をおこないました。この稽古をおこなうことで、今後の雀などの稽古で、より重要性を認識した上で取り組めるものと思います。

 次に少し変更が加わった「万乃型」をおこないました。突きに関しては切っ先から引っ張られるように腕が伸び右足がドンと踏まずに摺り足で流れていくことで、滞りにくく突きが通りやすくなります。そして突きに入る前の形と突いた形、そして引く動作、いずれも肩の動きが重要になってきます。

 そして最後に今日のメインテーマである「斬られ方」をおこないました。斬られるとなりますと、気持ちが優先しすぎてしまい身体のコントロールに気が回りにくくなってしまいます。まずは、冷静に身体の手順、動線を掴み、その動きを自分のものにするまでおこない、それが出来てから徐々に感情を入れていくほうが、間違いが起こりにくく習得も早いでしょう。何を見せるか、そのための布石を逆算で入れていきながら、動きのリズムと正確な最後の位置というものを、「ウワー!」っと斬られながら遂行していかなければなりません。気持ちだけでドタドタしてしまってはなりません。

 自らの動きで怪我をしやすいのは、勢い良く膝を地面に打ちつけたり、激しく首を振って痛めたり、横に、或いは後ろに倒れた際に頭部を地面に打ちつけてしまったり、というようなことが起こり易いです。ですから、感情に任せた動きではなく、見せるための計算した動きと、怪我をしないための注意点を踏まえた上での動きというものがこうした稽古で身に付けておく必要があります。こういう稽古は、ジックリと取り組めるときでなければなかなか機会がありません。今回私も初めて「斬られ方」というものをおこない、非常に楽しかったのと、今日皆さんにも感じていただけたかと思われますが「難しい」ということです。そのため、ここに時間を割く必要があり今日の殺陣クラスでおこなう講習内容が予定の半分位しか出来ませんでした。この「斬られ方」の稽古は今後もタイミングを見ておこなって行きたいと思います。

 夕方の部では、中学三年生のK君が抜刀術「後方突き」での姿勢が良くなり、私も初めて見る姿勢の良さだったため、何度も褒めてしまいましたが、暫くはこの「後方突き」で姿勢の感覚を養い、そこから他の動きに繋げていく事が出来れば、大きな成長がまた見られるものと楽しみにしています。

 夜間の部では、前回も良くなっていたHさんの後方突きをあらためて確認し、今日は別の抜刀をおこなっていただきました。そして今日は、夕方の部、夜間の部と連続で4時間+延長25分+20分の4時間45分受講されたIさんも部分部分で良い動きが見えてくるようになりました。とくに最後の後方突きでは重心移動と左足の開きから右手の押さえによる突きが出来ていました。その他にも剣術クラスでおこなった「表交差からの斬り込み」では足の運びと剣の操作にピンと来た瞬間があり、毎回でなくとも動きの調和というものに身体が触れた喜びを感じられたようで、その嬉しそうな表情が印象的でした。

 また久しぶりに参加された女性のKさんに、体験3回目のKさん、いずれも楽しそうに取り組まれていました。男性ベテランメンバーのKさんも、またお仕事が落ち着いたらレベルアップして頂きたいと思いますので身体に鞭打って頑張っていただきたいと思います。

 そのほかの皆さんも着実に伸びてきております。夜間の部常連中学一年生のH君は、今振り返ると、お母様、お父様と体験参加に来られた時期が遥か昔のことのように、今では大人の皆さんに引けを取らない動きでかなり上達してきております。時には体験参加の方に角帯の結び方を教えてあげたり、そうした大人の中で彼自身も成長しています。今後が益々楽しみです。

 来週26日(日)の殺陣クラスは「月末恒例立廻り講習」です。午前の部が、9時10分~11時10分 品川区戸越体育館剣道場+柔道場でおこない、夜間の部は、18時30分~20時30分 品川区総合体育館 剣道場でおこないます。

 3月からは新しい立廻りのための動きを稽古して行きます。もう3月になるというのが信じられないほど早いですが、月日の経つのは良くも悪くも薄めてくれます。今の今を考えて、次に進んで行きたいと思います。今日も皆様、ありがとうございました!


