怪我をしてもタダでは転ばないこと

 本日の「高齢者のための剣術教室」は、杖を使っての「一本足左右の持ち替え」を90度転回しながらおこないました。これはさらにバランス力が養われるため、その場での片足上げが難無く行える方は、転回しながらおこなっていただくとより効果的です。

 「反転打ちからの追い打ち突き」は、SさんとNさんがこの名前を覚えるのに苦労されていましたが、帰り際まで「はんてん…なんだっけ?」という感じで、まるでコントのような面白さがありました。

 その反転打ちからの追い打ち突きでは、やはりほとんどの皆さんが追い打ちから突きに入る際の杖の回転と右足の送り方に苦労されていました。足の送り方はシンプルに変更しておこなっておりますが、この部分は皆さんにとっても一つの課題になり、また熱を入れて取り組める対象になるのではないかと思っています。

 最後は抜刀術をおこない、鞘の引き方に対する腰の開きを重点的にお伝えいたしました。木刀が重いと思われますので、右手は抜いた木刀が直角になるところで姿勢を確認していますので、右手は手の内を締めるだけとなっております。左手の鞘の引き方と足と腰の開きをおこない、剣の感覚がある程度記憶されたら、木刀を使わず鞘だけの操作でも十分稽古になります。

 もう一本別の抜刀をおこなおうと思っておりましたが、みなさん熱中して取り組まれておりましたので、そのまま最後までこの抜付の抜刀をおこないました。


 帰宅後は、諸々の用事を済ませて夜からは住吉でI氏と稽古。

 先日の日曜日から左の扁桃腺が痛み出し、年に二~三回細菌による扁桃腺の痛みに悩まされる。これがまた痛くて、唾液を飲み込むこむ際にも激痛で、月曜日に病院へ行ったがいつもの薬がほとんど効かず、左耳までズキズキと痛み出す始末。明日は安静にして様子をみるしかない。

 I氏との稽古では、斬り結びを丁寧におこない、その際の剣に掛かる圧力を散らさずに前後に移動する稽古をおこなった。これにより、剣から腕、腕から背中に通じる力の通り道を感覚的に掴みやすくなり、それが斬り結びにおける剣の軌道と腕の使い方になってくる。

 胴斬りでは切っ先が沈む事無く水平に振れるようになった。肘が外側に張ることも無くなったので次の段階へと進むことが出来る。最後は納刀を幾つか稽古した。踵を上げずにおこなうことで腰の開きを腸骨筋に働きかけながら動きを育てていかなければならない。そのためには、膝を伸ばさず踵を上げない足の開き方が重要である。

 私としては右肘の状態がかなり改善されたことが明るい状況である。これが完治しなければ今計画していることを実行するまで待たなければならず、今は流れを感じているので、この機を逃さずにおこなうには右肘の状態をベストにしなければならない。

 しかし焦る事は無い。それは斬りで培った身体というのは、それ以外で身に付けた身体の強さを凌いでいることを実感したからである。これまでほとんどの体術稽古は右でおこなっていたのであるが、どう言う訳であるのか全くおこなっていなかった左が右を凌ぎ始めたことに驚きと、いままでの稽古はなんだったのかというショックとが入り混じった心境である。そういう意味では今回右肘を痛めたことは、左の斬りからの身体感に気が付けることになったので、非常に良かったと思う。だが私の場合、2013年10月8日に左の大胸筋を断裂しており、あるべき部分に筋肉が無い(ズレている)ため、左に関しては慎重におこないたい。


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年9月 稽古日程

2017年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-09-27(Wed)
 

賑わう夜間の部

 本日のGold Castle 殺陣&剣術スクールの講習は、午前の部と夜間の部を品川区総合体育館でおこないました。今年の品川区総合体育館の利用も残すところ10月8日(日)の講習で最後となります。私としましてもこれまでホームグランドとして利用してきましたので、来年の4月頃まで利用できないのは残念ですが、その間は江東区の深川スポーツセンターが主要会場になるかと思います。一応12月一杯までは主要会場として予約をしております。

 こうした区の施設では、会場予約の都合で時間帯が変動してしまうため生徒のみなさまには申し訳なく思っております。そのため、土曜日と日曜日合わせて週に四コマ開催しておりますが、それぞれにクラス分けをしておりませんので、ご都合の良い時間帯でお越し頂くようにしております。そうなりますと、初心者から経験者まで同じ空間での稽古となりますので、そうした中で、その場その瞬間にやれることの判断を即決で決めて行かなければなりません。もちろん、それらを想定して講習内容を考えておりますが、細かい部分はその現場で判断していかなければなりません。私は、そういう意味では全員に喜んでいただきたいという「欲」があるのかもしれませんが、これはおそらく私の性分の一つであると思っております。昨年まで私の知っている方をお招きした共同講習会として「GM happyコラボレーション」というキャッチーな講習会を開催しておりましたのも、参加された方々、そして我々講師陣も含めた全員が楽しめるものとして誰一人残念な思いをさせることなくおこなうものとして毎月開催しておりました。

 私自身といたしましても、武術稽古とは違った面において、毎週四コマ七時間全体を見ての状況判断にはまだまだ反省点がありますが、少しずつ確実に全体をより良くしていくための空間作りと、皆で成長を分かち合う場として、笑い溢れながらも真剣に集中した中で相手を思いやれる心を養いながら共に人生の共有時間を大事に過ごしていきたいと思っております。

 状況の中から何を選択し実行するかということは、役者時代もそうでしたが何事においても磨いておかなければならない部分だと思います。とくに今の時代は誰もが情報をそれらしく発信出来る時代ですから、個人の判断力が求められます。「読み抜く力、見極める力、秘する力」そうしたものが、情報発信フリーの時代には気を付けておかねばなりません。

 そうした意味でこれからは、信頼できる人とのネットワークが第三者にとっても安心できるものとなるでしょう。そうしたコミュニティは以前からありますが、実名で世間的にどういった活動や仕事をしているかということが関わってくる人にとって重要です。生きているとさまざまな影響を受けるものですが、インターネットだけではない、リアルな現実の「信頼」というネットワークが生きていく上において、豊かな心と愛情を育み、そうした仲間と気持ちの面で支えあっていけることは感動に値します。ですから、そういう場を持ち、限られた出会いの数の中でどういう人と出会っていけるか、それが今、私の生きている中で大事に思っていることの一つでもあります。

 講習内容からずいぶんと掛け離れてしまいましたが、午前の部では少ない参加人数でしたので、集中的に殺陣クラスと杖術クラスの講習をおこなうことが出来ました。月末恒例立廻り講習では、この日に限りましては基礎的な部分をおこなわず、テーマとなっている立廻りをおこないます。基礎稽古は月末以外でおこなっておりますが、お芝居もそうですが実際に芝居をやってみませんと、発声練習や滑舌練習ばかりでは、自身の弱点が分かり難いものですので、その弱点を普段の基礎稽古で直していけるように取り組んでいただきたいと思います。

 動きを覚えるためには、基礎の部分が出来ているか出来ていないかで大きく変わってきます。ゆっくりとおこなうことは、自分の苦手なものや癖をあぶり出し、稽古のポイントを探すものでも有ります。速く動くことで動き方に行き詰まりが出てきたら、半分以下の速度でおこなうと良いでしょう。その代わり、速度が遅くなっても止まったり詰まったりしてはなりません。気が付ける時間を持つことがあぶり出し稽古とも言うべきでしょうか、大事になってきます。

 夜間の部では、多くの方がお越しになり細かくグループを分けておこないながら最後は2グループに分けておこないました。このところは夜間の部が多くなってきております。杖術クラスでは、みなさんそれぞれに楽しんで頂いたようです。やはりこの教室の特色として殺陣と剣術または杖術がおこなえるものとしてこれほどの盛り上がりを毎回経験出来ることは主宰者であり主催している者といたしまして誠にありがたいことです。

 これからも、変わるものと変わらないものを大切に、みなさまと共有する時間を大事に過ごしていきたいと思います。本日もお越しいただいた皆様、ありがとうございました!


2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年9月 稽古日程

2017年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-09-25(Mon)
 

2017 秋分の日 抜刀術特別講習会を終えて

 すっかり秋めいてきた本日は戸越体育館にて、抜刀術特別講習会を開催いたしました。

 参加人数も程よく、武道場の両面を使って集中的におこなうことが出来ました。今日は、初めてお会いするAさんとの出会いもありましたが、刀を抜く際の身体の使い方に練られたものを感じ、所謂全剣連の居合いの癖は無く、私がおこなう抜刀術の吸収の早さに驚きました。幼少期から刀にずっと興味を抱いてきた若手のSさんも恐らくこういう場を求めていたのではないかと思われます。怪我を押しての参加で存分には出来なかったと思いますが、どういうものかお伝えすることは出来たかと思います。

 私自身といたしましては、右肘の故障があり、そこに負担の少ない内容のものを七本程おこないましたが、私も講習をやっていて思わず口に出してしまいましたが、「本当は教えたくないのですが、嫌な人にはなりたくないので全部言います。」と半分冗談半分本気で発した言葉には、出来て貰うために指導しているので、出来て貰っては困るような指導と言うのは、指導していて全くつまらないものであり、人生の時間を無駄に、悪いものを得るための武術稽古にだけは絶対にしたくないという、これまで考えることもありませんでしたが、あらためて多くの方にどうして全てを伝えているのだろうかという思いが一瞬頭をよぎり、それは私が会などの縛りを掛けていないからそう思ったのだと思います。

 出来て貰って困るようなものなら、直ぐ出来るというのはその程度のものであるし、自分自身が向上するという事を信じていればその過程はもはや必要のないものであり、後に残し伝えるべきものだと思います。ですから、懇親会でも言いましたが指導者はどのぐらい出来るのかを誤魔化さずに見せるべきです。ミュージシャンの世界は恐らくもっと厳しいでしょう。持っているものを出さなければいい曲にはならないし、全て出してしまえば真似されてしまうだろうし、真似されても平然としていられるほどの実力があれば、むしろ真似をしているほうがいつまでも追い越せないという術中に嵌ってしまいます。ということはすなわち、真似から自分のオリジナルを創り出せるか、自分の身体にある流儀を創り出せるかということが肝心だと思います。

 もちろん、私自身模索しながらの日々を送りながら、そのような段階には中々入っていけませんが、そこにはセンスと地道な修練が求められ、どういう向き合い方をしているかが後の自身の言葉になってくるのではないでしょうか。世の中にとって良い事が拡がって行くのであれば、そうした真似から創造したものは拡がって行くべきであると思うし、そこに邪悪なものが無ければ人は自然と集まるように思われます。

 懇親会では、講習に参加された方全員が参加され、私がこれまでおこなってきた懇親会の最多人数ではないかと思われます。初めての中華料理屋さんで、円卓テーブル二台、いつものデニーズと違って全体が良く見えて、場もSさんのプロ並の、いや、もはや手品師といえるレベルの手品を体験し非常に盛り上がりました。寡黙な俳優Sさんとも静かに語り合うことが出来ましたし、その後ドクターNさんとテーブルをチェンジして、本日初参加のAさんとこれまであまり懇親会などで話さなかった濃い話が出来ました。隣の席のまだ生徒になって間もないTさんは、明るいキャラクター全快で若さのすばらしさを感じながら、落ち着いたフカフカ姉妹や、イラストレーターのYさんとほとんどお話が出来ませんでしたが、本来、懇親会で私が求めていた質問であったり会話の内容であっただけに、意義ある懇親会となりました。

 俳優Sさんが参加されるときは私も瓶ビールを飲むと決めていますので、今日は気持ちよく酔いました。家でお酒を飲むことはほとんどありませんが、ごくたまにBarに行ったりすることはありますので、以前に比べ飲めるようにはなりました。ですが、今日の帰りの山手線では、品川から乗車し渋谷駅で椅子に座り、新宿で降りる予定が気付いたら「つぎは、大塚~♪」というアナウンスで目が覚め、原宿、代々木、新宿、新大久保、高田馬場、目白、池袋の間完全に寝落ちしていました(笑)。

 来月10月14日(土)は、文京総合体育館剣道場で「杖術 特別講習会」をおこないます。懇親会はアジアン料理のお店を予約しております。次回も、集中した講習と、笑い有り、語り合うも有りの懇親会となればと思います。

 本日お越しになられたみなさま、あらためましてありがとう御座いました。


2017-09-23(Sat)
 

左の効きに驚く

 秋雨の本日は夕方から高田馬場でI君と稽古をおこなった。このところ居合の学生達が多く、15名近くはいたのではないだろうか、金曜日は夜から混雑してくるが、19時前には40名近くになっていたので、さすがに団体では稽古に支障をきたすだろう。

 そんな事から私の稽古日程では基本的に金曜日の夜はおこなっていない。夕方も含め、金曜日は月曜日の休館日等の振り替え用として空けている。

 今日も杖術では「旋打」をおこない、I君は初めてのためしばらく跳ね上げの部分に妥協せず時間を掛けておこなった。そのほか杖を掴まれた場合の対応を幾つかおこなった。これは日曜日のGold Castleでおこなう予定である。

 剣術では「斬割」と「峰渡」をおこなった。峰渡りは初めてのI君にしては良い動きだった。

 最後は、稽古スペースが狭くなってきたので残り三十分体術稽古をおこなった。私自身驚いたのは、右肘を痛めているため、左腕でおこなった幾つかの技の効きが右より良いことに驚いた。むかし左でおこなったことはあったが、全く話にならなかったので試すことも無くやっていなかったが、杖の打ち込みにしても、表裏展廻においてもこのところ左の方が力を感じるから不思議である。おそらくは、剣の操作における身体の使い方が、右よりも左の方が斬りという点において通りがいいのかもしれない。これは今後も検証したい。


 明日は12時から14時まで戸越体育館武道場にて「抜刀術 特別講習会」をおこないます。柔道場と剣道場の両面でおこないますのでスペース的には大丈夫かと思います。お陰様で参加人数も揃ってきました。懇親会は過去最多になるかと思われます。円卓テーブルでのコース料理となりますので、15時からですが、みなさまお腹の調子をそこに合わせてお越し下さい!それでは明日、雨が上がることを祈ってみなさまお待ちしております。


2017年9月23日 「抜刀術 特別講習会」
(受付は終了いたしました)

2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年9月 稽古日程

2017年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-09-22(Fri)
 

一つとして同じ稽古にはならない

 本日は高田馬場で午後からW氏、K氏、T氏、後藤氏の四名での稽古をおこなった。四名となると、「会」という感じが出てしまうが、基本的には私の稽古会は個人稽古スタイルでマンツーマンから三名ぐらいまでの間でおこなうものとしている。今回はたまたま重なってしまって四名となったが、少人数のなかでも、マンツーマンに近い心情で互いにおこなえる空間まで育てば、その「場」はかなりのレベルに達するものとなるだろう。今の参加メンバーであればその日もそう遠くないかもしれない。

 本日も高田馬場の武道場は平日の午後にも関わらず20名位は居ただろうか混雑していた。そのため余りスペースが広く使えず申し訳ない思いがあったので、今日は私としては珍しく「松聲館剣術技法研究員」として松聲館の技法を私なりに研究しておこなったものを皆さんにお伝えしながら私も稽古に励んだ。先日甲野善紀先生のメールマガジンの動画にあった杖術「下三方突き」と「下段抜き」に「影踏み」をおこない、剣術では「影抜き」を稽古した。

 私としては杖に関しては指の内側皮膚感覚からなるMP関節の使い方や、それを踏まえてのジャイロ回転が杖の操作において外せない部分である。剣術では手の内のMPによる締めが刀の軌道を変化させるものとして私なりに考えていたが、後藤氏ともその辺りについての刃筋の変化における「じつは…」という部分が重なり非常に興味深く得るものがあった。

 今日の稽古では周囲に大きく動く稽古が難しいため、落下に関する稽古を集中的におこなった。始めにおこなった杖の端を両手の間隔を寄せて持ち、大きく振り上げた状態から、浮きととも床面スレスレで平行にピタリと止める内容や、その場での下段抜き、抜刀術での「稲妻抜き」と最後におこなった「滝壺」など全て浮きを掛けてドンと沈むものであり、後藤氏の太腿にかなり筋疲労がおこっていたようだ。

 それ以外の内容では、「差し換え突き」、「二十連円打」、「旋打」などをおこなった。技の動き全体としての興味もあるが、そこに行くための、手の内であったり、浮きであったり、細かい部分における納得が、こうした少人数での稽古では得られ易いものと思う。
 
 稽古を終えて会場を住吉に移動して、今日が初めての稽古会参加となるI氏と稽古をおこなった。

 木曜日の住吉の稽古は私の稽古日程の縮小化のため止めていたが、I氏の事を思うと月に一回程となりそうであるが、集中的に見なければならない使命感のようなものを感じ限定的に開催することにした。鍛練稽古にジックリと時間を費やし、身体の使い方においていろいろな症状をチェックしながら、武術的な動きの為ではなく総合的な面においての向上を目指したものとして考えている。私としても生き方についてI氏の繊細さと真剣さに感じるものが少なくないので、言葉のやりとりでも油断すれば切っ先がスッと喉元に突きつけられるようなそういった真剣勝負で生きている間合いを感じてしまう。私自身としてもその間合いでI氏と向き合っていきたい。


2017年9月23日 「抜刀術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

2017年10月14日「杖術 特別講習会」
(お申し込み受付中)

金山剣術稽古会  

2017年9月 稽古日程

2017年10月 稽古日程

甲野善紀先生からの紹介文


2017-09-22(Fri)
 
プロフィール

金山孝之


     金山 孝之
  Takayuki Kanayama


松聲館 剣術技法研究員

金山剣術稽古会主宰

Gold Castle
殺陣&剣術スクール主宰

高齢者のための剣術教室
クラーチ剣術教室講師


――――――――――――――

1975年生まれ
福岡県 北九州市出身
東京都 世田谷区在住

1999年
映画監督中田秀夫氏との出会いにより俳優デビュー。他分野では、マンダムのモデルや舞台のプロデュース公演などの活動をおこなってきた。

2006年
小林照子先生とのご縁から  『 からだ化粧 』のモデルを務める。

2009年
武術の道を志しそれまでの活動を一新し武術稽古と研究に励む。

2011年
武術研究家甲野善紀先生に師事し身体の使い方を研究しながら、『 抜刀術 』『 剣術 』『 杖術 』『 体術 』などの稽古と研究に取り組んでいる。また、先生の書籍、番組撮影、記録映像、その他演武等における打太刀や受けを務めている。

2013年
刀と身体操作の技術向上を目指し裾野を広げるべく
『 Gold Castle 殺陣&剣術スクール 』を立ち上げる。

2014年
甲野善紀先生より
『 松聲館 剣術技法研究員 』という名称を頂き、自身の経験を活かした指導法を各道場等でおこなっている。
 
高齢者向け住宅にて
『 高齢者のための剣術教室 』をおこなっている。

日信工業株式会社の製品『 SAMURAI BRAKE 』のプロモーション活動をおこなっている

2015年
『 金山剣術稽古会 』を立ち上げ、現代における武術稽古の必要性を、身体と心で学べる場として活動している。

――――――――――――――
    
ご質問や、稽古参加希望の方はこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

その他ジャンルを問わずお仕事のご依頼や『 剣技指導 』などのご依頼も受付けておりますのでこちらの【 お問い合わせ 】よりご連絡下さい。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

管理画面
金山孝之のブログQRコード
QR