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-20(Mon)
 

心構え

 本日の品川区戸越体育館でおこなったGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習では、先週に続いて初参加の方が訪れ土曜日の講習も少しずつ新しい方が見られるようになってきました。最近生徒になられた土曜受講生のHさんは毎週参加されており、身体の変化が少しずつですが見られるようになって来ました。まだまだ時間は掛かるかと思われますが、おそらくご本人が一番動きの中での変化を感じ始めてきたのではないかと思います。

 講習では久しぶりに「福袋之型」という、私がこれまで学んできた技を一連の流れの中に盛り込んだもので、名称はさておき一つ一つの動きを考えながら丁寧に、土曜日の剣の講習でおこないます。

 今日は始めの脚部鍛練稽古の流れから、走った状態からの急停止を、膝抜きによりおこなう稽古をおこないました。これにより、以前井上欣也さんとの交流稽古でおこなった、後ろから突き飛ばされた場合の対処法としての脚部の使い方が、自ら走って急停止させる場合の身体の使い方と通じてますので、今日は男性のHさんを相手に何度かおこないました。これは忘れていなければ明日の講習でもおこないたいと思います。

 後半は、納刀稽古と抜刀術をおこないました。今回は構えに入る形からおこないました。これは私自身の稽古で感じた実感ですが、静の状態を意識し無駄な部分を省くようにおこなうことで、心の状態が沈下していき、瞑想の後に近い感覚となります。剣術稽古でも同様に、相手と向き合った状態で打太刀、仕太刀ともに静から動の狭間に意識を置くことで、心のざわめきが沈下していきます。そうなった時の状態はかなり集中した状態になっており、そこで互いに交わせる感覚というものが稽古では重要になってきます。稽古をおこなうということは、その時間に入る前から心構えとして心身の状態を作っておかなければなりません。そういうことの切り替わりが出来ている人は入り口から入ってきて一目で気がつくものですが、そうではない場合も気が付いてしまいます。長く続けていくには、余計なしがらみを作らずに、親しき仲にも礼儀を忘れず、自分の事よりも周囲を見ていくことが何事に於いても重要なことであるかと思われます。

 明日の講習は、15時00分~17時00分 品川区総合体育館 柔道場にて夕方の部を開催し、18時30分~20時30分には隣の剣道場にて夜間の部を開催いたします。明日は斬られ方をさまざまにおこないたいと思います。 それでは明日も皆様お待ちしております。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-18(Sat)
 

2017.春一番

 今日一日は朝8時から玄関のドア修理があり、ドアの上に付いているアームの部分から油が漏れていたので一式交換するため業者さんに来ていただいて取換えをおこなった。

 そのほか粗大ゴミを三点出したり、しばらく切らしていた玄米を買ったり、クリーニングを出したり、道場稽古が無い日はそうした諸々の予定を合わせているのでそれなりに動いている。

 だがそれにしても風が強かった。こういう日はなるべく無用の外出は避けたいところである。今日は一日電車に乗ることも無く、近所で所用を済ませ、部屋で時間を使っていたが、こうした一日があると普段考えないような事がフッと頭をよぎるし、なぜだか不安感も訪れる。だけど、そこで自分自身の考えなどの軌道修正に気が付くこともあり、今の今というものに離されていないか自問自答してしまう。ゆとりある時間は大切だが、ときに不安感から迷い見失ってしまう何かがスッと心の中に入り込んでしまう。

 自分の身体、気になっている感覚の追求、稽古法に求める進展、そうしたことの予定調和にならない、その瞬間を逃さぬよう、やはりそこに今の今最大の関心事を持ち続けていかなければならない。

 明日は、15時30分~17時00分に品川区戸越体育館 剣道場にてGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習をおこないます。明日も初参加の方が予定されていますので、私も楽しみにしております。このところ、剣術を希望される方のご連絡が続いております。土曜日のクラスを受講される方も増えてきておりますので、これからも殺陣クラス、剣術クラス共に、発展的な講習となるようにおこなって参ります。明日は気温が元に戻るそうですが、暖かい講習となりますよう皆様お待ちしております。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-18(Sat)
 

エッセンス

 今日は高田馬場と住吉でのダブルヘッダーとなる稽古をおこなった。まず午後からの高田馬場では、稽古前に「万乃型」を少し変更したため、それをW氏に見せたあと共に最初から最後まで説明しながらおこなった。これまでとの変更点は、抜刀からの真っ向斬りが最初に加わったことと、正眼からの突きが加わったこと、そして斬り上げは足の差し換えでおこない、反転して刀を真っ直ぐに立てた状態で一間置いて八相に入りながらの胴斬りとなり、反転しながらの血振り納刀となる。あらゆる体捌きがここに入っているので、この万乃型を身に付けることで、今後の私がおこなう立廻りにおいて動きの理解力が格段に良くなるだろう。

 今日の稽古では抜刀術の「懐月」にこれまでと違う動きを求めることになってしまったので、現在いろいろと試行錯誤している段階である。手っ取り早いものというのはやはり成長を妨げるものであり、そうした事に気が付かなくなってしまわないように、誤った方向性に知らず知らすの内に行ってしまわないように気をつけなければならない。

 今年は抜刀術稽古に時間を割いていくので、その分杖術稽古を減らしているが、それが可能なW氏との稽古は非常に重要なものとなっている。一つの目安として、私がおこなっている袈裟斬りの稽古にどう感覚的に理解を示しているかが、稽古段階の状況としての判断基準となっている。

 そもそもこの袈裟斬りは、ただ右足前(逆は左足前)の中段八相から斜めに振り下ろすだけなので、動きとしては余計なものを削っていきながら細かい手順を働かせ、その操作技術の精度を高めることを目指しておこなっているが、これは私の中でもっとも重要としている剣術稽古と言えるかもしれない。ただそれだけに、この袈裟斬りは人に伝えづらいものがあり、段階を踏んでからでなければ出来ないものである。もっとも私自身これが良いのかどうか分からないが、ただどういう訳であるか、私の意思なのかどうか知らないが、武術稽古を始めたころから袈裟斬りだけは特別な拘りがあるから自分でも不思議である。今講習会などでおこなっている袈裟斬りはかつて学んだものであり、当時はこの剣先の軌道に寝ても覚めても頭を悩ませていたものである。こちらは内部感覚的なものよりも、操作技術を重んじたものであるため、比較的取り組みやすいものだと思われる。

 夜からは住吉に移動してI氏A氏と稽古をおこなった。お二人との稽古では殺陣の依頼を受けての稽古であるため、剣術というよりは殺陣の要素が濃い稽古をしている。もちろん私がおこなっているので、そのあたりの差はあまり感じにくいものであるが、改めて歩き方、走り方、下がり方、構え方、構えた状態での進み方、剣を縦に振ること、横に振ること、斜めに振ること、刀を納めること、その前の血振り、など、全身の調和が全ての動きに関わってくる。かつてある団体で武術と殺陣を融合したものをおこなっていた時期があったが、その時は剣術の型稽古の動きでは殺陣にならないことを感じていたので、今現在私が殺陣を教える立場となる流れを受けて、結果的にそうなっていく運命のようなものを感じながら、重要なことは型をそのまま当て嵌めることではなく、剣術をはじめ武術稽古で身に付いた「全身の調和という操作技術」が、殺陣というある状況設定に求められる動きに対し臨機応変に、さまざまに適応し魅せられることであると思っている。そのため、「剣術は実際に人を斬るためのもので、殺陣としては動きが速すぎて良く分かりにくいし、地味ですね。」という人もいるかもしれないが、それは剣術を剣術としておこなった場合の事であり、殺陣として見せるための理合いというべきか、拍子や間というものが、全体の形の中で見せ方を考えたときに、やはり、侍を演じるのであれば剣術を身に付けた上での立廻りというものが説得力のあるものであり、そうでなければ身に付かない動きがあることも事実である。ダンスやアクロバティックな動きを取り入れておこなうのもパフォーマンスとしては良いかもしれないが、多くの人に刀の扱い方や、いにしえの剣術家をのちの誰かが掘り起こしていくことに繋がるような、もっと使命感を持って芝居というものはお伝えしていかなければならないように感じる。もちろん堅苦しい動きとなってしまってはいけないが、どこかにそうしたエッセンスは保ち続けていたいものである。


 2017年2月25日(土) 「立廻り 特別講習会」
 (お申し込み受付中)
 
 「金山剣術稽古会」 
 (経験不問 御連絡お待ちしております)

 2017年2月 稽古日程

 2017年3月 稽古日程

 甲野善紀先生からの紹介文


2017-02-17(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


       金山 孝之
   Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『Gold Castle 殺陣&剣術スクール』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品「SAMURAI BRAKE」のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 GM happy コラボレーション 』と題し、ジャンルを問わず定期的にゲスト講師をお招きし、特別共同講習会を開催している

『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR